スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年03月03日

FX取引術 FX取引でのアメリカの非農業部門雇用者数の影響の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのアメリカの非農業部門雇用者数の影響の続編を解説します。

FX取引でのアメリカの非農業部門雇用者数の影響の続編を解説します。


2008年12月のアメリカの非農業部門雇用者数は、事前予想よりも、5万人ほど非農業部門雇用者数が、減少しました。

普通であれば、ドル安円高になるのですが、この時は、逆に1円程度、ドル高円安にFX取引の為替レートが反応しました。

この変化は、FX取引の為替市場でのドル円相場の為替レートは、非農業部門雇用者数の減少の悪材料でのドル相場下落した後の為替相場の反騰を期待したものでした。

この時は、1円程度、ドル高円安に為替レートが変化した後で、アメリカの非農業部門雇用者数の減少によるドル安円高に為替レートが反応して、結果、最後は、2円程度のドル安円高に為替レートが変化しました。

アメリカの非農業部門雇用者数発表後には、為替レートの反騰を期待してのドル円相場や、アメリカの非農業部門雇用者数の増減を繁栄する為替レートの変化が、数時間後や翌日に起こります。

アメリカの非農業部門雇用者数発表後には、思惑によるFX取引の為替レートの2種類の変化が存在しています。
この2つの相反する為替市場での変化をしっかりと把握することが、FX取引では、大切です。

FX取引では、アメリカの非農業部門雇用者数の発表でのFX取引の為替レートへの影響は、発表直後だけでなく、数日後程度は、為替レートに大きな影響を与えます。

このようにFX投資家が、FX取引する場合には、アメリカの非農業部門雇用者数の発表値の取り扱いに注意が必要です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

FX取引術 FX取引でのアメリカの非農業部門雇用者数の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのアメリカの非農業部門雇用者数の影響を解説します。

FX取引でのアメリカの非農業部門雇用者数の影響を解説します。

FX取引では、非農業部門雇用者数の発表後数日間は、為替レートに変化が起こることが有るため、注意が必要です。

アメリカの非農業部門雇用者数のデータは、為替関係者から注目を集めているFX取引の経済指標です。

アメリカの非農業部門雇用者数のデータは、毎月発表されるために為替レートの変化に影響を与えやすい。

アメリカの非農業部門雇用者数のデータは、統計調査の対象が、広範囲に広がっているためにデータに対する信頼度が高い。

アメリカの非農業部門雇用者数のデータは、発表時期が、他の経済指標よりも早いため、FX取引の為替市場から注視されています。

アメリカの非農業部門雇用者数のデータは、前月分の数値の修正が行われます。
このアメリカの非農業部門雇用者数のデータの修正値にも注意が必要です。

2008年では、アメリカの非農業部門雇用者数のデータ当月分よりも、前月分の修正値に為替市場が、変化することが起こっています。

2008年後半からは、アメリカの非農業部門雇用者数の前月分と当月分のデータに差がなくなり、為替市場に対する影響も少なくなりました。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

FX取引術 FX取引でのFOMC(米連邦公開市場委員会)声明の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのFOMC(米連邦公開市場委員会)声明の影響を解説します。

