スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年07月30日

FX取引データのための中長期的な外国為替レートの予測が大切です


FX取引データのための中長期的な外国為替レートの予測が大切です。

FX取引の投資家は、チャートを見ても、為替相場の予想は、難しいものです。

多くのFX取引をしている方にとっては、ファンダメンタルズ分析の基礎を理解することが大切です。

短期的には、米国の日銀に相当する金融の中心的組織であるFRB(連邦準備制度理事会)が
年8回開く最高意思決定機関FOMC(連邦公開市場委員会)の米国の金利を上げるか、下げるかを調べれば、
為替レートの予測は、比較的簡単です。

為替相場は、金利が上昇すれば、為替レートは上がります。
逆に金利が下降すれば、為替レートは上がります。
FX取引の投資家の多くは、このことに注意する必要があります。

この点を予測するだけで、米ドルの為替レートの予想は出来ます。。
FX取引の投資家は、この点の予測が、大切です。


中長期的な為替レートの予測は、最高意思決定機関FOMC(連邦公開市場委員会)の米国の金利の動向を
調べれば、動向を掴むことはできます。

というのは、金利は、経済情勢を調整するために上げ下げされるものです。
そのために一度、景気が過熱してくると経済活動が活発になり、
お金の借り出し需要が増えます。

景気が過熱するとインフレの状況が発生するためにその状況を押さえ込むために
政府の判断で金利を上げることになります。

一度、金利を上げる方法に向かうと、中期的には、金利は上昇傾向に舵をとります。

逆に不景気になるとお金の借り出し需要が減り、嫌でも金利は、低下していきます。
また、政府も、低迷する景気を刺激するために金利を低めに誘導するようになります。


中長期的なトレンドを知っていることが、FX取引の収益が違います。
FX取引で、その外貨が、今後、成長が期待できる国であれば、
中長期的に上がることが予想できます。
その場合には、買いは多めにして、売りは、少なめにすることで、収益をより多く確保できます。


FX取引の投資家は、その国の通貨の中長期的なトレンドを知ることが大切です。、

ちなみに円相場の近未来予測のサイトを紹介します。
円相場マップから東京、ニューヨーク為替の短期、中長期予測と転換点を掲載。
円相場 超短期、円相場 短期予測、円相場 週足は、とても参考になります。



posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

FX取引データのためのファンダメンタル分析のデータの取り扱い方


FX取引データのためのファンダメンタル分析のデータの取り扱い方

FX取引データのためのファンダメンタル分析のデータの取り扱い方です。

FX取引で利益を得るには、ファンダメンタル分析の作業の分析することの目的は、今後の為替の動向を作り出している要因をはっきりと特定できることです。

FX投資では、このような原因を調べることが、基本で、あなたの大切なFX投資資金を守ってくれることになるのです。

現在だと、投資ファンドの資金が、不動産などから、石油市場や商品市場にに流れ込んで、大きなバブルを生み出しています。

このように為替市場の流れを作っている要因を特定できると、今後の為替の予想を立てやすくなります。

このことは、FX取引する上で、大切です。

指標やニュースは、為替市場の短期的な変動に大きな影響を与えます。

中期的な見通し以外にも、短期的な見通しをつけることも大切です。

FX取引で投資して、収益を確保するには、ファンダメンタル分析のあとの予想作業か大切です。

posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

FX取引データのためのファンダメンタル分析のデータの具体的収集方法


FX取引データのためのファンダメンタル分析のデータの具体的収集方法

FX取引データのためのファンダメンタル分析の具体的手法の続きです。

FX取引で利益を得るには、ファンダメンタル分析の地道な作業か大切です。

基本的なファンダメンタルズは、次の指標で調べてください。

1)国際収支状況-経常収支や貿易収支です。

2)金利状況-各国の政策金利です。

3)経済成長率- GDP(国内総生産)です。

4)物価状況-主に消費者物価指数等です

5)財政収支-その国の国債依存度です。

6)その他の経済指標-失業率です。

FX取引にファンダメンタル分析に必要な経済指標は、次のサイトで詳しく紹介されています。

このサイトで紹介されている国は、
日本、米国、ユーロ圏、英国、ドイツ、フランス、スイス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、
シンガポール、香港、ノルウェー、メキシコ、南アフリカの15カ国・地域です。

