スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年09月30日

FX取引とドル変動が大きい場合は、クロス円の売り買いを検討する


FX取引とドル変動が大きい場合は、クロス円の売り買いを検討する。

サブプライムローン問題で、アメリカ政府が、公的資金の投入を決めたことは、
為替市場に良い反応を与えています。

ただし、サブプライムローンは、その評価が、不動産だけでなく、色々な債券とミックスされているために評価が難しいのです。

そのためにアメリカ政府が。市場予想よりも、安く買い上げる場合には、
サブプライムローンの証券を投資家が、売らない可能性があります。

その場合は、サブプライムローン問題の調整期間は、長くなるとFX投資家は、判断すべきです。

アメリカドルの為替市場での価値が、下がるのですから。

たたじ、まだ、アメリカ企業の決算は、まだ、低下していくと予想されています。

その為にドルも、為替市場で、弱含みの展開になることが、予想されています。

これから、日本株が見直されて、買われる可能性があります。 

クロス円は、FX取引の通貨ペアで、米ドル以外の通貨と日本円のペアのことです。

具体的な通貨ペアには、ユーロ円、イギリスポンド円、カナダドル円、オーストラリアドル円、ニュージーランドドル円、南アフリカランド円等があります。

アメリカドルでのFX取引が、為替相場の変動が大きい場合は、アメリカドル以外の取引では、クロス円の売り買いも投資方法として、検討することも大切です。


posted by FX取引研究会 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

通貨ペアの選定方法 初心者のFX投資家は、最初は、なじみのあるドル円での取引ではじめる


通貨ペアの選定方法 初心者のFX投資家は、最初は、なじみのあるドル円での取引ではじめる

初心者のFX投資家は、最初は、なじみのあるドル円での取引ではじめることが大切です。

それは、情報量の多い通貨なら、安心して取引できるからです。

ドル円で慣れれば、ポンド円でも、ユーロ円でも、構いません。

最初にFX取引を開始する場合は、FX会社の選定の前に取引する通貨ペアを決めて、その通貨ペアを取り扱っているFX会社を選ぶことになります。

マスメディアやインターネットでは、圧倒的にアメリカの情報で溢れています。

ですから、経済情勢にも、日頃から、よく知っているアメリカドルが日本のFX投資家には、FX取引では、扱いやすい通貨ペアだと言えます。

FX取引では、アメリカドル以外には、アメリカドルを追い越そうとしているヨーロッパのユーロや、値動きが激しいですが、高金利に人気がある英ポンドや、比較的、日本人に人気のある国のオーストラリアのオーストラリアドルなどがあります。

あと、これからのアジアの盟主といわれる国に成長するであろう中国の人民元、この人民元は、中国の高度成長の波に乗って、長期的に円に対して、人民元高の状況が続くので、FX取引でのFX投資先としては、これから有望であるといえます。

FX取引では、ドル円とかの円と外貨の組み合わせでなくても良いのです。
例えば、ドルユーロとか、フランポンドなどの通貨ペアでのFX取引のFX投資も出来るのです。

ですが、最初にFX取引をする場合は、マスメデイアからの情報量の多いドル円の通貨ペアでの取引をお勧めします。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

FX取引で、ボックス相場でも、収益を確保する投資術を解説


FX取引で、ボックス相場でも、収益を確保する投資術を解説

FX取引で、ボックス相場でも、収益を確保する投資術を解説します。

FX取引でボックス相場の場合に、利益を確保する方法があります。

FX取引では、サポートラインやレジスタンスラインを活用することが必要です。

サポートラインは、FX取引では、下値支持線です。

下値支持線とは、為替相場が、下落時に下落の動きの抵抗となるポイントがサポートラインです。

上値抵抗線こと、レジスタンスラインは、為替相場が、上昇時の抵抗となるポイントがレジスタンスラインです。

チャート分析では、サポートラインとレジスタンスラインを使って、為替相場を予測するために利用します。

これら、サポートラインとレジスタンスラインを使って、ボックス相場で、為替相場が、行き過ぎた時のみFX取引を実行すれば、利益を獲得できます。

このように、FXで、為替差益を獲得することで、スワップ金利だけでなく、FX取引での収益が、飛躍的に向上します。

そのためには、FX取引でのチャート分析や色々なFX投資術を学ぶことが必要です。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

