スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年02月28日

FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

RBAは、6月に開催された政策金利決定会合で、政策金利据え置きを発表した。


オーストラリアでのRBA議事録の内容は、次のようなものです。

オーストラリアでは、追加利上げの必要はないと判断された。

オーストラリア経済状況に悲観的な見方がされた。

オーストラリアは、利下げの必要性ありと示唆されていた。


オーストラリアでのRBA議事録の発表を受けて豪ドル円は、一時的に大きく下落し、豪ドル円は、50銭円高・豪ドル安になった。

RBA議事録は、FX取引での為替相場に影響を与えることが解かった。

このようにFX投資家が、FX取引する場合には、オーストラリアでのRBA議事録の取り扱いに注意が必要です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

オーストラリアでは、RBA議事録が、毎年1月以外の毎月第3火曜日に発表されます。

オーストラリアの中央銀行であるRBA(オーストラリア準備銀行)は、1月を除く毎月第1火曜日に政策金利決定会合を開催します。

オーストラリアの政策金利決定会合で政策金利を発表します。

オーストラリアの政策金利決定会合での会合内容は、RBA議事録で発表されています。

オーストラリアのRBA議事録には、オーストラリア経済の現状だけでなく、オーストラリアの物価動向が紹介されています。

2008年6月に政策金利決定会合の内容をまとめたRBA議事録が発表されています。

その内容は、次のようなのです。

・オーストラリアの現状の景気や金利は、インフレ抑制を考えても妥当な水準にある。

・オーストラリアの最近1ヶ月の指標結果では、需要の伸び悩みが推定できる。

・オーストラリアの需要が、予想以上に減少しなければ金融政策を見直すことが必要。

・オーストラリアの雇用は、当分の間は、伸び悩む 。

・オーストラリアの豪州賃金は、横ばいのままで、インフレでの影響が現れたら金利を見直す。

ですが、オーストラリアでのRBA議事録は、FX取引での為替市場には、大きな変化を与えているので、注意が必要です。

このようにFX投資家が、FX取引する場合には、オーストラリアでのRBA議事録の取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

FX取引術 FX取引での日銀短観の影響を解説します


FX取引術 FX取引での日銀短観の影響を解説します。

FX取引での日銀短観の影響を解説します。

日銀短観は日本銀行が発表しています。

2008年7月の日銀短観の発表値は、全てのDIが、FX取引での為替市場関係者の予想を上回る値になった。

そのためにFX取引での為替相場では、円買い・ドル売りが進み、ドル円が、30銭ほど円高に変化しました。

日銀短観は、FX取引での為替市場での注目が高いのですが、既に為替市場に織り込み済みの場合があり、FX取引での為替相場での影響が限定的となることが、2年ほど続いています。

ですが、日銀短観の結果は、株式市場には、大きな変化を与えているので、注意が必要です。

このようにFX投資家が、日銀短観の取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

FX取引術 FX取引での日銀短観の影響を解説します


FX取引術 FX取引での日銀短観の影響を解説します。

FX取引での日銀短観の影響を解説します。

日銀短観は日本銀行が発表しています。

日銀短観は、日本国内企業の業況等の現状・先行きに関する判断や事業計画に関する実績・予測などで構成されています。

企業活動全般に関して、全国の調査先企業に四半期ごとに統計調査を実施しています。

日銀短観には、次のDIあります。

・大企業製造業業況判断DI
・大企業製造業先行きDI
・大企業非製造業業況判断DI
・大企業非製造業先行きDI

大企業製造業業況判断DIは、調査時点での業況です。

大企業製造業先行きDIは、3ヶ月後の景気業況が、各業種から出た予想に基づき作られています。

日銀短観の統計対象企業は。約1万社あり、経済指標の中で、一番、統計データが多く信頼できる経済指標です。

このことから、日銀短観は、FX取引での為替市場関係者が、日本国内の景気の実態を把握する上で、一番信頼されている経済指標です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

