スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年06月29日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)を解説します。

FX取引でのオンバランスボリューム(OBV)は、テクニカル分析指標です。

テクニカル分析指標のオンバランスボリューム(OBV)は、トレンド判断などに使用する出来高指標です。

FX取引でのオンバランスボリュームの見方を解説します。

テクニカル分析指標のオンバランスボリューム(OBV)は、相場の先行指標です。

FX取引での為替市場が、上昇トレンドで、オンバランスボリュームが上昇傾向の場合、上昇トレンドは継続と判断します。

FX取引での為替市場が、上昇トレンドで、オンバランスボリュームが下降傾向か横ばいの場合、上昇トレンドの終わりと判断します。

FX取引での為替市場が、下降トレンドで、オンバランスボリュームが下降傾向の場合、下降トレンドが継続すると判断します。

FX取引での為替市場が、下降トレンドで、オンバランスボリュームが上昇傾向か横ばいの場合、下降トレンドの終わりと判断します。

テクニカル指標の移動平均線は、過去の値動きの平均値をグラフにしたものてず。
移動平均線からも、相場トレンドを合わせて把握することが、FX取引で収益を確保するためには、大切です。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その7を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その7を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

トレンド系の指数ADXは、相場のトレンドの強さをあらわす指標です。

FX取引でのテクニカル分析の中で、為替市場での分析をする時には、DMIと併用します。

実際にFX取引では、どのようにADXを使用方法を紹介します。

トレンド系の指数ADXが、上昇時は、為替相場が、上昇トレンド中です

また、トレンド系の指数ADXが、下落時は、FX取引での為替相場が、下落トレンド中です。

一般的にトレンド系の指数ADXが上昇で推移時は、FX取引での為替市場に上昇エネルギーがあると判断でき、為替市場が、上昇トレンドと判断できます。

トレンド系の指数ADXが下降で推移時は、為替市場に上昇エネルギーが乏しく、為替市場が下降トレンドと判断できます。

トレンド系のパラボリックで、確実に収益を確保するには、大きなトレンドの相場だと確認ができたときにこの指標で売買すると、高い確率で大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その6を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その6を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

FX取引でのもち合い相場では、パラボリックだけでなく、関連指標のテクニカル指標の移動平均やADXと併用して使って下さい。

トレンド系指標の移動平均やADXは、パラボリックとの併用で、効果を発揮します。

FX取引でのADXは、相場でのトレンドの強さを指標として図る主要なテクニカル指標です。

ADXは、その値が、20未満の場合は、相場のトレンドが弱いと判断できます。

ADXは、20未満であり、相場のチャートが、下向きだと相場のトレンドが弱く、しかも、そのトレンドの弱い状況が、当分の期間続きます。

大切な投資資金の効率運用には、テクニカルがパラボリックの利用をお奨めします。

パラボリックの指標は、遅行なデータであるためにRSIと移動平均線との併用利用をお奨めします。

トレンド、転換期、順張りの時期を掴むのには、パラボリックの指標は、非常に効果があります。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その5を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その5を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

FX取引でのパラボリックを短期売買に利用する方法を紹介します。

パラボリックを短期売買に利用する際は、AFかMaxAFの値を大きな値を採用することで、利用することが出来ます。

FX取引でのパラボリックを短期売買に利用する時は、次の点に注意して下さい。

パラボリックを短期売買で活用するときには、チャートでの大きなトレンドの時が、使いやすいです。

チャートでの大きなトレンドの時に、AFとMaxAFの値を小さく設定して、トレンド系の指数のパラボリックが、買いのチャンスだけ売買することで、FX取引での収益を確保できます。

パラボリックを使う利点は、為替市場にトレンド性が、はっきりしている場合は、レバレツジをかけて取引することで、大きな利益を得ることができるためです。

あと、チャートの中で、売り買いの判断を明確にできるので、視覚的に安心して取引できることです。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その4を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その4を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

FX取引でのパラボリックは、横ばいやじりじりしたもち合い相場には、FX取引でも、使いずらいという欠点があります。

パラボリックは、ある程度のチャートの変化がある時でないと、反転ポイントを見出せ難いのです。

FX取引でのもち合い相場では、パラボリックだけでなく、関連指標のテクニカル指標と併用して使って下さい。

DMI系(テクニカル分析系トレンド系のテクニカル指標との併用して下さい。

大切な投資資金の効率運用には、テクニカルがパラボリックの利用をお奨めします。

トレンド、転換期、順張りの時期を確認することに、パラボリックの指標は、有効です。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その3を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その3を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

