スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年07月02日

FXオンラインについて解説します。

FXオンラインについて解説します。

fx取引において、FX オンラインは、FX取引は外国為替証拠金取引のことです。

FXは、証拠金取引と外国為替取引が一つになった取引で、かなりの収益を確保できることから、会社員や主婦の方にまで現在広がっています。

fx取引は、現在はオンラインで取引されています。

インターネットを利用してFX オンラインというのは、外国為替証拠金取引を行います。

多くのビジネスが、膨大な時間を費やす労働が必要であることに対して、
FXオンラインでのメリットは、時間や場所を選ばなくても取引ができるということ。

そして、会社員や主婦の方でも、ほんの少しの時間で取引が可能であるということ。

会社員の方などは、拘束時間が長いために証券会社の窓口に行けない人も数多くおられます。

その点でfx取引は、多忙な会社員にもFXオンラインを利用することによって取引ができます。

FXオンライン取引ではパソコンや携帯からでも、売買注文を出せるポイントがメリットです。

また、FX取引のオンラインのメリットは、24時間リアルタイムに取引可能ということです。

また、FXオンライントレードの当初は手数料が安くで取引できることです。

やはり店舗での人件費が発生しないために手数料安く設定されています。

FXオンライントレードで、苦労して、利益を上げたとしても、手数料が高いと意味がありません。


posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXとシステムトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

FXのIFD OCO IFOを紹介します。

FXのIFD OCO IFOを紹介します。

FX取引の注文方法は、二つの方法があります。

一つの方法は現在の為替レートを見ながら注文していく方法です。

もう一つのFX取引の注文は、事前に為替レートを予想して行う方法です。

このなかで、IFD、OCO、IFOは、FX取引で、有効な注文方法です。

IFD、OCO、IFOは、紹介いたします。

FX取引の中でのIFD注文は、If doneのことです、これは新規注文とともに、
なんと、その注文が有効になると初めて有効になる決済注文を同時に出す注文方法のことです。

ですから、FX取引でのIFD、OCO、IFOは、必ず新規と決済を同時にします。

次に、FX取引でのOCO注文は、One side done then Cancel the Otherの意味です。

これは、新規注文の指値買いと新規注文の逆指値買いや、
あるいは決済注文の指値売りと、決済注文の逆指値売りのように2種類の指値や逆指値注文を同時に出すものです。
そして、どちらか一方が、取引成立すると、自動的にもう一方がキャンセルになる便利な注文方法です。

すごく便利なFX取引の方法です

でき勉強して使ってみてください。

FX取引をなかでIFO注文は、IFDとOCOを組み合わせた便利な注文方法です。

IFO注文は、新規注文と同じタイミングに、出したその注文が成立すると、
すぐに初めて有効になる決済指値注文や決済逆指値注文が、セットで出せるように便利な注文方法です。

FX会社によっては、IFO注文の注文の仕方に若干差がありますが、概略はこういうことです。

FX初心者の方には、IFO注文は、理解されにくい注文方法ですが、
FX取引の損失を大きくしないためには、リスク管理としてFX取引には有効な方法です。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXとシステムトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。