スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年04月30日

FX取引術 FX取引でのパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、テクニカル指標の1つです。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、FX投資家等の為替市場関係者からは、パラボリックとも言われています。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、SARラインを使って、売買のシグナルを示します。


FX取引でのパラボリックタイムプライスの利用方法を解説します。

1つは、上昇しているSARが、下降してくる日足とクロスしたポイントが売りシグナルです。

もう1つは、下降しているSARが、上昇してくる日足とクロスしたポイントが買いシグナルです。


FX取引でのSARは、ドット・ラインから、為替市場のトレンドの転換時期を知るための指標です。

FX取引でのSARは、現在のポジションを清算して、反対のポジションを保有する価格のことです。

SARのチャートは、SARは時間と価格の関数です。

FX取引でのSARは、そのラインが、放物線に近い形状です。

fx投資家は、この指標だけでなく、為替市場のトレンドを判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

FX取引術 FX取引での移動平均の期間と乖離率を解説します


FX取引術 FX取引での移動平均の期間と乖離率を解説します。

FX取引での移動平均の期間と乖離率を解説します。

FX取引で用いる移動平均の期間には、短期と中期、長期があります。

FX取引で用いる移動平均の期間で、日足ベースでは、標準は、短期では、5日間、中期では、25日間、長期では、75日間です。

ですが、FX取引で用いる移動平均の期間の長期には、200日を採用する場合もあります。

FX取引で用いる移動平均の期間で、週足ベースでは、中期は、13週間、長期では、26週間を採用することが多いです。

FX取引で用いる移動平均乖離率を解説します。

移動平均乖離率は、為替レートの終値が、移動平均線の離れを%表示のデータで示す指標です。

具体的には、FX取引で用いる移動平均乖離率は、次の計算式より算出します。

移動平均乖離率=(為替レートの終値−為替レートの移動平均)÷為替レートの移動平均×100(%)

FX取引で用いる移動平均乖離率が、−20以下だと買いシグナルになり、+20以上では、売りシグナルになります。

ですが、fx投資家は、この指標だけでなく、為替市場のトレンドを判断して、乖離率を参考にすることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。


FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。

FX取引でのRSIを解説します。

RSIの計算式は以下の通りです。

FX取引でのRSIの期間設定は、7日、9日、14日などの短期など、色々な期間設定があります。

FX取引でのRSIは、0〜100%の幅広い範囲で、変化していきます。

FX取引でのRSIは、この値の水準で、その通貨がFX取引での為替市場で、実力以上に買われすぎたり、逆に実力以上に売られすぎているかを判断します。

RSIを評価するときは、50%からの乖離を目安にします。

RSIを評価するときは、多くの場合、70%以上が、FX取引での為替市場で通貨が、買われすぎています。

また、RSIを評価するときは、30%以下が売られすぎです。

FX取引でのRSIの売買の判断基準を紹介します。

RSIが、70%付近で、2番天井の後で、RSIが、30%を下回った時が、売りサインです。

RSIが、30%近辺で2番底の後で、RSIが、70%を上回った時が、買いサインです。

FX取引でのRSIは、サポートラインやレジスタンスラインなどのトレンドラインを使って、分析すること大切です。

RSIは、サポートラインまで下がった点が、買いポイントになることがあります。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、RSI用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

FX取引術 FX取引でのRSIを解説します


FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。

FX取引でのRSIを解説します。

FX取引で利用するRSIは、一定期間の為替レートの変動を上昇幅と下落幅に分け、為替市場全体の変動の中で、上昇幅の大きさで、実力以上に通貨が、売られすぎているか、また、買われすぎているかを判断する指標の1つです。

FX取引で利用するオシレーターは、為替レートの変動具合をチェックするための手法です。

RSIの分析では、バンドとかフィルターのツールを利用します。

バンドとかフィルターのツールは、数値結果をFX投資家が、判断出来るように、通貨の為替レートが、買われすぎか、売られすぎを分析するためのものです。

RSIの分析では、数値が、バンドの上限以上の場合は、その通貨は、為替市場で買われすぎです。

また、数値が、バンドの下限以下の場合は、その通貨は、為替市場で、売られすぎと判断します。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、RSI用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法の続編を解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法の続編を解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法の続編を解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法

