スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年01月31日

FX取引術 デイトレ術 デイトレ向きのFX会社 外為オンラインを解説します


FX取引術 デイトレ術 デイトレ向きのFX会社 外為オンラインを解説します。

FX取引でのデイトレ術のデイトレ向きの具体的なFX会社を解説します。

FX取引のデイトレに向いているの具体的なFX会社を紹介します。

色々なFX会社がありますが、その中でも、外為オンラインが、お勧めです。

外為オンラインは、FX取引の手数料無料に加えて、スプレッド1銭固定も、デイトレーダーにとっては、最高のFX会社です。

外為オンラインは、2007年4月〜2008年3月のFX取引の年間取引高調査で1位になった取引量の多さが、この低価格を実現しました。

FX取引の初心者の方は、何件かのFX会社に口座開設される1つに外為オンラインを加えられることをお勧めします。

FX取引のデイトレは、小さな利益を積み重ねていく取引手法なので、手数料無料とスプレッド1銭固定は、魅力的です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

FX取引術 デイトレ術の1回の取引のLot数を解説します


FX取引術 デイトレ術の1回の取引のLot数を解説します。

FX取引でのデイトレ術の1回の取引のLot数を解説します。

デイトレードで重要な1回の取引のLot数を紹介します。

特にFX取引の初心者の方は、1回あたりの取引のLot数を間違えないように決めてください。

FX取引のデイトレードでの妥当な取引通貨の投資金額を検討してください。

特にFX取引の初心者の方は、1回あたりの取引のLot数は、10Lotで3ポジションを保有して、デイトレする程度で始めましょう。

デイトレード初心者の方は、最低のLot数で、FX取引のデイトレを始められることをお勧めします。

FX取引が出来るFX会社の中でも、最低取引単位の少ないFX会社で、口座開設されることをお勧めします。

最初は、少ない投資資金での取引をお勧めします。

FX会社の中には、最低のLot数が、1000通貨からはじめることの出来るFX会社もあります。

最低のLot数からはじめることの意味は、FX取引のデイトレも、やはり、実践を積むことで、収益を上げることの出来る投資手法を修得できるのです。

そのために最初のうちは、FX取引の利益を追うのではなく、何度も、長期間、デイトレを続けることが大切です。

長期的にFX取引のデイトレを続けているうちに、継続的に収益をあげれるようになれば、取引金額を増やせばよいのです。

そのためにFX会社で用意されているバーチャル取引やデモトレードで、練習することも大切です。

ただし、FX取引のバーチャル取引やデモトレードは、発生しないので、プレッシャーがない為に、真の意味でのデイトレのトレーニングにはなりません。

本当のFX取引のデイトレの実力を付けるには、やはり、実際のFX取引の中で、練習することがベストです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

FX取引術 デイトレ術の自分の取引スタイルと決め事を守るを解説します


FX取引術 デイトレ術の自分の取引スタイルと決め事を守るを解説します。

FX取引でのデイトレ術の自分の取引スタイルと決め事を守るをを解説します。

FX取引でのデイトレ投資手法の基本を紹介します。

デイトレーダーは、デイトレをする上で、色々な通貨ペアでの取引をしています。

その中で、実際のFX取引でのデイトレで習得した自分独自の取引の決め事を守るようにしています。

その方が、FX取引でのデイトレでは、上手くいくからです。

FX取引のデイトレでは、1日のうちに何度も、取引を繰り返し、少しずつ利益を積み重ねていくのです。

FX取引で、大きな損失が、1回の取引でも出ないように配慮しているがために1回の取引での利幅も少ないのです。

FX取引のデイトレでは、この原則を守り続けながら、デイトレの取引を続けることが、基本です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