FX取引と為替相場の持ち合い相場とボックス相場の投資方法


FX取引と為替相場の持ち合い相場とボックス相場の投資方法

ボックス相場とは、株価が一定期間、一定の値幅をでの値動きをする相場をいいます。

FX取引と為替相場の持ち合い相場とボックス相場の投資方法を初回します。

逆向かいを可の相場で、逆張りのFX投資をすると、経験的に、どうしても、損切りする場合が多くなります。

逆張りでのFX投資では、瞬時の判断が、損益の結果として出てしまいます。

このようなFX投資は、ベテランのFX投資家は対処できますが、FX取引の初心者などでは、難しいです。

このような値幅の小さい状況の持ち合い相場やボックス相場は、FX取引で為替差益を狙う投資期間としては、適していません。

ですが、ボックス相場では、FX取引のスワップ金利での収益を確保するのに適しています。

それは、為替変動が無い場合は、レバレッジを利かせると大きな金利での収益を獲得できるからです。

posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

FX取引と為替相場の格言と取引での注意点の解説 相場持ち合い


FX取引と為替相場の格言と取引での注意点の解説 相場持ち合い

為替相場には、色々な格言があります。

その格言には、今までのFX取引のFX投資家の実体験から得た経験が、こめられています。

相場持ち合いとなれば、同数の取り合いなり。逆向かいを可とする。という格言は、為替相場では、持ち合い相場が継続されると、為替をじっと監視しているFX取引のFX投資家の考え方が、ブル・ベア均衡になります。

ブル派のFX取引の投資家は、為替相場が、予想したとおりに上昇すると、自分の判断が正しかったと判断し、さらに目的の通貨を購入実行します。
ですが、こういう時は、そのブル派の行動を予測して、目的の通貨を売ることも、取引としては、利益を上げることが出来ます。

反対にベア派のFX取引の投資家は、為替相場で、予想したとおりに為替レートが下降すると、自分の判断が正しかったと判断しい、さらにその通貨を売却する行動に出ます。
ですが、こういう時は、そのベア派の行動を予測して、目的の通貨を購入することも、取引としては、評価益を上げることが出来ます。

このように持ち合い状態の相場は、FX取引のFX投資家が、自分の投資方針を信じて行動しようと計画しています。

そのことをチャートを確認しながら、投資しなさいということです。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

FX取引と為替相場の動きの解説


FX取引と為替相場の動きの解説

FX取引で、注意が必要なオーバーシュートが、為替相場に発生すると、その後は、行き過ぎた為替レートを修正するために揺り戻しの現象が起こります。

揺り戻しは、為替相場が、高騰・暴落しすぎると、天井や大底を打ってから、その行き過ぎた部分を修正する動きが発生します。

FX取引での為替市場では、この揺り戻しの現象の特長として、揺り戻しの現象での相場の変動は、天井や大底を打った為替レートを抜いて、さらに為替レートの変動はしません。

FX取引での為替市場では、あくまでも、行き過ぎた為替レートの変動を調整する範囲での動きになります。

原油高や資源高なので、為替相場が、資源国の為替レートが、上昇しても、経済大国の要人の発言で、資源国の為替レートも、一時的に逆方向の下落相場に動きが変わることがあります。

FX取引での為替市場では、このような、為替レートが、一般的に反対方向の動きをすることを綾戻しと言います。

この綾戻しは、ある程度の期間でも発生しますし、1日の取引の短時間の中でも、発生します。

このような流れをFX取引のデイトレでは、掴むことが大切です。。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

