スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年11月30日

FX取引術 FX取引でのレバレッジ調整方法 FX取引口座の資金で調整する方法


FX取引術 FX取引でのレバレッジ調整方法 FX取引口座の資金で調整する方法

FX取引術として、FX取引でのレバレッジ調整方法 FX取引口座の資金で調整する方法を解説します。

FX取引のレバレッジの設定の為の調整は、次のことを行う必要性があると、以前に説明しました。

・FX取引のための開設した口座の入金額を調整する。
・FX取引での保有するポジション量を調整する。

FX取引では、FX取引口座の資金の額を調整することで、FX取引をする場合のレバレッジを調整することが出来ます。

FX取引のレバレッジの具体的な調整方法を紹介しますね。

具体的には、現在、FX取引のFX取引口座に資金を追加して入金すれば、良いのです。

例えば、FX取引のFX取引口座に100万円の投資資金があり、さらに同じ1金額の00万円を追加入金すれば、FX取引のレバレッジは、入金前が2倍であれば、追加入金後は、1倍になります。

逆にFX取引のレバレッジを2倍から4倍に増やしたい場合は、FX取引口座の資金から、預け入れ資金の半額を引き出せば、レバレッジは、4倍になります。

このようにFX取引のレバレッジは、FX取引口座に預け入れしている資金額の調整で、混交することが出来ます。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

FX取引術 FX取引の具体的なレバレッジの設定方法を解説します


FX取引術 FX取引の具体的なレバレッジの設定方法を解説します。

FX取引術では、FX取引の具体的なレバレッジの設定方法を解説します。

FX投資家が、FX取引をする場合は、レバレッジは保有するポジションごとに設定が出来ないことになっています。

ですから、FX投資家は、レバレッジを利用する場合は、レバレッジ倍数を保有するFX口座ごとに決めることになっています。

FX取引でのレバレッジ倍数は、FX取引のために解説したFX口座の資金と注文したポジションから、計算されます。

具体的に解説すると、FX口座に証拠金200万円があり、ドル/円が、1ドル=110円の為替レートのときに2万通貨分の買いポジションを保有する場合、
この取引口座にこのポジションでの口座のレバレッジは、次の計算の通りになります。

算出方法は、以下の通りです。

FX取引の注文したポジションの円換算値=110円/ドル×2万ドル=220万円

FX取引のレバレッジ=注文したポジションの円換算値、この場合220万円÷口座にある保証金額、この場合200万円=1.1倍

FX取引の注文したポジションの円換算値は、通貨ペアのレートと取引通貨を掛けることで計算できます。

ですから、FX取引のポジションを保有する前に事前に調整が必要になります。

FX取引のレバレッジの設定の為の調整は、次のことを行う必要性があります。

・FX取引のための開設した口座の入金額を調整する。
・FX取引での保有するポジション量を調整する。

FX取引のレバレッジを調整するには、これらの方法を組み合わせて行ないます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

FX取引術 FX取引のレバレッジの原則を解説します。


FX取引術 レバレッジの原則を解説します。

FX取引術の中で、レバレッジの原則を解説します。

FX取引の中で、レバレッジを何倍までかけることが出来るサービスを売り物にしているFX会社があります。

ですが、FX取引で、このレバレッジは、何倍まで、使うことが良いのかを解説します。

FX投資家が、外国為替証拠金取引ことFX投資する場合は、FX会社では、殆どのFX会社は、20倍のレバレッジは、サービスとして提供されています。

FX会社の中には、FX取引のサービスとして、200倍のレバレッジを提供している会社があります。

レバレッジは、FX取引のために開設した口座の資金と保有しているポジションで決まります。

FX取引のレバレッジの倍率を大きく用意している会社のメリットは、レバレッジを大きく使うことで、FX取引の収益を伸ばすことが出来ます。

ですが、FX取引では、預け入れた証拠金の範囲内で、レバレッジを効かせたポジションでのFX取引になります。

そのためにリスク管理のために損切りの設定であるストップ・ロスを事前に設定するです。

FX取引のレバレッジの設定を慎重に検討して、FX取引で、継続して収益を獲得してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

