スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年08月31日

FX取引での為替相場に対する考え方 日本銀行の介入は期待しないこと その1


FX取引での為替相場に対する考え方 日本銀行の介入は期待しないこと その1

現在のサブプライムローン問題に端を発しているアメリカやヨーロッパの不景気は、
今後も、不景気に次第になっていくでしょう。

その時にFX取引で考えないといけないのは、為替の変動に対して、日銀の介入を期待しないということです。

過去に大幅な円高になったときも、日銀が介入できる範囲には、限度があるのです。
世界中の投資資金に対して、対抗できるほどの資金力は、日銀にはありません。

FX取引を考えたときには、今後、日本が、国力を落として円安相場になろうと、また、企業競争力が高まり、円高相場になろうと、日銀が介入できる範囲は、限られたものなのです。

FX取引で、経済を調べると、サブプライムローン問題で、今後、しばらくは、円高相場が予想されます。

FX投資家が、気をつけないといけないのは、1ドル=100円を切る状況になると日銀の介入を期待されるかもしれません。

確かに日銀は、101円で、為替レートの設定をしています。

ですが、世界中の資金が、円高に向かえば、日銀介入の効果は、きわめて限定的なものです。

ですから、FX投資家は、円の為替相場に底値は、無いと思って為替レートを見る必要性があります。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引と為替レートの見方を解説します


FX取引と為替レートの見方を解説します。

FX取引と為替レートの見方を解説します。

FX取引での為替レートは、2つの通貨の交換レートで、この2つの通貨の売りと買いのバランスで、変動します。

インターネットのサイトなどで、1ドル=105円30銭‐35銭のような表現は、
銀行が1ドルを105円30銭で購入したい、そして、105円35銭で売りたいことを表しています。
個人投資家が、FX取引をする場合には、この為替レートで、ドル通貨を購入しようとするなら、
1ドルを105円35銭で購入でき、ドルを売却したい場合には、1ドルを105円30銭で売却することが出来ます。

FX取引での、特殊な為替レートの表現を、個人投資家向けの売りレートは、ビッド、個人投資家向けの買いレートは、オファーと言われています。

FX取引での為替レートの表示を2WAYプライスと呼ばれています。

この2WAYプライスの提示が、FX取引での為替レートの透明性を確保しています。
posted by FX取引研究会 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

FX取引の両建てを利用してのスワップ金利で稼ぐ方法 その2


FX取引の両建てを利用してのスワップ金利で稼ぐ方法 その2

FX取引の両建てで収益を確保する場合は、値動きの激しい通貨を選ぶことが大切です。

FX業界では、値動きの激しい通貨にポンド円があります。

スワップ金利狙いでも、有名トレーダーが利用している通貨です。

FX取引では、両建てで、為替リスクヘッジを作ることが出来ます。

それ以外にも、FX取引の両建てでは、値動きの激しいポンド円等を使って、
ロングとショートの両ポジションを上手に使い、短時間に収益をあげることも出来ます。

このようにFX取引では、工夫すれば、色々なキャッシュポイントがあります。

是非とも、FX取引で、収益を確保してくださいね。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

FX取引の両建てを利用してのスワップ金利で稼ぐ方法 その1


FX取引の両建てを利用してのスワップ金利で稼ぐ方法 その1

FX取引の両建て利用してのスワップ金利で収益をあげる方法が、あります。 

それは、FX業者によって、異なるスワップ金利の違いを利用する方法です。

FX取引での両建は、同じ通貨の買いポジションと売りポジションの両方を持つことです。

このことで、FX取引の為替差益を無くす事が出来、差額のスワップ金利で収益を確保できます。

FX取引の両建てのメリットは、為替相場の変動の影響を全く受けずに収益を確保できるところにあります。

FX取引において、この手法では、稼げる収益が、小額なために多くの資金を投入しないと効果は小さいままで留まります。

両建てができるか否かは、FX会社に直接問い合わせするしかありません。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

FX取引でのスワップポイントと取引業者の違いについて解説します


FX取引でのスワップポイントと取引業者の違いについて解説します。

スワップポイントは、FX会社によって違います。

スワップポイントも、FX会社によって違ってきます。

ですから、FX取引で、スワップでの利益を確保する場合は、FX会社選びが大切になります。

たとえば、米ドル/円の場合でも、FX会社によっては、10円〜20円もの開きがあります。
FX会社を選ぶ場合は、スワップポイントの高いFX会社を選択して口座開設することが大切です。