売りのパラボリックと買いのパラボリックがあります。

売りのパラボリックにチャートのローソク足が、接触すると、買いから売りに反転したことになります。

逆に買いのパラボリックにチャートのローソク足が接触すると売りから買いに反転したことになります。

このチャートの反転ポイントを把握することで、FX取引でも利益を確保してください。

FX取引でのパラボリックにも、欠点があります。

それは、このような上昇チャートや下降チャートのようなトレンド相場に使うことが向いていますが、横ばいやじりじりしたもち合い相場には、FX取引でも、使いずらいという欠点があります。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その2を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリック その2を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

「SaR」SARは、ストッ プ・アンド・リバースで、チャートの放物線を利用して、売買転換点を把握するために用います。

FX取引でのSARの計算方法を解説します。

SAR=(EP−前日のSAR)×AF+前日のSAR

FX取引でのEPとは極大値で、上昇トレンドでは、一定期間の高値と下落トレンドの場合は、安値を採用します。

AFは、加速因数であり、初期値0.02を採用する。
その後は、EPが更新ごとに0.005を増加していく。

ですが、AFの最大値は、0.2とする。

パラボリックは、テクニカル分析での指標であり、売り買いの指標システムの機能があります。

パラボリックは、相場の反転時に現われるSARが、通貨ペアの為替レートとクロスする点が、売買のポイントです。

為替市場でのローソク足が、このSARを越えれば、買いポイントで、下回われば、売りポイントです。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックは、トレンド系の指数です。

FX取引でのパラボリックは、ワイルダー氏が、創り出したトレンド型の売買手法です。

FX取引でのパラボリックは、相場のトレンドが反転した時にポジションを倍返を繰り返す手法を採用します。

ここでの倍返しは、買いポジションを保有している投資家であれば、保有している買いポジションを処分して、反対に売りポジションを取る方法です。

FX取引でのパラボリックは、売買ポイントの停止と倍返しのグラフの形状から、そう投資家からは、呼ばれます。

パラボリックの利点は、為替市場にトレンド性の強いときに大きな利益を得ることができることです。

チャートの中で、売り買いの判断を明確にできます。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数 その2を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数 その2を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数 その2を解説します。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、トレンド系の指数です。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数の使い方の基本は、チャートの移動平均線から通貨ペアの価格の乖離した後に、相場の特性として、通貨ペアの価格が、再度、チヤートの移動平均線に近づくいてくことが、基本にあります。

FX取引でのエンベロープ相対力指数では、チャートの移動平均線からの乖離幅をあまり少なく小さくすると、エンベロープ相対力指数の本来の使用目的であるチャートでの反転ポイントを判断しにくくなります。

そのためにFX取引では、通貨ペアに合ったチャートの移動平均線から乖離幅を設定することが大切です。

FX取引でのエンベロープ相対力指数では、今後のチャートでの値幅には、エンベロープの上限線と下限線で囲まれたエリアが、今後のチャートの値幅だと判断できます。

投資資金の効率運用には、テクニカルがパラボリックの利用できる相場環境での集中投資が、効果的です。

パラボリックの指標は、RSIと移動平均線との併用利用が良いです。。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数 その2を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数 その2を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数 その2を解説します。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、トレンド系の指数です。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、オシレーター系のチャートの1つです。

エンベロープは、移動平均線の上下にある割合で乖離したテクニカル指標です。

FX取引でのエンベロープには、次のものがあります。

FX取引でのエンベロープのラインは、エンベロープの上限線とエンベロープの下限線があります。

エンベロープの上限線は、移動平均線の数パーセント上に描きます。

エンベロープの下限線は、移動平均線の数パーセント下に描きます。

FX取引でのエンベロープの見方は、エンベロープの上限線と下限線で囲まれたエリアを反転の判断として利用します。

エンベロープは、FX取引で、これからのチャートでの値幅予想に利用します。

FX取引でのエンベロープの上下エリアをチャート反転での判断基準を紹介します。

エンベロープの上限線に通貨ペアの為替レートが到達したポイントが売りシグナルと判断します。

エンベロープの下限線に通貨ペアの為替レートが到達したポイントが買いシグナルと判断します。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベロープ相対力指数を解説します。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、トレンド系の指数です。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、オシレーター系のチャートの1つです。

エンベロープ相対力指数は、チャートでのある期間での価格ゾーン幅を通貨ペアの価格上昇率100%までの間の推移をチャートで表現したものです。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、上昇率50%が分岐点になります。