FX取引術 FX取引での金融経済月報の影響を解説します


FX取引術 FX取引での金融経済月報の影響を解説します。

FX取引での金融経済月報の影響を解説します。

金融経済月報は、日銀が、毎月発表しています。

日銀は、金融政策決定会合の終了後にFX取引に大きな影響のある政策金利を発表しています。

その翌日に金融経済月報も発表しており、これが金融政策決定会合後のもうひとつの目玉となっております。

金融経済月報は、日銀のホームページで、閲覧できます。

金融経済月報の内容は、国内の1年間の主要経済指標と解説、金融の現状と今後の見通し、実体経済状況や物価、為替レートの動きと海外主要国のGDPが含まれています。

2008年7月の金融経済月報を紹介します。

・日本の景気は減速後は、緩やかな成長に向かう。

・日本の景気は更に減速してきている。

・日本の輸出、生産、消費、住宅は、下方修正。

・日本の消費者物価は、上昇基調にある。

・日本企業の業況感も減速してきている。


金融経済月報の発表後にFX取引に関係の深い為替市場が、ドル円相場が、30銭の円高ドル高になりました。

金融経済月報は、政策金利を変更する可能性が高い時は、FX取引での為替市場に与える影響は、大きなものになります。

このようにFX投資家が、金融経済月報の取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

FX取引術 FX取引での耐久財受注の影響を解説します


FX取引術 FX取引での耐久財受注の影響を解説します。

FX取引でのFX取引での耐久財受注の影響を解説します。

耐久財受注は、企業が受注した耐久財の総額です。

耐久財受注が、増加することが、統計的にでることがあります。

耐久財受注が、前月比ベースの伸び率に、変化が起こる原因です。

耐久財受注は、一般的に生産段階の前に行われるために、生産や設備投資よりも、先行性があることを把握することが大切です。

先行性から、耐久財受注は、経済指標の重要項目の1つです。

耐久財受注は、そのためにドル円のFX取引での為替レートに影響を与えます。

7月に発表されたアメリカの6月耐久財受注は、前月比+1%と為替市場関係者の予想を上回ったので、FX取引と関係の深いドル相場が、若干ドル高になりました。

アメリカのようにサブプライムローン問題がある国では、株価下落やGDPの伸び率が低下するとアメリカ経済にも後退局面が近づくことがあります。

そのような国では、経済が、落ち込む前に回復出来るのか、いつ景気が、回復するか、FX取引での為替市場の注目を集めています。

耐久財の販売状況や鉱工業業績や個人消費動向を予想する上で、耐久財受注は、大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