FX取引術 デイトレ術の投資スタイルと値幅を解説します


FX取引術 デイトレ術の投資スタイルと値幅を解説します。

FX取引でのデイトレ術の投資スタイルを解説します。

FX取引でのデイトレ投資手法の基本を紹介します。

デイトレ術の投資スタイルは、チャート分析をして、その日のうちに売り買いの決済を完了させます。

FX取引でのデイトレでは、短期的な為替トレンドでの判断が多く、基本的に順張りでの取引になります。

デイトレでは、短期的な為替トレンドを判断して、売り買いの両方をします。

FX取引でのデイトレでの値幅ですが、約20pipsです。

この約20pipsは、アメリカドルだと約20銭になります。

FX取引でのデイトレでは、5pips程度でも、売り買いして、利ざやを稼ぎます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

FX取引術 デイトレ術の時間帯と取引回数を解説します


FX取引術 デイトレ術の時間帯と取引回数を解説します。

FX取引でのデイトレ術の時間帯と取引回数を解説します。

FX取引でのデイトレ投資手法の基本を紹介します。

FX取引でのデイトレ術の時間帯と取引回数は、あらかじめ決めておくことが大切です。

FX取引でのデイトレは、欧州の為替市場の開いている時間帯とアメリカの為替市場が開いている時間帯に数回〜10回程度の取引で、利益わ確定させることが、大切です。

欧州の為替市場は、日本時間の16〜19時で、アメリカの為替市場は、日本時間の21〜25時頃が、為替市場での参加者が多い時間帯で、デイトレでの取引が容易な時間帯ですあたりを狙ってだらだらと取引をすることはあまりありません。

外国為替市場では、FX取引のデイトレを行いやすい市場は、ロンドン市場です。

そして、次が、世界の為替市場と呼ばれているニューヨーク市場です。

日本の東京市場は、3番手でしょう。

FX取引でのデイトレは、やはり為替市場での取引量の多い時間帯が、取引がしやすいです。
posted by FX取引研究会 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

FX取引術 デイトレ術 スプレッドを解説します


FX取引術 デイトレ術 スプレッドを解説します。

FX取引でのデイトレ術のスプレッドを解説します。

FX投資家の中で、初心者の方は、デイトレの中での手数料としてのスプレッドを理解していない方もおられます。

FX取引でのスプレッドは、たとえば、アメリカドルを10ドル分のドル/円の買いポジションを1ドル=100円で購入して、99.8円で売却すると0.2円の損失が発生します。

0.2円/ドルが、実質的にFX取引での手数料になります。

FX取引をデイトレなどで、頻繁に続ける場合には、このスプレッドが、大きな負担になります。

FX会社や証券会社に支払う手数料は、取引手数料にスプレッドを含むことが多いのです。

そのためにFX取引では、取引手数料だけでなく、スプレッドの費用を含めたトータル費用で、口座開設するFX会社を選定する必要性があります。

例えば、FX取引の手数料が、往復で30銭で、このFX会社の為替レートが、105.5円/ドル-105.7円/ドルの場合には、スプレッドは20銭です。

そして、トータル手数料は、このFX会社では、往復手数料30銭+スプレッド20銭=50銭になります。

この計算方法で、FX取引のトータル手数料を計算して、口座開設するFX会社を決めて下さい。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

FX取引術 デイトレ術 デイトレ向きのFX会社を解説します


FX取引術 デイトレ術 デイトレ向きのFX会社を解説します。

FX取引でのデイトレ術のデイトレ向きのFX会社を解説します。

FX取引でのデイトレ投資手法の基本を紹介します。

FX取引でのデイトレで取引する場合は、手数料の安いFX会社をお勧めします。

FX取引のデイトレでぱ、手数料が無料のFX会社を利用することが原則です。

最近は、デイトレーターの口座開設を期待して、FX会社でも、手数料が、無料のFX会社が増えています。

FX取引のデイトレでぱ、取引費用を重視するなら、手数料とスプレッドで、総合的にメリットの多いFX会社をお勧めします。

FX取引では、スプレッドも、売買にかかる手数料になります。

FX取引での取引手数料が、無料でスプレッドも、比較的、スプレッドも低いFX会社を紹介します。

トレイダーズFX 株式会社MJ、外為オンライン、FXトレーディングシステムズ、ヒロセ Lion FX、みんなのFX、7FXなどのFX会社です。

それ以外にも、FX取引の手数料の安くて、FX業界での実績のあるマネーパートナーズ、FXプライムがお勧めです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

