スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年07月31日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの欠点を解説します。

FX取引でのパラボリックの長所は、大きなトレンドでの効力の高さと使い良さで人気があります。

FX取引でのパラボリックの欠点は、トレンド系指標として、横ばいチャートでは、使い難い点があります。

FX取引でのパラボリックの欠点を補うためにDMIのADXを併用して、解決します。

FX取引では、横ばいチャートでは、DMIのADXを併用で、トレンドの無いチャートで売買を辞めたり、横ばいチャートでも、有効な指標を利用する方法もありまする

FX取引では、DMIの併用することは、別のトレンド系指標でも効果を発揮します。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの仕組みの続編を解説します。

FX取引でのパラボリックの仕組みの中で、AF値が大きくなれば、SARのシグナルが、早い時点で、転換します。

パラボリックの仕組みの特徴を把握することで、応用を利かせることができます。

FX取引で、色々な投資方法を試すことが出来ます。

パラボリックのトレンドを活用して、短期売買で収益を確保するには、AFかMAX AFの値を大きくすれば良いのです。

大きなトレンドで、収益を確保するには、AFとMAX AFの値を小さめにした上で、パラボリックが買い持ち期間中だけ売買して下さい。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの仕組みを解説します。

FX取引でのパラボリックを利用する方法を紹介します。

パラボリックをチャートで、落とし込むためには、SARの始点を設定します。

パラボリックでは、SARの始点は、チャートでの大きな上昇サイクルでの高値か、チャートでの大きな下昇サイクルでの安値を始点とします。

FX取引でのパラボリックの始点を設定の取り決めは、ありません。

FX取引でのパラボリックの始点を考えるときに、どの時期に、売りか買いかのSARをチャートに落とし込むにしても、為替市場での通貨ペアのレートのトレンドは、上昇と下降のどちらかに向います。


SARの計算式は以下の通りです。

SARの始点を設定出来れば、その翌日以降のSARは、次の式で求まります。

翌日のSAR=当日のSAR(or始点)+当日のAF×(当日のEP−当日のSAR)

注意が必要なのは、AF≦MAxAFの計算式の中で、AFはMAxAFより高い数値をとらないという前提条件があります。

FX取引でのパラボリックは、為替市場で、売り持ちから買い持ちに市場の流れが変化したときには、売り持ち期間での最安値が、新らしいSARの始点に変わります。

FX取引でのパラボリックは、為替市場で、買い持ちから売り持ちに市場の流れが変化したときには、買い持ち期間中の最高値が新らしいSARの始点に変わります。

これらの計算を経て、パラボリックは出来あがります。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの構成要素を解説します。

FX取引でのパラボリックは、4つから、出来ています。

1)SAR

FX取引でのSARは、為替市場のチャートでの売買転換点を分析できます。

2)EP

FX取引でのEPは、買い持ち期間の最高値と売り持ち期間の最安値を意味しています。

3)AF

FX取引でのAFは、加速因数です。

FX取引でのAFは、パラボリックの感度のパラメーターを意味しています。

FX取引でのAFの値を変化させ、パラボリックの感度を調整できます。

4)MAX AF

FX取引でのMAX AFは、AFの最大値を示しています。

FX取引を考える場合には、この4つで、構成されているパラボリックは、途転を繰り返し、常にポジションを保有します。

この点が、ボラティリティシステムと似ています。

パラボリックは、AFのパラメータを設定で、途転する位置が実際価格に近づいて行きます。

パラボリックの長所は、シグナル の遅れに対応しやすい点です。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

FX取引術 FX取引でのパラボリックSARの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックSARの計算方法を解説します。