FX取引術 FX取引での耐久財受注の影響を解説します


FX取引術 FX取引での耐久財受注の影響を解説します。

FX取引でのFX取引での耐久財受注の影響を解説します。

耐久財受注は、企業が受注した耐久財の総額です。

耐久財は、ある程度の耐久性のある製品で、3年以上の耐用年数の消費財です。

耐久財には、自動車や航空機、家電製品、家具などがあります。

耐久財受注は、毎月、アメリカの商務省から発表され、伸び率にば、変化があります。

伸び率にば、変化は、耐久財受注の統計対象に3年以上の耐久財と制限か狭いからです。

耐久財には、軍需の影響を受け、成長率が急に伸びる特徴があります。

耐久財は、一般国民の消費が、不景気で減少しても、アメリカが、戦争を継続していると軍需での耐久財の伸びが大きくなります。

耐久財受注の統計発表値が、為替市場の関係者の予想以上の内容のためにアメリカドル円のFX取引での為替レートとは、50銭程度、上昇しました。

このようにFX投資家が、耐久財のデータの取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

FX取引術 FX取引での卸売在庫、企業在庫の影響の続編を解説します


FX取引術 FX取引での卸売在庫、企業在庫の影響の続編を解説します。

FX取引でのFX取引での卸売在庫、企業在庫の影響の続編を解説します。

卸売在庫と企業在庫が、前月比で、増加か、その伸び率が予想を上回った場合には、FX取引でのドル売りに繋がります。

反対に、卸売在庫と企業在庫が、前月比ベースで、減少、又は、伸び率が予想を下回った場合、FX取引でのドル買いにつながります。

在庫の減少も、次の2つの理由があります。

在庫の減少に対してもは

・在庫減少は、商品の販売数量減を見込んで生産量減が原因である。
・在庫減少は、商品の販売数量増加が、予想以上に良かったのが原因である。

同じ在庫の減少でも、その結果が同じでも、過程が違うということがあります。

在庫減少は、商品の販売数量減を見込んで生産量減が市場での判断になるとドル売り要因になります。

在庫減少は、商品の販売数量増加が、予想以上に良かったと市場での判断になれば、ドル買い要因になります。

卸売在庫、企業在庫の増減は、2とおりの見方があり、その見方で、ドル売りとドル買いに為替市場の動向が別れてしまうのです。

そのために色々な経済指標と異なる反応を為替市場で起こることがあります。

FX投資家が、卸売在庫と企業在庫のデータの取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

FX取引術 FX取引での卸売在庫、企業在庫の影響の続編を解説します


FX取引術 FX取引での卸売在庫、企業在庫の影響の続編を解説します。

FX取引でのFX取引での卸売在庫、企業在庫の影響の続編を解説します。

卸売在庫と企業在庫が、前月比で、増加か、その伸び率が予想を上回った場合には、FX取引でのドル売りに繋がります。

反対に、卸売在庫と企業在庫が、前月比ベースで、減少、又は、伸び率が予想を下回った場合、FX取引でのドル買いにつながります。

在庫の増加も、次の2つの理由があります。

・在庫増加は、商品の販売数量減が原因である。
・在庫増加は、商品の販売数量の増加を予測して、生産量を増やしたことが原因。

結果として、同じ在庫増加になったとしても、全く、その過程が異なることがあります。

この場合、在庫増加は、商品の販売数量減が原因だと市場が判断すれば、ドル売り要因になります。

反対に在庫増加は、商品の販売数量の増加を予測して、生産量を増やしたことと市場が判断すれば、ドル買い要因となります。

FX投資家が、卸売在庫と企業在庫のデータの取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

FX取引術 FX取引での卸売在庫、企業在庫の影響を解説します


FX取引術 FX取引での卸売在庫、企業在庫の影響を解説します。

FX取引でのFX取引での卸売在庫、企業在庫の影響を解説します。

卸売在庫、企業在庫の影響は、経済規模の指標として、重要指標です。

卸売在庫や企業在庫の良い状況なら、ドル売りで、悪い状況なら、FX取引でのドル買いの可能性がある。

アメリカ経済は、企業の在庫状況の指標が、2つあります。

卸売在庫と企業在庫の経済指標です。

この卸売在庫と企業在庫は、米国商務省センサス局が、毎月、発表します。

卸売在庫は、アメリカに本社がある4000社の卸売業者の在庫状況です。

企業在庫は、卸売業者だけでなく、製造業・小売業等を含めた在庫状況を示しています。

8月にアメリカの6月卸売在庫が、前月比で、+1%と、前月比で、プラスで、当初の為替市場の関係者の予想以上の内容のためにアメリカドル円のFX取引での為替レートとは、40銭程度、上昇しました。

ただし、FX投資家が、卸売在庫と企業在庫のデータの取り扱いに注意が必要です。

卸売在庫と企業在庫が、前月比で、増加か、その伸び率が予想を上回った場合には、FX取引でのドル売りに繋がります。

反対に、卸売在庫と企業在庫が、前月比ベースで、減少、又は、伸び率が予想を下回った場合、FX取引でのドル買いにつながります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支の続編を解説します。

FX取引でのFX取引でのニュージーランド貿易収支の続編を解説します。

ニュージーランド貿易収支は、経済規模の指標として、重要指標です。

ニュージーランド経済の輸出品は、酪農品や食肉のような天候や自然環境に生産量が変動する一方で、輸入品は自動車、電気機器など、天候に左右されない工業製品の場合は、不景気になると貿易収支の赤字額が、顕著に増大します。。

