スポンサード リンク
スポンサード リンク

2010年01月21日

FX取引術 FX取引での外貨預金代わりに使えるFX会社を解説します


FX取引術 FX取引での外貨預金代わりに使えるFX会社を解説します。

FX取引での外貨預金代わりに使えるFX会社を解説します。

外貨預金とFXを比べると外貨預金は、レバレッジ1倍のFXと同じです
外貨預金とFXは、両方とも、為替レートが変われば、利益や損失が起こります。

FX取引の方が、同じリスクでも、金利も手数料の面で、外貨預金より有利です。

外貨預金の代わりに使えるFX会社を比較しまする

外貨預金代わりに使えるFX会社の条件を解説します。

・財務内容が良く、経営の安定しているFX会社であること。

・スワップ金利の高いFX会社であること。

この2つの条件が、必要です。


外貨預金代わりにFX会社を利用する時は、多くの資産を長期的にFX会社に預けのす。

そのために預入金のリスクを考えると経営状態の良いFX会社が条件になります。

しかも、運用利益を考えるとスワップ金利の良いFX会社が良いでしょう。

このようにFX取引での外貨預金代わりに使えるFX会社を活用しましょう。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。