これらの主要な15カ国・地域の経済指標の中でも重要な全国消費者物価指数、外貨準備高、失業率、実質GDP、日銀短観、
景気一致指数、景気先行指数、有効求人倍率、機械受注、第3次産業活動指数、貿易収支、
鉱工業生産の指標が紹介されています。

FX取引で投資して、収益を確保するには、このようなファンダメンタル分析のデータ収集作業か大切です。

posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

FX取引データのためのファンダメンタル分析の具体的手法するのか


FX取引で稼ぐためには、FX取引データのためのファンダメンタル分析の具体的手法するのか

具体的にFX取引データ収集のためのファンダメンタル分析の方法を解説すると次のようになります。

その実際のFX取引においては、現在、既にテレビや新聞等のマスメディアから報道されている為替変動要因は、
反映された為替相場になっています。

織り込み済みであるということを注意しないといけません。

FX取引の精度を高めるためファンダメンタル分析をするために折込済みの為替水準の前提で、色々な新しい要因を分析していきます。

具体的には、経済指標の発表や、主要国政府や中央銀行の要人のコメント、
世界規模の経済や為替に影響を与える発表や出来事、ニュースを収集して、分析します。

多くの情報を収集分析した後で、織り込み済みの現状の変かり具合や、
今後の変化の兆候を見つけ出すのが、具体的な作業になります。

FX取引で利益を得るには、このような地道な作業も必要です。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

FX取引で稼ぐためには、実際にFX取引をする上で、どこまでのファンダメンタル分析をするのか


FX取引で稼ぐためには、実際にFX取引をする上で、どこまでのファンダメンタル分析をするのか

実際にFX取引をする上で、どこまでのファンダメンタル分析をするのかが大切です。

FX取引をしている方の多くが、1日中、パソコンの前に座ってられないお仕事をお持ちの会社員の方や
主婦の方です。

FX取引をするためのファンダメンタル分析のための情報収集をどこまでするのか。

細かなことから世界のオイル価格の動向など多くのことが、
為替市場に与える影響を分析して予想するのが、ファンダメンタル分析の基本。

FX投資のための外国為替市場は、身の回りのことでなく、世界経済の動向で市場が動いています。

FX取引の通貨相場を予想するファンダメンタル分析には、身の回りの情報でなく、為替に関する情報は、重要ですが、
為替以外の世界経済の知識が大切です。

世界中には、数多くの為替市場に影響を与える情報が飛び回っています。

アジアの国での政治不安やヨーロッパでの失業率などが為替市場に影響を及ぼすことがあっても、
それは、為替市場全体から見れば、ごくわずかなものです。

ですから、世界中の全ての経済・政治情勢に精通することは、無理ですから、
一般の投資家の方は、為替市場と関係が探い情報に特化して、情報収集し、情報分析して、ファンダメンタル分析をしましょう。

実際には、世界中の資金需要に影響を与える欧米・アジアの主要国の景気や金利動向の分析を中心にしましょう。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

FX取引のためのファンダメンタル分析とKlugクルークのサイトで調べよう


FX取引で稼ぐためには、FX取引のためのファンダメンタル分析とKlugクルークのサイトで調べよう

Klugクルークでは、FX取引のための色々な経済情報が公開されています。

もちろん、無料で公開されています。

非常に便利ですよね。
お使いのRSS リーダーに登録すれば、Klugクルークの最新ニュースをいつも入手できます。
是非とも、無料でFX取引に必要な最新情報を入手できるこのサイトへのご登録をお勧めします。

ニュースには、
FX取引のための情報入手のための為替ニュース、中国経済・ファイナンス情報、HF−Klugニュース、為替ニュースランキングがあります。

レポート紹介コーナーもあります。
このレポート紹介コーナーでは、FX取引のための情報入手のための為替市場レビュー、山岡和雅の観点、増谷栄一のアメリカ経済情勢ファイル、
コモディティレポート、原油レポート、丸紅レポート、今週の為替見過し紹介、Klug為替指数などを読むことが出来ます。


