スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年03月31日

FX取引術 FX取引でのスキャルピングを解説します


FX取引術 FX取引でのスキャルピングを解説します。

FX取引でのスキャルピングを解説します。

FX取引でのスキャルピングは、デイトレーダーが、デイトレードで、少しの利益を獲得するために短時間で何度も売買を繰り返す手法です。

スキャルピングは、利益確定と損切りは、基本です。

FX取引でのスキャルピングは、相場の動きを色々な分析から、4分後や1時間後を予測することが必要です。

FX取引でのスキャルピングは、為替レートが動く瞬間まで、じつと我慢して待機しながら瞬間トレードをすることです。

FX取引での為替市場で、これから、時期が来れば、上昇する通貨を探すだけでなく、デイトレーダは、今の一瞬の取り引きが大切ですから、今の瞬間に上昇する通貨で、売り買いを繰り返すことが必要です。

FX取引でのスキャルピングは、この瞬間に上昇する通貨を探すことですから、見つけるということは、チャート分析よりも板読みがより重要になると思います。

FX取引でのスキャルピングは、買い注文の後で、すぐに売りのタイミングの判断をすばやくすることが大切です。

FX取引でのスキャルピングは、注文の絶妙なタイミングがポイントです。

FX取引でのスキャルピングは、少しの利益なら、株価が、もみ合いのときでも、デイトレが出来ることがあります。

FX取引でのデイトレでは、スキャルピング的な手法も合わせながら、デイトレードすることが大切です。

日本のデイトレーダーには、徹底して、スキャルピングでの取り引きで、利益を出し続けてる方も多くおられます。

FX取引でのスキャルピングは、コツを把握できれば、有効な投資手法です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのデイトレードの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

FX取引術 FX取引での為替市場のトレンドラインを解説します


FX取引術 FX取引での為替市場のトレンドラインを解説します。

FX取引での為替市場のトレンドラインを解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドラインを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

トレンドラインは、ある通貨の為替レートの昔の安値同士か、高値同士を結ぶ線を言います。

このトレンドラインを描くには、2つ以上の安値か高値同士を結部のですが。

できれば、2つでなく、3〜4つ以上の多くの安値か高値を線で結ぶとより確実なトレンドラインを引くことが出来ます。

そいうのは、できるだけ数多いデータの中で、トレンドラインを引くことで、トレンドラインのレート以下に下がらない、また、トレンドラインのレート以上に上がらないデータが、多くなるからです。

このトレンドラインは、少ないデータのトレンドラインでも、その後、データを増やしていくことで、トレンドラインの傾向の精度が上昇していきます。

そのトレンドラインは、為替レートのチャートに合っていくと、このトレンドライドの有効性は、高まります。

トレンドラインが、直線以外の場合は、過去の為替レートから、対象とする通貨の需要が、短期的に増加すると、通貨の為替レートの上昇が急激になります。

その場合には、次第に上昇スピードが速くなります。

このように急激な為替レートの上昇相場では、トレンドラインは、曲線になり、この曲線は、トレンド曲線と呼ばれています。

上昇トレンドでも、下降トレンドでも、トレンド曲線が、発生することはあります。

下降トレンドでは、緩やかな下落の後で、次第に下降スピードが早くなっていき、あるポイントで急落します。

このように為替市場でのFX取引では、トレンドラインを把握することが、収益を確保に繋がります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

FX取引術 FX取引での為替市場の上昇トレンドから下落トレンドに変わるときの為替市場での状況を解説します


FX取引術 FX取引での為替市場の上昇トレンドから下落トレンドに変わるときの為替市場での状況を解説します。

FX取引での為替市場の上昇トレンドから下落トレンドに変わるときの為替市場での状況を解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

為替市場の上昇トレンドから下落トレンドに変わるときの為替市場での状況を解説します。

ドルは、上昇相場が、続いていましたが、しばらくすると、ドルは、特段の下落要因が無い中で、少しずつ下落していきます。

このドル円の為替レートの下落原因は、ドル売りが、ドル買い以上の状況が相場に起こっているからです。

また、ドル安になる場合の要因として、FX取引での為替市場の多くの参加者が、必要以上にドルを買い、それ以上にドルの為替レートを買い支えれるだけの需要が無いからです。

