スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年11月30日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの見方を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの見方を解説します。

FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの見方を解説します。

FX取引でのボリンジャーバンドの見方は、通貨ペアの為替レートが、上下バンドを突破した時は、突破した方向へのパワーが、強いと判断出来ます。

FX取引でのボリンジャーバンドは、通貨ペアの為替レートが、ボリンジャーバンドの上バンドを上抜けた時に上昇パワーが強いと判断出来ます。

FX取引でのボリンジャーバンドは、通貨ペアの為替レートが、ボリンジャーバンドの下バンドを下抜けた時に下降パワーが強いと判断出来ます。

是非、ボリンジャーバンドを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを解説します。

FX取引でのボリンジャーバンドことBandsは、Bollinger Bandsと同じグラフを描きます。

ボリンジャーバンドは、為替市場での相場でのチォートの値幅やトレンド反転を分析する指標です。

ボリンジャーバンドは、上下に、バンドが描かれていて、この上下幅は、移動平均線をベースにした標準偏差で求められます。

是非、ボリンジャーバンドを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のAwesomeを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のAwesomeを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のAwesomeを解説します。

FX取引でのAwesomeは、Awesome Oscillatorと同じグラフを描きます。

Awesome Osecillatorの売買は、Awesome Osecillatorが、0以上で、押し目から、チャートが、再び、上昇モードになれば、買いシグナルです。

FX取引でのAwesome Osecillatorの売買は、Awesome Osecillatorが、上昇トレンドから、再度、下降トレンドに変化すれば、売りシグナルです。

是非、Awesomeを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のAwesomeを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のATRを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のATRを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のATRを解説します。

ATRは、Average True Rangeと同じグラフを描きます。

ATRとは、本当の値幅を意味するインディケーターです。

1日のATRだと、1日間の値幅で、2日のATRなら2日間の値幅です。

ATRの値の動きは、FX取引での為替市場での通貨ペアの値の変動が大きいと、ATRの値は、大きく伸びまする

逆にATRの値の動きは、為替市場での通貨ペアの値に変動がないとATRの値は、低い状態を維持します。

ATRの値の動きは、FX取引での為替市場での通貨ペアの値の変動が、プラス方向に大きく変動すれば、ATRは、上昇します。

ATRの値の動きは、為替市場での通貨ペアの値の変動が、マイナス方向に大きく変動しても、ATRは、上昇します。

ATRが下降するときは、FX取引での為替相場が、横ばいの時です。

是非、ATRを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のATRを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のAcceleratorを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のAcceleratorを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のAcceleratorを解説します。

Acceleratorは、Accelerator Oscillatorと同じグラフを描きます。

Accelerator(アクセラレータ)は、FX取引での分析能力を向上させる機能のことです。

是非、Acceleratorを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のAcceleratorを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeは、為替市場での通貨ペアが、買われすぎや売られすの状態の判定指標に用います。

FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeの値が、0%〜20%だと買われすぎの状態を示しています。

また、FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeの値が、-80%〜-100%の範囲にあれば、売られすぎの状態を示しています。

是非、Williams' Percent Rangeを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスは、為替市場での通貨ペアが、実力以上に買われたり、売られたりされている状態を示す指標です。

FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスは、その値が、0〜100%の中の数値で変化し、チャートの変化に追随して、数値が、変化します。

FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスは、2本のラインが現されています。

FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスは、2本のラインの交差と、その時の数値の大きさで、売買シグナルを把握します。

是非、ストキャスティクスを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のストキャスティクスを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標の標準偏差を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標の標準偏差を解説します。

FX取引でのテクニカル指標の標準偏差を解説します

FX取引での標準偏差は、為替市場での過去の通貨ペアの変動幅をペースに算出する指標です。

FX取引での標準偏差は、通貨ペアの変動幅の変動リスクの分析・計測に使います。

FX取引での標準偏差は、標準偏差の値が大きければ、比例して、通貨ペアの変動幅も大きいです。

是非、標準偏差を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標の標準偏差を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のRVIを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のRVIを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のRVIを解説します

FX取引のテクニカル指標の分析のためにRVIがあります。

FX取引のテクニカル指標のRVIは、上昇トレンドだと、終値が始値より高くなります。

FX取引のテクニカル指標のRVIは、下降トレンドだと、逆になる法則性があることから、作られた分析指標です。

FX取引の為替市場でのパワーの強さの判断に利用します。

是非、RVIを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のRVIを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のRSIを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のRSIを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のRSIを解説します

FX取引のテクニカル指標のRSIがあります。

RSIは、過去の為替市場でのある期間の変動幅と比べて、上昇した割合を示すものです。

RSIが、為替市場での値には、範囲があり、0〜100%が範囲になります。

RSIは、為替市場では、70%以上の環境では、市場で買われすぎている状況を示しています。

RSIは、為替市場では、30%以下の環境では、市場売られすぎている状況を示しています。

是非、RSIを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のRSIを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のパラボリックを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のパラボリックを解説します

FX取引のテクニカル指標の罫線分析のためにパラボリックがあります。

パラボリックは、日本語に訳すと放物線の意味があります

パラボリックこと、SARは、FX取引の為替市場の売買転換点を表します。

パラボリックが、SARは、為替市場の連続した点をなってチャート上に表示され、上昇トレンド、下降トレンドをわかりやすく表示します。

是非、パラボリックを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のOn Balance Volumeを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のOn Balance Volumeを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のOn Balance Volumeを解説します

