スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年10月31日

FX取引術 FX取引での時間帯による外国為替市場の違いの その2を解説します


FX取引術 FX取引での時間帯による外国為替市場の違いの その2を解説します。

FX取引で、時間帯による外国為替市場の違い その2を解説します。

その理由は、東京時間の夕方4時頃から東京時間の深夜2時までは、ロンドンやパリ等のヨーロッパ中の銀行が、大量の為替取引を行うからです。

この時間帯は、唯一、アジアや欧米の主要国の銀行ディーラーが、FX取引の為替市場に参加します。

世界中の銀行ディーラーが、FX取引の為替市場に参加して、為替市場での取引量も、増加します。

しかも、注意しないといけないのは、この時間帯は、欧米の為替市場の監督官庁からのFX取引の為替市場に大きな影響を与える発言と経済指標が発表されます。

このようにFX取引の為替市場の取引量が多いだけでなく、FX取引の為替市場に大きな影響を与える要人の発言や経済指標の発表などが、この時間帯に集まっています。

あと、考えないといけないことは、投資ファンドのように大きな注文も、この時間帯に集中します。

この時間帯であれば、取引量が多いために大口の取引をリスクを少なく消化しやすいためです。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

FX取引術 FX取引での時間帯による外国為替市場の違いを解説します


FX取引術 FX取引での時間帯による外国為替市場の違いを解説します

FX取引の時間帯による取引量に違いがあります。

色々な国の投資家が参加しているFX取引の外国為替取引所では、時間帯や季節による特徴で、色々な変化がおこりやすくなります。

このような変化の特徴を把握することで、FX取引に関わる為替相場の変動を予測しやすくなります。
 
その中で、まず、時間帯によるFX取引に関わる為替市場の取引量の特徴から確認してみましょう。


外国為替市場では、為替の取引に特徴があります。

その特徴の1つは、メインの銀行間取引は、為替取引量が、一番多い時間帯は、ロンドン市場が開いている時間帯の東京時間の夕方4時頃から東京時間の深夜2時までの時間帯です。

その理由は、東京時間の夕方4時頃から東京時間の深夜2時までは、ロンドンやパリ等のヨーロッパ中の銀行が、大量の為替取引を行うからです。

さらにヨーロッパの銀行のディーラーだけでなく、東京やアジアの主要国の銀行ディーラーも、参加しています。

また、ニューヨークでも、早朝からFX取引の為替市場に参加してくるディーラーの取引も加わり、東京時間の夕方4時頃から東京時間の深夜2時までの時間帯は、FX取引の為替市場の取引量は大きくなりますも。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

FX取引術 FX取引のスワップ金利の高いFX会社を紹介します


FX取引術 FX取引のスワップ金利の高いFX会社を紹介します。

FX取引で、FX取引のスワップ金利の高いFX会社を紹介します。

アメリカドルでの長期保有の場合のスワップ金利の高いFX会社ですが、
数多くのFX会社の中で、短資のFX会社のスワップが高いです。

FX取引では、短資系のFX会社は、高水準のスワップ金利のメリットがあります。

FX取引で長期保有のスワップ金利獲得の場合は、人気ランキング1位のセントラル短資が優れています。

人気ランキング1位のセントラル短資以外には、FROM EAST証券、アイディオー証券、FXキングがFX取引のスワップ金利を獲得するFX会社として優れています。

FX取引の短資系以外ではアメリスドル・円のFX取引でのスワップ金利では、上田ハーローが優れています。

あまり知られていませんが、Foreland Onlineも、FX取引では、多くの通貨ペアでのスワップ金利が高いですから、FX取引のスワップ金利獲得するためのFX会社としては、優れています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