そして、ドル円の為替レートは、下落し始めると、数%程度の値下がりの後で、少しだけ反発した後で、再度、下落トレンドに入っていきます。

そして、数%のドル安が進むと、ドルの為替レートの下落が大きくなります。

ドル安の下落が大きくなると、FX取り引きのポジション清算するためのドル売りが、増加して、さらにドル安が加速します。

ここまでくると、マスメディアでも、ドル安のニュースを取り上げますので、ドル売り材料が増加して、FX取引での為替市場全体にドル安の雰囲気が広がります。

このように、ドル円の為替レートは、下落トレンドでは、下落、反発を繰り返しながら、水準を切り下げていきます。

このように為替市場でのFX取引では、為替市場での状況を把握することが、収益を確保に繋がります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

FX取引術 FX取引での為替市場の上昇トレンドが続くときの為替市場での状況を解説します


FX取引術 FX取引での為替市場の上昇トレンドが続くときの為替市場での状況を解説します。

FX取引での為替市場の上昇トレンドが続くときの為替市場での状況を解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

上昇トレンドが続くときの為替市場での状況を解説します。

ドル円でのトレンドで、紹介します。

ドル円は、上昇トレンドにのると数%程度上昇すると、その勢いに気が付いた為替市場の投資家が、さらに買い進むことになり数%程度、上昇するようになります。

ですが、数%も上昇すると、FX取引では、為替市場参加者の大量のドル売りが出てくるために、一定幅以上のドル高になると調整が起こります。

大量のドル売りで、ドル円が、上昇前の為替レートに戻ると、再度、ドル買い需要から、ドル高が進み、一度目の上昇幅以上のドル高になります。

また、数%以上上昇すると大量のドル売りで、上昇幅の半分程度のドル円の為替レートの下落が起こります。

しばらくすると、再度、ドルの上昇が続き、アメリカの景気が良い方向に向かっている期間は、ドル高が数ヶ月間続くことがあります。

アメリカの景気が強くなるとドル楽観の雰囲気が、FX取引では、為替市場参加者に起こります。

そのために、より一層、ドル高円安のトレンドが続くことになります。

こうなって来るとドル高の基調は、明確になり、値動きも、大きくなりながら相場は、上昇していきます。

このように為替市場でのFX取引では、為替市場での状況を把握することが、収益を確保に繋がります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

FX取引術 FX取引での為替市場のトレンドの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での為替市場のトレンドの特徴を解説します。

FX取引での為替市場のトレンド確認の特徴を解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

FX取引では、為替取引をする時には、上昇トレンドが継続している期間は、買いを継続します。

そして、下降トレンドが、継続している間は、売りを継続します。

FX取引をするFX投資家は、為替市場を理解することが、大切です。

その場合に為替レートは、一般的に連続的に山と谷のチャートを形成しながら、取り引きが継続されていきます。

それは、FX取引では、為替市場の特徴として、通貨の為替レートは、上昇と下降のチャートでは、一方的に上昇したり下降したりするのでは、無いためです。

FX取引では、為替市場の特徴として、為替レートの上昇トレンドでも、実際には、上昇と小いさな下落を繰り返しながら、為替レートの水準を徐々に切り上げていくのが、特徴です。

FX取引では、為替市場の特徴として、為替レートが、下落トレンドでも、下落と小上昇を繰り返しながら、為替レートの水準を切り下げていきます。

このように為替市場でのFX取引では、通貨のトレンドの特徴を把握できれば、収益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

FX取引術 FX取引での為替市場のトレンド確認の続編を解説します


FX取引術 FX取引での為替市場のトレンド確認の続編を解説します。

FX取引での為替市場のトレンド確認の続編を解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

FX取引では、上昇トレンドが継続している期間では、買いが原則です。

ですが、上昇トレンドが続くと判断して、FX取り引きで、ある通貨の買いポジションを保有した場合に、
購入後にすぐに評価益が発生しても、為替市場が、下落トレンドに変わると買いポジションの評価損が、増加していきます。

このようにFX取引では、為替市場で、上昇トレンドの中でも、その相場が、崩れた場合には、未練を持つのではなく、方針変更して、ポジション清算をすることも大切です。

そして、また、FX取引では、為替市場での相場が、下落トレンドと判断できれば、ある通貨の売りのポジションを保有します。

FX取り引きでの為替市場は、世界の景気変動や、対象通貨の国の景気動向で、トレンドの流れが変わります。

ですから、FX取引をする場合は、取り引きする対象の国の景気動向を把握することが大切です。

このように為替市場でのFX取引では、通貨のトレンドの状況と動向を把握できれば、収益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