例えば、1日20円の差があれば、7万通貨を所有すれば、1日あたり140円の差が発生します。

年間では、1年間で51100の差が発生します。

FX投資家の方にとって、関心の高いスワップポイントの高いFX会社を紹介します。

セントラル短資オンライントレード

外為どっとコム


この2社は、FX業界の大手企業ですから、スワップでFX取引の利益を得るには、良いFX会社です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

FX取引でのスワップ金利での稼ぎ方


FX取引でのスワップ金利での稼ぎ方

スワップも、レバレッジを効かせることが出来ることが、FX取引の大きなメリットです。

FX取引で、注意しないといけないのは、レバレッジを10倍に設定すると、10%の変動で、FX会社に預けている証拠金がゼロになります。

為替の変動を考慮すれば、長期のスワップでの収益を確保するには、レバレッジは、3倍程度までが、無難な範囲です。
FX取引では、長期的に証拠金に積み増す事が大切です

レバレッジを5倍程度に設定される方もおられますが、よほど為替レートに注意することが必要になります。

スワップでの収益は、FX取引にとって、大切な役割があります。

FX取引でのスワップポイントは、購入した2通貨の短期金利の差から生まれるものです。
ですから、FX取引でのスワップポイントは、為替相場の変動で、常に変化します。

それでも、FX取引でのスワップポイントが、FX投資家にとって大切な理由は、
FX取引のデイトレ等の短期取引で、損失が発生したときに穴埋めをしてくれるところです。

ですから、FX取引では、最初の為替レートの変動幅の設定とレバレッジの利かせ方のバランスが、ポイントになります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します


FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します。

FX取引では、トレンド分析をする際に大切なものにゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

FX取引では、為替市場でも、売買するために大きな判断基準として、ゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

特にFX投資家の方は、売り買いの判断基準として、FX取引でこのシグナルを判断材料として利用しましょう。

FX取引では、テクニカル分析を利用した売買では、検証されている報告データからは、ゴールデンクロスで売り、デッドクロスで購入する方が、収益が高いというデータもあります。

FX取引では、為替チャートで、比較的、データを利用しやすいのは、イギリスのポンドとユーロです。

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

FX取引において移動平均線で為替相場を判断する方法を解説します


FX取引において移動平均線で為替相場を判断する方法を解説します。

FX取引をする場合は、為替レートを分析することで、予想することが、必要です。

FX取引では、為替レートの分析で、移動平均線を使うことで、比較的、簡単に分析できます。

短期移動平均線である21日線と日足が、交差した場合に短期的なトレンドの転換の信号になります。

あと、FX取引では、チャート分析で、よく知られていることですが、短期移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に突き抜けたポイントをゴールデンクロスと呼びます。
このゴールデンクロスは、円安・ドル高の上昇に転じたポイントで、買いシグナルです。

また、それとは、逆に短期移動平均線が、長期移動平均線を上から下へ突き抜けたポイントをデッドクロスと呼びます。
このデッドクロスは、円高・ドル安の下げポイントで、売りのシグナルです。

FX投資家は、移動平均線は、全般的にチャートと、少し遅れるという時間のずれがあります。
この点には、注意が必要です。

FX取引では、このような移動平均線を用いることで、為替レートを分析することが出来ます。

FX取引をする投資家には、このような為替レートの分析力が必要です。

通貨別チャートと移動平均線USD/JPYの移動平均線は、為替のテクニカル分析 - 移動平均線のサイトで、確認できます。

FX取引に必要な為替のテクニカル分析 - 移動平均線のサイトでは、次の移動平均線を確認できます。

・EUR/USDの移動平均線
・GBP/USDの移動平均線
・USD/CHFの移動平均線
・USD/CADの移動平均線
・AUD/USDの移動平均線
・NZD/USDの移動平均線
・GBP/JPYの移動平均線
・EUR/JPYの移動平均線
posted by FX取引研究会 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

FX取引での円高でのFX投資手法


FX取引での円高でのFX投資手法

FX投資家にとっては、これからが、実力が試される時期です。

アメリカのサブプライムローン問題での巨額の損失は、全不良債権の処理の目途もたたない状態です。

サブプライムローン問題での巨額の損失の処理は、これからが本番です。

FX取引をしているFX投資家は、今後のアメリカや世界経済の状況や為替レートの変化、金利上昇トレンドに対して、注意することが大切です。

FX取引をする上で、今後の企業業績の変化も注意しないといけません。

特に日本は、自動車や電機製品の輸出産業で、経済や円の為替市場での力を維持していたのですが、円高や原油価格や資源価格の上昇、さらには、欧米市場が、サブプライムローン問題の不良債権で、低迷することが予想できます。