FX取引と為替相場の動きの解説


FX取引と為替相場の動きの解説

FX取引と為替相場の動きを解説します。

FX取引の為替相場は、いつでも、上昇相場では、妥当な水準を突破して、過熱してしまい経済・政治は行き過ぎた値動きをすることがある

FX取引の為替相場が、妥当なレートを突破して、行き過ぎる現象をオーバーシュートと言います。

オーバーシュートは、相場の分岐点であるポイントを突破して、危険なほどの高値をつける値動きをする動きです。
上昇相場では、戻り売りを消化しながら、想像以上の高値をつけていきます。

FX取引のオーバーシュートは、どのような時に発生するかと言うと、経済的な大きな状況が発生する時に良く発生します。

原油市場で原油価格が高騰・暴落したり、金属等の資源市場で、鉄や銅等の産業に必要な資源が、
高騰・暴落すると、資源国と資源輸入国、好景気の国と不景気の国で、為替レートも大きく変動して、オーバーシュートが発生することがあります。。

下落相場では、短期的に必要以上に為替相場が、下落する値動きをいいます。

FX取引では、為替相場がオーバーシュートすると、その後に 「揺り戻し」 が起こります。
値動きの修正が起こって、為替相場が反対に振れます。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

FX取引でのチャート分析


FX取引でのチャート分析

FX取引で、投資する通貨ペアを決定する場合にチャートポイントを調べることが大切です。

チャートは、FX取引の為替市場の値動きをあらわしています。

チャートポイントは、FX取引のテクニカル分析には、大切なものです。

FX取引では、このチャートを分析することは、今後の通貨ペアの動向を予測することになります。

チャートポイントを調べるのに為替相場 USD/JPY Freakというサイトが役に立ちます。
http://usdjpyfreak.seesaa.net/

為替相場 USD/JPY Freakというサイトでは、次の通貨ペアの10分足、1時間足、日足、週足、月足の為替レートのチャートデータを入手できます。
・USD/JPY(ドル/円)
・EUR/USD(ユーロ/ドル)
・GBP/USD(ポンド/ドル)
・USD/CHF(ドル/スイス)
・USD/CAD(ドル/カナダ)、
・AUD/USD(オージー/ドル)
・NZD/USD(ニュージー/ドル)
・GBP/JPY(ポンド/円)
・EUR/JPY(ユーロ/円)


FX取引では、チャート分析すると見えてくるのですが、
特定の為替レートを切ると、為替相場が、下落相場に進むチャートでのポイントがあります。
FX取引では、このポイントを見つけることが大切です。

このポイントは、多くの場合、この為替レートを一度、突破すると為替相場が、上昇相場に向かう特性があります。

この為替市場での上昇相場・下降相場為の分岐点になる為替レートは、チャートポイントといいます。

ただし、チャートは、経済や政治などの社会現象の結果をグラフに表したものなので、チャート分析は、必ず、その分析結果に基づく予測が当たるわけではありません。
posted by FX取引研究会 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

FX取引の通貨ペアの選定方法 クロス円への注意点の解説をします


FX取引の通貨ペアの選定方法 クロス円への注意点の解説をします

FX取引の通貨ペアの選定するために必要なクロス円の注意点の解説をします。

クロス円は、FX取引での通貨ペアで、アメリカドルを含まない通貨と日本円の通貨ペアのことです。
ドル-円の通貨ペアは、ドルストレートです。

クロス円の通貨ペアでは、ポンド円、ユーロ円、オーストラリアドル円、ニュージーランドドル円、カナダドル円)など、アメリカドルを仲立ちして取引する通貨ペアです。

クロス円には、ユーロ円やポンド円、フラン円などの通貨ペアがあります。

クロス円で注意しないといけないのは、ユーロやドルの取引と比べて、
円と外貨の通貨ペアの取引は、少ないので、ドルとお目当ての通貨ペアでの取引が絡みます。

そのために、たとえば、フラン円の場合は、フランスフランと日本円の為替レートだけでなく、
アメリカドルの為替レートの変化も影響を与えます。

このため、フラン円であっても、アメリカドルでの変化や出来事に対する為替相場の反応に注意が必要です。

日本円は、史上空前の低金利が続いています。

実際には、ゼロ金利から、若干、市場金利は、上昇していますが、それでも、低金利が続いています。

そのため、多少、為替変動のリスクがあっても、高金利のフランや、ポンド、オーストラリアドルでのスワップ金利狙いのfx取引に人気が集まっています。

このような高金利の外貨を利用したFX取引は、ドル-円の通貨ペアに比べると、値動きが大きいためにしっかりとした管理が必要です。
posted by FX取引研究会 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