FX取引術 FX取引での為替市場のトレンド確認の続編を解説します


FX取引術 FX取引での為替市場のトレンド確認の続編を解説します。

FX取引での為替市場のトレンド確認の続編を解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

FX取引では、上昇トレンドが継続している期間では、買いが原則です。

そして、下降トレンドが継続している期間では、売りが原則です。

その理由は、上昇トレンドが続いていたときに、FX取り引きで、ある通貨の買いポジションを保有した場合に、その後に、予想に反して、為替レートが、下落した場合にも、為替市場でのその通貨が、上昇トレンドの期間が続いていれば、少し期間が経過すれば、再度、また買った為替レートまで、通貨の為替レートが戻っていきます。

そして、FX取引では、為替市場での上昇トレンドが続いていると、FX取り引きでの為替レートが上昇して、収益を確保できるようになります。

このように為替市場でのFX取引では、通貨のトレンドの状況と動向を把握できれば、収益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

FX取引術 FX取引での為替市場のトレンド確認を解説します


FX取引術 FX取引での為替市場のトレンド確認を解説します。

FX取引での為替市場のトレンド確認を解説します。

FX取引では、為替市場のトレンドを把握することで、取引のポイントが見えてきます。

FX取り引きの舞台である為替取引で、収益を確保するには、為替レートの安い時に買いて、為替レートの高いところで、売ることです。

または、FX取り引きの為替取引で、収益を確保するには、為替レートの高い時に売り、為替レートの安くなったときに売ることです。

この2つのFX取り引きの手法が、基本です。

FX取り引きの為替取引で収益を確保するには、為替レートが上昇トレンドか下降トレンドに向かうか、どちらに向かうかを判断することが、大切です。

FX取引では、為替市場では、為替レートの動向をトレンドと呼びます。

FX取り引きをする為替市場のトレンドには、上昇トレンド、下降トレンド、横ばいの3種類に分類されます。

上昇トレンドは、為替レートが、上昇傾向にある状況です。

また、下降トレンドは、為替レートが、下降傾向にある状況です。

また、横ばいは、為替レートが、ほとんど変動しない場合を言います。

FX取り引きをする為替市場の投資家は、為替レートのトレンドを検討しながら、FX取引を続けます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編6を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編6を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編6を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の傾向を把握することで、今後のの為替レートを予測することが出来ます。

例えば、FX取引でのチャートのローソク足では、ヒゲが全くない場合で、実体部が、白い陽線の時には、始値が、その時間帯の安値、終値がその時間帯の高値を意味します。

FX取引でのチャートのローソク足で、この場合は、為替レートは、始値から終値までの間に、為替レートの上昇を続けたことと判断できます。

FX取引でのチャートのローソク足で、実体部が黒く、陰線で、実体部分が短く、ヒゲが上下ともに長い時は、為替レートの振れが、上下に大きく変動して、最後に為替レートが、下降したと判断できます。

このようにFX取引でのチャートのローソク足のヒゲや実体部の陽線や陰線を調べることで、為替市場での取り引きの中での取り引きエネルギーが上昇・下降のどちらに向かっていたのか判断できます。

このようにFX取引をする場合には、チャートを読む力が大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編5を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編5を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編5を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、何種類かの傾向があり、その傾向を把握することで、これからの為替レートを予測することが出来ます。

FX取引でのチャートのローソク足では、高値で大きな陽線が出た後に陰線のカラカサが出る時は、為替相場では、天井を打ち下落トレンドに入る可能性が大きくなります。

FX取引でのチャートのローソク足で、為替市場で、始値と終値が、同じ為替レートに戻った場合に、始値と終値の為替市場の取り引き間で、その日の安値と高値にエネルギーが、偏った後で、最後に売りと買いのエネルギーがのバランスが取れて、始値の為替レートに戻ったと判断されます。

このようなチャートのローソク足が出る時は、売りと買いが激しく攻め合っていて、相場の転換を示唆しているケースが多いと考えられます。

このように為替市場でのローソク足を調べて判断することで、為替市場の取り引きのエネルギーがどちらに流れているか。

また、今後、為替レートが、どちらのほうにトレンドが向かうのかも、判断することも、ある程度可能です。

ローソク足は、ただ、デイトレに使うだけでなく、fx取り引きの長期投資の判断基準にも使うことが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編4を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編4を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編4を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、何種類かの傾向があり、その傾向を把握することで、これからの為替レートを予測することが出来ます。