プログコーナーでは、FX取引のための情報入手のためのグローバル投資のポイント、ダックビル為替研究所、
水上紀行の面白FX教室、加藤真紀子のFX投資に挑戦のような参考になる情報を入手できます。


チャート・カレンダーでは、FX取引のための情報入手のための為替チャート、株・商品チャート、
指標カレンダー、金融市場休日カレンダーの情報を入手できます。


投資ツールでは、FX取引のための情報入手のためのFX・株価相関係数、世界時計、Klugビデオの情報を入手できます。

データ集では、FX取引のための情報入手のための政策金利一覧表や中央銀行ボードメンバー、
スワップポイント比較表、書籍紹介、用語集、クルクるアンケートの情報を入手できます。

1つのサイトで、FX取引のための色々な経済情報を入手できるのですから、
とても貴重なサイトです。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

FX取引で稼ぐためには、ファンダメンタル分析が大切


FX取引で稼ぐためには、FX取引のためのファンダメンタル分析が大切。

ファンダメンタル分析は、FX取引をする上で大切です。

FX取引の為替レートの設定が、重要な項目です。
そのFX取引の投資において、大切な為替レートは、世界の通貨の需給関係で決まります。

この点では、通貨も株と同じで、将来、この国の貨幣価値が上昇すると思えば、
購入希望者が増えて、需給を生み出し、その国の通貨の価値を上昇させます。

通貨の需給関係は、貿易や投資、旅行のようなもので、決まっていきます。

このような通貨の需給関係を決めるものの近い将来の需要予測をすることで、
為替市場での取引しようとする通貨の需給状況の見通しを立てるのが、ファンダメンタル分析です。


FX取引で利益を得ようとすれば、主要な経済指標の調査は、必要不可欠です。
ここでの経済指標は、あなたが、これから投資しようとする国や関係のあるような大きな貿易・雇用等の指標です。

特にこの経済指標の発表で相場が、急激に変化することは良くあります。
これらの経済指標は、世界の投資家が、注意していますから、発表後は、相場の変化が顕著になり、
このタイミングで投資すれば、収益確保をすることもできます。
FX取引では、注意したいところですね。

サブプライムローン問題で、その地位が低下したアメリカですが、
まだまだ、その影響力は、大きく、アメリカの経済指標は、為替相場に大きな影響を与えます。

これらの大切な主要な経済指標は、あなたが、口座を開設しているFX会社のホームページでも、知ることが出来ます。
また、グーグルで、検索すれば、すぐにその情報を入手できます。

1)貿易収支(毎月末に発表されます)

 その国の輸出額から輸入額を差し引いた金額。
 その国が、輸出で得た資金の方が、輸出で支出した資金よりも多い場合は、貿易収支は、黒字になります。
 その逆であれば、赤字になってしまいます。

 貿易収支が、当初、発表されていた見込みよりも、実際の赤字幅が少なくなった場合には、
 その国の通貨が買われて、為替レートが上昇します。


2)雇用統計(毎月発表)

 雇用統計は、失業率だけでなく、非農業、製造業、小売業等の就業者数や労働時間などを調べて統計を取った雇用指標です。
 この中でも、失業率は、その国の経済状況を判断できる大切な指標です。


3)GDP・国民総生産(3ヶ月ごとに発表)

 GDPは、国内で生産された物やサービスの総合計額です。
 GDP・国民総生産は、その国の景気動向を知るための大切な経済指標です。
 FX取引の観点で見れば、GDPが順調に伸びている国の通貨は、価値が上昇する傾向があります。

4)FOMC(連邦公開市場委員会)

FOMCは、経済指標ではありません。
 ですが、アメリカの金融政策を決める大切なもの。

 アメリカが、利上げか、利下げか、据え置きかを知ることが大切です。
 利上げであれば、米ドルは、価値が上がり、為替レートはドル高になります。
 FX取引の観点で見れば、為替相場を予測する上で、大切なものです。
 ニュースで発表される議事長のコメントも注目を集めています。

