スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年05月31日

FX取引術 FX取引での成功方法を解説します


FX取引術 FX取引での成功方法を解説します。

FX取引での成功方法を解説します。

FX取引での実践することとFX取引での理論をFX取引での初心者の方でも理解出来るように解説します。

FX取引では、世の中で、色々なFX取引の必勝法やFX取引でのマニュアルが、沢山でています。

ですが、その通りに実行しても、100%成功する訳では、ありません。

FX取引も、会社員の方の会社の仕事と同じです。

マニュアルや手引き書があったとしても、その通りにしただけでは、上手くいきません。

FX取引も、全く同じです。

FX取引では、色々な取引方法があります。

FX取引で成功するには、システムトレードを活用して、自動取引で、収益を確保したり、デイトレでのノウハウを利用して、取引をする方法など、色々なFX取引方法があります。

FX取引での色々なノウハウ本には、その著者独自の取引方法が、紹介されていますが、残念ながら、全てのことを紹介されている訳では、ありません。

FX取引での色々なノウハウ本を呼んで、ご自身で、実践しながら、不足している部分を補いながら、あなたオリジナルの取引方法を紹介することが大切です。

このようにfx投資家は、成功方法を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

FX取引術 FX取引でのエリオット波動理論を解説します


FX取引術 FX取引でのエリオット波動理論を解説します。

FX取引でのエリオット波動理論を解説します。

FX取引でのエリオット波動理論のパターン周期を解説します。

FX取引でのエリオット波動理論のフィボナッチ数列を解説します。

少し、変わった考え方なのですが、数字を並べて、前2zつの数字の和が、次の数字になるものです。

1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55というような感じです。


1+1=2、2+1=3 という感じで、数字を数列として並べていきます。

エリオット波動理論の法則の重要部分です。

エリオット波動理論では、毎日の相場の変化には、相場の天井や底からカウントして、フィポナッチ数字番目の日に次の相場の天井や底が訪れるというものです。

fx投資家は、エリオット波動理論を理解することで、次の相場天井を予測することが可能になります。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、エリオット波動理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

FX取引術 FX取引でのエリオット波動理論を解説します


FX取引術 FX取引でのエリオット波動理論を解説します。

FX取引でのエリオット波動理論を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中にエリオット波動理論があります。

FX取引のエリオット波動理論のエリオット波動は、市場でのフィボナッチ数に関して、特定のパターンがあると言われています。

市場でのフィボナッチ数に関して、特定のパターンは、市場では、3つの下降波と5つの上昇波で作られていると言われています。

FX取引では、エリオット波動理論の解説では、合計8つの波で、構成されていて、この8つの波で、1周期になると言われています。

市場では、3つの下降波と5つの上昇波で、1周期のパターンで展開されています。


エリオット波動理論だけを使うのではなく、その他の取引指標との併用をお奨めします。

理由は、波動のみで、チャート分析することでの利益率が低いからです。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、エリオット波動理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その6を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その6を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その6を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論で、初心者にとって大切なもの。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論では、為替相場では、一度、上昇トレンドが始まると、上昇トレンドを反転させる影響のある材料が、発生しない限り、為替市場の上昇トレンドは、続くと言われています。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論では、為替相場では、一度、下昇トレンドが始まると、下昇トレンドを反転させる影響のある材料が、発生しない限り、為替市場の上昇トレンドは、続くと言われています。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論での予測困難なトレンドは、訂正トレンドです。

訂正トレンドは、3週間程度の短い期間から、数ヶ月程度の長い期間のケースなど、色々な場合があります。

為替市場での通貨ペアの為替レートで、底値が続いているような場合でも、外国為替市場では、元のトレンドに戻ることもあります。

色々なことを常に考えて、為替市場でのトレンドを判別することが大切です。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、ダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その5を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その5を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その5を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論では、為替市場でのトレンドは、確実なトレンドの変換シグナルが生れるまでは、トレンドは、継続するということです。