エンベロープ相対力指数は、上昇率75%以上だと、その通貨ペアは、実力以上に買われすぎと判断します。

FX取引でのエンベロープ相対力指数は、上昇率25%以下だと、実力以上に売られすぎと判断します。

FX取引でのRSIは、相対力指数で、通貨ペアの価格の上昇と下降トレンドを相対的に判断するものです。

RSIは、相場取引の中でも、逆張り関係の指数として、用いられます。

FX取引でのRSIは、上昇幅と下落幅の平均の合計と、上昇幅平均値の比率から求められます。

RSIは、2本のチャートのラインを描き、ライン交差と位置関係で判断します。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブのその2を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブのその2を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブのその2を解説します。

FX取引でのエンベローブは、トレンド系の手法です。

FX取引でのエンベローブは、投資家に良く知られている移動平均線の上下一定の幅で、乖離させたエリアです。

FX取引でのエンベローブは、移動平均線の上下一定の幅の乖離を表している乖離線を利用しています。

FX取引でのエンベロープを利用する時は、エンベローブの上限と下限が、為替市場でのチャートの反転ポイントになります。

FX取引でのエンベローブの上限と下限を通貨ペアの売買シグナルや支持抵抗として利用します。

エンベローブを利用できる外国為替取扱業者(FX会社)を紹介します。

マネーパートナーズ、FXプライム、インヴァスト証券FX24、FX ZERO、サイバーエージェントです。

FX取引でのエンベロープを利用することは、FX投資にとって有利ですから、是非、検討してみて下さい。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのエンベローブは、トレンド系の手法です。

FX取引でのエンベローブは、移動平均線で、通貨が、為替市場で、実力以上に買われすぎや売られすぎを判断する指標です。

通貨ペアの為替市場での、売り買いシグナルの判断にエンベロープを利用します。

FX取引でのエンベロープは、為替市場での通貨ペアでの移動平均線を数%のゾーン幅で、上下に移動させて作ったものです。

FX取引でのエンベローブは、チヤートが、上昇局面の25日移動平均線は、通貨ペアの価格変化よりも、遅れて付いていくことになります。

移動平均線の5%程度、上部のラインを作成しても、日足の値が、さらに高くなることは、良くあります。

移動平均線よりも、5%程度の上部のライン以上に、日足の値が高いと相場が、強い状態だと言えます。

エンベロープをFX取引の投資家が、利用する場合は、通貨ペアの変動率で、違いがあります。

FX取引でのエンベローブは、為替市場での過熱状況を判断できる指標になります。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのエンベローブは、トレンド系の手法です。

FX取引でのエンベローブは、移動平均線を上下である幅のゾーンです。

エンベローブは、インフォシークマネーでのチャート機能を用いる便利です。

インフォシークマネーでのチャート機能で、エンベローブを作成できます。

FX取引でのエンベローブの活用方法を紹介します。

移動平均線上側に到達した時が、通貨ペアの売りシグナルです。

移動平均線下側に到達した時が、通貨ペアの買いシグナルです。

エンベローブの指標は、移動平均線を用いることから、移動平均乖離率と近い短所があります。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのエンベローブは、トレンド系の手法です。

FX取引でのテクニカル分析のエンベローブは、移動平均に乖離を絡めることで、トレンド系の手法として活用されています。

FX取引でのエンベローブは、10%程度の乖離に注目するのではなく、移動平均を基準にトレンド分析の補助的なものとして活用することをお奨めします。

fx取引では、色々なテクニンル分析の手法がありますが、色々な手法を試しながら、自分に合ったオリジナルな手法を確立させることが大切です。

FX取引でのエンベローブも移動平均線を使用したテクニカル指標です。

FX取引でのエンベローブは、為替市場での通貨のチャートでの移動平均線を中心にある幅の乖離率の乖離線を使用して指標としています。

為替市場でのローソク足が、SARを越せば、買いポイントで、下まわれば、売りポイントになります。

エンベロープラインに接触したときに為替レートは反転します。

このポイントが売買シグナルです。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のエンベローブの解説します。

FX取引でのエンベローブは、トレンド系の手法です。

単純移動平均は、(a+b+c)/3で、計算できます。

FX取引でのエンベローブでの売買シグナルを紹介します。

まず、FX取引での買いシグナルを紹介します。

為替市場での通貨ペアのチャートが、25日移動平均を上に突破したときです。

為替市場での通貨ペアのチャートが、約マイナス10%以上の乖離が、生まれた時は、為替相場では、逆張りが可能です。

次にFX取引での売りシグナルを紹介します。

為替市場での通貨ペアのチャートが、25日移動平均を下に突破したときです。

為替市場での通貨ペアのチャートが、約プラス10%以上の乖離がが、生まれた時は、為替相場では、逆張りが可能です。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のエンベローブを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法の解説します


FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法の解説します。

FX取引でも参考になる酒田五法の解説します。

株式投資に使われる酒田五法も、FX取引でのチャート分析の手法として、FX取引にも参考になります。

酒田五法は、FX取引でのチャートでのトレンド分析に用いるものです。

本間宗久の著書の本間宗久相場三昧伝では、相場の具体的な把握の方法、相場での投資家心理、相場の心構えまで紹介されています。

ですが、書籍を読んだだけでは、その通りに行動することが、実際のお金を投資する場合に難しいのです。

酒田五法は、FX取引でチャート分析でのローソク足の分析にも用いれます。

酒田五法は、チャート分析でのローソク足を分析すると、見えてくるものがあります。

それは、FX取引でのローソク足には、投資家の心理が、現れているものです。

酒田五法は、優れた投資手法ですが、相場は、進化して、変化していきます。

そのために固定的な概念にとらわれるのではなく、常に新しいFX取引で相場での出来事を理解してください。

FX取引でも、相場のことは、相場に聞けという格言は、今も生きています。

色々な分析をして、冷静な投資スタンスを維持することが、酒田五法の基本です。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、酒田五法を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの有名トレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法の解説します


FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法の解説します。

FX取引でも参考になる酒田五法の解説します。

株式投資に使われる酒田五法も、FX取引でのチャート分析の手法として、FX取引にも参考になります。

酒田五法は、FX取引でのチャートでのトレンド分析に用いるものです。

酒田五法の原型になっている相場三昧伝を紹介します。

相場では、天井値・底値が出ない時期は、数ヶ月以上も、売り買いを待つことがありまする

相場の急騰や急落で、相場が、天井に到達した後には、しばらくの間は、じりじりとした横ばいのチャートが続きます。

しばらくすると、相場が、もみ合い状態を突き破って、上昇すると出来高が増加していきます。

FX取引でも同じです。

このもみ合い状態を突き破って、上昇する時が、もっとも良い売りの時期です。

なんとなく、買いの良い時期と多くの投資家が判断するときが、売りに適している時期だといわれています。

FX取引でも同じです。

これを相場の世界では、人の反対を行くのが、相場での取引の秘訣と言われています。

天井の後のチャートでは、売りが適していますが、底値を続けた後の上昇相場では、買いが適しています。

このことは、相場でも、FX取引でも、大切な基本です。

FX取引でも、相場では、上昇のあとは下降、下降の後は上昇がやってきます。

FX取引でも、間違って、上昇を続けているからと思い天井で買いを入れると失敗します。

また、あせって、FX取引でも、底値で、早く売って失敗してしまいます。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、酒田五法を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの有名トレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法の解説します


FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法の解説します。

FX取引でも参考になる酒田五法の解説します。

株式投資に使われる酒田五法も、FX取引でのチャート分析の手法として、FX取引にも参考になります。

酒田五法は、FX取引でのチャートでのトレンド分析に用いるものです。

酒田五法は、江戸時代に米の先物相場で、辣腕で名前を轟かせた本間宗久の著書「本間宗久相場三昧伝」が、原型になっています。

本間宗久の相場三昧伝は、チャートでのローソク足の分析法です。

本間宗久の相場三昧伝は、相場の分析、投資心理が、細かく解説されています。

酒田五法は、本間宗久のチャートでのテクニカル分析手法を株式市場用に展開したものです。

酒田五法は、株式市場用ですが、チャート分析の機能は、FX取引でも活用できます。

酒田五法は、ローソク足とローソク足の組合わせを使っています。

FX取引でも、同じチャート分析の機能を活用できます。

酒田五法は、本間宗久の相場三昧伝からの情報を展開したチャート分析の基本形です。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、酒田五法を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの有名トレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法 その4を解説します


FX取引術 FX取引にも参考になる酒田五法 その4を解説します。

FX取引でも参考になる酒田五法 その4を解説します。

株式投資に使われる酒田五法も、FX取引でのチャート分析の手法として、FX取引にも参考になります。

酒田五法の基本線を解説します。

酒田五法は、FX取引でのチャートでのトレンド分析に用います。

酒田五法の中で、三法の解説をします。

FX取引でも役に立ちます。

三法の中で、上げ三法は、チャートでの陽線の次に中間の3本のはらみ線で、先の陽線を下回らずに、再び陽線で、チャートが上昇しまする

上げ三法は、この後の上伸力を分析します。

下げ三法は、上げ三法の反対のものでする

上放れ三法や下放れ三法は、相場のトレンドが掴めたあとで、反対のチャートが発生するものです。

非常に分析しずらいものなので、反対が、出来ないときは、FX取引を休むことが賢明です。

このポイントを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

このようにfx投資家は、酒田五法を理解して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの有名トレーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。