FX取引の通貨ペアの選定方法 ユーロ-ドルの通貨ペアを解説します


FX取引の通貨ペアの選定方法 ユーロ-ドルの通貨ペアを解説します

FX取引の通貨ペアの選定方法として、ユーロ-ドルの通貨ペアを解説します。

ユーロ-ドルは、ドル-円と同じようにFX取引をするFX投資家にとっては、比較的、安心して取引できる通貨ペアです。

あの広大なヨーロッパの多くの国々が参加しているユーロは、その経済規模から、アメリカドルに匹敵する経済市場があります。

現在、世界の通貨取引では、ユーロ-ドルの取引が圧倒的に多いのです。

ただし、この状況も、中国やインドの巨大新興国が、近い将来、貿易量が巨大になり、ユーロとドルを人民元とルピーが、席巻する時代が来ます。

ただし、今はまだ、ユーロ-ドル取引が、世界の通貨取引の約3割になっています。

最近では、サブプライムローン問題の影響で、ヨーロッパもかなりの不良債権の処理に追われています。

ですが、中国とインドが台頭するまでは、ユーロが、ドルの基軸通貨の役割の一部を担う通貨としての範囲を広げていくでしょう。

このようにドルと並ぶ基軸通貨の機能を持ち始めているユーロは、ドルと同じように取引しやすい通貨です。

その中でも、ユーロ-ドルは、取引量が、世界で最大量があり、FXの取引の通貨ペアとしても適しています。

ユーロ-ドル相場の値動きは、為替相場 - リアルタイム チャート - ユーロ/ドルのサイトで、リアルタイムで確認できます。
為替相場の推移が、1分間隔、10分間隔、1時間間隔の動きを確認していただけます。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

FX取引の通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その3を解説します


FX取引の通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その3を解説します

アメリカドルをFX取引の通貨ペアの中の取引通過として採用するFX投資家が多いのは、ドルの取引量が為替市場では、圧倒的に多いからです。

ドル-円が、為替市場で、取引の多い通貨ペアです。
日本とアメリカは、貿易面での取引が膨大であり、ドルと円の取引は、大きな為替市場になっています。

あまり知られていないのですが、ユーロ-ドルの取引が、世界で1番多い取引です。
ドル-円の取引も、ユーロ-ドルの取引に次いで、多い取引なのです。

これだけドル-円の取引市場が大きいと、東南アジアの小国の為替レートのように
海外からの影響を受けて、為替レートが大きく変動するということも少ないです。

この為替レートの変動の少なさも、中長期のFX取引を考えているFX投資家の方には適しています。

どんなに大きな社会的影響があっても、ドルやユーロ、円などの主要通貨は、売りばかりや、買いばかりで、取引ができないことはありません。

ですから、FX取引のような、24時間いつでも取引ができることが大切な投資には、向いている通貨です。

FX取引では、このように大きな取引量のあるドル-円は、FX取引の通貨ペアとして適した通貨だと言えます。
posted by FX取引研究会 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その2を解説します


FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その2を解説します

FX取引での通貨ペアの選定の中の大切な項目にアメリカドルの経済状況を把握する必要性があります。

その要因の1つにアメリカと日本は、密接な関係があって、政治的にも、経済的にも、深い交流がある。
そのためにアメリカに関する情報は、大量に溢れています。

逆に言うと、アメリカドルであれば、かなり細かな動きや動向まで、容易に知ることができる環境にあります。
こういう環境は、FX取引にとって大切です。

アメリカとは、仕事での取引や資金の投資、海外旅行等でも、非常に接することの多い国です。

FX取引で大切な相場観でも、メリットがあります。
アメリスドルであれば、1ドルが、90円になれば、高いなぁと自然に感じれるし、
1ドルが、130円になれば、安くなったなぁと自然に感じることができます。

