スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年12月31日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の生産者物価指数を利用を解説します

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の生産者物価指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の生産者物価指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の生産者物価指数を解説します。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、アメリカ労働省が、発表しているFX取引でも大切な指標です。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、アメリカ製造業者の販売価格動向を示すFX取引でも大切な物価指数です。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、卸売物価指数やPPIとも言われるときがあります。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、アメリカ国内製造業者の販売価格を1万品程度に調査したものです。

日本の卸売物価は、輸送費、流通費が含まれています。

アメリカの生産者物価は、出荷時点の価格であるために輸送費、流通費が含まれていません。

アメリカの経済指標の生産者物価指数の計数は、製造段階別に最終財、中間財、原材料に分類されています。

FX取引での為替市場では、アメリカ最終財の前月比上昇率は、大切な調査項目です。

これらのアメリカの経済指標の生産者物価指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の対米証券投資を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の対米証券投資を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の対米証券投資の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の対米証券投資を解説します。

アメリカの経済指標の対米証券投資は、アメリカの財務省が発表するアメリカへの資金フローのFX取引でも大切な需要指標です。

アメリカの経済指標の対米証券投資は、アメリカ以外の国から、アメリカ証券への投資金額です。

この時に大切なことは、対米証券投資は、対米証券投資より投資金額が大きい時は、アメリカへの投資資金よりも、貿易での流出資金より大きいことになり、ドルが、他の通貨よりも、FX取引での為替レートで上昇します。

反対に、対米証券投資より投資金額が小さい時は、FX取引で為替レートでドル安になります。

アメリカの貿易赤字を補うための対米証券投資が、続くことが、アメリカ経済維持の大切な条件になっています。

これらのアメリカの経済指標の対米証券投資を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の貿易収支を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の貿易収支を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の貿易収支の利用を解説します。

アメリカの経済指標の貿易収支を解説します。

アメリカの貿易収支は、アメリカの貿易の輸出金額と輸入金額の差額を意味します。

輸出では、取引資金の受取りが発生します。

また、輸入では、取引資金の支払いが発生します。

輸出金額が輸入金額を上回った時は、貿易黒字になり、逆の場合は、貿易赤字になります。

また、一般的に国の収支は、経常収支と財政収支があります。

経常収支は、貿易収支とサービス収支、所得収支、経常移転収支から成り立っています。

この4つの要素の中では、貿易収支が圧倒的に大きな比重があります。

アメリカの経済指標の貿易収支は、FX取引の外国為替市場で、非常に大切なFX取引でも大切な経済指標です

FX取引での外国為替市場では、有名なアメリカのの双子の赤字が、重要視されています。

アメリカのの双子の赤字の動向が、注目されるFX取引でも大切な指標です。

ただ、アメリカの貿易赤字に対する国の取り組みが、効果を出して、赤字が小さくなり、FX取引での注目度は、低下しています。

これらのアメリカの経済指標の貿易収支を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の失業率を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の失業率を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の失業率の利用を解説します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標の失業率を解説します。

アメリカの失業率は、アメリカの労働力人口の中で失業者の占める割合のことです。

アメリカでは、労働力人口は、16歳以上の人の働く意志がある人数のことです。

アメリカの失業者は、働くことが可能なのに労働に従事していない人のことで、過去4週間以内に求職活動をした人のことを言います。

アメリカの失業者と日本の失業者との定義での違いは、アメリカの失業者の中には、一時帰休者と求職中学生まで含まれます。

アメリカの失業者と日本の失業者の違いがあるために単純に日米の失業率をを比較できません。

これらのアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の利用を解説します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標を紹介します。

アメリカの経済指標の非農業部門雇用者数を解説します。

アメリカの非農業事業所雇用者数やアルリカの失業率と同程度に経済の動向を判断するときにアメリカの非農業部門雇用者数は、FX投資家から、重要視されています。

アメリカの企業は、業績が悪るくなるとレイオフやし人員削減をします。

そのために、不景気でも、なかなか人員削減しない日本経済と違い、景気と雇用者数の相関係があります。

これらのアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標を利用を解説します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標を紹介します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標には、色々なものがあります。

その中で、どのようなデータを分析対象にするかを紹介します。

アメリカの経済指標には、次のようなものがあります。

非農業部門雇用者数、失業率、貿易収支、対米証券投資、生産者物価指数や消費者物価指数、GDP(国内総生産、耐久財受注、ISM製造業景況指数、製造業受注、鉱工業生産指数、ミシガン大消費者信頼感指数、消費者信頼感指数、住宅着工・建設許可件数、小売売上高があります。