ダウ理論の基本は、トレンドフォロー型手法の大切な基本です。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論では、為替市場では、トレンドは、継続する確率が高いと考えられています。

この基本を知っていることで、トレンドの判断誤りが、少なくなります。

FX取引の為替市場でのトレンドで、分析が、難しいところは、トレンドの中での小さな調整局面です。

あと、FX取引の為替市場でのトレンドで、分析が、難しいところは、新しいトレンドへの転換点です。

また、FX取引の為替市場でのトレンドで、分析が、難しいところは、小さな調整局面と新しいトレンドへの転換点の違いを判別することです。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、ダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その4を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その4を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その4を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論では、平均は、関連のある通貨ペアを複数確認することで、より精度が高まる。

ダウ理論では、工業平均と鉄道平均の2つが、同じシグナルを示さないと相場の判定は出来ないといわれています。

この考え方から考えると、FX取引でのドル円の通過ペアを考える場合には、ドル円だけでなく、補助的にドルユーロやユーロ円を検討することが大切です。

ダウ理論では、シグナルは、同時でなくても、接近して生まれれば良いと言われています。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論では、トレンドは、為替市場での出来高の確認も大切です。

ダウ理論では、トレンド判定のためのシグナルの判定には、FX取引での為替市場での出来高が大切です。

ダウ理論では、FX取引での為替市場での出来高は、長期トレンドの傾向に合って増減すると言われています。

FX取引の為替市場での重要なトレンドが、上昇トレンドの場合に為替市場の出来高は、為替レートの上昇に比例して増加し、為替レートの下落に比例して下落する時には、減少すると言われています。

FX取引の為替市場での重要なトレンドが、下昇トレンドの場合に為替市場の出来高は、為替レートの下落時には出来高が増加して、為替レートの上落時時には、減少すると言われています。

ダウ理論では、FX取引の為替市場での出来高の影響は、一次的なものでなく、二次的なものだと言われています。

ダウ理論では、FX取引の為替市場での売買シグナルは、終値を基準にしています。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、ダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その3を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その3を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その3を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論は、平均を色々なデータに反映させることが紹介されています。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論は、為替市場の動向は、全て反映させる考え方で、トレンドの考え方は同じです。

ダウ理論は、為替市場の需給関係に影響を及ぼす要素や要因の全てを為替市場の平均に反映することで、実際のチャートの分析等では、予測困難なものも、データとして、織り込んでしまいます。

さらに詳しく、FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を紹介します。

ダウ理論の中で、主要トレンドは、3段階から構成されています。

ダウ理論の3段階のトレンドの中で、第1段階は、FX取引での為替市場に不景気な要素が全て反映されていて、これから上昇する段階に近づいている状況を為替市場に購入需要が、増加してくる段階です。

第2段階は、FX取引での為替市場での通貨ペアの為替レートが、急騰して、投資家が、大量に為替市場に参加し始めてくる段階です。

第3段階は、相場トレンドの最終段階です。
この段階では、テレビや新聞等等のマスメディアや評論家のニュースや見解が強気が支配しています。
そのために投資家の参加も多く、出来高が増加し始める時期です。

第3段階は、FX取引での為替市場での通貨ペアの為替レートが、底値で買い需要が少ないときに予測して思惑買いした投資家が、利食い売りをしはじめる時期です。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、ダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その2を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その2を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論 その2を解説します。

fx取引では、為替市場のトレンドを把握することが、最も大切なことです。

要は、通貨ペアの為替レートが、上昇トレンドか、下降トレンドかによって、投資スタンスが変わってきます。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論ダウでは、トレンドには、主要トレンドと二次的トレンドと小トレンドの3つがあるとされています。

この中の主要トレンドは、ダウ理論では、一番大切だと言われています。

主要トレンドは、長いスパンのトレンドであり、一年以上続き、景気の強さによっては、数年以上続くこともあります。

次に、二次的トレンドですが、主要トレンドの調整トレンドと考えられています。

そのために、二次的トレンドの期間は、3週間〜3ヶ月程度といわれています。
二次的トレンドは、調整トレンドですから、前の高値の1/3〜2/3の下落幅になることがあります。