FX取引術 FX取引のレバレッジの決め方のポイント


FX取引術 FX取引のレバレッジの決め方のポイント

株式投資の場合は、新興国の株式に長期投資すると数年間で、10倍以上の株価になることは良くあります。

FX取引では、数年間の長期投資でのFX取引のと言うのは、行われません。

FX取引の外国為替取引の場合は、株式取引と違い、投資金額の数倍の投資をすることが出来ます。

それが、FX取引のテコの効果というレバレッジです。

FX取引のレバレッジでは、テコの効果を使うのですから、利益を大きくとることもできすが、損失時のリスク管理も大切です。

FX取引のレバレッジを効かせることが出来れば、外国為替取引のFX取引では、投資資金を数倍に増やすことも可能です。

ですが、FX取引のFX投資家は、まず、投資資金を2倍程度を増やすことを目標にされることをお勧めします。

例えば、FX取引の投資資金を200万円とすれば、400万円に増やすことを目標にしましょう。

意外と、少ないFX取引の目標かも知れませんが、実際には、FX投資家が、最初に設定するレバレッジでは、妥当な数値です。

FX取引の初心者の方は、投資資金を2倍にするためには、レバレッジは、5倍程度が、良いでしょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

FX取引術 アメリカのニューヨーク株式市場とニューヨーク外国為替市場の影響の大きさ


FX取引術 アメリカのニューヨーク株式市場とニューヨーク外国為替市場の影響の大きさ

FX取引術の中で、アメリカのニューヨーク株式市場とニューヨーク外国為替市場の影響の大きさを解説します。

FX取引のニューヨーク外国為替市場は、 世界で第2位の為替市場の規模があります。

FX取引のニューヨーク外国為替市場は、アメリカドルの取引だけでなく、中南米通貨も大きな取引量を誇っています。

FX取引のニューヨーク外国為替市場は、取引高 4000億ドル以上の市場規模です。

FX取引のニューヨーク外国為替市場は、 日本の東京外国為替市場に大きな影響を及ぼします。

実際には、日本だけでなく、ヨーロッパやアジアの新興国の為替市場にも大きな影響を与えます。

FX投資家が、注意しないといけないのは、為替市場でのFX取引では、為替市場だけをチェックすれば良い訳ではありません。

FX取引の為替市場での為替レートは、株式市場での株価の上昇・下降や商品市場での原油価格の高騰下落などが、工業国や消費国、産油国などの貿易収支に与える影響で、為替レートは、変動します。

アメリカの地盤沈下といわれていますが、まだまだ、FX取引の為替市場では、アメリカのニューヨーク株式市場と為替市場の影響が、現在でも、世界の為替市場に大きな影響を与えています。

近年では、中国やインドや日本の株式市場や為替市場のアジアの大国の世界のFX取引の為替市場に及ぼす影響も増大してます。

これらのFX取引の外国為替市場は、お互いに影響を及ぼしています。

その中でも、アメリカのニューヨーク株式市場と為替市場の影響が、一番大きく、アメリカのニューヨーク株式市場と為替市場の影響が、下落すると、その後に開く、ヨーロッパやアジア、日本の株式市場と為替市場は、アメリカでの下落・上昇傾向を受け継ぎます。
posted by FX取引研究会 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引術としてのFX取引のレバレッジについて解説します