FX取引術 デイトレ術 デイトレ向きの通貨ペアを解説します

FX取引術 デイトレ術 デイトレ向きの通貨ペアを解説します。

FX取引でのデイトレ術のデイトレ向きの通貨ペアを解説します。

FX取引でのデイトレ投資手法の基本を紹介します。

FX取引でのデイトレ向きの通貨ペアは、やはり為替レートの変動幅が、大きい通貨ペアになります。

あまり、FX取引での為替レートに変動が少ないと、1日のうちに売り買いしても、ほとんどの利ざやを稼ぐことができません。

ですから、FX取引でのデイトレのお勧めは、ポンド/円、ユーロ/円、ドル/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドルでしょう。

現在、多くのFX取引のデイトレーダーが、利用している多くのが、これらの通貨ペアです。

豪ドルの通過ペアも、最近、利用されているデイトレーダーの方もおられます。

FX取引の初心者の方は、やはり情報量の多く、たユーロ/ドルは取引量が多く、お勧めできる通貨ペアです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

FX取引術 デイトレ術を解説します


FX取引術 デイトレ術を解説します。

FX取引でのデイトレ術を解説します。

FX取引でのデイトレ投資手法の基本を紹介します。

FX取引でのデイトレをする場合には、取引通貨を限定することが、大切です。

そのために、FX取引では、最初は、取引通貨は、数個程度に限定することが大切です。

FX取引を続けていると相性のよい通貨と出会います。

FX取引では、相性のよい通貨は、オーストラリアドル/円やアメリカドル/円であったり、値動きの激しいイギリスポンド/円の場合があります。

FX取引を続けていると解るのですが、FX取引で利用する通貨には、通貨ごとにクセや規則性があります。

たとえば、値動きの激しいと特徴があったり、振れ幅の小さな通貨もあります。

数種類の通貨に限定しい、FX取引を続けていく中で、利益を獲得してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

FX取引術 レバレッジ投資術のレバレッジ倍数を解説します


FX取引術 レバレッジ投資術のレバレッジ倍数を解説します。

FX取引でのレバレッジ投資術のレバレッジ倍数を解説します。

少し、FX取引でのレバレッジについて補足します。

FX取引でのレバレッジ取引は、FX会社の口座に入金している預け入れ保証金の金額と為替レートの比率を示す呼び名のことです。

FX取引では、レバレッジ5倍と、取引画面に入力する訳では、ありません。

実際のFX投資家は、今取引している、FX取引でのポジションのレバレッジは、大体の感覚で把握しています。

為替レートで、アメリカドル/円が、1ドル=100円で、5万通貨の買いポジションを保有するための費用は、100万円です。

このときのレバレッジは、5万ドル×100円=500万円です。

ですが、保有している資金は、100万円ですから、FX取引でのレバレッジは、500万円/100万円=5倍です。

ここで、アメリカドル/円の為替レートが、1ドル=90円になると、アメリカドルで、5万ドルの買いポジションを保有するための費用は、450万円です。

このときのFX取引でのレバレッジは、450/100=4.5倍です。

FX取引では、保有通貨の数は、業界用語で、建て玉と言います。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

FX取引術 レバレッジ投資術のリスクを解説します


FX取引術 レバレッジ投資術のリスクを解説します。

FX取引でのレバレッジ投資術のリスクを解説します。

FX取引でのレバレッジ投資にはリスクがあります。

FX取引でのレバレッジを5倍に利かせるということは、為替レートが、円安との想定の場合に買いポジションを保有すれば、予想通りの動きをした場合には、5倍の利益を得ることが出来ます。