FX取引でのチャートのローソク足で、上に長いヒゲがついている場合や下に長いヒゲがついている場合には、為替レートは、相場でのパワーを使いきり、為替レートが、元に戻ってきたことを示すといわれています。

FX取引でのチャートのローソク足で、一定期間以上、上昇と下降のチャートの後に長い下ヒゲや上ヒゲが出現することは、為替市場でのトレンドの変化が発生することがあります。

このようなチャートのローソク足をカラカサと呼ばれていま。

FX取引でのチャートのローソク足で、長い下落相場の後に底値で、陽線のカラカサが現れると、為替レートが、上昇トレンドに転換することが多いです。

実際にドル円の為替レートでは、アメリカの雇用統計発表後に下落した後で、反発して、長い下ヒゲを出してから、引けました。

FX取引でのチャートのローソク足で、カラカサのローソク足が出ると、為替相場の反転に換わることが多いのです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編3を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編3を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足を解説します。

チャートのローソク足には、ヒゲがあります。

FX取引でのチャートのローソク足のヒゲは、各時間帯の高値と安値を表現しています。

チャートのローソク足のヒゲは、上の端が高値を下の端が安値を表現しています。

FX取引でのチャートのローソク足のヒゲは、為替レートが上昇傾向では、ローソク足は白抜きの陽線が多く出現します。

為替レートが上昇傾向では、白抜きの陽線のためにチャート全体が、白くみえます。

FX取引でのチャートのローソク足のヒゲは、為替レートが下降傾向では、ローソク足は黒塗りの陰線が多く出現します。

為替レートが下降傾向では、黒塗りの陰線のためにチャート全体が、黒くみえます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編2を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編2を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、4本値で表現されています。

4本値は、始値、終値、高値、安値で、表現しています。

チャートでは、始値、終値、高値、安値を瞬時に把握できるようにローソク足を使います。

ローソク足には、実体という太い部分と、ヒゲと言われている上下に突き出た線で、作られています。

ローソク足は、太い部分の実体では、為替レートの上昇、下降を示しています。

ローソク足は、為替レートが上昇している時、すなわち、為替レートの終値が、為替レートの始値より高いと、実体は白塗りになり、陽線になります。

ローソク足は、為替レートが下降している時、すなわち、為替レートの終値が、為替レートの始値より安いと、実体は黒塗りになり、陰線になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編2を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編2を解説します。

下降トレンドのチャートは、下降チャートが、レジスタンスライン(抵抗線)を為替レートが、下抜きます。

下降トレンドのチャートは、上昇チャートが、レジスタンスライン(抵抗線)を為替レートが、上抜きます。

技術的には、為替レートが、下降トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を下抜き、その後、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)を上回り、再度、為替レートが、下降トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を下抜いたときが、売りのチャンスになります。

そして、再度、チャートが、上昇していき、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)に接したときが、再度、為替レートが、下降トレンドに入る売りのチャンスになります。

FX取引でのチャートの下降トレンドは、このチャートの変化の繰り返しになります。

このチャートの傾向が、崩れたときが、チャートのトレンドが変わったと判断すべきです。

この考え方は、チャートで判断するときの基本です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編を解説します。

上昇トレンドのチャートは、上昇チャートが、レジスタンスライン(抵抗線)を為替レートが、上抜きます。

技術的には、為替レートが、上昇トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を上抜き、その後、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)を下回り、再度、為替レートが、上昇トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を上抜いたときが、買いのチャンスになります。

そして、再度、チャートが下落していき、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)に接したときが、再度、為替レートが、上昇トレンドに入る買いのチャンスになります。

FX取引でのチャートの上昇トレンドは、このチャートの変化の繰り返しになります。

そして大切なことは、このチャートの傾向が、崩れたときが、チャートのトレンドが変わったと判断すべきです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線を解説します。

FX取引では、ローソク足だけで、売買の判断するべきではありません。

FX取引では、ローソク足だけでなく、ローソク足と移動平均線との位置関係を含めて、FX取り引きの判断するようにして下さい。

FX取引では、移動平均線は、サポートラインの判定資料やジスタンスの判定資料の機能があります。

FX取引では、移動平均線近くでのローソク足の上昇サインで、上昇中の戻しの相場で買いに入れます。

FX取引では、移動平均線付近でのローソク足の下降サインで、下降中の戻り高値近くで売りに入れます。

ローソク足の上昇サインと下降サインに加えて、移動平均線のサポートラインとレジスタンスラインを活用して、売買の判断をして下さい。

ローソク足の情報の加えて、移動平均線のサポートラインとレジスタンスラインを判断基準に加えて上手に売り買いして下さい。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、4本値で表現されています。