FX取引の投資術 FX取引に大切なデータの貿易収支を解説します


FX取引の投資術 FX取引に大切なデータの貿易収支を解説します。

貿易収支は、商品の輸出額から輸入額を引いたものです。

経常収支は、商品の輸出入額のほかにサービスや利払いなどの受取額と支払額を対象に加えているもので、
貿易収支より、さらに実体経済を把握しやすいといわれています。

経常収支は、貿易での商品とサービスの取引を把握できる貴重なデータです。

経常収支は、貿易収支よりも、対象範囲が広く、為替市場にも大きな影響を与えます。

経常収支は、次の4つから出来たています。

・貿易収支は、商品の輸出入のバランスを表しています

・サービス収支は、旅行や運送などサービス取引を表しています。

・所得収支は、対外直接投資や証券投資の投資収益の結果を表しています。

・経常移転収支は、政府開発援助中で、医薬品のような対価をともなわない現物援助を表しています。

このように貿易収支と経常収支は、その国の貿易状況を知る上で大切なダーテです。

貿易状況を把握することが、為替レートの変化をいち早く予想することに繋がります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

FX取引の投資術 FX取引に大切なデータの貿易を解説します


FX取引の投資術 FX取引に大切なデータの貿易を解説します。

貿易は、国どおしの間で行なわれる商品の売買のことです。

貿易には、実際の商品もあれば、サービスの提供も含まれています。

商品を外国に提供することを輸出といい、外国から商品を受け取る取引を輸入といいます。

ある国が、世界の国々との貿易の中で、輸出が輸入を上回れば、貿易黒字になり、輸入が輸出を上回れば、貿易赤字となります。

貿易黒字が増加すると日本の国には、貿易で稼いだ外貨が、市場に溢れることになります。

その外貨は、世界に投資に廻ったり、日本円に換金されて国内市場で流通することになります。

このように貿易で獲得した外貨は、日本で日本円に換金されることで、
世界の為替市場で、日本円が買われ、外貨が売られることになり、FX取引の為替レートが円高基調が続くことになります。

FX取引では、この通貨の動きを把握して、予想することが大切です。

貿易黒字が増加すると円高になり、FX取引の為替レートは、上昇していきます。

逆に貿易赤字が、増加すると日本円がうられ、FX取引の為替レートが円安基調になります。

このようにFX取引の為替レートに大きな影響を与える貿易の状況は、貿易収支と経常収支の経済指標で確認することが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

FX取引の投資術 FX取引に大切なデータの物価指数を解説します


FX取引の投資術 FX取引に大切なデータの物価指数を解説します。

FX取引の投資術にとって、大切なデータの物価指数を解説します。

FX取引のデータに必要な物価指数は、物価の変動を指数化したものです。

経済市場に流通している物・サービスの量と流通価格を基に産出されます。

FX取引のデータに必要な物価には、2つのものがあって、企業間での商品取引価格を基に算出した企業物価指数と、消費者が、一般的に購入する商品とサービスの価格を指数化した消費者物価指数があります。

この2つ以外にも、FX取引のデータにとって大切な物価指数には、次の2つのものがあります。

・消費者物価指数:消費者が購入する商品やサービスの総合的な価格を指数化したもの。

消費者物価指数は、全国世帯が購入する家計での商品やサービスの価格等を総合した物価の変動を時間的に分類して測定したものです。

・生産者物価指数:商品とサービスが生産段階での物価を指数化したもの。

生産者物価指数は、国内販売業者の販売価格を約1万品目にわたって調査したもので、物価上昇率の判断に利用されます。

このように色々な物か指数があり、これらの指数を把握することが、FX取引で、大きな利益を得るために大切なものです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

FX取引の投資術 FX取引でのデータの物価を解説します


FX取引の投資術 FX取引でのデータの物価を解説します。

FX取引の投資術に必要なデータの物価を解説します。

FX取引で必要なデータの物価は、経済市場で流通している製品やサービスの価格のことです。

物価は、一般家庭が1年間生活するために必要な財・サービスの値段を合計したもとも言われています。

FX取引をしているFX投資家が、把握しておくことが必要なことは、その国の通貨を考えた場合に物価の高い国と物価上昇率の高い国は、弱い通貨であるということです。

弱い通貨とは、売られやすい通貨であるということです。

FX取引で利用する為替レートでは、日本の円は、比較的強い通貨ですから、円高になることが多いのですが、経済環境の悪いアフリカや南米の国では、比較的、弱い通貨の国が多いのです。