FX取引では、為替レートが、円高に振れた場合には、損失限度を事前に設定しておかないと5倍の損失を被ることになります。

そのためにFX取引では、ストップロス機能をがあります。

このストップロス機能をあらかじめ設定しておけば、FX取引の為替レートの変動による損失が、設定されたレベルに到達すると、取引をその時点で終了してもらえます。

FX取引の初心者は、レバレッジを5倍以下に抑えて、運用することをお勧めします。

ですが、何年も、FX取引を続けていく中で、投資能力が、身に付けば、徐々にレバレッジを大きくしていく運用に切り替えられることも出来ます。

実際にFX取引の口座開設をしているFX会社で利用できるレバレッジは、10倍以上です。

中には、レバレッジ100倍以上のFX会社も沢山あります。

FX取引では、FX投資能力があれば、いくらでも収益を獲得できるシステムになっています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

FX取引術 レバレッジの投資術を解説します


FX取引術 レバレッジの投資術を解説します。

FX取引でのレバレッジの投資術を解説します。

為替レートは、日々、変化しています。

この為替レーの変動を上手に予想してFX取引にて、投資資産を増やす投資術が、レバレッジの投資術です。

レバレッジ投資は、FX投資家の保有資金の何倍ものFX取引の投資を行えるシステムになっています。

FX取引でのレバレッジ投資は、しっかりとしたリスク管理することが前提です。

ですが、FX取引でリスク管理しても、レバレッジ投資が、有効なのは、為替レートの変動幅が、株や原油などの商品市場と比較すると、変動幅が少ないからです。

FX取引で使う為替レートは、原油価格のように1/4になったりすることは、ほとんどの場合、起こりません。

よほどの通貨危機での大暴落が発生しない限り、FX取引の為替レートの変動幅は、数ヶ月間では、最大で、10〜20%程度です。

そのために、比較的、変動幅の少ないFX取引の為替レートの特性を利用して、投資資金にレバレッジを利かせて、高い運用利回りを確保することが、FX取引の醍醐味です。

一般的に、初心者のFX投資家の方で、レバレッジ5倍程度で、FX取引での運用されることが多いです。

FX投資家の中級クラスの方になると、レバレッジ10倍程度でFX取引での運用されるようになります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術 レバレッジとポジション数を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術 レバレッジとポジション数を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術 レバレッジとポジション数を解説します。

通貨の金利は、特別な経済環境の変化がなければ、大きく変動しないので、FX取引での年間スワップ金利収入は、安定的に得ることができます。

FX投資で悩むことの1つにレバレッジ効果かポジション数効果のどちらが、FX投資に向いているかといことです。

FX投資資金を投入するときは、レバレッジを一定の倍数を利かせて投資する方が、レバレッジを利かせないで、ポジション数の効果で投資するわりも、FX取引での投資効果が高くなり、投資リスクも低減できます。

FX取引でのレバレッジ効果は、複利効果があるからです。

あと必要なのは、FX取引では、経済指標を分析でき、投資判断を決めることの出来る投資能力です。

FX投資に必要な能力は、複利計算、レバレッジ、投資力です。

FX投資では、投資能力があれば、投資資金全額にレバレッジを利かせて投資するほうが、リスクが少なくて、大きな投資効果を得ることが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編3を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編3を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編3を解説します。

FX取引では、為替変動での利益だけでなく、スワップ金利での収益を確保することも大切です。

ただし、為替レートの安定期が、FX取引での投資方法には、向いています。

FX取引では、スワップ金利での収益を確保するには、注意することがあります。

FX取引では、スワップ金利では、銀行金利のようにFX取引の証券会社・FX会社によって、スワップ金利が異なることですか。

ドル/円のスワップ金利でも、証券会社・FX会社でも、10%程度の金利差があります。

FX取引では、スワップ派に人気のある取引業者には、外為どっとコム、Foreland Online、セントラル短資、FXプライムなどがあります。

スワップ金利でのFX投資術は、スワップ金利の高いFX会社を選択するこも、大切な口座開設選びの1つになります。

為替レートの変化を常に注意しながら、FX取引を継続してください。

FX取引では、低金利の日本円やスイスフランを売って、高金利のポンドなどを買う投資家が多いようです。

FX取引での金利収入で、資産形成を目指しましょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編2を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編2を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編2を解説します。