FX取引術としてのFX取引のレバレッジについて解説します。

FX取引では、実際の保有している資金にテコの効果であるレバレッジを使って、為替市場でFX取引することで、大きな収益を確保できるようになっています。

具体的には、1ドルが100円の場合に、購入するFX取引のポジションでの必要資金が、FX取引口座に保管されている投資資金を上回る場合は、レバレッジが発生します。

具体的には、1ドルが100円で、100万円の預け入れ資産と同額の100万円のFX取引のポジションを購入した場合にレバレッジは、1倍になります。

1ドルが100円で、200万円の預け入れ資産と同額の100万円のFX取引のポジションを購入した場合にレバレッジは、2倍になります。

このように保有資産以上の取引が可能になるのが、レバレッジの魅力です。

当然、FX取引のレバレッジが高い場合は、ハイリスク、ハイリターンになります。

FX取引のレバレッジが低くて、レバレッジ倍率が、1倍になれば、これは、外貨預金をすることと同じになります。

FX取引のレバレッジは、FX取引の初心者の方は、5倍程度が、望ましい状態です。

FX取引のレバレッジでの取り引きは、リスクが伴います。

このためにFX 取引で、FX取引のレバレッジを使う場合は、リスク管理が大切になります。

posted by FX取引研究会 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

FX取引術 FX取引の株式市場と外国為替市場の違い


FX取引術 FX取引の株式市場と外国為替市場の違い

FX取引術を理解するときにFX取引の外国為替市場と、テレビ、新聞等で紹介されている株式市場では、投資先市場としては、かなりの違いがあります。

FX取引に詳しくないFX投資家の初心者の方は、株式市場と同じように外国為替市場をとらえている方がおられます。

FX取引では、株式市場とは、全く異なる市場ですから、投資方法も変えることが必要です。


外国為替市場は、株式市場と違い取引所がありません。

外国為替市場は、為替ディラーが所属している銀行や証券会社などが、1対1での相対取引の形態です。

株式市場では、証券取引所がありますが、為替市場では、電話やパソコンを介しても取引になります。

外国為替市場には、次のポイントがあります。。 

・為替市場での取引量が多く、そのために市場規模が大きいために、取引が容易に成立する。

・株式市場と違い、世界の国で為替取引が行われており、24時間取引が出来る。

・為替市場では、株式市場のように怪しい仕手筋がなく、市場規模が大きく、安心して取引できる市場です。


FX取引をする為替市場は、3兆ドル以上の大きな取引市場になっています。

その中でも、アメリカドルを介した取引が圧倒的にシェアがあります。

外国為替市場では、FX投資家が、FX取引するのに人気のある時間帯のロンドンやニューヨークでの取引時間でも、日本にいながらのFX取引が可能で、FX投資家として魅力のある市場です。

あと、株式市場では、自社株の売り買いなどのインサイダー取引も、市場規模が大きすぎて出来ない市場になっています。

ですから、一部の投資家のみ不正な利益を得ることの出来ない公正な市場です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

FX取引術 FX取引で継続的に利益を確保する判断ポイントの重要性の続編を解説します


FX取引術 FX取引で継続的に利益を確保する判断ポイントの重要性の続編を解説します。

FX取引では、為替市場のファンダメンタル分析やテクニカル分析、チャート分析を行いFX取引(外国為替取引)をすることになります。

FX取引で、継続的に収益を確保することは、厳しい局面もあります。

為替市場が、FX投資家の予想通りの展開になった場合には、事前に決めておいた為替レートでなく、大きく利食いしても構いません。

ですが、その場合でも、FX取引での損切りについては、事前に決めておいた為替レートで実行することが必要です。

FX取引では、損切りをしっかりとすることで、次のFX取引に繋げることができます。

FX取引で、利食いする場合も、為替市場を取り巻く環境の急激な変化を察知して利食いすることも必要です。

為替市場の変動が大きく、精神的に我慢することが辛くなって、利食されることも良いです。

しかし、FX取引で、一度、利食いした後で、再度、同じポジションを持つことは、お勧めできません。

最初にFX取引の為替レートの設定どおりにならなかったのですから、分析が足りなかった可能性があります。

FX取引で、予定の為替レートで、利食いできなかった場合には、当初にポジション設定の分析の間違いを反省して、再度、検討しなおすことが大切です。


その場合は、為替市場をファンダメンタル分析やテクニカル分析等で、しっかりと分析し、FX取引での損切りと利食いの割合は、1対2になるようにFX取引のポジションを検討することが大切です。