これらのことにより、今後は、輸出企業の業績悪化が予想されます。

トヨタのような自動車産業や松下のような電気産業が、欧米市場に生産拠点を作っているので、
今後、円高になれば、現地生産がにさらに移行する可能性もあります。

日本の輸出企業は、過去の大幅な円高や原油価格の急騰も経験して、商品の高効率化や省エネ対策の努力で、今回の円高や原油価格の高騰も乗り切れるでしょう。

今後、日本の輸入超過の貿易収支が続けば、次第に円レートも弱含みになる可能性もあります。
ただし、欧米諸国が、サブプライムでの大きな損失で、日本経済よりも、弱含みになる可能性もあり、為替レートの判断は、難しくなります。

これから、FX投資家は、日本が、円安と円高のどちらに触れても、大丈夫なようにリスク管理をする必要があります。

欧米諸国のサブプライムローンでの不良債権処理が長引けば、大幅な円高になる可能性もあります。

円安の場合は、大丈夫かもしれませんが、円高になると、いままでの円を売却して、ドル等の外貨を購入して利益を得る手法は、ひと工夫が必要になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

FX取引では、スワップ金利は、どの程度の金利差で狙うのかを解説します


FX取引では、スワップ金利は、どの程度の金利差で狙うのかを解説します。

FX取引では、日本の通貨の円と外国の通貨の外貨ちの金利差でのスワップ金利での利益は、一般的に金利差が、約4%以上です。

多くのFX投資家は、FX取引では、スワップ金利での利益を確保することが、
主流ですから、円と外貨との金利差が、4%を超えてくるとスワップ金利狙いの投資資金が増えてきます。

アメリカは、サブプライムローンの関係で、今後も、金利は、低めに誘導するでしょうし、当然、さらに金利を引き下げていくでしょう。

アメリカと日本の金利の開きは、小さくなっていきます。

FX取引を考えたときに日本とアメリカの金利差が、これ以上少なくなると円を売って、アメリカドルを購入するFX取引や外貨取引は、激減するでしょう。

そうなれば、ドルの購入する投資家が減り、ドルが弱含みになります。
FX投資家は、今後も、ドル安傾向が、続くものと理解しないといけません。

日本の金利は、食料品の相次ぐ値上げラッシュから、いつインフレを抑えるために金利を上げられてもおかしくありません。

そのためにFX取引では、スワップ金利で稼ぐ手法にこだわらずに色々な手法を使って、収益を上げることを考えてください。

今後は、FX取引では、スワップポイントは取引業者の差を利用しての収益確保も大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

FX取引では、金利差が、小さいときは、スワップ金利でなく為替差益を狙う


FX取引では、金利差が、小さいときは、スワップ金利でなく為替差益を狙う

スワップ金利は、日本の金利だけでなく、欧米などのFX取引通貨の金利動向も予想することが大切です。

今後は、低金利の日本に対して、サブプライムローン問題の影響で、
欧米などは、金利を低めに誘導する可能性があります。

ただし、現在の原油市場や小麦・とうもろこし市場などの商品市場が、
投機資金の投機の対象になっていて、実需とかけ離れた価格まで、買い進められています。

そのため日本でも、オイルショック以来の食料品や殆どの商品の値上げが相次いでいます。

日本も、この状況が続けば、インフレを抑えるために
ゼロ金利から、金利上昇する可能性があります。

日本政府は、この物価上昇を抑えるために利上げも検討しています。

FX取引をしているFX投資家にとって、この金利差縮小は、FX取引での収益源のスワップ金利の縮小に繋がります。

このために今後、欧米と日本の金利差が縮小すると金利差でFX取引での利益確保が難しくなります。

そのためにFX取引で、FX投資家は、今後は、為替差益を目指しての投資になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