4本値は、始値、終値、高値、安値で、表現しています。

FX取引でのチャートのローソク足では、始値より終値が高い時は、陽線になります。

FX取引でのチャートのローソク足では、始値より終値が低い時は、陰線になります。

チャートのローソク足では、陽線は白抜きのボックス、陰線は塗りつぶされたボックスで表示します。

陽線は白抜きのボックス、陰線は塗りつぶされたボックスで表示して、為替市場の動向を視ただけで判別しやすくしています。

FX取引でのチャートのローソク足では、下降トレンド時は、安値エリアでは、上昇傾向への転換時期を示すものになったり、また、下降傾向の終りの時期を示すものになります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足を解説します。

チャートは、為替レートの動きを一定時間帯で、切って、その値をグラフ化したもの。

FX取引でのチャートのローソク足だと、為替レートの動きをしっかりと把握できます。

FX取り引きで用いるチャートのグラフは、横軸に時間帯を示し、縦軸に為替レートを示します。

FX取り引きで用いるチャートの横軸の時間帯には、1分、5分、15分、60分、1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年のものがあります。

このようにチャートのグラフに用いる時間帯により、チャートの名前が決まります。

FX取り引きで用いるチャートでは、1日ごとの為替レートのチャートは 自足と言います。

1週間ごとの為替レートのチャートは、週足と言います。

1ヶ月ごとの為替レートのチャートは、月足と言います。

FX取り引きで用いるチャートの為替レートでは、始値、終値、高値、安値の為替レートが示されます。

始値は、時間帯毎の取り引き開始時の為替レートの値です。

終値は、時間帯毎の取り引き終了時の為替レートの値です。

高値は、時間帯毎の取り引き開始時の最も高い為替レートの値です。

安値は、時間帯毎の取り引き開始時の最も安い為替レートの値です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

FX取引術 FX取引でのオプション取引のバリアを解説します


FX取引術 FX取引でのオプション取引のバリアを解説します。

FX取引でのオプション取引のバリアを解説します。

FX取引では、バリア・オプションは、原資産価格が、一定の価格に到達すると権利が、消滅または発生するオプションを言います。

FX取引では、バリア・オプションでは、このようにオブションの権利が発生するタイプをノックインといいます。

FX取引では、バリア・オプションでは、このようにオブションの権利が、消滅するタイプはノックアウトといいます。

FX取引では、バリア・オプションでは、コールとプットとの組合せで、全部で8通りのシステムがあります。

エキゾチックオプションの設定されていめノックアウトやノックインの価格設定をバリアと言います。

FX取引では、バリア・オプションは、NYカットなど為替レートの変動の大きな時間帯が有ります。

そのためにも、為替予想が、外れた時のためにバリアを理解しておきましょう。

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

FX取引術 FX取引でのオプション取引のトリガーを解説します


FX取引術 FX取引でのオプション取引のトリガーを解説します。

FX取引でのオプション取引のトリガーを解説します。

通貨オプション市場で、FX取引のためにオプション購入の際にトリガー価格を設定します。

そして、トリガーにかかるとオプション保有者の権利が生まれるシステムを言います。

トリガー価格の付近では、通貨の売り買いが、多くなり、為替レートに瞬間的な時間ですが、為替レートに影響を与えます。

FX取引の場合に大切なことは、トリガー注文は、為替価格が、注文時の指定価格以上になると成行注文を発注することになります。

そのために、FX投資家は、為替市場が、予想した動向と違った場合には、すぐにポジションを自動決済する注文方法になります。

もう少し、解かりやすくトリガー注文を解説します。

トリガー注文は、ストップオーダーや逆指値注文のことで、通常の取引と逆の売買を行う注文を言います。

トリガー注文は、為替相場の予想が外れた時に効果があります。

具体的には、円安ドル高と予想したにも関わらず、円高になってしまった場合には、損失を確定させることで、損失を限定して、必要以上に損失を増やさないためにトリガー注文の売りを事前に入れて活用します。

この取り引きをFX業界では、損切りと言われています。

トリガー注文を事前に出せば、為替レートが大きく予想から外れても、損失額を抑えられます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。