為替市場を取り巻く世界の景気動向の変化も起こってきます。
そのために、このような大きな景気のトレンドを、再度、調査することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

FX取引術  FX取引で継続的に利益を確保する判断ポイントの重要性を解説します


FX取引術  FX取引で継続的に利益を確保する判断ポイントの重要性を解説します。

FX取引術の中で、FX取引で継続的に利益を確保する判断ポイントの重要性を解説します。

FX取引で、為替相場が、FX投資家の予想した通りにチャートが動き、いざ、利食いをする時になるとチャートをにらみながら、どうしても悩んでしまうことがあります。

FX取引では、損切りと利食いの割合は、1対2になるようにFX取引のポジションを取ることが、大切と、以前、紹介しましたが、この事前に損切りと利食いの為替レートのポジションでの利益は、あくまでも結果です。

FX取引で、為替取引のためにファンダメンタル分析やテクニカル分析を利用して、チャートでの為替の予想的中率が高くなれば、利食いを事前設定ポイントよりも、大きく利食いすれば、さらに収益を増やすことが出来ます。

FX取引での利食いが、当初の設定ポイントで、実行するだけでなく、設定ポイント以上の為替レートの変化まで、待つことも、FX取引の戦術の1つです。

実際の為替市場では、為替レートは、時間とともに変化します。

そのときの為替市場のチャートの変化と為替市場に大きな影響を与える世界の経済状況検討して、FX取引での損切りと利食いのタイミングを決めるのです。

為替市場を分析すれば、FX取引で、為替レートが、予想通りに動けば、大きく利食いをしても良いのです。

FX取引での利食いは、あらかじめ設定したポイントで利食うことも大切ですが、利食いでの収益が、当初の目標に到達するように大きく利食っても構いません。

利食いは、為替市場を分析して、FX投資家の判断で、大きく利食いしても構いませんが、損切りは、悩まずに予定ポイントで、実施することが大切です。

fx取引のノウハウを蓄積して、継続的に収益を確保できるようにして下さい。
posted by FX取引研究会 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FXで稼ぐ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

FX取引術 FX取引で継続的に利益を確保する方法


FX取引術 FX取引で継続的に利益を確保する方法

FX取引術の中で、FX取引で継続的に利益を確保する方法を紹介します。

FX取引で、損切りと利食いをしっかりと決めておくことが、継続的なFX取引を可能にするだけでなく、損切りと利食い割合を決めておくことが、FX取引で利益を得るために必要です。

FX取引で、損切りと利食いの割合は、1対2になるようにFX取引のポジションを取ることが、大切です。

損切りと利食いの割合を1対2にして、勝率6割程度を目指せば、FX取引で、十分に利益は、獲得できます。

FX取引としては、具体的には、チャートで、ファンダメンタル分析やテクニカル分析を利用して、損切りと利食いの割合を1対2にします。

FX取引で、かなりの取引技術を習得されている方は、1:2以上の割合に設定して頂いても構いません。

このようにFX取引では、損切りと利食いをしっかりと決めて、FX取引の行動することが大切です。

FX取引のポイントは、大きく利食いをして、損切りは、少なくすることが大切です。

これは、FX取引の利食いのポイントは、4円に設定して、損切りのポイントは、2円のポイントに設定します。

こうしておけば、FX取引で、利食いを3円で2度成功させれば、損切りで、2円を3回することになっても、プラスの結果になります。

FX投資家は、利食いの場合は、どうしても、お金の魅力に弱くなり、早い時点の決済をする傾向が有ります。

また、FX投資家は、為替相場が、予想と違うチャートになり、損失が発生しても、我慢すれば、チャートが反転するのではと、損切りのタイミングが遅くなりがちになります。

これらのFX投資家の心理から、投資資金を守り継続的に取引するには、利食いは、大きくして、損切りは、早くするような為替レートの設定にします。

このようにしっかりとしたfx取引で利益を確保してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXで稼ぐ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