テクニカル指標の罫線分析のためにOn Balance Volumeがあります。

On Balance Volumeは、FX取引の為替市場で、上昇トレンドの前に出来高が、増加して、下降トレンドの前に出来高が減少する特徴から作られた指標です。

On Balance Volumeは、FX取引の為替市場での通貨ペアの為替レートにおいて、為替市場の上昇・下降に応じて、On Balance Volumeも、上昇・下降している場合は、このトレンドが継続していることを示しています。

On Balance Volumeは、FX取引の為替市場での通貨ペアの為替レートにおいて、On Balance Volumeが、横ばいで変化がなくなったら、このトレンドは終了です。

FX取引の為替市場での罫線分析のためのテクニカル指標の指標には、色々なものがあります。

是非、Accelerator Oscillatorを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のOn Balance Volumeを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のOSMAを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のOSMAを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のOSMAを解説します

FX取引のテクニカル指標の分析のためにOSMAがあります。

OSMAは、MACDの基準線からシグナル線の値を引いたものです。

OSMAは、基準線とシグナル線の上下を判定を容易にする機能があります。

OSMAが、正の値では、基準線が、シグナル線を上回ります。

OSMAが、正の値では、基準線が、シグナル線を下回ります。

是非、OSMAを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のOSMAを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のBW MFIを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のBW MFIを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のBW MFIを解説します

FX取引のテクニカル指標の分析のためにBW MFIがあります。


BW MFIはティックごとの値動きを把握するものです。

BW MFIの上下と出来高の上下のデータを使ってFX取引の為替市場がの分析します。

BW MFIの上下と出来高の上下のデータで、FX取引の為替市場の状態を判断することができます。

是非、BW MFIを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のBW MFIを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標の移動平均を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標の移動平均を解説します。

FX取引でのテクニカル指標の移動平均を解説します

テクニカル指標の罫線分析のために移動平均があります。

移動平均は、FX取引の為替市場での分析の基本です。

移動平均は、FX取引の為替市場での通貨ペアのレートの終値平均値を線でつなぎ、チャートにしたものです。

移動平均は、5日平均線は、5日間の終わりの為替レートの値を合計して、日数の5で割ったものです。

移動平均が、終値を結び、5日間ごとの終値の移動平均となります。

是非、移動平均を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標の移動平均を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のMFIを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のMFIを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のMFIを解説します

FX取引のテクニカル指標の罫線分析のためにMFIがあります。

MFIは、トレンドの分析につかいます

MFIは、チャートのトレンドが、上昇や下降の状態と逆の傾向になっている時は、FX取引の為替市場では、トレンドの変換が発生する可能性があります。

MFIが、80を超えるか、20を下回るとFX取引の為替市場は、天井や底値ゾーンにあります。

是非、MFIを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のMFIを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のMoving Average of Oscillatorを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のMoving Average of Oscillatorを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のMoving Average of Oscillatorを解説します

FX取引のテクニカル指標の罫線分析のためにMoving Average of Oscillatorがあります。

Moving Average of Oscillatorは、FX取引の為替市場でのMACDの基準線から、シグナル線の値を引き出したものです。

Moving Average of Oscillatorは、基準線とシグナル線の上下を分析して、その判定を容易に出来るようにしています。

Moving Average of Oscillatorが、プラスの時は、基準線が、シグナル線を上回っています。

Moving Average of Oscillatorが、マイナススの時は、基準線が、シグナル線を下回っています。

是非、Moving Average of Oscillatorを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のMoving Average of Oscillatorを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標の一目均衡表を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標の一目均衡表を解説します。

FX取引でのテクニカル指標の一目均衡表を解説します

FX取引のテクニカル指標の罫線分析のために一目均衡表があります。

一目均衡表は、FX取引の為替市場の売りと買い圧力のバランスが均衡している状態から、売りか買いのどちらかのパワーが下がり、また、、しばらくすると元の売りと買い圧力のバランスが均衡している状態にもどる特性から作られます。

一目均衡表では、転換線や基準線、遅行スパン、上昇と下降を表現し、このデータから、売買のシグナルを判定します。

是非、一目均衡表を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標の一目均衡表を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のGator Oscillatorを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のGator Oscillatorを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のGator Oscillatorを解説します

テクニカル指標の罫線分析のためにGator Oscillatorがあります。

Gator Oscillatorは、FX取引の為替市場での通貨ペアの為替レートのアリゲーターの開くタイミングと閉じるタイミング示すものです。

Gator Oscillatorの幅が広がると開いていきます。

是非、Gator Oscillatorを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のGator Oscillatorを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のフラクタルを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のフラクタルを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のフラクタルを解説します

テクニカル指標の罫線分析のためにフラクタルがあります。

フラクタルは、FX取引の為替市場での通貨ペアの為替レートの天井と底と把握するためのものです。

フラクタルは、テクニカル指標のアリゲーターと併用することで、通貨ペアの売買シグナルを正確に把握できます。

FX取引の為替市場でのテクニカル指標の指標には、色々なものがあります。

是非、フラクタルを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のフラクタルを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。