FX取引でのボリュームレシオの計算式は、1つではありません。

もう1つのボリュームレシオの計算式を紹介します。

FX取引でのボリュームレシオの計算方法

ボリュームレシオ=(為替レートが上昇した日の売買高の合計+為替レートが前日比と同じの日の売買高の合計×1/2)/(売買高の合計×100

この方法で計算したボリュームレシオはの見方を紹介します。

ボリュームレシオの値が、70%以上だと、その通貨は、FX取引での為替市場で、買われ過ぎの為替レートゾーンに入っているので注意が必要。

また、ボリュームレシオの値が、30%以下がだと、その通貨は、FX取引での為替市場で、売ら過ぎの為替レートゾーンに入っているので、そろそろ買いのチャンスが近い。
posted by FX取引研究会 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの計算手順を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの計算手順の計算期間を7日間(N=7)で解説します。

・7日分の単純移動平均を算出する。
 EMAの算出には当日の為替レートと前日のEMAを使用します。
 計算開始は、7日分の単純移動平均を算出します。この7日分のSMAのデータを仮EMAとする。

・EMA計算式にて6日目のEMAを算出する。
 為替レートは、6日目の為替レートを採用します。
 前日のEMAは、7日分の単純移動平均で算出した5日分のSMAとする。

・EMA計算式にて7日目のEMAを算出する。
 為替レートは、7日目の為替レートを採用します。
 前日のEMAは、EMA計算式にて6日目のEMAで算出した6日目のEMAを使用します。

・これ以降は、EMA計算式にて7日目のEMAを算出の計算と同じ方法で計算する。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、指数平滑移動平均ことEMA用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAは、通貨の為替レートの過去データを平均化して計算しているために単純移動平均や加重移動平均と違います。

この指数平滑移動平均は、用途としては、MACDに使われます。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの利用方法を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAは、多くは、為替レートの終値をデータとしとて利用します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAは、為替レートの始値、高値、安値を利用するケースもあります。

FX取引での移動平均のデータ期間は、20日間を採用することが多いです。

FX取引での移動平均のデータ期間は、短い期間を採用すれば、ラインの変動率は大きくなり、長い期間を採用すれば、ラインの変動率は、小さくなります。

FX取引での移動平均線には、1本〜3本の移動平均線を、為替レートの下値支持線や上値抵抗線として利用します。

FX取引での移動平均線には、珍しいものもあります。
それは、変位移動平均線というもので、移動平均を数日間先行させた平均線です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取り引きでの為替市場では、為替レートトレンドを理解するには、当日の為替レートが、最も大切な価値があります。

ですが、昔の為替レートが、直近の為替レートと同じ重みでは、算出する移動平均に影響が大きくなります。

FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。
その欠点を補うために単純移動平均ことSMAの改善する方法を紹介します。

SMAの欠点である昔の為替レートが、直近の為替レートと同じ重みを改善する工夫です。

こり方法は、為替市場での、新しい日の為替レートの重みを高く評価して、古い日の為替レートの重みを低く評価します。

具体的には以下の計算式で算出します。

EMAの計算式は、次のものになります。

EMA=当日の為替レート×2÷(N+1)+前日のEMA×(N+1−2)÷(N+1)

Nは計算期間の日数

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、SMAとEMAを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴には、色々なものがあります。

単純移動平均(SMA)の特徴は、次のものです。

SMAは、その期間の為替レートの平均値です。

単純移動平均線は、その値をチャートに記録して、そのデータの点を線で繋いでラインにしたものです。

移動平均線のラインが、上昇しているか、下降しているかで、その通貨の為替レートのトレンドを知ることが出来ます。

為替レートが、移動平均よりも、上か下かで、通貨の売り買いのタイミングを判断することが出来ます。

単純移動平均ことSMAの欠点を紹介します。

単純移動平均ことSMAは、対象期間の為替レートの合計をその期間日数で割って計算したものです。

単純移動平均ことSMAは、移動平均に対する各日の為替レートの重みは同じです。

各日の為替レートの重みは同じでは、直近の為替レートと古い日の為替レートが同じであると問題があります。

計算期間が、7日間の場合では、1日目のと7日目の為替レートとの重みが同じなのです。

FX取り引きでの為替市場では、為替レートトレンドを理解するには、当日の為替レートが、最も大切な価値があります。

ですが、昔の為替レートが、直近の為替レートと同じ重みでは、算出する移動平均に影響が大きくなります。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、SMAを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