小トレンドは、3週間未満の期間で、二次的トレンドの短期的な調整トレンドと言われています。

この理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、ダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を解説します。

ダウ理論は、テクニカル分析の基本とも言われるものです。

FX取引でも、色々なテクニカル分析が紹介されていますが、色々な指標は、ダウ理論と関係が有ります。

FX取引でのテクニカル分析を理解するためには、ダウ理論を理解することで、他の指標も理解しやすくなります。

では、FX取引でのテクニカル分析の基本となるダウ理論を紹介します。

テクニカル分析の基本となるダウ理論では、為替相場のトレンドは、3種類あります。

FX取引でのダウ理論でのトレンドを具体的に紹介します。

FX取引での上昇トレンドは、連続する高値と安値が、チャートで、以前の高値、安値より、高いものです。

具体的には、上昇トレンドでは、上昇と下降を繰り返しながら、次第に水準を切り上げていきます。

また、FX取引での下落トレンドでは、連続する高値と安値が、チャートで、以前の高値、安値より、低いものです。

具体的には、上昇トレンドでは、上昇と下降を繰り返しながら、次第に水準を切り下げていきます。

テクニカル理論のダウ理論は、株式相場の理論ですが、FX取引でも、同じように活用できます。

ダウ理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

fx投資家は、ダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を解説します。

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論を解説します

FX取引でのテクニカル理論のダウ理論は、バーチャルFXなどを利用して、ある程度、実際の取引か、ケームでの仮想取引を体験すると、理解しやすいです。

FX取引きでも、テクニカル理論のダウ理論を理解することは、利益を獲得するために必要です。

FX取引きで、収益を継続的に確保するには、為替相場の予測と理論を理解することが大切です。。

まず、FX取引をする上で、大切なダウ理論を解説します。

経済学者のチャールズ・H・ダウ氏の論説が、ダウ理論です。

このダウ理論は、為替取引の基本原則であり、一般の投資家にも、良く知られています。

ダウ理論は、平均為替レートでのポイントは、FX取引きで為替市場のトレンドは、チャートなどで、トレンドの変化が、確実なものと判別されるまで、そのトレンドは、継続される実績があります。

テクニカル理論のダウ理論は、株式相場の理論ですが、FX取引でも、同じように活用できます。

テクニカル理論のダウ理論は、株式相場の理論ですが、FX取引でも、同じように活用できます。

ダウ理論を利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

fx投資家は、テクニカル理論のダウ理論を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編2を解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編2を解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編2を解説します。

パラボリックタイムプライスは、テクニカル指標で、SARラインを為替市場での為替レートのチャートに利用して売買のシグナルを判定するねのです。

SARは、現在の為替市場での為替レートでの通貨ペアのポジションをとめて、通貨ペアの逆のポジションを保有する為替レートを示しています。

SARは、現在の為替市場での為替レートが、クロスしたときが通貨ペアの保有ポジションを変更するシグナルになりまする

SARは、現在の為替市場での為替レートで、チャートのローソク足が、SARの上で放物線を描いているときは、上昇トレンドを相場を示しています。

反対にSARの下で放物線を描いているときは、下降トレンドを示しています。

このようにFX取引では、売買シグナルは、為替市場でのチャートに表現されているローソク足と放物線のクロスポイントとなります。

FX取引では、売買シグナルは、為替市場でのチャートの中で、上昇中のSARが、下降トレンドのローソク足にクロスしたところが、一般的に売りのポイントと判断できます。

また、FX取引では、売買シグナルは、為替市場でのチャートの中で、下降中のSARが、上昇トレンドのローソク足とクロスしたところが、買いのポイントと判断できます。

FX取引では、売買シグナルは、為替市場が、ある程度の大きな上昇・下降トレンドをなしているときは、テクニカル指標のSAR有効です。

FX取引では、売買シグナルは、為替市場に大きな上昇・下降トレンドが、確認出来ないときは、他のテクニカル指標も使って、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編を解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編を解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編を解説します。