5)日本経済指標と米国経済指標の指標

 日本経済指標と米国経済指標の指標を調べるには、日本経済指標と米国経済指標のサイトが便利です。
 このサイトでは、日米の経済指標を表とグラフで提供されています。
 また、ーケット情報と経済統計のリンク集もあり便利です。

 FX取引で、為替相場を予測するデータ収集上で、大切なものです。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

FX取引では、ファンダメンタル分析で市場の動きを予測することが大切。


FX取引では、市場の動きを予測することが大切。

FX取引では、世界市場の動向を予測することが大切です。

FX取引で大切な世界市場の動向を予測するためには、色々な場所から経済情報を入手することが大切です。

FX取引で大切な世界市場の動向予測には、ファンダメンタル分析が大切です。

このファンダメンタル分析には、FX取引で大切な外国為替市場と関係の深い世界経済データより、
世界市場の動向を予測して、FX取引のための将来の需給の流れを把握します。

FX取引を成功するためには、為替のチャート以外に
これから起こることを予想して、為替相場の設定予想を決めることが大切です。

チャートは、あくまでも、過去のデータであって、将来のデータを過去のデータだけで、
決め付けることは、リスクが伴います。

ですから、FX取引をする場合は、ファンダメンタル分析をしっかりとして下さいね。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

FX取引では、相場を予想する分析能力が大切。


FX取引では、相場を予想する分析能力が大切。


FX取引では、為替動向を予想することが大切です。

FX取引のために為替動向を予想するには、市場動向を分析することが必要です。

FX取引のために市場動向を分析するには、ファンダメンタル分析とテクニカル分析が大切になります。

市場には、色々な世界中の出来事で、市場や為替は、変化します。

今では、サブプライムローン問題で、市場が大揺れです。

FX取引で、このような市場動向や為替動向で、実際の取引の動きを予測しましょう。



日本の市場動向の調査では、次の書籍で調べましょう。

・日本マーケットシェア事典
商品カテゴリーごとに詳しく市場動向や企業の動向が紹介されています。
データベースとしては、有効です。

・日経市場占有率
 市場規模やシェア動向などに力点がおかれています。
 今後の展望をよく分析して、紹介されています。
 
・市場予測2010
 80弱の商品・サービスを分析して、市場概況、動向、今後の成長要因などが紹介されています。
このような商品やサービスに焦点を当てた情報は、貴重です。

・流通統計資料集2006年版』
 流通形態の動向を知ることが出来るものです。
 流通形態を詳細に調べるために官庁の統計データを基に紹介されています。
 消費財の主だった会社の占有率や業種別の売上高ランキングなど、
 実用的な経済データが、数多く紹介されています。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

FX取引のファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説します

FX取引のファンダメンタル分析とテクニカル分析を解説します

FX取引の投資関係の分析には、ファンダメンタル分析とテクニカル分析があります。

FX取引のファンダメンタル分析は、具体的には為替相場に影響がある世の中の動きを分析するものです。

例えば、新聞やテレビ、その他のマスメディアから発信されている世界の経済情報が、
具体的に為替にどのような影響を与えるのか、判断することは難しいです。

しかし、この難しいファンダメンタル分析が、FX取引のタイミングを判断するのに必要なのです。
FX取引で利益を上げるには、世界の動向や経済情勢が、為替にどのように影響するの判断することが大切です。
この判断が出来るようになれば、FX取引で大きな利益を得ることができます。

また、FX取引でのテクニカル分析は、チャートを利用して分析することです。

実際にFX取引をする時は、チャートを参考にして取引することが多いです。
その場合に、いろいろな指標等を含め、どこまで先の流れまで予想できるかが、FX取引で成功する秘訣です。

FX取引を本格的に実行する場合は、これらの分析法を習得することがたいせつです。

FX取引において、チャートを見て判断するのは、女性に苦手な方多いのは事実です。
そのために女性の投資家を対象にしたテクニカル分析のセミナーもあります。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引のファンダメンタル分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。