ドル-円相場であれば、そのときの為替レートの相場観が、何もしていなくても形成されているのです。
このことが、FX取引では、大切です。

また、日本の経済・政治・為替に関するニュースは、新聞やテレビで詳しく細かなところまで、容易に知ることができます。
このことから、ドル-円の取引は、日本人のFX投資家が、FX取引として、取り組みやすい通貨ペアです。。
posted by FX取引研究会 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性を解説します


FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性を解説します

FX取引に使う通貨は、日本円でなくて、ユーロ-ドルやポンド-フランなどでも良いのです。

FX取引のメリットは、円の為替レートの変化に拘束されなくても、円よりも、今後、為替レートで強くなっていく通貨を選ぶことで、多くの利益を得ることが出来ます。

FX取引では、ドル-円の動きを抑えることが、非常に大切です。

それには、大きな理由があります。

まずは、ユーロが強くなっても、世界では、いまだにFX取引をはじめ、決済通貨としては、アメリカドルが基軸通貨として採用されています。

まだまだ、世界での為替取引の大部分は、アメリカドル決済のものが多いのです。

アメリカドルは、貿易や金融取引の決済にも、ドルが多くの場合に採用されています。
実際には、アメリカドル以外の通貨同士の取引量が極めて少ないからです。

そのためにFX取引で、フラン円を購入する場合にも、フランと円をFX取引で、直接交換ではなく、フランドルでフラン買いとドル売りを実行します。
次にドル円で、ドルを買って円を売るというように分割して取引をします。

そのためにFX取引で、フラン円の取引をする場合でも、フランスと日本での経済情勢だけでなく、アメリカの経済情勢も知っておく必要性があるのです。
posted by FX取引研究会 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

FX取引と為替レートの見方を解説 アメリカのリーマンブラザーズが倒産


FX取引と為替レートの見方を解説します。

アメリカのリーマンブラザーズが倒産しました。

この影響で、一時的ですが、FX取引にも大きな影響を与える為替相場が、1日で、3.5円も円高になりました。

このことで、FX投資家が、FX取引で注意することは、リバレッジを使う場合は、10倍程度までで抑えておくことが、
大型倒産や大きな出来事が発生したときに、FX取引を強制決済されることを防ぐことになります。

普段、できるだけ、為替変動の幅を甘く見積もって、FX取引で、30倍、40倍等のレバレッジを使っているFX投資家は、ここで、FX取引の軌道修正が必要になるかもしれません。

FX投資でのFX投資を継続的に運営する場合は、このようなことが、年に1回程度発生することを予想しましょう。

そうすることが、FX取引で、継続的に収益を確保することに繋がります。
posted by FX取引研究会 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

FX取引の技術 今後、投資する外国通貨の選択 その2


FX取引の技術 今後、投資する外国通貨の選択 その2

今後、FX取引で、投資する通貨は、どこでしょうか。

その答えには、今後、株価が上昇する余地の高い国があげられます。

株価が上昇する国は、経済発展していく国であり、当然、高度成長期の日本のように通貨の為替レートも、切りあがっていきます。
株価が上昇する国は、FX取引の対象になる国だと言えます。

このような高度成長期の経済の追い風にのって、通貨の為替レートが、上昇する国の通貨が、FX取引の為替取引に向いています。

FX取引の中国の人民元は、ドルリンク相場から、円や複数の通貨に連動する相場になっています。

オーストラリアは、オリンピック設備投資が、完成するとオーストラリアドルが、暴落しました。
ですから、中国通貨の人民元も、オリンピックの設備投資工事が完了すれば、暴落する可能性があります。
ですが、オーストラリアと違い、高度成長期中の中国は、オーストラリアと違い経済市場が大きいために暴落は、少ないかもしれません。

これらのことを考えると、今後のFX取引には、複数の為替が安定している通貨や中国のような新興国の通貨など、数多くの通貨に対してFX取引を分散させることが必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