8月にニュージーランド経済の7月貿易収支で、貿易赤字額が拡大すると、ニュージーランド円のFX取引での為替相場は、1円近く急落しました。

ニュージーランド経済も、GDPが、マイナスになるとニュージーランド経済は、後退していきます。

今のニュージーランド経済の貿易赤字の拡大は、消費拡大でなく、不景気が原因とFX取引での為替市場で判断されています。

ニュージーランド経済のGDPのプラス面でなく、貿易赤字の拡大がニュージーランド経済に悪影響を与えるとの見方が支配的だったようです。

ニュージーランドのように貿易赤字の拡大が、景気減退でない可能性のある国でも、景気減速が続けば、貿易赤字の増加が、FX取引での通貨の急落に繋がります。

FX投資家が、FX取引わする場合は、貿易黒字や貿易赤字だけでなく、その国の消費動向や景気にも注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支を解説します


FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支を解説します。

FX取引でのFX取引でのニュージーランド貿易収支を解説します。

ニュージーランド貿易収支は、経済規模の指標として、重要指標です。

ニュージーランド貿易収支は、ニュージーランド経済が、不景気になると貿易収支の赤字額が増大します。

ニュージーランド経済の貿易収支の赤字額拡大で、ニュージーランドドル売りが起こります。

貿易赤字でも、ニュージーランド経済が必ず減退している訳ではありません。

貿易赤字が拡大しても、GDPの前年同期比ベースの伸び率は、プラスで、増加していることが、欧米のような先進国では良くあります。

これは、消費需要の強い国では、景気拡大期でも、貿易赤字が続くことがあるのです。

その国の輸入品の販売が、好調だと輸入額が大きく増加していきます。

輸出が好調でも、消費意欲が高いと、輸入が増加して、貿易赤字が増加したり、貿易黒字が減少します。

この場合には、好景気なので、その国の通貨のFX取引での為替レートの下落にならないことがあります。

反対に考えると、貿易赤字が減少したり、貿易黒字が拡大しても、その国の経済が不景気だと、その国の通貨のFX取引での為替レートが上昇しないことがあります。

FX投資家が、FX取引わする場合は、貿易黒字や貿易赤字だけでなく、その国の消費動向や景気にも注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

FX取引術 FX取引での日銀金融政策決定会合議事要旨発表とドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引での日銀金融政策決定会合議事要旨発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引での日銀金融政策決定会合議事要旨発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

日銀金融政策決定会合議事要旨は、経済規模の指標として、重要指標です。

日銀金融政策決定会合議事要旨は、日本や世界の経済情勢をもとに金融・為替市場動向を日銀幹部が検討したものです。

日銀金融政策決定会合議事要旨では、金融・為替市場動向への日銀の見解や、国内外の金融経済情勢だけでなく、金融政策の採決の結果です。

11月6日に日銀金融政策決定会合議事要旨が公表されました。

その日銀金融政策決定会合議事要旨の内容を紹介します。

・主要国中央銀行と協調して、アメリカドルの資金供給を決定
・ザプライムローン問題から米欧の金融機関の不安定な状況
・景気後退を含めて世界経済と国際金融市場及び国内の経済を引き続き注視する
・ここ数ヶ月の企業の景況感が、急激に悪化しており、景気悪化が高まっている
・好景気の成長状況に復帰できる時期は、不透明で、かなりの期間がかかる。
・欧米は、景気後退の可能性が拡大した
・インフレのリスクには、今後も注意が必要

日銀金融政策決定会合議事要旨の内容は、ドル円相場に与えた影響は、少なかったです。

ですが、11月に開催された日銀金融政策決定会合議事要旨の公表時には、約7年ぶりの利下げの実施が発表されました。

11月の利下げで、日本の政策金利は、0.20%に下げられ、0.30%になりました。

日銀金融政策決定会合議事要旨の内容の発表後に少しですが、為替レートが、40銭ほどドル高円安になりました。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