FX取引でのFOMC(米連邦公開市場委員会)声明の影響を解説します。

FX取引では、FOMC(米連邦公開市場委員会)の発表する声明にも注意が必要です。

このFOMCの声明は、FOMC(米連邦公開市場委員会)で決められた金融政策の判断とその根拠になるデータと経済金融の状況が発表されます。

このFOMCの声明には、次のFOMC以降の金融政策も解説されたり、中長期経済状況の見通しも紹介されます。

このため、FX取引にとって大切な為替レートに対して、FOMC声明は、ドル円相場に大きな影響を与える傾向があります。

具体例として、2009年1月29日のFOMC声明のポイントを紹介します。

・景気は、かなりの下振れリスクが存在している。

・アメリカの景気は、2009年後半から徐々に回復する可能性がある。

・アメリカの政策金利は、低水準を維持している。

・アメリカの政策金利の据え置きを決定した。

・アメリカでのインフレは、予想を下回る可能性がある。

・アメリカの国のバランスシートに注意が必要。

・アメリカの景気回復に効果的であれば、アメリカ国債の購入検討も重要。


今回のFOMCでは、アメリカのゼロ金利政策の継続が確認されました。

今回のFOMC声明では、アメリカのゼロ金利政策の継続期間については、明確な期間について言及されませんでした。

1月のFOMC声明はでは、アメリカの景気回復に効果的であれば、アメリカ国債の購入検討も重要との文言が、FX取引の為替市場でのドル買いを誘発しました。

FOMC声明では、今後の金融政策や中長期的な経済展望以外の声明が、FX取引での為替市場でのドル円相場に大きな影響を与える可能性があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

RBAは、6月に開催された政策金利決定会合で、政策金利据え置きを発表した。


オーストラリアでのRBA議事録の内容は、次のようなものです。

オーストラリアでは、追加利上げの必要はないと判断された。

オーストラリア経済状況に悲観的な見方がされた。

オーストラリアは、利下げの必要性ありと示唆されていた。


オーストラリアでのRBA議事録の発表を受けて豪ドル円は、一時的に大きく下落し、豪ドル円は、50銭円高・豪ドル安になった。

RBA議事録は、FX取引での為替相場に影響を与えることが解かった。

このようにFX投資家が、FX取引する場合には、オーストラリアでのRBA議事録の取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します


FX取引術 FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

FX取引でのオーストラリアでのRBA議事録の影響を解説します。

オーストラリアでは、RBA議事録が、毎年1月以外の毎月第3火曜日に発表されます。

オーストラリアの中央銀行であるRBA(オーストラリア準備銀行)は、1月を除く毎月第1火曜日に政策金利決定会合を開催します。

オーストラリアの政策金利決定会合で政策金利を発表します。

オーストラリアの政策金利決定会合での会合内容は、RBA議事録で発表されています。

オーストラリアのRBA議事録には、オーストラリア経済の現状だけでなく、オーストラリアの物価動向が紹介されています。

2008年6月に政策金利決定会合の内容をまとめたRBA議事録が発表されています。

その内容は、次のようなのです。

・オーストラリアの現状の景気や金利は、インフレ抑制を考えても妥当な水準にある。

・オーストラリアの最近1ヶ月の指標結果では、需要の伸び悩みが推定できる。

・オーストラリアの需要が、予想以上に減少しなければ金融政策を見直すことが必要。

・オーストラリアの雇用は、当分の間は、伸び悩む 。

・オーストラリアの豪州賃金は、横ばいのままで、インフレでの影響が現れたら金利を見直す。

ですが、オーストラリアでのRBA議事録は、FX取引での為替市場には、大きな変化を与えているので、注意が必要です。

このようにFX投資家が、FX取引する場合には、オーストラリアでのRBA議事録の取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支の続編を解説します。

FX取引でのFX取引でのニュージーランド貿易収支の続編を解説します。

ニュージーランド貿易収支は、経済規模の指標として、重要指標です。

ニュージーランド経済の輸出品は、酪農品や食肉のような天候や自然環境に生産量が変動する一方で、輸入品は自動車、電気機器など、天候に左右されない工業製品の場合は、不景気になると貿易収支の赤字額が、顕著に増大します。。

8月にニュージーランド経済の7月貿易収支で、貿易赤字額が拡大すると、ニュージーランド円のFX取引での為替相場は、1円近く急落しました。

ニュージーランド経済も、GDPが、マイナスになるとニュージーランド経済は、後退していきます。

今のニュージーランド経済の貿易赤字の拡大は、消費拡大でなく、不景気が原因とFX取引での為替市場で判断されています。

ニュージーランド経済のGDPのプラス面でなく、貿易赤字の拡大がニュージーランド経済に悪影響を与えるとの見方が支配的だったようです。

ニュージーランドのように貿易赤字の拡大が、景気減退でない可能性のある国でも、景気減速が続けば、貿易赤字の増加が、FX取引での通貨の急落に繋がります。

FX投資家が、FX取引わする場合は、貿易黒字や貿易赤字だけでなく、その国の消費動向や景気にも注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支を解説します