FX取引で為替レートを予想するために大切な物価動向を把握するには、FX取引で利用する通貨の国の消費者物価指数と生産者物価指数の2つを調査することが大切です。

消費者物価指数は、消費者が買う商品とサービスの価格であり、指数で表現されています。

もう1つの生産者物価指数は、商品とサービスの生産段階での物価のことです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

FX取引の投資術 FX取引の指標 GDP 国内総生産を解説します


FX取引の投資術 FX取引の指標 GDP 国内総生産を解説します。

FX取引の投資術に必要な指標のGDP 国内総生産を解説します。

FX取引にとって、大切なGDPは、毎月でなく、3ヶ月おきに発表されます。

また、GDPの発表は、1〜3月期のGDPは、2ヶ月後の5月に発表されます。

FX取引に必要な経済指標として、景気動向の確認のためにGDPと景況感調査の2つの経済指標が必要です。

ここで言う、景況感調査は、景気調査を企業にアンケート調査をした結果をまとめたものです。

企業の社長や購買担当などは、自社製品の売り上げ等から、経済市場での実体経済の状況をリアルに把握しています。

そのために企業の社長や購買担当のアンケート結果のデータは、実際の経済状況を把握する上で大切です。

FX取引に必要な世界の主要国での景況感調査は、国ごとで、調査方法は、異なりますが、

この主要国での景況感調査は、FX取引をするための今後の経済状況を予測するための大切な判断データになります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

FX取引の投資術 FX取引に必要な景気判断データのGDPを解説します


FX取引の投資術 FX取引に必要な景気判断データのGDPを解説します。

FX取引の投資術に必要なFX取引に必要な景気判断データのGDPを解説します。

 一般的に景気が過熱してくると、経済活動の中での通貨の流通量は増えていきます。

日本では、景気がよくなっていきと日本円の経済市場での流通量が増えていきます。

貿易で稼いだ外国通貨を日本円に交換されて、日本円の経済市場での流通量が増えていきます。

FX取引を進める上で、この大切な経済状況の変化である景気を把握するデータの1つにGDPがあります。

GDPは、国内総生産のことで、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことです。

GDPを把握することで、FX取引をするうえでの大切な景気・金利予測データになります。

原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。

GDPは、経済を総合的に確認するデータで、GDPの伸び率が経済成長率になります。

GDPが、伸びることが、その国の景気が、良くなっていくことになり、FX取引でも大切なデータになります。

逆にGDPが、小さくなったり、また、伸びが低い場合は、景気は、悪くなってきていることを意味します。

FX取引では、景気動向を把握することが、FX取引をする国の通貨の金利動向を予測する上で、大切な資料になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

FX取引の投資術 為替市場に影響を与える主要国の景況感調査を解説します


FX取引の投資術 為替市場に影響を与える主要国の景況感調査を解説します

FX取引の投資術に必要な為替市場に影響を与える主要国の景況感調査を解説します。

FX取引で大切な景気は、為替市場に対する主要国の景況感調査で把握することができます。

景気を判断する発表資料は、沢山ありますが、その中でも、もっとも有効だと判断されるみのを紹介しますね。

FX取引では、景気の判断が、とても大切です。

それは、景気動向により、FX取引にとって、基盤になる情報である世界の国の金利動向に変化おこるからです。

日本では、日本銀行が調査発表する日銀短観が、景況感調査に該当します。

アメリカでは、全米供給管理協会が調査発表する、ISM製造業景気指数が、景況感調査に該当します。

イギリスは、イギリス購買部協会がおこなう、CIPS製造業指数が、景況感調査に該当します。

ドイツは、Ifo経済研究所がおこなうIfo景気指数が、景況感調査に該当します。

FX取引では、日々の金利動向を確認することも必要ですが、FX投資に必要な投資判断となる景気を判断することは必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

