スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年12月31日

FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴の続編を解説します


FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴の続編を解説します

ドルは、FX取引の為替市場で取引される中で、そのチャートは、上昇時は、穏やかに上昇し、下落時は、急速に低下します。

ですが、このようなFX取引の為替市場での為替レートのチャートの特徴は、アメノカドルに限ったものでは、ありません。

例えば、イギリスのポンドやオーストラリアのドルも、同じ傾向があり、FX取引の為替レートが、上昇時は、ゆっくりと上昇して、FX取引の為替レートは、下落時は、急速に下落します。

この傾向は、FX取引の為替レートだけでなく、商品市場でも同じ傾向があります。

例えば、原油価格が、1バーレル=147ドルにまで上昇するには、かなりの期間をかけて、比較的、ゆっくりと上昇しましたが、下落相場に入ると、本当に数ヶ月で、1/5程度まで暴落しました。

このように相場では、売りが、売りを呼ぶ傾向があり、下落時には、早く価格が低下する傾向があります。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴を解説します


FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴を解説します

FX取引術でのドル/円の為替レートの特徴を解説します。

FX取引で、売りで勝つための方法の前にFX取引では、売りと買い相場では、売り相場が大切です。

ドル/円相場では、売りでの取引が大切です。

これは、ドル通貨の特徴から来るものです。

ドル/円のFX取引の為替レートでは、ドルは、為替相場が、上昇する時は、比較的、ゆっくり上昇する傾向があります。

また、ドル/円のFX取引の為替レートでは、ドルは、下落する時は、速くなる傾向があります。

ドルは、FX取引の為替市場で取引される中で、そのチャートは、上昇時は、ジグザグなチャートを繰り返しながら、穏やかに上昇していきます。

ですが、ドルのチャートは、下落時は、急速に低下します。

このドルの傾向は、過去に繰り返されています。

注意が、必要なのは、ドル/円だけでなく、それ以外の通貨間の為替レートにおいても、FX取引の外国為替相場は、為替レートが、上昇する時は、ゆっくり上昇し、FX取引の為替レートが、下落するときは、早く下落する傾向があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

FX取引術 FX取引術の貿易の関係の続編を解説します


FX取引術 FX取引術の貿易の関係の続編を解説します

FX取引術を習得する上で必要な貿易との関係を解説します

貿易黒字が、増大すると、その国の通貨のFX取引の為替レートは、上昇する傾向になります。

また、逆に、その国の貿易赤字が、増大するとその国のFX取引の為替レートは、下落する傾向になります。

このように通貨の為替レートに大きな影響を与える貿易の状況を確認することは、FX取引をすすめる上で、大切です。

FX投資家の方は、FX取引をする為替市場での影響要因を調べるために貿易収支と経常収支の経済指標を把握することが大切です。

FX取引でも大切な貿易収支は、モノの輸出金額より輸入金額を引いた金額です。

FX取引でも大切な経常収支は、モノの輸出入金額に加えて、サービスや利払いの金融系受取金額と支払金額も含めたものになります。

経常収支は、貿易収支よりも、より広い範囲で、貿易でのモノやサービスの取引を表したものです。

このために経済指標としては、経常収支が貿易収支よりも、範囲が広く、為替への影響も大きいと言われています。

経常収支は、範囲が広く発表時期も、貿易収支よりも、若干、遅くなっています。

FX取引の為替市場では、経常収支よりも、早く発表される貿易収支に注目されます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

FX取引術 FX取引術の貿易の関係を解説します


FX取引術 FX取引術の貿易の関係を解説します

FX取引術を習得する上で必要な貿易との関係を解説します

貿易は、2国間でのモノやサービスの取引のことです。

その国から、モノやサービスを外国に売却することを輸出といいます。

また、モノやサービスを外国より購入することを輸入と言います。

この貿易で、輸出金額が輸入金額より多い場合には、貿易黒字になります。

また、この反対に輸入金額が輸出金額より多い場合には、貿易赤字になります。

貿易とFX取引の為替レートの関係では、この貿易が大きな影響を与えます。

日本の貿易黒字が増大することは、日本から、外国に多くのモノやサービスを提供したことになります。

そのことにより、日本は、外国からモノやサービスの対価のお金を頂くことになります。

この貿易でのお金は、その国の通貨である場合や基軸通貨のアメリカドルでの決済になります。

この貿易により、日本には、多くの外貨やアメリカドルが溜まっていきます。

FX取引での為替レートにも影響があります。

この貿易で得た多くの外貨やアメリカドルを日本で使うために、多くの外貨やアメリカドルを日本円にFX取引の為替市場を通じて変換する必要があります。

このことで、FX取引でも使う日本円への買い需要が増大し、外貨やアメリカドルのり圧力が増えるのです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