FX取引でのパラボリックSARの計算方法を解説します。

パラボリックSARの計算方法は、次の計算式より求めることが出来ます。

SAR=(EP−前日SAR)×前SAR+AF

EPは、極大値を意味しています。

パラボリックSARでは、上昇相場において、最高値を採用して、その後の為替市場の環境に変化があり、最高値が更新すれば、EPは、更新されます。

パラボリックSARでは、下げ相場では、最安値を採用して、その後の為替市場の環境に変化があり、更新があれば、EPも更新されます。

AFは、加速因数を意味しています。

AFの初期値は、0.02であり、EPの値が、更新されるたびに0.005ずつ加算されていきます。

このAFの最大値には、制限があり、0.2までです。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します


FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します。

FX取引でのマーケットプロファイルを解説します。

FX取引では、マーケットプロファイルは、為替市場で、日々の変動の為替市場をチャートになります。

また、その日々の為替市場の値動きは、さらに大きな中期的なチャートになっていきます。

FX取引では、マーケットプロファイルは、出来高を為替市場に反映させる分析方法です。

FX取引では、為替市場の出来高は、相場環境を把握するために大切です。

現在では、チャート分析で、出来高を要素として、分析できる手法は、少ないです。

マーケットプロファイルは、出来高を毎日のデータを積み上げ、分析できるものです。

FX取引では、マーケットプロファイルは、為替市場での出来高データの集積です。

このようにfx投資家は、マーケットプロファイルを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します


FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します。

FX取引でのマーケットプロファイルを解説します。

FX取引では、マーケットプロファイルは、ローソク足チャートで、判別しにくい市場環境も分析できます。

マーケットプロファイルは、FX取引での為替市場での価格形成が、色々な過程を経て、通貨の値動きをマーケットプロファイル分析で、分析できます。

FX取引では、マーケットプロファイルは、為替市場が開いている時の分析だけでなく、為替市場が、閉じてからの分析にも使えます。

マーケットプロファイルは、FX取引での為替市場が開いている時の取引価格帯や、相場が、横ばいのチャートから抜け出すときの動きを分析して把握することが出来ます。

このようにfx投資家は、マーケットプロファイルを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルを解説します


FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルを解説します。

FX取引でのFX取引でのマーケットプロファイルを解説します。

FX取引でのマーケットプロファイルは、ピーター・スタイドルマイヤーが、創り出した優れたマーケット分析手法です。

FX取引でのマーケットプロファイルは、為替市場での1日の値動きを30分単位での調べて分析するものです。

FX取引でのマーケットプロファイルは、為替市場での取引価格帯単位の取引データを収集して、その状況を分析対象としています。

マーケットプロファイルは、アメリカの取引市場であるシカゴ商品取引所で、商標登録されています。

このようにfx投資家は、マーケットプロファイルを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックを解説します。

パラボリックとは、トレンド追随型のテクニカル指標です。

パラボリックは、語句の説明では、放物線のいみがあります。

FX取引でのパラボリックは、為替市場でのチャートに、その点が、放物線のように現われることから名づけられました。

FX取引でのパラボリックSARのSARは、ストッ プ・アンド・リバースの略語です。

FX取引でのパラボリックは、チャートでの放物線と実際の通貨ペアの為替レートのクロスする点が売買転換点をしましています。

FX取引でのパラボリックでは、途転買いと途転売りを実行するのが、為替市場での利用目的になります。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

FX取引術 FX取引でのパラボリックSARのデメリットを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックSARのデメリットを解説します。

FX取引でのパラボリックSARのデメリットを解説します。

FX取引でのパラボリックのデメリットは、為替市場でのチャートが、ボックス相場の場合には、判断指標としては、利用しづらい点です。

FX取引でのパラボリックは、為替市場でのチャートが、ボックス相場の場合には、RSIのオシレーター系のチャートと併用することで、判断指標としての効果が出てきます。

このようにパラボリックは、他の指標と併用することで利用範囲が広がっていきます。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

FX取引術 FX取引でのパラボリックSARのメリットを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックSARのメリットを解説します。