FX取引の投資術 為替レートに影響を与える情報の金利の続編を解説します


FX取引の投資術 為替レートに影響を与える情報の金利の続編を解説します。

FX取引の投資術での為替レートに影響を与える情報の金利の続編を解説します。

FX取引の投資先の国の金利が上昇することにより、投資する国の通貨は、投資先として魅力あるものになります。

FX取引の投資先の通貨として適しているのは、金利の水準が高いことと、
金利が高くても、為替レートや金利が安定している国の通貨です。

実際にFX取引をする際には、FX取引の投資性とする国の銀行預金の金利を事前調査することが効果的です。

FX取引の投資先の国の銀行のホームページを確認して、普通預金や定期預金の金利の変化を調べることで、
FX取引の投資先の国の金利変化の推移を調べることが出来ます。

色々な国の外貨預金の金利を調べることで、FX取引の投資先の候補の国の金利状況や日本との金利差を知ることが出来ます。

為替市場では、FX取引の投資家は、日本だと政策金利は、無担保コールレート、アメリカでは、FF金利が基準金利を注目しています。

政策金利は、諸外国の中央銀行が決定する金利であり、銀行預金や貸出金利、国債の利回りを決めるときの基準になります。

その国の金利を調べる場合は、政策金利の変化を確認することで、金利状況を知ることが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

FX取引の投資術 為替レートに影響を与える情報の金利を解説します


FX取引の投資術 為替レートに影響を与える情報の金利を解説します。

FX取引の投資術として、為替レートに影響を与える情報を紹介します。

「金利」

金利は、銀行などの金融機関から、融資を受けたときに支払う利息の利率を言います。

銀行などの金融機関が、融資先から定期的に受け取る利益を金利といいます。

FX取引で大切な金利と為替の関係を紹介します。

金利は、市中銀行の金利は、銀行ごとに差があります。

そのために金融市場は、基準金利として、政府の政策金利が重要視されています。
この政策金利は、無担保コールレートと呼ばれています。アメリカでは、FF金利が基準金利と呼ばれています。

金利の高い国に預金すれば、金利の低い国の人でも、多くの利息を得ることが出来ます。

このことは、FX取引の基本です。

ただ、金利の高い国は、インフレを抑えるために高金利にしていたり、
また、国としての経済力が弱いために金利を高くしないと外国から資金を集めることが出来ないためです。

金利が低い国は、逆にインフレが発生していない日本のような国です。
そして、日本のように経済力の強い国は、低い金利でも、世界中から資金を集めることが出来るのです。

FX取引をする際に金利を高い国の通貨を取引通貨として選択する場合は、
この為替レートの変動も理解する必要性があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

FX取引の投資術 経済指標と為替レートの関係を解説します


FX取引の投資術 経済指標と為替レートの関係を解説します。

FX取引の投資術の中でも、経済指標と為替レートの関係は大切です。

この大切な経済指標と為替レートの関係を解説します。

一般的にFX取引の為替市場に大きな影響があるのは、金利、景気、物価、貿易等の経済指標です。

これらの経済指標の数値が発表されると世界のFX取引の為替市場が大きく動くことがあります。

経済指標の発表後には、FX取引の為替レートが大きく変わることがあります。

為替市場でのFX取引の投資家は、最新の経済指標を受けて、取引をスタートさせることが多いからです。

為替市場の投資家は、為替レートに影響を与える情報は、次の4つの情報です。

これらの除法穂で、為替市場への投資を決定します。

為替レートに影響を与える情報は、金利、景気、物価、貿易の以上の4つの情報です。
posted by FX取引研究会 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

FX取引の投資術 為替市場の経済指標の3種類の値の違いを解説します


FX取引の投資術 為替市場の経済指標の3種類の値の違いを解説します。

FX取引に必要な経済指標に使われる値には、原数値、指数、季節調整値があります。

その中で、FX取引に必要な経済指標の原数値は、収集した値に調整を一切加えていない、そのままの値を意味しています。

その国の経済活動での値のデータを統計の値として採用するもので、生データと呼ばれるものです。
例えば、原油価格卸売り価格が、○○ドルなら、そのまま○○ドルが原数値といいます。