FX取引術 FX取引術の物価の関係を解説します


FX取引術 FX取引術の物価の関係を解説します

FX取引術を習得する上で必要な物価との関係を解説します。

物価は、その国でのモノとサービスの値段を表したものです。

物価が大切な意味は、日本の物価が上昇すると日本円での購買価値が下がるために日本円の魅力が下がり、他通貨よりもFX取引の為替レートが下がります。

日本よりも、外国で商品を購入するほうが、安くなってくると、日本円を売却して、外貨を購入する動きが増えてきます。

そのために、日本の物価上昇に伴い、日本円のFX取引の為替レートが下がります。

世界的も、物価や物価上昇率の高い国は、FX取引の為替レートが低くなっています。

FX投資家の方が、FX取引に使う通貨の国の物価状況を調査するには、その国の政府機関が発表する消費者物価指数 CPIと生産者物価指数 PPIの両方の指数を調べることが必要です。

FX取引で大切なデータの生産者物価指数は、モノやサービスの生産段階での物価を表しています。

生産者物価指数は、消費者物価指数と同じように価格ではなく指数で表されます。

この経済指標の2つである消費者物価指数と生産者物価指数は、世界の国で、同じ名前が用いられています。

日本の場合には、生産者物価指数に相当するものとして、企業物価指数の名前で用いられています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

FX取引術 FX取引術の景気の関係の続編を解説します


FX取引術 FX取引術の景気の関係の続編を解説します

FX取引術を習得する上で必要な景気との関係を解説します

FX取引に必要なGDPは、その国の政府から、四半期ごとに発表されるものです。

GDPは、四半期で、具体的には、対象時期も、その間の3ヶ月間です。

ですから、GDPは、現在の速報値ではないですが、その国の実体経済を表したものになっています。

日本政府が発表するGDPは、対象時期末より、翌々月の中頃になります。

日本政府の発表するGDPの1〜3月期は、実際には、5月中頃に発表されます。

日本では、FX取引をする場合に、為替市場で、景気を知るためには、GDP以外に景況感調査という経済指標も知ることが大切です。

ここで言う景況感調査は、日本政府が、経済動向を調査したものです。

具体的には、景気に関する質問を企業経営者や企業の購買担当者にアンケート調査を実施して、その結果をまとめたものです。

FX取引に必要な景況感調査は、企業経営者や企業の購買担当者のビジネスの状況、モノやサービスの流れの実感を把握するためのものです。

FX投資家の中でも、景況感調査は、企業経営者や購買担当者の把握している経済活動状況を公開されているので、実用的なデータとして信頼性があると考えられています。

FX取引に必要な景況感調査は、経済活動状況や景気を把握するだめの大切な政府の発表資料です。

世界の国の景況感調査は、国により、景気感調査の名称や調査をする機関が違います。

世界の国の景況感調査は、為替市場に大きな影響を及ぼすことが多いのでFX投資家は、しっかりと把握することが必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

FX取引術 FX取引術の景気の関係を解説します


FX取引術 FX取引術の景気の関係を解説します

FX取引術を習得する上で必要な景気との関係を解説します

政策金利の名称は、日本では、政策金利は、無担保コールレートと呼ばれています。

景気は、人々の経済活動全体を示しています。

景気が良い場合は、経済活動が良い状況を示しています。

景気が良くなると、経済活動が活発になり、社会全体に出回るお金の量が増えることになります。

具体的には、日本の景気が良くなると、日本の経済活動が活発になって、日本円の流通量が増えることになります。

FX取引を考えるときに日本の景気が、回復して、好景気になっていくと、日本経済の回復によりFX取引の為替レートが円高になります。

そのために日本にいる外国人が、FX取引の為替レートでの関係で、より多くの日本円が必要になり、外国人の持っている外貨が、日本円に変換されることになり、日本円の買い需要が増大します。