FX取引でのパラボリックSARのメリットを解説します。

FX取引でのパラボリックSARでは、SARが、為替レートをクロス後に超えるとトレンドが、変化して反転したことを示しています。

チャートでのローソク足が、SARを上抜けすれば、買いシグナルで、下抜けすれば、売りシグナルと評価できます。

FX取引でのパラボリックが、価値があると評価される点は、強いトレンドの市場環境では、パラボリックを使えば、容易にその流れを把握できます。

FX取引でのパラボリックの使いやすい点は、目で見て、容易に売買シグナルを判別できる点です。

FX取引でのパラボリックは、fx投資家なら、為替市場でのチャートで、比較的、簡単に売買判断の決定が出来ます。

FX取引でのパラボリックは、リスク管理も容易にできます。

FX取引でのパラボリックでのリスク管理は、SARの値にストップロスオーダーを設定する手段もあります。

このようにfx投資家は、パラボリックSARのメリットを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使い方を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法は、なんと言っても、MACDの12日移動平均線と26日移動平均線のシグナルを活用することです。

MACDの線とMACDの9日移動平均線が交差するポイントが、売買シグナルになります。

FX取引でのMACDの線をMACDの9日移動平均線が、上に突き抜けた時が、買いシグナルです。

MACDの線をMACDの9日移動平均線が、下に突き抜けた時が、売りシグナルです。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使い方を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法は、マックDと良く言われることが多いです。

MACDは、正式には、Moving Average Convergence Divergenceと言います。

FX取引で、MACDを利用しての取引があります。

FX取引で、MACDで、取引する場合には、売買シグナルを把握することが必要になります。

FX取引でのMACDは、単独で用いるのではなく、他の分析指標と併用することで、さらに信頼度がアップします。

MACDでの売買シグナルには、MACDとシグナルのゴールデンクロスとデッドクロスが採用されます。

ただし、FX投資家が注意することは、MACDは、売買シグナル発生が遅い弱点があります。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの使い方を解説します。


RSIは、折れ線のデータを利用しますが、MACDは、2本の折れ線を活用して、判断になる指標を作り出します。

2本の折れ線のうち、1本目は、MACDです。

そして、もう1本は、移動平均線です。

FX取引での移動平均線には、MACDの9日移動平均を使ったりします。

MACDは、12日と26日の2本の平滑移動平均で、その2つの差です。

FX取引での平滑移動平均は、一番最近のデータに重みをかけます。

新しいデータほど、重みが大きく、古いデータほど、重みが小さくなります。

FX取引でのMACDは、上部のローソクチャートと連動があります。

MACDは、チャートが下降時は、売りシグナルで、下降状況から、上昇状況に反転するとMACDは、買いシグナルに変わります。

チャートと一緒に表示されることの多い、出来高グラフは、通貨ペアが、どの価格帯での取引が多いかがわかります。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの使い方を解説します。

0ポイントとの交点も、FX取引での大切な売買シグナルです。

具体的には、MACDが、0ポイントラインを下から上に突破した時は、買いシグナルです。

逆にMACDが、0ポイントラインを上から下に突破した時は、売りシグナルです。

この2つを理解して、FX取引で活用することで、大きな利益を獲得することができます。

MACDが、シグナルを上に突破して、買いシグナルが生まれた後で、さらに2本の線が、ゼロのラインを上回れば、さらにの買いシグナルの確実性が高くなります。

逆に言えば、売りシグナルの時も、同じ考え方です。

FX取引で、大きな利益を獲得するには、MACDとシグナルのクロスを活用して、FX取引で、大きな利益を獲得して下さい。

このようにfx投資家は、MACDとシグナルのクロスの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの使い方を解説します。

FX取引で、良く知られているのは、MACDとMACDの移動平均線のシグナルとの交点を使うこと。

この場合には、MACDとシグナルのゴールデンクロスが、買いシグナルになります。

また、MACDとシグナルのデッドクロスが、売りシグナルになります。

実際のFX取引では、MACDとシグナルが、クロスしてからでは、少し遅れている感じがします。

そのために、FX取引の投資家は、MACDとシグナルが、クロスしそうになるタイミングを狙って投資することが大切です。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