次にFX取引に必要な経済指標なものに指数というものがあります。

指数は、データの比較にに使われるものです。

あるデータの基準値との比率になります。

ここで説明している数値は、経済指標のデータの変化が大切なときに使われます。

指数は、例えば、原油が100ドルから、翌月に120ドルに変われば、120%になります。

指数は、価格の増減量でなく、増減率を提示するとき必要になります。

指数は、ものの価格の変化を示す場合には、原数値でなく、指数が採用されます。

FX取引に必要な経済指標の季節調整値は、経済統計のデータから、生データから、季節要因を取り除き、作られた数値です。

例えば、ビール等は、厚い夏の時期に良く売れます。

夏の時期のデータだけで判断すると天候等の変動要因の影響が大きく、
経済統計のデータは、1年単位でのデータが大切なので、景気動向を確認するためには、
季節変動要因を除去することで、正確なビールの売り上げの伸びが確認できるためです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

FX取引の投資術 為替市場の経済指標の大切な3つのポイントを解説します


FX取引の投資術 為替市場の経済指標の大切な3つのポイントを解説します。

FX取引の投資術での為替市場の経済指標の大切な3つのポイントを解説します。

為替市場の経済指標の大切な3つのポイントは

1)経済データの種類を分類して把握する

FX取引に必要な経済指標には、沢山のものがありますが、その国の経済状況を把握するための色々なデータが、発表されています。

多くの国で、発表されているFX取引に必要な経済指標には、原数値、指数、季節調整値の3つの値があります。

経済指標といっても、これらの経済指標を使って、その国のFX取引に必要な経済状況の把握と予測をするには、
経済指標の基になるデータが、原数値、指数、季節調整値の中のどの分類かを把握することが大切です。

原数値、指数、季節調整値のどの値を使って、作られた経済指標のデータかを把握しないと
経済指標が示しているFX取引に必要な経済状況を間違えて、判断することに繋がります。
posted by FX取引研究会 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

FX取引の投資術 為替市場の指標は、どこまで調査するのかを解説します


FX取引の投資術 為替市場の指標は、どこまで調査するのかを解説します。

世界でも、経済規模の大きいアメリカやヨーロッパ、日本などの先進国の経済指標を計る指標は、数多く報告されています。

その全部を常に頭の中に叩き込んでおくのは、無理です。

じゃあどこまでの経済指標を知っておくべきかということですが、
アメリカの経済指標でも、10個以下、十分です。

日本でも同じです。

大切な経済指標は次のものです

アメリカ経済のアメリカドルを予想する指標
・ISM製造業景気指数-アメリカ企業の景況状況の指標
・非農業部門雇用者数-製造部門以外の労働者の変化をこの数値で把握します

日本経済の日本円を予想する指数
・鉱工業生産-鉱業・製造業の企業の稼働状況を表す指標
・日銀短観-日本景気動向を予想する指標

ヨーロッパ経済のユーロを予想する指標
・ZEW景況感指数-ドイツの景気を把握するための指標
・Ifo景気指数-ドイツ経済を把握するための指標
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

FX取引の投資術 為替市場に影響がある出来事を解説します。


FX取引の投資術 為替市場に影響がある出来事を解説します。

FX取引の外国為替市場に大きな影響を与える出来事には、次のようなものがあります。
                                                                              』  臥
・G8のような世界の首脳が集まって、世界の為替市場に大きな影響を与える決定
・GM等の世界的巨大企業の貿易状況に変化
・アメリカの政府要人の為替レートを意識した発言
・アメリカで発生した同時多発テロやイラク戦争のような大規模なテロ・戦争、

これらのの1つでも、該当することが発生するときは、FX取引の世界の為替レートに大きな影響を与えますから、
FX投資家は、これらのことに大しては、注意と保有しているFX取引のポジションにストップを設定しておくことが大切です。

これらの出来事は、世界の為替市場が与える影響に注意が必要です。

FX取引の短期的な影響については、銀行などの法人投資グループや個人投資家が参加しての投機性がある取引が起こる可能性がある。

これらの投機的な取引が、どの程度、FX取引の世界の為替市場に影響を与えるか予想することが大切です。

FX取引の中長期的な影響は、これらの出来事が、世界経済にどのような影響を与えるか整理して、対処方法もあらかじめ決めておくことが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