FX取引では、経済指標で大切なことは、各国の景気を確認することです。

そのためには、FX投資をする通貨の国のGDPを調べることで知ることが出来ます。

FX取引では、知りたい国のGDPは、その国の国内で生産されたモノやサービスの付加価値の合計です。

その国のGDPが、増加すれば、その国の景気は良くなっていることを表しています。

FX取引の大切な師匠ですね。

逆にその国のGDPが、減少するか、GDPの増加の勢いが落ちてくると、その国の景気は悪くなっていると判断できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

FX取引術 FX取引術の金利と為替レートの関係を解説します


FX取引術 FX取引術の金利と為替レートの関係を解説します

FX取引術の金利と為替レートの関係を解説します。

FX取引では、金利の方向性を把握することが大切です。

FX取引のために金利の方向性を確認するために調査するには、各国の銀行預金の金利を調べることが効果的です。

日本では、日本の銀行の普通預金や定期預金の金利の変化を調べることで、金利が上昇チャートか下降チャートか見抜くことが出来ます。

市中銀行の金利動向を調べることで、その国の金利状況を把握できます。

FX取引のための外国の国の金利は、その国の外貨預金の金利を調べることで、外国の国の金利動向を調べることが出来ます。

FX取引をする場合に大切な外国との金利差を知ることが出来ます。

実際の金利を調べるには、銀行の金利でなく、為替市場での主要金利を把握することが大切です。

FX取引の為替市場での主要金利とは、政策金利です。

政策金利は、日本の場合は、その国の中央銀行が決定する金利です。

その国の中央銀行が決定する金利が、銀行の預金金利や貸出金利、その国の国債の利息等が決められる基準となる金利です。

金融機関の金利や国債の基準となる金利なので、この政策金利の状況を把握することで、これからFX取引をする国の金利状況を知ることが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します


FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します

FX取引術の中の経済指標と為替レートの関係を解説します

FX取引の中で、為替レートに影響が大きいものとして、物価と景気、金利、貿易等の経済指標の4つがあります。

その中で、まず、金利を解説して、各情報と為替レートとの関係について紹介します。

金利

金利は、融資を受けた場合に貸し手に支払う利息をいいます。

また、資金を融資した場合に頂く利益を言います。

例えば、1000万円を金利5%で融資を受けた場合に元金以外に5万円支払うことになります。

この5万円が、金利になります。

FX取引で大切な金利と為替の関係は、FX取引の為替市場では、基準金利として、その国の政策金利が基本になります。

日本の場合では、FX投資家の良く知っている無担保コールレートが政策金利になります。

アメリカの場合は、FF金利が、政策金利になります。

この政策金利を上げることで、外国の投資家の資金を集めることが出来ます。

そのため、政策金利を上げれば、市場の銀行金利も上昇して、その国に預金することが、投資として有利になります。

そのため、政策金利を上げる→その国の通貨の買い注文が増えて、その国の為替レートが強含みします。

ですが、FX取引の為替レートには、その国の市場金利だけでなく、カントリーリスクや政府の財政状況によって、高い金利でしか、外国から資金を集めることが、出来ないこともあり。

市場金利の高さの表と裏の両面を調査することがFX取引には必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します


FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します。

FX取引術の中で、経済指標と為替レートの関係を解説します。

FX取引をする場合に、為替市場に注目する必要があります。

FX取引の為替市場に影響があるものとして、物価と景気、金利、貿易等の経済指標があります。

FX取引での為替市場は、その国の経済指標の発表後に為替レートが、大きく動きます。

FX取引での為替市場では、銀行や投資ファンド等の投資家が参加しています。

そのため、FX取引をすすめるには、最新の経済指標が発表されると、その発表値での為替レートへの影響を分析・判断して、為替取引のための売り買いのスタンスを決定します。

FX投資家であれば、新しい経済指標データを分析して、現在保有しているポジションの変更などを検討して実行します。

まずは、為替市場に影響がある、物価と景気、金利、貿易等の経済指標による影響を理解することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