円高局面か円安局面か判断する方法を知ることが、FX取引では大切です


円高局面か円安局面か判断する方法を知ることが、FX取引では大切です。


円安局面では、為替利益とスワップ金利で、簡単に収益を上げることが出来ます。

ですが、円高の局面では、FX投資で収益を上げるには、努力が必要です。

FX投資家の中には、スワップ金利だけで、勝負する人がまだおられますが、
それは、円安の局面での手法を勘違いして運用しているだけです。

為替を考えるときにファンダメンタルズ分析やテクニカル分析をすることが大切です。

そして、要人の発言にも、注意することが大切です。

でも、一番大切なことは、これから数年間、その国の国力が伸びていくか、
減退していくか、横ばいかということ。

この観点から考えると、中国やインドなどは、これからも、貨幣通貨は、為替レートは、
切り上げられ、ますます強くなります。

アメリカは、おそらく横ばいや減退に向かうでしょう。
EUは、東欧諸国を取り込み、域内の経済が活発化して、やや強含みで推移するでしょう。

日本は、横ばいか、やや減退でしょう。

この中で、各々の国が、好景気と不景気の状態で、
経済力を含めた国力が強くなったり、弱くなったりします。

また、サブプライムローン問題などの大きな影響力のある問題が発生した場合は、
サブプライムローン問題の信用収縮問題で、欧米の通貨は、多少弱くなることも考えておきましょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

円高局面で、FX取引で収益を確保する方法を紹介します


円高局面で、FX取引で収益を確保する方法を紹介します。

円安局面では、為替差益とスワップ金利の2つの利益を確保できます。

だから、円安局面だとFX取引でも、主婦でも月収100万円なんて本が、出たりします。

円安局面では、それほど、儲けやすいものです。

だから、どうしてもFX取引で、損失を発生させたくない方は、
円安局面のときだけにFX取引を限定することも、1つの方法です。


その場合は、円高局面では、多少金利が低くても、定期預金で辛抱しましょう。
そして、円安局面が車では、FXバーチャルゲームで、デイトレの技術を磨くことをお勧めします。

ここで、身に付けたデイトレの技術は、次の円高で、FX取引をする場合に
為替差益で収益をあげれない時でも、デイトレで、その穴埋めをすることが出来ます。

でも、定期預金の金利だけでは、嫌な方は、差金決済制度を利用して、
外貨を借りて、スワップ金利を獲得するしかないのですが、
この場合は、為替変動のリスクをもろに受けることになります。

ですから、為替市場が、円高の場合は、デイトレで稼ぐことが、成功率が高くなります。
posted by FX取引研究会 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

円安局面でのFX取引での外貨の投資方法


円安局面でのFX取引での外貨の投資方法

FX取引では、円安の時には、為替差益を簡単に得ることが出来、
FX取引をしているFX投資家の方は、最高の時期を迎えます。

円安の局面でも、日本の金利が高ければ、

ですが、難しいのは、FX取引では、円高の局面の場合です。

FX取引では、円高の局面の場合は、空売りのような取引で、FX取引では、収益を確保することが必要です。

この方法は、円高ポンド安や円高米ドル安の局面が、色々な経済指標や社会情勢から、十分に予測できる場合は、FX事業者からドルでお金を借りてFX投資し、円高になってから、ドルで返金します。

このような方法が、円高の局面では、FX取引で利益を得ることに繋がります。

あと、FX取引では、注意しないといけないのは、円安の局面では、主婦などの素人FX投資家でも、簡単にスワップ金利で、収益を確保できました。

ですが、円安局面では、FX取引の為替差益を得る技術が必要になります。

FX取引の為替差益を得る技術も、このサイトの中で紹介しています。
色々と見てくださいね。


なので、FX会社でも、取引が減少して、経営状態の悪くなる会社も出てきます。

ですから、FX取引では、口座開設するFX会社は、出来るだけ会社規模が大きく、経営状況の良い会社を選んでください。
posted by FX取引研究会 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

FX取引では、円安局面では、為替差益で儲けよう


FX取引では、円安局面では、為替差益でもうけよう。

円高では、為替差益で、儲けることが大切です。

1〜2年前で、為替市場は、円安から円高に変化してきています。

FX取引のFX投資家は、この為替の動向をしっかりと把握して、
為替動向の変化に合わせて、FX取引のスタンスを変えることが大切です。

円高に変化した原因は、サブプライムローン問題での欧米諸国の大きな損失を受けて、景気に大きなマイナス要因が発生しているからです。

サブプライムローン問題で、大きな損失を受けていない日本経済の評価が上がったのです。

この円安から円高に変化したことで、FX取引のFX投資家は、投資スタンスを変更しないといけません。

FX取引では、円安局面では、外貨を購入して、外国の高いスワップ金利を獲得すれば、それで、FX取引では、かなりの収益を得ることが出来ていました。

ですが、FX取引では、円安に為替市場が、変化していること。
しかも、日本の為替市場では、いまだに低金利に政府の方針で置かれています。

そのためにFX取引のFX投資家は、為替差益に焦点を当てて、FX取引の別の収益を確保する必要があります。

円高の局面では、FX取引では、収益を確保するために差金決済制度を利用して、日本円を売却して、アメリカドルなどの外貨を購入するのではなく、逆に将来の日本円の円高での為替差益をレバレッジを利かせて、FX取引では、大きな利益を取ることが可能です。

