スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年12月03日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの計算方法を解説します。

FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの計算方法を解説します。

FX取引でのボリンジャーバンドの計算方法は、次の通りです。

FX取引でのボリンジャーバンド上のバンドは、移動平均と標準偏差の和です。

また、FX取引でのボリンジャーバンド下のバンドは、移動平均から標準偏差を差し引いたものです。

この計算式で、使う標準偏差は、次の方法で、計算します。

標準偏差=((期間×期間内の終値の2乗の合計−期間内の終値の合計の2乗)÷(期間×(期間−1))の平方根になります。

是非、ボリンジャーバンドを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。