FX取引術 経済指標に大切な3大数値の季節調整値を解説します


FX取引術 経済指標に大切な3大数値の季節調整値を解説します

FX取引術の経済指標に大切な3大数値の季節調整値を解説します。

FX取引の経済指標データには、原数値と指数、季節調整値の3つがあります。

季節調整値をFX取引に使う場合には、次のことを知っておくことが大切です。

季節調整値は、FX取引の経済状況を分析するためにデータとなる数値から季節変動の影響分を除去し、数値データを実態経済に近づけるためのものです。

ここでの季節変動は、天候や色々な慣習、イベントなどの社会慣習で、毎年、同じ経済的変化が繰り返されるものを言います。

ビールなどは、夏に消費が伸びる傾向が顕著です。

ケーキは、クリスマスのある12月に売り上げが伸びます。

この傾向は、毎年繰り返されるものです。

ですから、平均的なケーキやビールの売り上げを知るためには、この季節変動分を調整することが必要になります。

そのためには、統計的手法を使って、季節変動分の影響を取り除き、季節調整値で商品売上高を調べることが大切です。

FX投資家は、FX取引のために経済統計のデータを見る場合に原数値と季節調整値の両方が、出ていることが多いです。

一部の経済指標は、季節調整値が、公開されていない場合も有ります。

その場合は、季節変動分の値が、比較的小さなもの場合です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

FX取引術 経済指標に大切な3大数値の指数を解説します


FX取引術 経済指標に大切な3大数値の指数を解説します

FX取引術の経済指標に大切な3大数値の指数を解説します。

FX取引の経済指標データには、原数値と指数、季節調整値の3つがあります。

指数をFX取引に使う場合には、

指数は、同じようなデータを比較するときに使うものです。

FX取引で使う、経済指標関係の指数は、特定の基準への比率を表したものです。

FX取引で使う、経済指標関係の指数は、このデータの変化が、大切な資料になります。

簡単にこの指数を説明すると昨年の価格に対して、何%ほど変化したかなどと言えます。

例えば、物の価格が、半額になったら、50%の指数変化と言えます。

昨年度の価格に対する変化の割合を指数として、50%と言います。

このように原数値の値だけでは、誤解されやすい変化率の違いを明確にするために用いるのが、指数です。

そのために価格は、指数を用います。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引術 経済指標に大切な3大数値の原数値を解説します


FX取引術 経済指標に大切な3大数値の原数値を解説します

FX取引術の経済指標に大切な3大数値の原数値を解説します。

FX取引の経済指標の中では、色々なデータの分類と違いを理解することが大切です。

経済指標は、その国の経済状況を数値データで表現しているものです。

FX取引の経済指標データには、原数値と指数、季節調整値の3つがあります。

経済指標をFX取引に使う場合には、その経済指標データの種類を明確にする必要性があります。

色々なデータをFX取引では、事前に調査・分析して用いますが、入手した経済指標のデータの種類をしっかりと把握しないで、FX取引の判断材料に使うとFX取引を失敗する可能性が出てきます。

経済指標のデータの中で、大切なものに原数値があります。

原数値は、入手したデータのそのままの値で、調整をしていない数値のことです。

経済活動より調査されたデータを原数値です。

原数値には、労働力調査のように、農林業就業者が春から夏に増加して,秋以降に減少する特徴があります。
このような季節での変動要因で、毎年、同じ傾向があるものを季節変動といいます。
posted by FX取引研究会 at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

FX取引術 為替取引のためのテクニカル分析を解説します


FX取引術 為替取引のためのテクニカル分析を解説します。

テクニカル分析は、為替市場でのFX取引で使われる多くの通貨の為替レート変動の過去データを調査・分析するものです。

あくまでも、大切なことは、このテクニカル分析で得られる情報は、過去のものです。

確かに為替市場は、過去のチャートやトレンドに近い動きをすることが多いです。

ですから、為替市場での今後の取引を完全に予測できるものではありません。

ですが、テクニカル分析を利用することによって、かなりの部分の為替変動を予想することが出来き、
そのことで、FX取引でのリスクヘツジが可能になります。

テクニカル分析を利用した取引は、デイトレ取引よりも、スイング取引に比較的、利用できます。

このように為替市場でのチャートやトレンドを予測するテクニカル面の手法を紹介します。

フィボナッチ・リトレースメント、移動平均線、ポイント・アンド・フィギュア、トレンドライン、ボリンジャーバンドなどです。

この中で、フィボナッチ数列を紹介します。

テクニカル分析を行う際には、フィボナッチ数列を良く利用します。

フィボナッチ数列、数列の中の隣り合った数字をたした和が、その右隣の数字になる数列のことです。

具体的には、フィボナッチ数列は

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …
の数列です。

定義では、どの項も、その前の2つの項の和となる特徴があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴 アメリカドルのの為替レート変動幅を解説します


FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴 アメリカドルのの為替レート変動幅を解説します

FX取引術として、アメリカドルの為替変動の特徴の1つとして、アメリカドルのの為替レート変動幅を解説します。

ここでは、1ヶ月間のアメリカドルのの為替レート変動幅を紹介します。

アメリカドルは、FX取引では、アメリカドル以外の取引でも、中間にアメリカドルが介在するためにFX取引では、アメリカドルの為替レート変動幅を知っておくことは、大切なことです。

FX取引のアメリカドルの1ヶ月間の為替レート変動幅は、過去のアメリカドルのの為替レートのチャートを調べることで、把握できます。

FX取引のアメリカドルのチャートの月足で調べると、アメリカドル/円の為替レートの変動幅は、大きい月で、約10円です。

また、FX取引のアメリカドル/円の為替レートの変動幅は、少ない月は、約5円です。

FX投資家は、FX取引で、アメリカドル/円での取引をする場合には、このアメリカドルの為替の変動幅を把握することで、FX取引で、収益を確保できます。

また、FX取引での損きりことストップ・ロスも、このアメリカドルの変動幅を把握することで、より有効になります。
posted by FX取引研究会 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴 海外からの資金の流入が重要を解説します


FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴 海外からの資金の流入が重要を解説します

FX取引術として、アメリカドルの為替変動の特徴 海外からの資金の流入が重要を解説します

アメリカは、借金をしても、消費好きな消費大国です。

アメリカ国民の消費体質が、アメリカの経常収支の赤字を招いており、それが、アメリカドルのFX取引の為替レートの下落を招いています。

ですが、アメリカは、世界貿易の基軸通貨の強みを持っており、世界の国から、アメリカの国債や株を購入してもらって、アメリカは貿易赤字のバランスを取っています。

ですが、世界の為替市場に大きな影響力を持っているアメリカの金利が、上昇すると、アメリカ国債やアメリカの株式の購入資金が世界から集まってきます。

アメリカの金利上昇により、アメリカドルの貨幣価値が上昇して、アメリカドルのFX取引の為替レートが上昇します。

ですがねアメリカにも、好景気・不景気があって、アメリカ経済が不景気に突入すると、世界の投資家からアメリカのアメリカ国債やアメリカの株式を購入する資金が減っていきます。

アメリカは、アメリカの消費体質による貿易赤字を外国の投資家からの資金流入の減少で、補填出来なくなり、アメリカ経済が、より悪化します。

アメリカドルでFX取引をしているFX投資家は、アメリカ経済の貿易赤字・貿易黒字とと海外の投資家の資金流入が、アメリカドルのFX取引の為替レートの変動に大きな影響を与えることを考慮をして、FX取引をして下さい。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

FX取引術 アメリカドルに強いFX会社を紹介します


FX取引術 アメリカドルに強いFX会社を紹介します

FX取引術として、アメリカドルに強いFX会社を紹介します。

FX取引のアメリカドルは、為替差益とスワップ金利の両方を狙うFX投資家が多いです。

これは、FX取引のアメリカドルの為替レートが、他の通貨と比較すると、為替レートが安定しており、少し前までは、かなりの高金利でした。

そのためにアメリカドルのFX取引をする場合は、FX取引に費用が出来るだけかからないFX会社で、高いスワップ金利のFX会社を選択することをお勧めします。

アメリカドルのFX取引は、高いスワップポイントで金利利益を獲得しましょう。

そして、事前にアメリカ経済の調査を実施して、FX取引の為替差益も獲得してください。

アメリカドルのFX取引に向いているFX会社は、外為オンラインが良いです。

外為オンラインは、FX会社では、売買手数料が完全無料で、スプレッドも、アメリカドル/円の場合、1通貨あたりで、1銭とFX会社の中では、最も安いです。

外為オンラインは、原則固定で、急激な為替変動以外は、いつでも、最安スプレッドでFX取引が出来ます。

外為オンラインは、、スワップ金利も高く、FX取引の顧客サービスでも優れています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴のアメリカ国債売却情報での変動を解説します


FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴のアメリカ国債売却情報での変動を解説します

FX取引術として、アメリカドルの為替変動の特徴のその5を解説します。

アメリカ経済の特徴として、借金してまでも、消費するという消費体質の国になっています。

アメリカの消費体質が、世界の貿易に貢献している側面もあるのですが。

アメリカは、世界貿易の基軸通貨として、中南米や中近東、アジア諸国の多くが、アメリカドルと自国の通貨とをFX取引の為替レートに連動するペック制を採用しているからです。

この世界の多くの国が、アメリカドルとのペック制を採用していることが、アメリカの基軸通貨の支持の強みとなっています。

そして、アメリカドルのFX取引の為替市場での為替レートの変動の特徴にアメリカ国債を保有している運用国(日本や中国など)の運用方針を調べることが大切です。

数年前に中国が、アメリカ国債を世界市場で売却する噂が流れただけで、アメリカドルのFX取引の為替レートが、一時的に下落した事例が有ります。

アメリカドルにとって、アメリカの借金体質の象徴とアキレス腱であるアメリカ国債の保有国の売却は、アメリカドルのFX取引の為替レートに大きな影響を及ぼします。

その中でも、アメリカ国債を大量に保有している日本と中国で、アメリカ国債の売却の可能性が持ち上がった場合には、情報収集をする必要性があります。

このようにアメリカドルのFX取引の為替レートは、アメリカ国債の保有国の売却情報によって、変動することを理解することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴 上昇トレンドの時は、比較的、堅調を解説します


FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴 上昇トレンドの時は、比較的、堅調を解説します

FX取引術として、アメリカドルの為替変動の特徴の続きを解説します。

FX取引のアメリカの通貨のアメリカドルの特徴を解説します。

世界でのFX取引での基軸通貨のアメリカドルは、ヨーロッパの先進国や中国・インドなどの新興国の経済運営の影響を受けます。

ですが、アメリカドルの世界貿易の決済通貨としての地位は、まだ強いものがあります。

そのためにアメリカドルは、世界の為替市場での通貨取引量も、一番多い通貨です。

また、世界でも、その国力・規模とも大きいために世界に発信されている情報量も、最も多く、FX取引の為替市場の動向も掴みやすい通貨だといえます。

アメリカドルのFX取引の為替市場での変動の特徴として、上昇トレンドの時は、比較的、堅調に為替レートが推移していきます。

ですが、アメリカドルは、FX取引の為替レートが、下落すると、為替レートが、急激に下落する特徴があります。

FX取引のアメリカドルは、中南米諸国や中近東諸国、アジアの香港などの世界中の多くの国や地域の通貨が、アメリカドルとリンクしています。

FX取引のアメリカドルは、世界経済の中心の通貨だといえます。

FX投資家の方は、アメリカドルの為替レートの特徴を把握して、為替市場でのFX取引で、収益を確保して下さいね。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴のその3を解説します


FX取引術 アメリカドルの為替変動の特徴のその3を解説します

FX取引術としてのアメリカドルの為替変動の特徴の続編のその2を解説します。

アメリカドルのFX取引の為替レートの変動の特徴は、有事の際に、アメリカドルのFX取引の為替レートが、上昇するということです。

アメリカの高層ビルのテロで、一時的にアメリカドルが下落することがありました。

ですが、アメリカのアフガニスタン侵攻後には、有事に強いドルの格言の通りにFX取引の為替レートでのアメリカドルは、上昇しました。

このようにアメリカ以外の国での有事では、アメリカドルのFX取引の為替レートは、上昇します。

ただし、アメリカドルの価値は、2001年以降、他の先進国と比べるとFX取引の為替レートが下落しています。

このアメリカドルの下落原因は、約10年前に比べて、6倍近くの貿易赤字が増加しているためです。

そのためにアメリカの対外債務残高も、10年前よりも、2倍以上に増加しています。

やはり、アメリカ国民の借金してでも、消費するという経済観念が、FX取引でのメイン通貨であるアメリカドルを下落しているのです。
posted by FX取引研究会 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。