FX取引の技術 今後、投資する外国通貨の選択 その1


FX取引の技術 今後、投資する外国通貨の選択 その1

今後、FX取引で、投資する通貨は、どこでしょうか。

資源インフレの状況の場合には、資源国であり、広い国土を保有しているオーストラリアドルは、FX取引の1つの選択枝になります。
FX取引では、南アフリカのランドも、資源インフレに強い国の通貨です。

オーストラリアの隣国であるニュージーランドドルも、高金利であり、しかも、FX取引には、重要な相場変動率が、小さく安定している通貨です。

FX投資する場合、円高の場合は、資源国だけでなく、中国やメキシコなどの新興国の色々なジャンルの通貨をFX取引の対象とすることで、ある程度、リスク回避を出来ます。

他には、金利の高いニュージーランドドル等の通貨を、為替レートの変化をチェックしながら、外貨買いするのではなく、外貨売りのポジションを持つことも、FX取引では、大切なことです。

他には、今後、アメリカに代わって、世界の基軸通貨になる可能性の高いユーロにFX取引の投資する方法もあります。

ユーロが、成長著しい東欧諸国などを取り込んでいくと世界中の銀行の多くが、ユーロ建の債券を発行していき、ドルからユーロの時代に変わる可能性もあります。
そうすれば、今後は、ユーロの為替レートは、上昇することが予想されます。

FX取引の対象として、今後のユーロは、適した通貨といえます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

FX取引の技術 為替相場の分析 世界通貨の為替動向


FX取引の技術 為替相場の分析 世界通貨の為替動向

現在は、世界中の通貨が、お互いに影響しあう時代になっています。

サブプライムショックで、円高・ドル安になっていますが、この流れになっても、
アメリカドルがFX取引の投資対象として人気があります。

その理由として、考えられるのは、日本のFX投資家は、アメリカからは、多くの情報を得れることと、
今まで、アメリカドルでのFX取引で、継続的に利益を得れてきたためでしょう。

ですが、サブプライムローン問題で、FX取引は新しい状況に移っています。
これから、変動する為替相場で収益を確保するためには、世界の景気動向のデータも沢山、収集して分析・予想することが大切です。

円・ドルのグラフとして、1週間、3カ月間、1年間の期間でのドルと円の為替レートを次のサイトで確認できます。
今後の為替相場を予測するし資料になります。

最近は、ヨーロッパのユーロに押されていますが、それでも、アメリカドルの基軸通貨の役割は、続いています。
このアメリカの経済状況は、世界経済に大きな影響を与えます。

アメリカ経済は、長い期間、好景気に沸いていましたが、現在は、サブプライムローン問題で、アメリカ景気は、不景気に突入しようとしています。

今後、経済成長が低下して、貿易面でも、輸入超過になると、円高傾向が続いていきます。
この円高に対応できるようにFX取引も、円高でも、FX取引の収益を上げることの出来るポジションに設定しましょう。

どうするかは、このサイト内で、詳しく色々な方法を紹介しています。
FX取引で米ドルに投資する際には、あくまでも、円高での収益をあげれる手法を採用した下さい。

FX取引の技術の為替相場の色々な分析方法をこのサイトの中で紹介しています。ご確認くださいね。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