FX取引術 損切り注文の方法を解説します


FX取引術 損切り注文の方法を解説します

FX取引術として、損切り注文の方法を解説します。

損切り注文は、ストップロスとも言います。

損切り注文の方法は、一般的に次の方法があります。

1つは、損失額を事前に決めて、FX取引で、事前に定めた損失額に到達すれば、損切りをする。
例えば、為替レートが、円高で、1ドル=95円になったら、損切りするという場合等です。


もう1つの方法は、FX取引で出した注文であったが、注文をした思惑が外れた場合に損切りをする。
例えば、移動平均線のクロスを利用して、FX取引の売買を決める場合などです。

チャート分析で、基本的なものに、ゴールデンクロスがあります。
為替チャートの短期移動平均線が、長期移動平均線を、下から上に突き抜けた点をゴールデンクロスといいます。

例えば、9日単純移動平均線が、18日単純移動平均線を上回った時(ゴールデンクロス)を買いシグナルとしてFX取引の注文をします。
逆に9日単純移動平均線が、18日単純移動平均線を下回った時(デットクロス)を売りシグナルとしてFX取引の注文をします。
当初、ゴールデンクロスになったためにFX取引の注文を出したが、しばらくして、デットクロスになって締まった場合に損切りするという手法です。

FX取引は、株の長期投資とは違って、レバレッジという、テコを効かせて、実際に保有している資金の何倍もの取引が可能です。
そのためにFX取引では、注文時にあらかじめ設定した為替レート範囲よりも、為替レートが、変動してしまった場合に、損失を一定額に限定するためにFX取引の損切り注文をすることが原則です。

FX取引では、為替取引のためにファンダメンタル分析やテクニカル分析を利用しますが、このようにFX取引の損切りする場合は、一定の損失金額が発生する場合や注文したときの環境が変化してしまって、注文を出した決定項目がなくなった場合等です。

FX取引では、このような損切りは、継続的にFX取引を続けていき、利益をあげるために絶対に必要なことです。

FX取引では、あまい見通しで、取引を続けるのではなく、損切りする時は、損切りして、損失を最小限に抑えることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

FX取引術 FX取引での損切りと利食いを解説します


FX取引術 FX取引での損切りと利食いを解説します。

FX取引術として、FX取引での損切りと利食いを解説します。

FX取引での為替市場では、連戦連勝は、ありえません。

FX取引では、勝つ取引もあれば、負ける取引もあります。

FX取引では、数回は、負けても大丈夫なように投資資金を幾つかのグループに分散投資をすることが大切です。

そのためには、1回のFX取引で、獲得する利益をあらかじめ決めておき、その利益に到達すれば、決済して利益を確定させることが大切です。

逆に損切りとしては、1回のFX取引で、発生する損失をあらかじめ決めておき、その損失に到達すれば、決済して損失を確定させ、損切りをします。

このような考え方は、システム売買に近い考え方ですが、FX取引の手法としては、大切な手法です。

このように損切りは、FX取引での損失を確定させることで、ストップロスは、このFX取引での損切りのための取引注文のことです。

FX取引以外でも、株取引でも、損切りと利食いは、大切です。

FX取引では、為替市場は、24時間取引されていて、為替レートも変化しています。

24時間、動いている為替市場では、あらかじめ決めた為替レートになった場合に損切りの取引をすることが大きな損失を防ぐことになります。

損切りは、FX取引での損失を最小限に抑え、次の取引に専念するためにも、大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXで稼ぐ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

FX取引術 FX取引での資金分割での投資管理を解説します


FX取引術 FX取引での資金分割での投資管理を解説します

FX取引術として、FX取引での資金分割での投資管理を解説します。

FX取引は、レバレッジというテコを使う取引ですから、資産管理は、レバレッジを使わない取引とは、比較にならないほど大切です。

FX取引で、通貨の取引をするのは、1回だけの取引ではありま゛ん。

FX取引では、数ヶ月の間に数回以上の売買をするFX投資家もいれば、1日の間に何度も、為替取引を繰り返すデイトレのFX投資家もいます。

FX取引では、何度も、売り買いを繰り返して、年間の利益を確定させるものです。

そのために1度の取引で、大勝を目指すのではなく、数回に分けて、利益を積んでいくことが大切です。

このように年間の利益を獲得するための相場の格言があります。

頭と尻尾はくれてやれという格言です。

これは、欲張って、大底でかって、天井で売ることを目指すのではなく、何度も、FX取引の為替市場で、売買を繰り返して、少しずつ利益を積み上げていくことを示しています。

