スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年10月22日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編3を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編3を解説します。

FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編3を解説します。

まずは、FX取引で、多い、買いポジションをどの為替市場のトレンドを把握しながら、チャートを見て。買いポジションを持つか、判断することが大切です。

その場合のFX取引の買いポジションを保有するポイントを解説します。

FX取引の為替市場での2つ目のろうそく足が、1つ目のろうそく足でつけた高値を突破して、新高値をつけた後で下げたした後の下げたポイントが、買いポジションの候補になります。

これをFX取引の為替市場では、逆張りと言われています。

この時に注意しないといけないのは、チャートの山が小さいと、ろうそく足が、2波の下降ゾーンや3波の初期ゾーンに入ることもあります。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの違いを理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。