FX取引術 FX取引でのニュージーランド貿易収支を解説します。

FX取引でのFX取引でのニュージーランド貿易収支を解説します。

ニュージーランド貿易収支は、経済規模の指標として、重要指標です。

ニュージーランド貿易収支は、ニュージーランド経済が、不景気になると貿易収支の赤字額が増大します。

ニュージーランド経済の貿易収支の赤字額拡大で、ニュージーランドドル売りが起こります。

貿易赤字でも、ニュージーランド経済が必ず減退している訳ではありません。

貿易赤字が拡大しても、GDPの前年同期比ベースの伸び率は、プラスで、増加していることが、欧米のような先進国では良くあります。

これは、消費需要の強い国では、景気拡大期でも、貿易赤字が続くことがあるのです。

その国の輸入品の販売が、好調だと輸入額が大きく増加していきます。

輸出が好調でも、消費意欲が高いと、輸入が増加して、貿易赤字が増加したり、貿易黒字が減少します。

この場合には、好景気なので、その国の通貨のFX取引での為替レートの下落にならないことがあります。

反対に考えると、貿易赤字が減少したり、貿易黒字が拡大しても、その国の経済が不景気だと、その国の通貨のFX取引での為替レートが上昇しないことがあります。

FX投資家が、FX取引わする場合は、貿易黒字や貿易赤字だけでなく、その国の消費動向や景気にも注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

FX取引術 FX取引での日銀金融政策決定会合議事要旨発表とドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引での日銀金融政策決定会合議事要旨発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引での日銀金融政策決定会合議事要旨発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

日銀金融政策決定会合議事要旨は、経済規模の指標として、重要指標です。

日銀金融政策決定会合議事要旨は、日本や世界の経済情勢をもとに金融・為替市場動向を日銀幹部が検討したものです。

日銀金融政策決定会合議事要旨では、金融・為替市場動向への日銀の見解や、国内外の金融経済情勢だけでなく、金融政策の採決の結果です。

11月6日に日銀金融政策決定会合議事要旨が公表されました。

その日銀金融政策決定会合議事要旨の内容を紹介します。

・主要国中央銀行と協調して、アメリカドルの資金供給を決定
・ザプライムローン問題から米欧の金融機関の不安定な状況
・景気後退を含めて世界経済と国際金融市場及び国内の経済を引き続き注視する
・ここ数ヶ月の企業の景況感が、急激に悪化しており、景気悪化が高まっている
・好景気の成長状況に復帰できる時期は、不透明で、かなりの期間がかかる。
・欧米は、景気後退の可能性が拡大した
・インフレのリスクには、今後も注意が必要

日銀金融政策決定会合議事要旨の内容は、ドル円相場に与えた影響は、少なかったです。

ですが、11月に開催された日銀金融政策決定会合議事要旨の公表時には、約7年ぶりの利下げの実施が発表されました。

11月の利下げで、日本の政策金利は、0.20%に下げられ、0.30%になりました。

日銀金融政策決定会合議事要旨の内容の発表後に少しですが、為替レートが、40銭ほどドル高円安になりました。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

FX取引術 FX取引での対外及び対内証券売買契約等の状況発表とドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引での対外及び対内証券売買契約等の状況発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引での対外及び対内証券売買契約等の状況発表とドル円の為替変動の具体例を解説します。