そのためには、FX取引で、1年のうちに何度も取引が出来るようにFX投資資金を分割して、為替市場に投資することが大切です。

FX取引では、投資資金を少ない金額での外国為替取引は注文しずらいと考えられているFX投資家がおられます。

ですが、大きく投資資金を1度のFX取引で投入するよりも、投資資金を小額に分割してFX取引に投資するFX投資家の方が、成功している確率が高いのです。

FX取引の口座に、最初に多額の資金を預けたとしても、実際のFX取引では、小額に分割して、投資していくスタンスの方が、大きな損失を被らずにすみます。

実際にFX資金を管理されているFX投資家は、資金を20分割や10分割に分けて、FX投資のポジションを持つことをお勧めします。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

FX取引術  持ち合い相場でのFX取引での成功法


FX取引術  持ち合い相場でのFX取引での成功法

FX取引術として、F持ち合い相場でのFX取引での成功法を解説します。

FX取引での為替市場では、取引に使う通貨の為替レートを調べると、一定の値幅の中で、為替レートが、動いていることが解ります。

持ち合い相場では、上昇・下降トレンドの少ない相場のことで、このようなトレンドのない相場では、FX取引の買いシグナルが出ても、下落したり、FX取引の売りシグナルが出ても、上昇したりします。

持ち合い相場では、その為替レートの値幅の範囲を破って、大きく上昇・下降する放れる相場を体験することがあります。

順張りや逆張りでのFX投資家もいれば、上昇相場で強いFX投資家や下降相場に強いFX投資家など、FX投資家によって、得意な為替状況があります。

持ち合い相場では、FX取引の手法が、順張りのFX投資家は、様子見が一番です。

ですから、FX投資家は、ご自身の得意な為替状況やパターンでFX取引をして、不得意な為替状況になれば、ストップロスオーダーで、FX取引での損失を限定させることが大切です。

また、順張りのFX投資家は、持ち合い相場では、次の投資機会が来るまで、投資資金を維持することを心がけましょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

FX取引術 FX取引で、大きな損失を被らないためのストップロスオーダー


FX取引術 FX取引で、大きな損失を被らないためのストップロスオーダー

FX取引術 FX取引で、大きな損失を被らないためのストップロスオーダーについて解説します。

FX取引のストップロスオーダーは、逆指値注文、又は、損切り注文のことです。

FX取引のストップロスオーダーは、買い注文では、現在の市場価格より高い価格を設定します。

また、FX取引の売り注文では、現在の市場価格より低い価格を設定します。

ストップロスオーダーは、現在の為替レートから、為替レートが、あらかじめ決めておいた為替レートまで上昇すれば、その通貨を売るという取引方法です。

FX会社の売り買いシステムでは、あらかじめソフトで、為替レートが、設定値に達すれば、自動的に売ったり、買ったりするように作られています。

FX取引では、一般的な注文は、ドル/円のポジションであれば、あらかじめ決めていた購入希望の為替レートまでドルが下落すれば、ドルを購入する取引や、あらかじめ決めていた購入希望の為替レートまでドルが上昇すれば、ドルを売る取引が、ほとんどです。

そのために、FX取引のストップロスオーダーの注文とは、売り買いが、正反対です。

FX取引のドル/円の取引で、ストップロスオーダーを解説します。

ドルの為替レートの上昇を予想して、ドルを保有しているFX取引の投資家の予測が外れて、ドル/円の為替レートが、下落した場合にあらかじめ決めておいた為替レートで、ストップロスオーダーを出しておけば、その為替レートで、ドルを売ってしまうことができ、FX投資家のドル資産の保有を解消出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