SARを算出するためには、EPとAFの2つを用います。

通貨ペアの為替レートの最高値と最安値で、SARが買いシグナルの時には、EPは、シグナルが出ている期間の最高値の為替レートです。

通貨ペアの為替レートの最高値と最安値で、SARが売りシグナルの時には、EPは、その期間の最安値の為替レートです。

SARの計算式を紹介します。

SAR=(EPー前日のSAR)×AF+前日のSAR

パラボリックタイムプライスの利用方法を紹介します。

パラボリックタイムプライスは、SARと実際のFX取引での為替レートが、クロスするごとにストップオーダーを設定します。

パラボリックでは、加速因数の値は、一般的には、0.02です。

このようにパラボリックタイムプライスは、実際のFX取引では、大切なものです。

売買高指標のパラボリックタイムプライスを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

相場トレンドが、明確なときは、パラボリックタイムプライスが、力を発揮します。

パラボリックタイムプライスの言葉の意味を紹介します。

パラボリック、日本語では、放物線を意味します。

これは、実際のFX取引での為替レートでの上下にSARの点線を描き、売りから買いに転換(その反対」のシグナルに利用するテクニカル指標です。

パラボリックタイムプライスは、先ほどの説明のようにSARのデータを利用します。

このSARは、ローソク足と一緒に描き、日足の上下にSARが存在する場合は、買い/売りのポジションを取ります。

これは、SARが実際のFX取引での為替レートを下から上に抜けてきたときに買いのシグナルとして判断します。

SARが実際のFX取引での為替レートを上から下に抜けてきたときに売りのシグナルとして判断します。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

売買高指標のパラボリックタイムプライスを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスでの売買タイミングを判断できます。

為替レートの上昇・下降トレンドが、大きな通貨ペアでは、使うことが出来ます。

FX取引でのパラボリックは、ローソク足チャート上のSARを結ぶと放物線になります。

パラボリックは、FX取引きのストップ判定として利用することが多い。

このようにパラボリックの利用方法をしっかりと把握して、使ってください。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、時間がたてば、為替市場に合うようになっています。

パラボリックタイムプライスは、0.02から、スタートして、0.2まで増加します

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、AFの初期値と最大値を大きくすれば、為替市場の相場に近づくが、精度が落ちていきます。

パラボリックタイムプライスは、AFの初期値と最大値を小さくすれば、精度が上がりますが、売買のタイミングが遅れます

FX取引でのパラボリックタイムプライスでの売買タイミングは、次のとおりです。

売りシグナルは、上昇中のSARが下降中の日足とクロスした点になります。

買いシグナルは、下降中のSARが、上昇中の日足とクロスした点になります。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックは、上昇から下降や下降から上昇を繰り返す途転システムです。

FX取引でのパラボリックは、SARというドット・ラインから、為替相場の反転時期を読み取る手法のため 非常に判り易いです

SARは、現在のポジションを清算して、反対のポジションを保有する価格の意味です。

SARの算出方法を解説します。

SAR=(EP-前日のSAR)×AF+前日のSAR

EP:極大値

SARが買いシグナルの期間:その期間の最高値
SARが売りシグナルの期間:その期間の最安値

AF:加速因子

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

パラボリックタイムプライスは、トレンド追随型の分析手法です。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスは、2つの放射線で示されるもので、相場の反転シグナルが判断できます。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、パラボリックとも言い、SARのラインを利用して、売買シグナルを判断します。


FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの判断指標としての利用方法を解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、上昇しているSARが、下降している日足とクロスした点が、売りシグナルになる。

また、パラボリックタイムプライスは、下降しているSARが、上昇している日足とクロスした点が、買いシグナルになる。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、SARのドット・ラインを分析して、為替市場の反転時期を判断する指標です。

SARは、現在のポジションを清算して、反対のポジションを保有する価格の意味です。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

相場では、レバレッジを活用して、投資資金の数倍以上の利益獲得も可能です。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