FX取引では、円安局面では、円を売却して、外貨を購入するように
為替の動向にあわせて、取引することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXで稼ぐ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

FX取引で資金を投資するときのあなた自身の自己管理


FX取引で資金を投資するときのあなた自身の自己管理

FX取引で資金を投資するときには、一般的な精神面の自己管理だけでなく、
あなた自身の性格や人柄面を理解しての自己管理が必要になります。

ご自信の性格的な特徴を理解して、最初にどのような精神的な状況では、
どう対処するか決めておくことが大切です。

そのために、一番、明確な手法として、最初に取り決めを作っておくことが大切です。

FX取引で、決断が、必要になる場合として、1回での取引で大きな損失を被ることが心配な方は、
取引開始前の最初の設定の段階で、取引するための停止為替相場を決めておくことをお勧めします。

利益が出ているときは、冷静な方でも、損失が出始めると深追いされる方がおられます。
そういう、深追いする性格の場合には、1日に何回までしか取引しないと取引回数ををあらかじめ決めておくことをお勧めします。

このように、取り決めをしておくと冷静な精神状況でなくても、
FX取引でのリスク管理をすることができます。

FX取引では、投資資産の現状の評価額の把握だけでなく、
精神的な影響も管理しながら、FX取引をすすめることが大切です。

FX取引では、投資資金の評価額と精神面の管理が大切です。

FX取引では、為替市場のことやFX取引の技術的・知識的なものの積み重ねが大切です。

そして、ファンダメンタル分析やテクニカル分析能力を身に付けて、精神面の自己管理も出来るようになることが、
FX投資家として、必要なものです。

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの裏側 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引にとって、大切なことは、日本政府の資金余力がどの程度あるかを知ることが大切です


FX取引にとって、大切なことは、日本政府の資金余力がどの程度あるかを知ることが大切です。

日本政府が、為替市場に資金投入する実力が、どの程度あるか知ることで、
日本円のレートが、どの程度、日本政府の思惑に維持できるかを掴むことが出来るからです。

日本政府の為替市場への介入できる資金余力が多ければ、
極端な円高になる可能性は、低くなります。

日本政府は、ドルやユーロなどの主要通貨に対する市場介入資金を持っています。

その資金の活用で、昨年度は、4兆円の利益が発生しています。

FX投資家にとっては、心強い話です。

現在までに、昨年度に為替市場に介入した資金投資の利益4兆円のうち、
1.6兆円は、すでに日本政府が、経済運営の中で、使いました。

これは、与謝野経済担当大臣が、公表しています。

与謝野経済担当大臣の発言では、日本政府は、1ドル=101円のレート設定で、
為替市場への介入資金を用意しています。

ですから、現在は、1ドル=110円前後ですが、
今後、円高になったとしても、101円を大幅に割り込むときには、日本政府の為替市場介入があるということです。

まだ、3兆円前後の余剰利益が、日本政府にあります。

ですから、FX投資家の方は、円レートの抵抗ラインは、1ドル=101円にあると想定して、FX取引を続けてください。
posted by FX取引研究会 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

FX取引で資金を投資するときの自己管理


FX取引で資金を投資するときの自己管理

FX取引で資金を自己管理するには、精神面の管理が大切です。

精神面が、しっかりしていないと、FX取引の色々な局面で、
瞬時の決済の判断を求められるときに冷静に判断が難しくなります。
ヘタをすると、決済での判断ミスをすることもあります。
ですから、精神的に安定しない時期がどなたにもありますから、事前にFX取引での取り決めを作ることが大切です。

FX取引では、株の信用取引と同じようにリスク管理が、とても大切です。
リスク管理のためには、技術的なこと以外にも、精神的な面も、安定させて、万全の状態で望むことが大切です。