FX取引術  ユーロ/ドルとユーロ/円取引の為替レートの関係を解説します


FX取引術  ユーロ/ドルとユーロ/円取引の為替レートの関係を解説します。

FX取引術としてのユーロ/ドルとユーロ/円取引の為替レートの関係を解説します。

FX取引でも利用するユーロ/円の取引では、どうしても、ユーロ/円レートとドル/円レートの両方の影響をうけます。

ユーロ/円の為替レートは、常に変動していますが、その変動幅が大きいときは、原因として、ドル/円の為替レートの変動が大きいことが影響しています。

FX取引としては、大切なことなので、注意が必要です。

サブプライムローン問題で、ドルの基軸通貨としての価値や信頼度は、低下していますが、まだまだ、ドルを決済通貨として使用している企業が多いのが現実です。

ですから、圧倒的に取引量の多いユーロ/ドルやドル/円のドルの為替レートの変動影響をユーロ/円の為替レートは大きくうけます。

このようにユーロ/円の取引では、大きな影響力のあるドルを基軸とする取引であるドル/円の変動の影響をうけたり、ユーロ/ドルの影響をうけて、ユーロ/円のの為替レートは決定されます。

過去の実績で言えば、東京市場では、ユーロ/円の為替レートは、FX取引でも利用するドル/円の為替レートの影響を強く受けています。

やはり、世界では、まだまだ、基軸通貨としてのドルの取引量の大きさを物語っています。

また、ロンドン市場やニューヨーク市場では、FX取引でも利用するユーロ/円の為替レートは、ユーロ/ドルの為替レートの影響を強く受けます、

FX取引のFX投資家は、このことに注意が必要です。

これは、ロンドンでも、ドルの基軸通貨としての取引量が多いことを示しています。

ユーロ/円の為替レートの変動は、為替レートが、予想外に大幅な変動を起してしまうオーバーシュートの現象を起こすことがあります。

オーバーシュートとは、為替相場が、行き過ぎた状況になることです。

あらかじめ、FX取引では、ユーロ/円の為替レートのオーバーシュートに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その3


FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その3

FX取引術で、売りと買いのどちらで収益を確保するのか、決めることが、大切です。

下落チャートでも、レジスタンスを超えてチャートが、さらに上昇に転じると、上昇トレンドに変わる事があります。

そのためにレジスタンスのポイントを超えて上昇すると、そのポイントは、レジスタンスからサポートに変わることがあります。

このようなトレンドの変わり目にも注意が必要です。

上昇トレンドのサポートには、特徴があります。

それは、上昇トレンドのサポートの場合は、下落したあとのチャートの反騰が弱くなります。

また、下降トレンドでは、下落速度が速く、反騰を期待するよりも、手持ちのポジションの処分を優先させる傾向があります。

FX取引では、FX投資家の多くは、サポートラインとレジスタンスラインに注意して取引を行っています。

FX取引で、買いの取引をする場合は、上昇チャートの後の調整である下落チャートの底値であるサポート付近の為替レートで買い注文を出すことで、利益を獲得しやすくなります。

ただし、チャートの読みが外れて、サポートのポイントと判断したところが、さらに下落すれば、損切りすることが大切です。

FX取引では、デイトレのような短期取引で、利益を獲得されているFX投資家は、利食いするために取引ポイントおをサポートのポイントの少し前にします。

FX取引では、売買の多くが、サポートやレジスタンス近くで、増加するために、サポートやレジスタンスのポイントは、予測ができるようになります。

FX取引では、FX投資家は、買いのポイントと売りのポイントをレジスタンスラインのチャートの分析で決定します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その2


FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その2

FX取引術で、売りと買いのどちらで収益を確保するのか、決めることが、大切です。

FX取引術では、大きなチャートの形とは、上昇トレンドと下落トレンドのことで、為替相場は、一定の期間で、上昇トレンドと下落トレンドを繰り返します。

この上昇トレンドと下落トレンドを分析して、チャートを判断するには、サポートラインとレジスタンスラインを利用します。

この中でも、下落トレンドのチャートの分析と投資手法を解説します。

レジスタンスラインは、抵抗線とも言われています。

FX取引術では、サポートラインとレジスタンスラインを分析して、上昇トレンドと下落トレンドを見極めるのです。

その際に、下落トレンドの為替相場で、上昇する際の抵抗線になるポイントがレジスタンスラインです。

FX取引術では、為替レートの下落相場の中で、通貨レートが、下落チャートから上昇チャートに変わりしていく中で、この下落トレンドのチャートの中で、一番近い最近の高値が第1のレジスタンスになります。

そして、さらに第1のレジスタンスよりも、高値を第2のレジスタンスといいます。

FX取引術で、売りで収益を確保するには、下落チャートでのあることが前提になります。

そして、レジスタンスラインのチャートの分析で、買いのポイントと売りのポイントを決定します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める


FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める

FX取引術で、売りと買いのどちらで収益を確保するのか、決めることが、一番大切なことだと紹介しました。

FX取引術で、次にすることは、現在の為替相場の状況から、売りの取引きで収益を確保しやすいのか、それとも、買いの取引で収益を確保しやすいのかを月足チャートで、判断して、売りか買いのどちらでFX取引に集中するか決めます。

為替レートは、2年〜5年程度の期間で、大きなチャートの形を作っています。

FX取引術では、大きなチャートの形とは、上昇トレンドと下落トレンドのことです。

FX取引術では、大切な為替相場は、一定の期間で、上昇トレンドと下落トレンドを繰り返します。

この上昇トレンドと下落トレンドを分析して、チャートを判断するには、サポートラインとレジスタンスラインを利用します。

サポートラインは、支持線とも言います。

FX取引術では、サポートラインとレジスタンスラインを分析して、上昇トレンドと下落トレンドを見極めてください。

為替相場が下落する場合に抵抗線になるポイントが、サポートラインです。

FX取引術では、その中でも、為替レートの上昇相場の中で、通貨レートが、上昇チャートから下落チャートに変わりしていく中で、この上昇トレンドのチャートの中で、一番近い最近の安値が第1サポートラインになります。

そして、さらに第1サポートラインよりも、安値を第2のサポートラインといいます。

FX取引術で、買いで収益を確保するには、上昇チャートでのあることが前提になります。

そして、サポートラインのチャートの分析で、買いのポイントと売りのポイントを決定します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

FX取引術 FX取引では、売りか買いのどちらかに決めて投資する


FX取引術 FX取引では、売りか買いのどちらかに決めて投資する

FX取引術として、売りか買いのどちらかに決めて、収益を獲得する投資方針を守りましょう。

売りと買いの両方で、収益を確保することも可能です。

ですが、両方での収益を目指すと、実際には、上手くいかないことが多いのです。

FX取引では、買いをすれば、売りが必要になります。

ですから、買いと売りと両方考えることに結果としては、なります。

ですが、現実には、買いをするときは、売りのことまで、考えなくても良いのです。

買いのあとの売りの取引は、買いの取引を終えてから、ゆっくり考えればよいのです。

買いで、収益を獲得すると決めれば、買いで、収益を獲得するポイントに集中すれば良いのです。

常に買いと売りの両方で、収益を確保するには、沢山のことを調べて、沢山のことを判断しないといけなくなります。

ですが、買いなら買いだけで、収益が獲得できるポイントを調べて判断すれば良いので、
判断を間違うことも少なくなり、効率の良いFX取引を続けることが出来ます。

特に為替相場の変動の激しい時期では、買いと売りの両方で、収益を確保するよりも、
買いか売りのいずれか、1方で、収益を確保するほうが、容易です。

買いで、収益を確保すると決めれば、どの為替レートで購入して、どの為替レートで損切りの売り取引を行うかの2つを決めるだけで、良いのです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。