FX取引術 FX取引での出来高系チャートを解説します


FX取引術 FX取引での出来高系チャートを解説します。

FX取引での出来高系チャートを解説します。

FX取引での為替市場での出来高をチャートに表現するものです。

FX取引での出来高系チャートを利用することで、相場トレンドを判断出来ます。

FX取引でのボリュームレシオやオンバランスボリュームが、出来高系チャートと関係します。

ボリュームレシオは、FX取引での為替市場では、一定期間の為替市場での通貨ペアの出来高を分析することで、通貨の売られすぎと買われすぎを判断します。

FX取引でのボリュームレシオには、調査期間として、14日間と25日間の期間で、分析することが、一般的です。

ですから、デイトレーダーのように1日に何度も、売買を繰り返すデイトレには、この指標は、使えません。

オンバランスボリューム終値から、FX取引での為替相場の今後のトレンドを予想するものです。

FXでは、相場の動きを予測する指標に出来高系チャートがあります。

チャート分析指標は、トレンド系指標の移動平均線、オシレーター系指標のRSIやMACD、出来高系指標ボリュームレシオがあります。

出来高系指標のボリュームレシオを活用して、FX取引で利益を獲得してください。

fx投資家は、出来高系チャート以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオを解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオを解説します。

ボリュームレシオは、通貨ペアの為替レートの上昇時と下降時の出来高を分析して、通貨ペアの買われ過ぎや売られ過ぎを判断する指標です
 
FX取引でのボリュームレシオは、70%以上の場合は、通貨ペアが、買われすぎている売りのシグナルになります。

ボリュームレシオは、30%以上の場合は、売られすぎで買いのシグナルになります。

FX取引でのボリュームレシオは、下げや横ばいが無く、ずっと上昇しつづけていく為替相場や戻りのない為替相場の下降トレンドには適していません。

ボリュームレシオは、少しは、為替相場のチャートに値動きがあり山谷あるチャートでしか、サインが出にくい売買高指標です。

FX取引でのボリュームレシオで、把握するのは、オシレーター系のテクニカル指標なので、売られ過ぎや買われ過ぎのFX取引きでの判断に使います。

FX取引でのボリュームレシオの計算方法は、複数あります。

FX取引でのボリュームレシオの見方は、どの計算方法でも同じです。

FX取引でのボリュームレシオでは、0%〜100%の範囲で、ラインが動くレシオの計算式を紹介します。

ボリュームレシオ=(株価上昇日の出来高合計+(変わらず日の出来高合計)×0.5)×100/(出来高の総計)

FXでは、相場の動きを予測する指標に出来高系チャートがあります。

出来高系指標のボリュームレシオを活用して、FX取引で利益を獲得してください。

fx投資家は、ボリュームレシオ以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

FX取引術 FX取引での売買高指標のオンバランスボリュームを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のオンバランスボリュームを解説します。

FX取引での売買高指標のオンバランスボリュームを解説します。

FX取引での売買高指標のオンバランスボリュームことOBVです。

FX取引での売買高指標のオンバランスボリュームは、為替市場でのトレンドの分析に利用する出来高指標です。

オンバランスボリュームの見方を紹介します。

オンバランスボリュームは、FX取引での為替市場での為替レートの先行指標と言われています。

上昇トレンド時にオンバランスボリュームが、上昇トレンドの時は、今の上昇トレンドは、これからも続くと判断できます。

上昇トレンド時にオンバランスボリュームが、下降トレンドや横ばいの時は、上昇トレンドの終焉と判断できます。

下降トレンド時にオンバランスボリュームが、下降トレンドはこれからも続くと判断できます。

下降トレンド時にオンバランスボリュームが、上昇トレンドか、横ばいの時は、下降トレンドの終焉と判断できます。

FXでは、相場の動きを予測する指標に出来高系チャートがあります。

出来高系指標のボリュームレシオを活用して、FX取引で利益を獲得してください。

fx投資家は、オンバランスボリューム以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。