スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年09月09日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引の出来高指標OBVは、単純な考え方で構成されており、シンプルな計算式で出来ています。

FX取引の出来高指標OBVは、計算する期間の初日の出来高を基準にします。

その基準に対して、翌日以降の通貨価格が、上昇していれば、その日の出来高を正の値としてカウントします。

反対に翌日以降の通貨価格が、下落していれば、その日の出来高を負の値としてカウントします。

当然のことなのですが、取引する通貨が、継続して上昇していけば、その通貨のその期間の出来高を加算していきます。

反対に、FX取引の通貨が、継続して下落していれば、その通貨のその期間の出来高を減算していきます。

FX取引の通貨に変動が無い場合は、ゼロカウントで、加算しません。

そのためにFX取引では、通貨価格が上昇していけば、OBVも上昇しますし、通貨価格が下降していけば、OBVは下降していきます。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。