通貨の金利は、特別な経済環境の変化がなければ、大きく変動しないので、FX取引での年間スワップ金利収入は、安定的に得ることができます。

FX取引でのスワップ金利の投資術で、注意することは、高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売ることです。

この反対をすると損失を被ることになります。

FX取引でのスワップ金利での収益では、キャリートレードの投資を行うことです。

FX取引では、為替変動での利益を得ることも出来ますが、スワップ金利での収益を確保することも大切です。

FX取引では、高金利通貨を買い、低金利通貨を売りましょう。

FX取引でのスワップ金利を得るためには、各国通貨を購入し、1年間保有するだけです。

外国預金と違い売却時に大きな手数料が発生することを考えると、FX取引でのスワップ金利での収益は、有利だといえます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項の続編を解説します。

通貨の金利は、特別な経済環境の変化がなければ、大きく変動しないので、FX取引での年間スワップ金利収入は、安定的に得ることができます。

FX取引で、スワップ金利での収益を獲得するには、その国の通貨の金利政策を事前に調べることが、大切です。

2008年度は、アメリカドルは、金利を下げて、ドルの為替レートの防衛をしました。

2009年度も、アメリカは、アメリカドルの防衛のため、そして景気回復のための大きな経済政策を実行するでしょう。

そのアメリカの政策は、ある程度の効果はありますが、それでも、アメリカドルは、不良債権のために弱含みになります。

このようにFX取引で、スワップ金利での収益を確保する場合は、その国の経済が、今後、強くなるか、弱くなるか見極めることが大切です。

そのためには、FX取引する場合に為替レート動向を把握し続けることが、大切です。

FX取引でのスワップ金利で、ドル/円やユーロ/円で、運用するのであれば、円安に為替レートが振れると考えれば、ドル/円やユーロ/円の買いポジションを確保すれば、良いです。

FX取引でのスワップ金利で、ドル/円やユーロ/円で、円高に為替レートが振れると考えれば、ドル/円やユーロ/円の売りポジションを確保すれば、良いです。

売りポジションは、ドル安になれば、買い戻して、FX取引でのスワップ金利の利益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のスワップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術の注意事項を解説します。

FX取引では、スワップ金利で、利益を確定する方法が、人気があります。

FX取引では、スワップ金利の投資術の注意事項は、金利動向を間違えなければ、かなりの大きな利益を得ることが出来ます。

金利の高い通貨をfx取引で、さらにレバレッジを用いることで、通貨の金利が、10%の場合には、レバレッジ10倍を利かせると実質金利100&になります。


FX取引でのスワップ金利の投資術の注意事項の1つに、買いポジションを保有する通過の金利動向を正確に判断することが大切です。

保有する通過の金利が低下すれば、当然、FX取引でのスワップ金利での収益も低下します。

また、その通貨の金利が換わらなくても、日本円の金利が、上昇すれば、また、FX取引でのスワップ金利の受取額は、低下します。

世界の国の通貨の金利は、特別な経済環境の変化がなければ、大きく変動しません。

それは、その国の通貨の金利は、その国の経済力の強さを示すものだからです。

数ヶ月で、その国の経済力に大きな変化があるわけではありません。

その国の通貨の金利は、為替レートの変動幅よりも、かなり小さな変動幅です。

FX取引では、為替レートの変動の少ない時期にスワップ金利の投資を行えば、比較的、容易に収益を得ることが出来ます。

ただし、為替レートの将来の変動予測を色々な経済指標から分析して、正しく把握することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のスワップ金利の投資術を解説します。

