スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年12月25日

FX取引術 FX取引でIDO証券のマスターFX2で平均足を利用を解説します


FX取引術 FX取引でIDO証券のマスターFX2で平均足を利用を解説します。

FX取引でIDO証券のマスターFX2で平均足を利用を紹介します。

IDO証券の会社概要を説明します。

IDO証券は、アイディーオー証券株式会社と読みます。

英文で、社名は、IDO Securities Co., Ltdです。

IDO証券の本店は、東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 17階です。
TEL:03-5221-5100

IDO証券は、創立、昭和23年4月22日。
資本金は、20億円です。

IDO証券の業務内容は、金融商品取引業で、主に証券取引・外国為替証拠金取引の事業を展開しています。

IDO証券は、外為オンラインと同じグループ企業です。

IDO証券のスプレッドは、低スプレッドです。

IDO証券の上限固定型スプレッドは、ドル/円は、0.8銭〜上限2.0銭の安心できるスプレッドです。

IDO証券の手数料無料です。

IDO証券は、実際にトレードで、0.8銭ほどの時間帯が多く、優良fx会社と言えます。

IDO証券の利点は、平均足が表示されていていることです。

平均足の機能が使えるのは、うれしいですね。

この平均足の機能が使えるIDO証券のシステムは、マスターFX2です。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

システムトレードとFX取引について解説します。

システムトレードとFX取引について解説します。

FX取引(外国為替証拠金取引)の中で、システムトレードというものがあります。

システムトレードは、FX取引(外国為替証拠金取引)をするために大切なツールです。

FX(外国為替証拠金取引)のシステムトレードを解説します。

FX(外国為替証拠金取引)システムトレードは、あらかじめ設定しておいた。売り買い条件に基づき
、機械的に自動的に取引を実行優れる売買のトレードシステムのことです。

オンラインシステム使われるこのシステムトレードとは、まったく対極にあるものにというものがあります。

自己裁量トレードは、オンライントレードのようなシステム的な取引でなく、
昔から実行されている、投資家自身の判断で売買をする方法のことです。

fx取引をされてる方の多くの方は、この自己裁量トレードで運用されています。

自己裁量トレードは、投資家の方の能力により、大きく損失を被る可能性もあるために
お金fx会社は、システムトレードをすすめる傾向にあります。

FX取引(外国為替証拠金取引)は、為替相場、スワップ、レバレッジなど、経済情勢や、ご自身の取引条件によって大きく変動します。

システムトレードは、投資家の感情に左右されずに、つねに利益を出すことができるとも言われています。

ですが、大切な投資家の方の資金を運用するのですからFX(外国為替証拠金取引)をシステムトレードに頼りきりになるのも、リスクがあります。

FX(外国為替証拠金取引)をシステムトレードを使わなくても、冷静に取引できるように努力したいものです。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

FX取引とローソク足を解説します

FX取引とローソク足を解説します

FX取引も株式のように値動きをローソク足で表現することができます。

ローソク足を見れば、一日の値動きをしっかりと理解することができます。

株価のチャートとFXのチャートは、内容的にはほとんど同じです。
そのため、株式取引の経験のある方は、理解しやすいと思います。

FX取引のチャートのローソク足は、ローソクの黒い部分と白の実体部分と、
さらにローソクから伸びるヒゲの実線の部分から構成されています。

FX取引とローソク足は、一日の始値と終値を実体部分で表しています。
そして、ヒゲの部分で、その日の安値と高値を表しています。?

ローソク足は、その日の価格の始値よりも、終値が高い場合には、白いローソクになり、陽線になります。

ローソク足は、その日の始値より終値が低い場合には、黒いローソクになり、陰線になります。

FX取引では、ローソク足で、これからの価格の動きを予測することが可能です。

FX取引でローソク足を見る場合には、日足で2〜3日順調に陽線が続き、
次の日も、長い上ヒゲが出ている場合には、そのヒゲの辺りに上値の壁があると推測できます。
そのために、その次の日は、価格が下降する可能性が高くなります。

FX取引でローソク足を見る場合に、先程とは反対に、
黒いローソクの場合に、長い下ヒゲが出ている時は、次の日は、価格が上昇する可能性が高いです。

FX取引で、チャートを読むことは大切なことです。
FX取引で、利益を確保するポイントになります、よく勉強してください。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのシステムツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。