これらのアメリカの経済指標を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

FX取引術 FX取引でIDO証券のマスターFX2で平均足を利用を解説します


FX取引術 FX取引でIDO証券のマスターFX2で平均足を利用を解説します。

FX取引でIDO証券のマスターFX2で平均足を利用を紹介します。

IDO証券の会社概要を説明します。

IDO証券は、アイディーオー証券株式会社と読みます。

英文で、社名は、IDO Securities Co., Ltdです。

IDO証券の本店は、東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 17階です。
TEL:03-5221-5100

IDO証券は、創立、昭和23年4月22日。
資本金は、20億円です。

IDO証券の業務内容は、金融商品取引業で、主に証券取引・外国為替証拠金取引の事業を展開しています。

IDO証券は、外為オンラインと同じグループ企業です。

IDO証券のスプレッドは、低スプレッドです。

IDO証券の上限固定型スプレッドは、ドル/円は、0.8銭〜上限2.0銭の安心できるスプレッドです。

IDO証券の手数料無料です。

IDO証券は、実際にトレードで、0.8銭ほどの時間帯が多く、優良fx会社と言えます。

IDO証券の利点は、平均足が表示されていていることです。

平均足の機能が使えるのは、うれしいですね。

この平均足の機能が使えるIDO証券のシステムは、マスターFX2です。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

FX取引術 FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標RSIを解説します


FX取引術 FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標RSIを解説します。

FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標RSIを紹介します。

FX取引でも関係のあるRSIはオシレーター系のテクニカル指標です>

RSIは、MACDと同じような機能を持っています。

ですから、同じようにシグナルも把握できます。

RSIは、平均足が、チャートで陽線に変化し、MACDも、上昇時は、買いシグナルです。

また、RSIは、平均足が、陰線に変化して、MACDも、下落時は、売りシグナルです。

また、平均足、ボリンジャーバンド、RSIを一緒に利用しても効果的です。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

FX取引術 FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標MACDを解説します


FX取引術 FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標MACDを解説します。

FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標MACDを紹介します。

FX取引でも関係のあるMACDはオシレーター系のテクニカル指標です>

MACDは、平均足が、チャートで陽線に変化し、MACDも、上昇時は、買いシグナルです。

また、MACDは、平均足が、陰線に変化して、MACDも、下落時は、売りシグナルです。

平均足とMACDの組み合わせで、為替市場でのトレンド転換点以外に通貨ペアの為替レートの変化ポイントの判断にも利用出来ます。

また、平均足、ボリンジャーバンド、MACDを一緒に利用しても効果的です。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

FX取引術 FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標ボリンジャーバンドを解説します


FX取引術 FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標ボリンジャーバンドを解説します。

FX取引での平均足と組み合せて利用すると効果の出るテクニカル指標ボリンジャーバンドを紹介します。

最初は、ボリンジャーバンドです。

FX取引でのボリンジャーバンドは、ローソク足チャートでも利用できるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは、平均足チャートと併用することで、より効果的です。

FX取引でのボリンジャーバンドは、為替市場で、通貨が、買われすぎたり、売られすぎたりした為替レートに突入した場合に寄引け同時線が、現われたら、為替市場でのトレンドが、転換したシグナルになります。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足の利用する必要性を解説します。

FX取引での平均足の利用する必要性は、以前は、ローソク足チャートで相場動向の分析が多かったのですが。

最近では、ローソク足チャートでなく、平均足チャートを使っての為替市場でのFX取引が、FX取引のトレーダーに広がっています。

そのために平均足チャートをFX取引のツールとして提供しているFX会社も出てきました。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足の利用方法を解説します。

FX取引で利益を得るには、買いポジションか売りポジションをとり、各々のポジションで利益を獲得することが大切です。

具体的には、FX取引での為替市場の上昇トレンドのチャートの時に買いポジションを獲得すること。

また、反対に下降トレンドで、売りポジションを獲得することです。

そのためには、相場のトレンドを把握できる平均足を利用することが、FX取引では、大切です。

FX取引をするときは、平均足チャートを利用して、相場のトレンドを把握して投資して下さい。

FX投資家は、これからは、平均足だけでも、為替相場での取引を成功させることが大切です。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足を解説します。

為替市場では、ローソク足、相場トレンドが、もちあい相場だと、平均足の上下にヒゲ足が出現します。

ただし、FX取引での為替市場では、相場にトレンドが明確になるとローソクの胴が大きくなるように変わります。

平均足を把握することで、FX取引での為替市場でのトレンドを判断できます。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足を解説します。