FX取引では、スワップ金利で、利益を確定する方法が、比較的、収益を確保できます。

このようにFX取引でのスワップ金利を獲得するには、金利の低い通貨を売却して、金利の高い通貨を購入することで、その通貨同士の金利差を利益として得ることが出来ます。

FX投資家は、FX取引する場合は、金利の低い通貨を売却して、金利の高い通貨を購入するだけでなく、レバレッジを活用することで、得ることの出来る金利が増加します。

たとえば、FX取引では、10倍のレバレッジを利かせれば、2つの通貨の金利差の10倍の利益を得ることが出来ます。

FX取引では、通貨同士の金利差での利益が、50万円であれば、10倍のレバレッジを利かせれば、500万円の利益を得ることが出来ます。

この投資手法は、キャリートレードと呼ばれています。

FX取引を考えたときに、世界の金利の中では、金利の高い通貨は、イギリスポンドやニュージーランドドル、オーストラリアドル以外に最近では、南アフリカやトルコの通貨も関心が集まっています。


FX取引でのスワップ金利収入を獲得するには、このような金利の高いイギリスポンド/円やニュージーランドドル/円、オーストラリアドル/円の買いポジションをレバレッジをかけた上でね保有すめだけです。

為替相場の為替レートの変動が、少ない時期に上手にレバレッジを活用して、このような買いポジションを持つだけで、FX取引の金利収入を得ることが出来ます。

fx取引の初心者の方は、テレビやインターネットでの多くの情報を入手できるアメリカドル/円とユーロ/円がお勧めです。

世界の主要通貨の金利

トルコ         15.00%
南アフリカ       11.50%
ニュージーランド    5.00%
オーストラリア     4.25%
ユーロ         2.50%
イギリス        2.00%
カナダ         1.50%
スイス         0.50%
香港          0.50%
アメリカ      0.25%

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

FX取引術 証券会社・FX会社のレバレッジを解説します


FX取引術 証券会社・FX会社のレバレッジを解説します。

FX取引での証券会社・FX会社のレバレッジを解説します。

FX取引で、証券会社・FX会社に口座開設する場合に、どの会社に決めるかの決定要素にレバレッジも大切です。

FX取引では、レバレッジを何倍に使えるかで、投資効果に大きな差が出てきます。

FX取引でのレバレッジは、投資資金をレバレッジを使って、何倍もの資金を運用できるシステムです。

FX取引で利用できるレバレッジは、FX業者と証券会社よって、異なります。

FX取引では、大きなレバレッジを使うと、大きな資金を運用できるのですが、それだけ、大きなリスクを負担することになります。

最初のFX取引では、10倍程度のレバレッジでの運用が、FX投資の初心者の方には、適しています。

証券会社・FX会社のFX取引での最大レバレッジを紹介します。

FX取引でのレバレッジを利用する際に、細かな制限があるFX会社もあります。

口座開設する前に事前に調査して下さいね。


最大レバレッジ

FXクリエイト       100倍
サイバーエージェントFX  100倍
ヒロセ通商        400倍
AFT-FXダイレクトトレード 100倍
マネーパートナーズ    100倍
トウキョウフォレックス   50倍
NTTスマートトレード  100倍
アストマックスFX     100倍
マネースクウェア・ジャパン 16倍
セントラル短資      100倍
ネクストインベストメント 100倍
外為どっとコム      100倍
FXプライム       230倍
FROMEAST証券       100倍
パンタ・レイ証券     300倍

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

FX取引術 証券会社・FX会社の手数料を解説します


FX取引術 証券会社・FX会社の手数料を解説します。

FX取引での証券会社・FX会社の手数料を解説します。

FX取引で、証券会社・FX会社に口座開設する場合に、どの会社に決めるかの決定要素にFX取引の手数料も大切です。

FX取引では、FX取引の手数料の安さだけでなく、証券会社・FX会社が提供されているオンライン取引システムのサービスなどもあります。

FX取引では、レバレッジの高さも大切です。

FX取引の手数料だけでなく、サービス内容や、その会社のレバレッジの高さなども検討してください。

次にあげる証券会社・FX会社の手数料と口座管理費用が、無料の会社です。

ネクストインベストメント
FXクリエイト
FROMEAST証券
FXプライム
セントラル短資
ヒロセ通商
AFT-FXダイレクトトレード
アストマックスFX
マネースクウェア・ジャパン
フォーランドオンライン
ひまわり証券
CMCMarkets
マネーパートナーズ

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX会社の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。