FX取引と経済変化 原油高と食糧不足と為替レート


FX取引と経済変化 原油高と食糧不足と為替レート

FX取引をするFX投資家の方は、世界の経済状況の変化にも、注意することが大切です。

それは、どの国に世界の投資資金が集まっていくかです。

現在は、オイルマネーと言われるほど、世界のお金は、中東とロシアに集まっています。
そのオイルマネーで、世界の企業が買収されています。

この変化は、今後は、オイルだけでなく、鉱物資源にも向いていくでしょう。

ですから、徐々に資源国や大量の食料を生産できる国にお金が集まる可能性が出てきます。
それは、そういう可能性のある国にお金が投資される時代になります。

FX取引でも、このマネーの動向に注意が必要です。

食糧不足の原因は、CO2の増加による地球温暖化現象が原因です。

そのために世界的に食料の生産能力が低下してきているのです。

しかも、後進国であった中国やインドが、購買力を増加させてきており、
いままで、日本や欧米に流れていた食料が、中国やインドに向かう可能性が現実化しています。

中国も、農業から脱皮して、生産性の良い工業とハイテク産業に国をあげて取り組んでいます。

現実に中国の食料輸入やとうもろこしをバイオエタノールとして利用する傾向が強まり、食料価格が高騰しています。

食糧不足からのインフレは、現実化していて、このインフレ対策での金利動向が、FX取引にも影響を与えます。

今後、FX取引をする場合は、この経済構造の変化による為替レートの変化にも注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

FX投資の円高相場で為替差益の獲得投資術


FX投資の円高相場で為替差益の獲得投資術

FX取引を考えると、円高傾向が続く環境では、これからのFX取引での投資する外貨は、限定されてきます。

FX取引する外貨は、なじみの少ない新興国でなく、為替市場規模が大きく、通貨の流動性が高い国の通貨が良いでしょう。
その中で、収益も比較的期待できる国の外貨が、良いでしょう。

不動産バブルの崩壊の影響を比較的受けていない国が望ましい。
これは、サブプライムローン等の不良債権問題で、為替レートが弱含みになるからです。

いまや、日本も、アメリカのように中間所得層が減ってきています。

格差が広がっていく社会構造になっています。

FX投資でも、スワップ金利狙いだけでなく、為替差益を狙う技術を修得して、
複数の収益源を確保することが大切です。

FX投資で為替差益を得れる投資術は、やはりFX取引のロングとショートを使い割ける方法です。

円・ドルの場合では、通貨ペアの左側の通貨を購入する取引をロングと言います。
通貨ペアの右側の通貨を売る取引をショートと言います。

このロングとショートを使い分けることが大切です。

円高相場では、円をロングで購入して、ドルをショートで売却することで、為替差益を得ることが出来ます。

ですが、この手法の注意点は、高い金利のドルを売却するために、ドル金利のスワップポイントを支払いが発生します。

例えば、2万ドルの場合では、1日300円程度のスワップ金利の支払いが発生します。

このスワップ金利の支払いと円高での為替差益を比較しながら、FX取引をして収益を確保してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

FX取引の技術 為替相場の分析 アメリカドルの為替動向 その3


FX取引の技術 為替相場の分析 アメリカドルの為替動向 その3

FX取引をしているFX投資家にとって関心の深いアメリカ中央銀行の役目は、アメリカドルの信用力の維持と為替レートの維持です。

FX取引をしているアメリカ投資家も気にしているところです。

しかも、アメリカ国民の生活を守るためにインフレも抑制しないといけない。

ただし、現在、原油価格の高騰で、インフレ懸念が広がっています。

アメリカ中央銀行は、インフレ阻止に必死になっています。

インフレと金利と為替レートは、FX取引の上でも、密接な関係があります。

ですから、どうしても、不良債権処理のためと、住宅ローンの返済に苦しむ国民のために金利は、下げたいのですが、
それも、インフレ抑制との関係で、これ以上は、頻繁に金利を下げることは、難しい情勢です。

FX投資家は、今後、ドルがらみのFX取引をする場合は、アメリカの利下げにも注意が必要です。

ただし、アメリカのサブプライムローン問題に端を発した不動産の不良債権に目途が立てば、
金利は、利下げではなく、インフレ抑制のために金利の利上げの可能性もあります。

ですから、FX投資家は、FX取引のために為替レートをチェックするだけでなく、
為替レートの動向を予想するために世界的な大きな問題であるサブプライムローンがらみのアメリカ発の世界的不良債権の問題と原油を初めとする商品市場への投機資金の抑制が、どう変化していくかに注意することが必要です。

FX取引のための為替レートは、サブプライムローン問題や原油などの商品市場と密接な関係があります。

FX取引の技術の為替相場の色々な分析方法をこのサイトの中で紹介しています。ご確認くださいね。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。