FX取引術 FX取引でのMACDとEMAの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDとEMAの計算方法を解説します。

FX取引でのMACDとEMAの計算方法を解説します。

また、FX取引でEMAと関係のあるMACDの計算方法も紹介します。

MACD=12日EMA−26日EMA

シグナル=MACDの9日移動平均線

FX取引では、このようにして計算して活用して下さい。

ここでの12日EMAは、為替レートの日経平均終値の12日指数平滑移動平均です。

26日EMAは日経平均終値の26日指数平滑移動平均です。

FX取引でのEMAのラインの傾斜は、為替市場の相場トレンドを表現しています。

FX取引での為替市場で、EMAが、上昇するときは、為替レートのトレンドが上昇傾向です。
この場合は、FXのポジションは、買いポジションが良いです。

FX取引での為替市場で、EMAが、下降するときは、為替レートのトレンドが下降傾向です。
この場合は、FXのポジションは、売りポジションが良いです。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、MACDとEMAを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

FX取引術 FX取引でのEMAを解説します


FX取引術 FX取引でのEMAを解説します。

FX取引でのEMAを解説します。

FX取引でのEMAは、指数平滑移動平均線のことです。

FX取引でのEMAの前に20等の数字が付くときがあります。

FX取引でのEMAの前の数字は、期間をあらわしています。

EMAの前の数字は、平均値計算のプライスバーの本数にも相当します。

期間の数値が、大きくなるほど、変化のなだらかなラインになります。

FX取引での具体的なEMAの計算方法を紹介します。

EMA=前日のEMAの値+A×(現在の為替レート−1本前のEMAの値)

A:2/(n+1)

n:平均期間

になります。

もうすこし、解かりやすく説明するとFX取引でのEMAの計算式は、次のものがあります。

EMA=当日の為替レート×2÷(N+1)+前日のEMA×(N+1-2)÷(N+1)

N:計算期間の日数

FX取引でのEMAの計算式の大切な点は、当日の為替レートを2倍に評価して、為替レートの重みを大きくしているところです。

分母は、計算期間の日数ではなく、計算期間の日数に1日増やしています。

これは、当日の為替レートを2倍にしているために、FX取引での為替レートの1日分増加したために分母の日数を1日分を加えています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

FX取引術 FX取引でのMACDヒストグラムを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDヒストグラムを解説します。

FX取引でのMACDヒストグラムを解説します。

MACDヒストグラムは、MACDとMACDシグナルとの差に相当します。

そのためにMACDが、MACDシグナルよりも上の位置の時には、MACDヒストグラムは、プラスになります。

また、MACDが、シグナルよりも下の位置の時にMACDヒストグラムは、マイナスになります。

MACDとMACDシグナルとの差が大きい場合には、MACDヒストグラムの数値も、当然、大きくなります。

このためにFX取引でのチャートでは、MACDとMACDシグナルの交差ポイントは、MACDヒストグラムは、ゼロです。

FX取引でのドル円の日足チャート等で、MACDとMACDシグナルの交差ポイントは、MACDヒストグラムは、ゼロのご確認が出来ます。

FX取引で利用するMACDヒストグラムの方向性を見ることも大切です。

具体的には、下降傾向のMACDヒストグラムが、上昇に転じれば、FX取引での為替市場での為替レートが、上昇に変化したことを示しています。

チャートで、MACDヒストグラムが上昇時は、買いがFX取引での為替市場で大きく支配しているので、この場合は、買いポジションから入るのが基本です。

チャートで、MACDヒストグラムが下降時は、売りがFX取引での為替市場で大きく支配しているので、この場合は、売りポジションから入るのが基本です。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、MACDヒストグラムを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

FX取引術 FX取引でのMACDとMACDシグナルのクロスを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDとMACDシグナルのクロスを解説します。

FX取引でのMACDとMACDシグナルのクロスを解説します。

FX取引でのMACDとMACDシグナルのクロスは、為替市場で、売り手と買い手のバランスに変化が生まれたことを示しています。

そのためにこのクロスが、FX取引での為替市場のチャートで発生した場合には、注意が必要です。

変化の急なMACDは、短期的での為替市場の動向を反映します。

変化の鈍いMACDシグナルは、長期的での為替市場の動向を反映します。

FX取引きのチャートで、MACDが、MACDシグナルを下から上にクロスすれば、FX取引での為替市場では、買いが主流になっていることを示しています。

この状態の時は、FX取引では、買いから入るのが良いでしょう。

FX取引きのチャートで、MACDが、MACDシグナルを上から下にクロスすれば、FX取引での為替市場では、売りが主流になっていることを示しています。

この状態の時は、FX取引では、売りから入るのが良いでしょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

FX取引術 FX取引でのMACDシグナルを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDシグナルを解説します。

FX取引でのMACDシグナルを解説します。

FX取引でのMACDシグナルは、単純移動平均か指数平滑平均したものです。

単純移動平均シグナルは、当日MACD+前日MACD+2日前MACD+3日前MACD+4日前MACDの5日間の平均値です。

MACDシグナルでは、指数平滑平均で使用する期間・日数は、次の期間・日数を採用します。

短期指数平滑平均で使用する期間・日数は12日の採用が、比較的、多いです。

中期指数平滑平均で使用する期間・日数は26日の採用が、比較的、多いです。

FX取引でのMACDシグナルで使用する期間・日数は、9日が多いようです。

FX取引でのMACDの使い方を紹介します。

FX取引での為替レートのチャートで、MACDラインが、MACDシグナルを下から上に突き抜けた場合が、買いシグナルになります。

FX取引での為替レートのチャートで、MACDラインが、MACDシグナルを上から下に突き抜けた場合が、売りシグナルになります。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、MACDを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

FX取引術 FX取引でのMACDを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDを解説します。

FX取引でのMACDを解説します。

FX取引でのMACDでは、移動平均の適用は、単純移動平均でなく、直近の為替レートに重みを付けた指数平滑移動平均を使います。

FX取引でMACDの見方です。

MACDラインとシグナルラインのクロスするポイントは、買いと売りの出来高に変化が起こったことを意味します。

MACDラインの買いシグナルは、MACDラインが、シグナルラインを下から上に突破するときで、買いがFX取引での為替市場で大きな場合です。

MACDラインとシグナルラインの両方が、ゼロを上回れば、売り買いのシグナルとして、より判定に信頼度が増えます。

MACDラインの売りシグナルは、MACDラインが、シグナルラインを上から下に突破するときで、売りがFX取引での為替市場で大きな場合です。

MACDラインとシグナルラインの両方が、ゼロを下回れば、、売り買いのシグナルとして、より判定に信頼度が増えます。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、MACDを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

FX取引術 FX取引でのRSIを解説します


FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。

FX取引でのRSIを解説します。

RSIとは、FX取引での為替市場での通貨の評価が、高すぎるか、安すぎるかを判断するチャートです。

RSIの判断の判断指標を紹介します。

FX取引で利用するRSIが、20〜30%以下の場合は、その通貨は、売られすぎと判断します。

RSIが、70〜80%以上の場合は、その通貨は、買われすぎと判断します。

FX取引で利用するRSIが、一般的には、2種類の期間での指数で、総合的に判断します。


RSIをFX取引に利用する場合は、売り買いのタイミングの判断に利用出来ます。

FX取引で利用するRSIは、為替レートと動きが、反対になることがあります。

逆行現象と言い、為替レートが、上昇時は、RSIは下落し、為替レートが下降時は、RSIは上昇するパターンになります。

ですが、FX取引での為替レートは、実際のチャートの中で、RSIと同じ動向に動く確率が高いのです。

RSIを確認していると、FX取引での売買サインが、早く現れることがあります。

RSIをFX取引に利用する場合は、これ以外の指標と合わせて、FX取引の判断して下さい。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