FX取引術 FX取引での対外及び対内証券売買契約等の状況発表とドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引での対外及び対内証券売買契約等の状況発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引での対外及び対内証券売買契約等の状況発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

対外及び対内証券売買契約等の状況は、経済規模の指標として、重要指標です。

対外及び対内証券売買契約等の状況は、株式や債券の売買動向を示す指標です。

財務省は、毎週木曜日に対外及び対内証券売買契約等の状況を発表しています。

対外及び対内証券売買契約等の状況では、次の3項目が発表されます。

対内株式投資:日本株への投資額
対内債券投資:日本債券への投資額
対外債券投資:海外債券への投資額

株式や債券の売買の報告内容が、買い越しの場合は資本流入超過になります。

逆に売りこしの場合は、資本流出超過になります。

11月の対外及び対内証券売買契約等の状況の発表では、次の報告がされて、発表後に少しですが、為替レートが、30銭ほどドル高円安になりました。

対内株式投資:5100億円の資本流出超
対内債券投資: 900億円の資本流出超
対外債券投資:2140億円の資本流出超

11月には、対内債券投資は、3ヶ月連続して、資本流出超過になっています。

また、対外債券投資も、3週間連続資本流出超過になっています。

このことから、日本だけでなく、世界的に株式離れや債券離れが、進んでいます。

対外及び対内証券売買契約等の状況での資本流入超の状態に転換する時期を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

FX取引術 FX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値でのドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値でのドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値でのドル円の為替変動の具体例を解説します。

GDP(国内総生産)は、国の経済規模の指標として、重要指標です。

GDP(国内総生産)は、複数回発表されると、発表時期が最も早い速報値か一次速報値に注目が集まります。

GDP(国内総生産)改定値、確報値、二次速報値は、GDP速報値や一次速報値より、注目度が低いです。

10月にアメリカの第三四半期GDP・速報値が、FX取引での為替市場の専門家の予想を下回る内容でした。

この発表の後で、ドル円は、1円未満の為替レートの下落で収まりました。

このことから、アメリカのGDPは、速報値だけでなく、その後の改定値も、内容の修正が大きい場合には、改定値発表のほうが、ドル円相場に大きな影響を与えます。

このようにアメリカだけでなく、GDP速報値だけでなく、GDP改定値、GDP確報値も、相場に大きな影響をもたらすケースもあります。

特に、改定値は速報値から、確報値は改定値(仏、独は速報値)からそれぞれ大幅に伸び率が修正されたときことがあります。

このためにFX投資家の方は、FX取引を続ける上で、速報値だけでなく、GDP改定値、GDP確報値も、FX取引での為替市場の反応が大きいときがあります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

FX取引術 FX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値でのドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値でのドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値でのドル円の為替変動の具体例を解説します。

GDP(国内総生産)は、国の経済規模の指標として、重要指標です。

GDP(国内総生産)は、複数回発表されると、発表時期が最も早い速報値か一次速報値に注目が集まります。

GDP(国内総生産)改定値、確報値、二次速報値は、GDP速報値や一次速報値より、注目度が低いです。

11月に発表されたアメリカの第三四半期GDP・改定値が、速報値や専門家の予想を下回つたためにドル円が、1円70銭以上、下落しました。

FX投資家の方はは、FX取引をする場合は、このように世界の主要国のGDP速報値だけでなく、改定値、確報値、二次速報値の発表時期を知っておくことは、大切なことです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