FX取引術 FX取引でのMACDことマックDを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDことマックDを解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDことマックDを解説します。

FX取引での価格帯別出来高は、投資のためのMACDことマックDです。

MACDは、テクニカル分析は売買シグナルを把握するための手法です。

FX取引では、明日の為替相場は、新しいデータほど、参考になります。

半年前のチャートの変化よりも、昨日のチャートの変化が、明日のFX取引をする上で、参考になります。

FX取引でのMACDは、この新しいチャートの変化が、FX取引で参考になるという考え方を取り入れたものです。

MACDは、新しいチャートの変化に移動平均の考え方を取り込んだものです。

FX取引でのMACDそのものに英語では、移動平均の特徴の意味があります。

MACDは、移動平均と収束拡散のトレーディング手法です。

FX取引でのMACDには、指数平滑移動平均が使われます。

MACDは、直近のチャートの値に重みをかけて、データが、新しいほど、重要度が、高くなるものです。

このようにfx投資家は、MACDことマックDを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

FX取引術 FX取引での取引ツールのカブドットコムカブマシーンを解説します


FX取引術 FX取引での取引ツールのカブドットコムカブマシーンを解説します。

FX取引でのFX取引での取引ツールのカブドットコムカブマシーンを解説します。

FX取引での価格帯別出来高は、投資のためのカブドットコムカブマシーンです。

有名な取引ソフトで、FX取引の初心者の方でも、使いこなせる。

FX取引のカブドットコムのチャートは、見やすくできています。

通貨ペアの為替レートの出来高の棒グラフの出来高が大きくなっている間は、買いシグナルで、通貨の上昇のシグナルです。

FX取引で反対に通貨ペアの為替レートの出来高の棒グラフの出来高が小さくなっている間は、売りシグナルで、通貨の下昇のシグナルです。

このようにfx投資家は、通貨ペアの為替レートの出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

FX取引術 FX取引での価格帯別出来高を解説します


FX取引術 FX取引での価格帯別出来高を解説します。

FX取引での価格帯別出来高を解説します。

FX取引での価格帯別出来高は、投資のための大切な指標の1つです。

価格帯別出来高は、FX取引での通貨ペアの価格帯での取引量を示しています。

価格帯別出来高のグラフで、通貨ペアのどの価格帯での取引量の多くいかが解かります。

FX取引での通貨ペアの価格帯で、出来高が多い価格帯は、売り買いの需要が多いと言うことです。

出来高の多い価格帯は、移動平均線と同じで、下値支持線や値抵抗線になることが多いのです。

出来高の多い抵抗線近くになると、相場での戻り待ちの売りが多くなります。

ただし、FX取引での通貨ペアの価格帯で、抵抗線を越えると為替相場の転換を意味します。

このようにFX取引では、価格帯別出来高だけでなく、移動平均線やローソク足も利用して分析することで、可能性の高い売り買いポイントを把握できます。

このようにfx投資家は、価格帯別出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)その2を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)その2を解説します。

FX取引でのテクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)その2を解説します。

FX取引でのオンバランスボリューム(OBV)は、テクニカル分析指標です。

ダイバージェンス(逆行現象)が起こった時も使えます。

ダイバージェンスとは、値動きとテクニカル指標の動き方が、逆行することです。

RSIとRCIのテクニカル指標は、信頼の高いシグナルと言われています。

チャートの値動きとテクニカル指標が、逆に動くことを言います。

オンバランスボリュームは、出来高からトレンドを判断するものです。

オンバランスボリュームは、出来高からトレンドを判断して、レバレッジを活用することで、fx取引で大きな利益を獲得してください。

レバレッジを活用すれば、少ない資金で、大きな利益を獲得することができます。

このようにfx投資家は、テクニカル分析の中のオンバランスボリューム(OBV)を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。