FX取引をしているかなり実績のある友人でも、精神的に凹んでいたり、動揺していたりすると
FX取引で、大きな資金を投資するときに間違った判断をすることがあるのです。

ですから、これから、FX取引をされる方は、事前にFX取引するための取り決めを決めておくこと、
そして、自分でも、少し今は、精神的に不安定だなぁと感じたときは、
迷わず、その取り決めどおりに取引を進めることが大切です。

FX取引は、ご自身の大切な投資資金を運用するものです。
ですから、ほかの小額の投資と違って、平常時でも、プレッシャーがかかるものです。

色々な勉強をして、ファンダメンタル分析やテクニカル分析能力を身に付けても、
精神的に安定していないと、本来の実力能力を発揮できません。

それでも、FX取引で、順調に収益を確保できているときは、冷静な判断が出来るのですが、
損失が大きくなってくると、どうしても、自分の判断力に自信がなくなったり、
精神的に動揺した状態で、FX取引の判断で、間違った判断をすることがあります。

順調に収益が伸びているときは、自分の判断に自信が持てても、
損失が出始めると、テレビや新聞で発表されているニュースや為替相場の変化に必要以上に神経質になり、
たとえ、為替相場に影響の小さな材料でも、大きな材料と感じてしまうことがあります。

ですから、FX取引で、利益が出ないときでも、間違った判断をしないように事前に判断の取り決めをすることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引のデイトレに適しているFX会社は、マネックスFX


FX取引のデイトレに適しているFX会社は、マネックスFX
http://www.monexfx.co.jp/

マネックスFXは、どちらかというと、初心者向きではなく、
ベテランのデイトレーダー向きのスプレッドです。


マネックスFXは、スプレッドの設定が、優れています。

スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことです。

マネックスFXの基本スプレッドは次のとおりです。

米ドル/円 4    南アフリカランド/円 8  米ドル/香港ドル 8
ユーロ/円 4    ユーロ/米ドル 4     米ドル/シンガポールドル 7
ポンド/円 9    豪ドル/米ドル 4     ポンド/スイスフラン 10
豪ドル/円 5    ポンド/米ドル 5     ユーロ/カナダドル 11
スイスフラン/円 4 NZドル/米ドル 6     ユーロ/スイスフラン 5
カナダドル/円 8  米ドル/カナダドル 6   ユーロ/ポンド 4
NZドル/円 8    米ドル/スイスフラン 6  ユーロ/豪ドル 12

上記の単位は、ピップと呼ばれています。
対円の場合では、1ピップ=1銭です。
外貨ペアの場合は、1ピップ=0.0001通貨となります。

安心の24時間電話サポート体制も定評があります。
デイトレーダーの7割以上が利用しているFX会社として有名です。


マネックスFXでは、FX取引のベテランスタッフが、サポートしてくれます。

マネックスFXでは、優秀な講師クラスのスタッフが、セミナーを開催しています。

マネックスFXでは、FX取引の初心者や中級者向けのサポートも充実しています。

マネックスFXでは、信託保全も、しっかりしているので、安心してFX取引ができます。

デイトレーダーにとって、重要なデイトレードの手数料は、半額に設定されています。

デイトレの新規のポジションを同じ日に決済すれば、その決済取引手数料は無料になります。
posted by FX取引研究会 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのデイトレードの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

FX取引で資金を投資するときの資金管理の重要ポイント


FX取引で資金を投資するときの資金管理の重要ポイント

FX取引で資金管理をするために注意するポイントを紹介します。

FX取引では、当初、見込んでいない状況が、発生することが良くあります。

例えば、石油価格の急騰や、商品市場でのバブル発生などです。

FX取引をする場合には。事前の準備をしても、これらの予想外の影響や、
為替相場の読み間違い等で、大きく損失が膨らむ場合があります。
このような場合にも、冷静に対処することが大切です。

また、FX取引の中で、デイトレードなどは、1日のうちに何度も、
瞬時に売り買い決済の判断をしないといけません。
そのような場面では、平常心が必要になります。
ですから、平常心で無い場合は、FX取引の判断をすべきではありません。

FX取引をする場合に、最初にポジションやレバレッジの設定が必要です。
その際にどの条件で、金利収益を継続的に獲得し続けるかや、
どのような為替相場になった場合に決済をするか等の決め事を守る続けることが、
継続的なFX取引での収益獲得に繋がります。

FX投資には、最初に決めた決済条件や資産運用方針を忘れずに守り続けることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。