スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年07月04日

FXの税金について

FXの税金について

FX取引には、証拠金取引と外国為替取引が一つになった取引のことです。

FX取引では、投資資金が、少なくすむことから、最近ではサラリーマンなども、副業で始めています。

人気のFX取引ですが、その収益には、税金が発生します。

そう納税義務があるのです。

FX取引(外国為替証拠金取引)での利益は、税法上の雑所得となります。

法律では、雑所得は、20万円以上の利益に限定されます。

すなわち20万円以下の利益なら税金は不要です。

FX(外国為替証拠金取引)での利益が20万円未満だと、税金の申告は不要です。

FX(外国為替証拠金取引)の他にも、銀行利息などの雑所得がある方は、20万円を超えれば、税金を申告することになります。

FXの税金は、毎年の1月から12月までの1年間で 雑所得を算出します。

1ヶ月の合計ではないですからね。

FX取引(外国為替証拠金取引)以外の所得と合算した合計所得を翌年に確定申告して税金を支払います。

FX取引の手数料は、利益からの控除対象になります。

所得は、収入から経費を差し引いた額が所得になります。

ですから、FX取引(外国為替証拠金取引)を実際にされる前に税金のことも考慮しましょう。


posted by FX取引研究会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FXと税金と確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

FX確定申告について

FX確定申告について


FX(外国為替証拠金取引)で得た利益は税金納めるために確定申告する必要性がありますの。

一般の個人の方がFX(外国為替証拠金取引)取引で得た収益は、所得税法では、雑所得としての税金がかかります。

注意しないといけないことは、FX取引(外国為替証拠金取引)で、
税金の申告の対象となるのは、売り買いの利益とスワップ金利の利益のみです。

わかりにくいかもしれませんが、未現実の利益は、税金納める対象ではありません。

具体的紹介しますと、会社員が、自宅でFX取引(外国為替証拠金取引)以外に何かアルバイトをしていたとします。

その場合の雑所得は、FX(外国為替証拠金取引)の収益とアルバイトでの収益の合計金額に対して、税金が発生します。

そう中で大切なことは、雑所得の合計金額が20万円未満ならば、税金は発生しません。

ですが、脱所得の合計金額が20万円以上であれば確定申告が必要になります。

ですからFX取引(外国為替証拠金取引)で、得た収益が20万円以上のときも、確定申告が必要になります。

この20万円という金額は、1月から12月までの1年間での収益の合計金額です。

FX取引(外国為替証拠金取引)での利益が年間20万円超えたら確定申告しましょう。
posted by FX取引研究会 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FXと税金と確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

FX取引と確定申告を紹介します

FX取引と確定申告を紹介します


FX取引で、一定金額以上利益が出た場合は、確定申告が必要になります。

FX取引をしている方の立場や、その方の収入金額によって異なります。

FX取引で、確定申告をするには、FX取引で獲得した利益に対して、
定められた税額を計算して、税務署に申請することです。


FX取引での利益に対し確定申告をしないと、税務署から追徴課税されて、
さらに高額の税金を支払うことになります。

ただし、FX取引で利益があったとしても、全ての人が確定申告をする必要性があるわけではありません。

FX取引で利益があったとしても、年間給与所得が2000万円以下、
給与以外の所得が20万円以下の人は確定申告は、必要ありません。

2000万円の給与所得が、ほとんどの方には該当しないと思いますので、
実際には、後者のFX取引での利益が20万円以上の給与所得者は、確定申告が必要です。

忘れてはいけないのは、FX取引での利益には、必要経費は差し引くことができるということです。



必要経費は差し引くことができるので、認められれば、税額から控除されます。

FX取引での必要経費には、売買手数料、パソコン購入代金の一部、筆記用具、
振込手数料、セミナー受講料、通信費等です。

最近では、主婦の方でのFX取引の利益が、かなりの高額になっていることがあります。

主婦の方のFX取引の利益が、一定金額以上になるとご主人の扶養控除の対象にはならなくなります。

ご主人の給与から、扶養控除分の税金が引かれてしまい手取りが減ることになりますので、注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXと税金と確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

FX取引での節税方法を紹介します

FXと税金について解説します。

FX取引をして利益が出た場合の税金は、雑所得になります。

FX取引での雑所得は、年間給与所得が2000万円以下で、かつ、
給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円以下の場合を除き、確定申告が必要になってきます。

ですから、FX取引をしているときには、税金のことを考えておく必要性があります。
他の所得と合算して、FX取引で獲得した利益の税金を計算しましょう。

FX取引の収益からは、必要経費を差し引くことができます。
また、FX取引での収益は、他の雑所得と損益通算計算をすることができます。


FX取引での収益は、雑所得などの収益と合わせてマイナスになった場合でも、
FX取引での収益は、他の所得と通算が出来なくなっています。


FX取引での収益が多すぎると、他の所得と合算した場合に合算で税を計算すると、
皆さんの給料に課税される税金の税率も高くなります。

ですから、FX取引であまりにも利益がありすぎると、
給料の手取りが、すぐなくなることもあります。


ですが、給与の手取りが少なくなる以上に、FX取引での収益が莫大なものになりますから
それほど心配する必要性はありません。


具体的に計算してみると、課税所得金額が500万円の人の場合は、
課税される税率が20パーセントで100万円の税金になります。

もしあなたのFX取引で200万円の利益があれば、合計700万円になり、税率が30%、、
210万円の税金になります。


FX取引で、多くの利益をあげても、税金が増えてしまうと、
合計すると、収益があまり増えないことになりますから、注意してください。


同じこれらの税金に対しても、節税することが可能です。

FX取引での節税方法を紹介します。

くりっく365でFX取引してください、くりっく365でのFX取引での収益は申告分離課税を選択することはできます。
そのため、税率は、一律20%の低い税率で済みます。

FXで、多くの利益を上げる場合には、税金のことも考えてください。
posted by FX取引研究会 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXと税金と確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。