FX取引術 FX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値を解説します


FX取引術 FX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値を解説します。

FX取引でのFX取引でのGDP(国内総生産)の速報値や改定値、確報値を解説します。

GDP(国内総生産)は、国の経済規模の指標として、重要指標です。

GDPは、前期比や前年比の伸び率を3ヶ月ごとに発表されます。

GDP成長率は、為替市場では、経済成長率と同じほど重要視されています。

世界の主要国のGDP(速報値)の発表時期を紹介します。

世界の主要国のGDP(速報値)の発表時期を知っておくことは、大切なことです。

・豪州、スイス、南アフリカは、四半期最終日の約2.5ヶ月後に発表されます。

・フランス、ドイツ、ユーロ圏や香港では、各四半期最終日の約1.5ヶ月後に発表されます。

・イギリス、アメリカでは、各四半期最終日の翌月下旬に発表されます。

・ニュージーランドでは、各四半期最終日の約3ヶ月後に発表されます。

・カナダは、GDPが毎月発表され、発表時期は約2ヶ月後です。

世界の主要国のGDPの発表の発表回数が違います。

イギリス、アメリカ、ユーロ圏は、各四半期において、速報値、改定値、確報値と年間3回発表されます。

フランス、ドイツは、各四半期、速報値、確報値と2回の発表に限られています。

日本では、一次速報、二次速報と年間2回発表されます。

それ以外の国は、各四半期において、1回のみの発表です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

FX取引術 FX取引でのFOMC議事録の影響の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのFOMC議事録の影響の続編2を解説します。

FX取引でのFX取引でのFOMC議事録の影響の続編2を解説します。

FX取引でのFOMC議事録での発表内容で、ドル円相場に影響を与えることがあります。

FX取引と関係の深いFOMC議事録は、かなりの影響力を持っていて、ドル円の為替レートだけでなく、世界の通貨に対するドルレートに大きな影響を与えます。

FOMC議事録の内容が、発表されるとドル円相場だけでなく、アメリカの株式相場も、大きな変化があらわれます。

アメリカの株式相場に大きな変化があると、次には、アジアの主要国の株式相場が大きな影響を受けて、株価が大きく変動します。

そして、アジアの主要国の株式相場が大きな影響を受けて、株価が大きく変動するとドル円のFX取引の為替レートが、さらに変動する循環になります。

FOMC議事録は、当日だけでなく、数週間は、世界の通貨のFX取引の為替レートに大きな影響を与えます。

FOMC議事録の内容が、ある程度、FX取引の為替市場に反映されて、その結果、別の経済指標が、発表されても、ドル円相場への影響が限定されることがあります。

FOMC議事録の結果は、ドル円相場では、長時間影響を与えます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

FX取引術 FX取引でのFOMC議事録の影響の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのFOMC議事録の影響の続編を解説します。

FX取引でのFX取引でのFOMC議事録の影響の続編を解説します。

FX取引でのFOMC議事録での発表内容で、ドル円相場に影響を与えることがあります。

FOMC議事録が、紹介される内容は、概略、以下の内容が多いです。

・アメリカの利下げ時期とその決断時期

・利下げ後のアメリカ経済の金融緩和の見通し

・経済成長とインフレリスクの見解

・アメリカ経済のGDP成長を予測

・アメリカ経済の今後の成長と雇用状況の見通し

・アメリカの諸物価の動向と見通し

・アメリカの金融市場の情勢と見通し

・アメリカの住宅市場の情勢と見通し


FOMC議事録での発表内容で、ドル円相場のドル円は70銭ほど下落する状況がおこりました。

FOMC議事録は、このようにFX取引での為替レートに影響を与えます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

FX取引術 FX取引でのFOMC議事録の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのFOMC議事録の影響を解説します。

FX取引でのFX取引でのFOMC議事録の影響を解説します。

FX取引でのFOMC議事録での発表内容で、ドル円相場に影響を与えることがあります。

FOMCは、米連邦公開市場委員会・米国の金融政策を決定する会合のことです。

ここでのFOMC議事録は、FOMCの会合での内容です。

FOMC議事録の内容は、アメリカの政策金利決定の背景や米連邦準備制度理事会が米国景気や物価動向をどのように判断して予想しているかが゜紹介されています。

FOMC議事録を読むことで、アメリカ経済の現状を正確に把握することが出来ます。

FOMC議事録は、FX取引をするFX投資家にとって、為替相場での重要な経済指標と同等のものです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。