FX取引の投資術 テロや紛争での為替レートへの対策


FX取引の投資術 テロや紛争での為替レートへの対策

大型テロや戦争が起こった場合には、先進国の経済自体に影響を大きく与えません。

また、事件の発生時はその影響が未知数であることが多く、当事国の通貨の暴落は、長く続きません。

このたよな予想が難しいテロや戦争への対応は、FX取引の保有しているポジションには、確実にストップを設定しておくことです。
FX取引では、万が一の被害を限定することが、大切です。

また、FX取引の為替レートも、この時期は、変動が大きいので、小さな為替レートの変化を気にしないことです。

大型テロや戦争が起こった場合には、FX投資家は、取引に慎重になり、FX取引の為替市場での通貨の取引量が、極端に少なくなることがあります。

そのために一時的にFX取引の為替レートの変動が続き、落ち着かない状況になりますが、少ないの通貨取引での売り買いでも、為替レートが動くこともあります。

ですから、小さな為替レートの変化は、無視するほどの心のゆとりが大切です。

テロや戦争で、FX取引の為替レートの値動き大きくなるとデイトレードでの収益が取りやすいように思われるかもしれませんが、
実際には、FX取引の通貨取引量が少なくなっているために大きな値動きになり、為替レートの変化予測が、難しい相場になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

FX取引の投資術 テロや紛争での為替レートへの影響


FX取引の投資術 テロや紛争での為替レートへの影響

FX取引の投資術の中にテロや紛争での為替レートへの影響を考慮することが大切です。

世界で発生する大規模なテロや戦争は、その発生する場所が、中東であったり、欧米であったり、中国・ロシアの新興国であったりするとFX取引の為替レートに大きな影響を与えます。

アメリスで発生したタリバンのニューヨークの高層ビルへの航空機テロで、アメリカの株価だけでなく、世界の株価が大きな影響をうけました。

アメリカでの同時多発テロでは、ドル売りが殺到して、アメリカドルのFX取引の為替レートが、暴落したことがあります。

このような大型テロや戦争が起こった当事国の通貨は、FX取引の為替レートが大幅に低下します。

このような大型テロや戦争が起こった場合に、スイスのようなテロや戦争の危険性の少ない国の通貨のFX取引の為替レートが上昇します。

このような大型テロや戦争が起こった場合に、石油や金の資源価格の上昇の予想から、オセアニアや南アフリカなどの通貨のFX取引の為替レートが上昇します。

注意しないといけないのは、大型テロや戦争での通貨のFX取引の為替レートの変化は、一時的なもので収まることが多いのです。

実際に、アメリカでの同時多発テロの翌月には、FX取引の為替レートは、下落前の水準近くまで戻しました。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

FX取引の投資術 為替レートに影響を与える要人の発言の解説 続編


FX取引の投資術 為替レートに影響を与える要人の発言の解説 続編

世界には、FX取引の為替市場に大きな影響を与える会議があります。

世界の先進国の首脳が集まって意見を交換するG8もFX取引の為替レートに大きな影響を与える会議です。

ですから、G8会議の前後に世界の要人が、FX取引の主要な通貨の為替レートに言及することにより、
非常に短い時間の間に1〜2円の円高になることがあります。

逆に、世界の要人が、FX取引の主要な通貨の為替レートに言及することにより、
非常に短い時間の間に1〜2円の円安になることがあります。

世界要人発言も、世界の為替レートに対する影響は、比較的短期間に限定される場合もあります。

逆にアメリカの要人発言で、長期的な為替レートに変化が生じる場合もあります。

例えば、1990年代にアメリカの要人の発言で、為替レートが大幅な円高になったことがあります。

このように世界の要人の発言は、fx取引をする際の為替レートへの大きな介入になります。

特に、FX取引で、デートレートをされてる、fx投資家は、要人発言予定を事前にチェックしておく必要性があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。