FX取引術 FX取引でのRSIを解説します


FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。

FX取引でのRSIを解説します。

RSIとは、為替市場での通貨の評価が、高すぎるか、安すぎるかを判断するチャートです。

RSIを調べることで、FX取引での為替レートの見極めが容易になります。

FX取引での為替レートは、通常は、一定のレート範囲内で、上昇・下降を繰り返しながら、少しずつ為替レートのレンジを変動させていきます。

FX取引では、為替レートが、為替レートのレンジから、大きく、上昇・下降したときが、売買のチャンスです。

RSIの中身は、取り引き通貨の期間中での為替レートの上昇と下降の値幅を計算します。

そして、通貨の値幅の結果より、今のFX取引での為替レートが、実力に対して、高すぎか安すぎを判断します。

このようにFX投資家は、RSIの指標をFX取り引きの際に判断基準として、活用してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

FX取引術 FX取引でのRSIを解説します


FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。

FX取引でのRSIを解説します。

RSIは、日本語では、レラティブ・ストレングス・インデックスと言います。

また、RSIは、米語では、Relative Strength Indexと言われています。

FX取引でのRSIは、相対力指数をいいます。

RSIは、指数で、%で表示されます。

FX取引でのRSIは、FX投資家にとって大切な指標で、為替レートの通貨の売られすぎや買われすぎを指標で、判断できるものです。

FX取引でのRSIは、設定の仕方を慎重にすることが大切です。

FX取引でのRSIは、計算期間の設定等を良く検討しないと結果の差に大きな開きが出ます。

FX取引でのRSIは、特に短期間の場合には、はずれの数値が多くなることがあります。

FX取引で、チャート分析する場合にローソク足とRSIの関係で考えると、ローソクは、上昇トレンドになれば、RSIは下降していることが結構あります。

FX取引では、このローソク足とRSIの関係に逆行現象が確認されています。

FX取引では、多くの場合、RSIが下落する可能性が高くなります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

FX取引術 FX取引でのMACDを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDを解説します。

FX取引でのMACDを解説します。

RSIとは、FX取引での為替市場での通貨の評価が、高すぎるか、安すぎるかを判断するチャートです。

FX取引でのMACDは、2本の指数平滑移動平均の差です。

MACDラインとシグナルラインの差を棒グラフ状に表したものが、MACDヒストグラムです。

ここでは、MACDヒストグラムの計算方法を紹介します。

FX取引で利用するMACDヒストグラムの計算式は、次のものです。

MACDヒストグラム=MACD−MACDシグナル

FX取引でのFX投資家にとって、MACDヒストグラムは、大切な指標なので、是非、使ってみて下さいね。

FX取引で利用するMACDヒストグラムの見方です。

MACDヒストグラムが 減少から増加へ転じたときは、買いのシグナルです。

MACDヒストグラムが 増加から減少へ転じたときは、売りのシグナルです。

MACDヒストグラムは、一度転換すれば、かなりの期間、そのトレンドは続きます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

FX取引術 FX取引でのMACDの続編を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの続編を解説します。

FX取引でのMACDの続編を解説します。

FX取引でのMACDの計算方法を紹介します。

まず、12日指数平滑移動平均こと短期EMAを計算します。

その後で、26日指数平滑移動平均こと長期EMAを計算します。

FX取引で利用する短期EMAは、長期EMAよりも、実際の為替レートの動向に近いものです。

短期EMAと長期EMAを計算して、算出した後で、MACDを計算します。

計算式では、次のようになります。

MACD=短期EMA−長期EMA

FX取引で利用するMACDを実際に算出する時には、短期EMAから長期EMAを引き算出します。

ここで、FX取引でのMACDの値を判断するときに注意することが大切です。

具体的には、短期EMAと長期EMAが同じ場合は、短期トレンドと長期トレンド同じことになり、為替レートのトレンドの転換ポイントになります。


一般的には、短期EMAと長期EMAの関係は、次のようになります。

短期EMA > 長期EMA この時は、MACDから、短期的に見て上昇トレンドになります。

短期EMA < 長期EMA この時は、MACDから、短期的に見て下降トレンドになります。

FX取引では、MACDシグナルを計算する場合は、MACDの9日指数平滑移動平均か、9日単純移動平均を算出して計算します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。