ローソク足は、陰線と陽線は、変動しながら出現するためにトレンドを把握しずらい。

このためにFX取引では、ローソク足から、不要なデータを削除して、必要なデータのみ集めて相場のトレンド把握のためのものが、平均足です。

平均足は、FX取引での相場トレンドを判断するのに利用できます。

平均足は、次のような見方をします。

陽線は買いで、陰線は、売りと見ます。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します

マネー・フロー・インデックスの売買ポイントを紹介します。

マネー・フロー・インデックスの売りシグナルは、次のものです。

MFIが、80%以上だと買われ過ぎの状態になっています、そのためにFX取引での売りシグナルと判断できます。

また、MFIが、80%以下での状態から、80%を下の方向にチャートが抜けた場合は、FX取引での売りシグナルと判断できます。

チャートでのローソク足とMFIのダイバージェンスが、売り買いの大切なポイントになります。

是非、マネー・フロー・インデックスを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します

マネー・フロー・インデックスの売買ポイントを紹介します。

マネー・フロー・インデックスの買いシグナルは、次のものです。

MFIが、20%以下だと、売られすぎの状態になっています、そのために買いシグナルと判断できます。

また、MFIが、20%以下での状態から、20%を上の方向にチャートが抜けた場合は、FX取引での買いシグナルと判断できます。

チャートでのローソク足とMFIのダイバージェンスが、売り買いの大切なポイントになります。

是非、マネー・フロー・インデックスを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを解説します

マネー・フロー・インデックスの計算式を紹介します。

TPは、通貨ペアの為替レートの高値と安値と終値を合計したものを3で割ったものです。

また、MFは、通貨ペアの為替レートに出来高を乗じたものです。

NMFは、TPが、下落か横ばい日(14日の設定が多い)のMFで示されます。

PMFは、TPが、上昇した日(14日の設定が多い)のMFの合計で示されます。

MFIは、MFI=100 - (100/(1.0 + (PMF/NMF)))の式で表されます。

是非、マネー・フロー・インデックスを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のマネー・フロー・インデックスを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のモメンタムとマネー・フロー・インデックスを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のモメンタムとマネー・フロー・インデックスを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のモメンタムを解説します

テクニカル指標の罫線分析のためにモメンタムがあります。

モメンタムは、相場の判断に、モメンタムラインが、0の上だと上昇トレンドを示しており、モメンタムラインが、0のだと下降トレンドと判断できます。

マネー・フロー・インデックスは、RSIと似た指標ですが、違いは、RSIは、FX取引での通貨ペアの為替レートの変動のみ考慮しているのに対して、MFIは、通貨ペアの為替レートの変動と出来高の両方を考慮する点です。

マネー・フロー・インデックスの出来高の考慮の仕方は、OBVに近いものがあります。

マネー・フロー・インデックスが、FX取引の為替市場での通貨ペアの為替レートのチャートでの上昇と下降のトレンドに対して、逆の傾向を示しているときは、為替市場での通貨ペアのトレンドに変化が発生する可能性を示しています。

マネー・フロー・インデックスの値が、80を超えたり、20以下だと通貨ペアの為替レートは、最高値か最安値と判断できます。

是非、モメンタムを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のモメンタムを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のモメンタムを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のモメンタムを解説します

テクニカル指標の罫線分析のためにモメンタムがあります。

モメンタムは、当日のFX取引での通貨ペアの為替レート-数日前の価格 

数日前の数日は、具体的に求める日を入れて算出する、

モメンタムを利用して、FX取引をする場合のシグナルは、モメンタムラインが、
0の線から、過去の反転ポイントと比べて、著しく下落した後で、反転する場合は、ロングポジションのシグナルになります。

また、0の線から、大きく上昇の後で、反転すれば、ショートポジションのシグナルになります。

是非、モメンタムを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のMoney Flow Indexを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のMoney Flow Indexを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のMoney Flow Indexを解説します

テクニカル指標の罫線分析のためにMoney Flow Indexがあります。

Money Flow Indexは、FX取引の為替市場での通貨ペアの為替レートのチャートでの上昇と下降のトレンドと逆の動向をMoney Flow Indexが表しているときは、為替市場での通貨ペアのトレンドに変化が発生する可能性があることを示しています。

Money Flow Indexの値が、80を超える場合や20以下の場合には、為替市場での通貨ペアの為替レートは、最高値か最安値だと判断できます。

FX取引の為替市場での罫線分析のためのテクニカル指標の指標には、色々なものがあります。

是非、Accelerator Oscillatorを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のMoney Flow Indexを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のテクニカル分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。