スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年11月25日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを解説します。

FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeは、為替市場での通貨ペアが、買われすぎや売られすの状態の判定指標に用います。

FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeの値が、0%〜20%だと買われすぎの状態を示しています。

また、FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeの値が、-80%〜-100%の範囲にあれば、売られすぎの状態を示しています。

是非、Williams' Percent Rangeを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のWilliams' Percent Rangeを理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。