対外及び対内証券売買契約等の状況は、経済規模の指標として、重要指標です。

対外及び対内証券売買契約等の状況は、株式や債券の売買動向を示す指標です。

財務省は、毎週木曜日に対外及び対内証券売買契約等の状況を発表しています。

対外及び対内証券売買契約等の状況では、次の3項目が発表されます。

対内株式投資:日本株への投資額
対内債券投資:日本債券への投資額
対外債券投資:海外債券への投資額

株式や債券の売買の報告内容が、買い越しの場合は資本流入超過になります。

逆に売りこしの場合は、資本流出超過になります。

11月の対外及び対内証券売買契約等の状況の発表では、次の報告がされて、発表後に少しですが、為替レートが、30銭ほどドル高円安になりました。

対内株式投資:5100億円の資本流出超
対内債券投資: 900億円の資本流出超
対外債券投資:2140億円の資本流出超

11月には、対内債券投資は、3ヶ月連続して、資本流出超過になっています。

また、対外債券投資も、3週間連続資本流出超過になっています。

このことから、日本だけでなく、世界的に株式離れや債券離れが、進んでいます。

対外及び対内証券売買契約等の状況での資本流入超の状態に転換する時期を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

FX取引術 FX取引通貨のユーロ円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引通貨のユーロ円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引通貨の各国のユーロ円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引に関係のあるドル円の為替変動の具体例を紹介します。

経済指標で、ユーロ円のFX取引をするのであれば、為替レートが変動するって知っていても、実際にどの程度の変動があるのか、事前に知っておかないと上手くいきません。

欧州中央銀行の総裁が前日に、翌月の金利据え置きを示唆し、ゼロ金利政策に否定的な考えを示した報道がされると、次のような為替市場での為替レートのユーロ買いを誘った。

FX取引に関係のあるユーロは、対ドルの為替レートが、前日終値に比べ0.018ドルユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.3240―50ドルまで上昇しました。

ユーロ圏の金利据え置きが、為替市場で予測されて、ユーロが、他の通貨に対して買われる状況になりました。

この影響をうけて、FX取引で、人気のある英ポンドは、ポンドドルの為替レートが、0.027ポンド高・ドル安の1ポンド=1.4830―40ドルに上昇しました。

このように金利下げの予測がなくなるだけで、FX取引に関係のある為替レートは。上昇します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

FX取引術 FX取引通貨のドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引通貨のドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引通貨のドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引に関係のあるドル円の為替変動の具体例を紹介します。

経済指標で、FX取引に関係のある為替レートが変動するって知っていても、実際にどの程度の変動があるのか、事前に知っておかないと上手くいきません。

米政府が、アメリカの大手金融機関のバンク・オブ・オメリカに公的資金を注入の追加支援策を発表した時には、次のような為替レートの変動がありました。

前日終値よりも、ドル円の為替レートが、90銭円安ドル高の1ドル=90円60―70銭で引けました。

このように1つの金融機関への支援策だけでも、FX取引に関係のあるドル円の為替レートは、1円程度の変動が発生するのです。

FX取引で、レバレッジを使って投資する場合には、この程度の為替の振れ幅は、事前に配慮することが、必要だと理解して投資しましょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

FX取引術 FX取引通貨の各国の政策金利を解説します


FX取引術 FX取引通貨の各国の政策金利を解説します。

FX取引でのFX取引通貨の各国の政策金利を解説します。

各国の政策金利一覧2009年1月の政策金利です。

この金利データを見ていただくとわかると思うのですが。

現在、日本とアメリカ、スイス、香港は、ほとんどゼロ金利状態なので、FX取引に関係のある為替市場に対しては、金利面での介入カードは、全て使い切っています。

FX取引をする投資家の方は、覚えて置くことが大切ですね。

まだ、ユーロは、2%ですから、少しだけ介入カードを残している状態になっています。

逆にオーストラリア、ニュージーランド、トルコ、南アフリカ、ハンガリーは、高金利になっています。

これらの高金利の国は、利下げの余地が有るのではなく、経済力が弱いために外国からの資金を高金利たでしか集められないのです。

ですから、別の意味で、利下げの余地は、少ないといえます。

国名 通貨 政策金利(%)
日本 JPY (円)          0.1
米国 USD (米ドル)     0.00〜0.25
ユーロ圏 EUR (ユーロ) 2.00
英国 GBP (英ポンド)        1.50
スイス CHF (スイスフラン)      0.50
オーストラリア AUD (豪ドル)     4.25
ニュージーランド NZD(NZドル)   5.00
カナダ CAD (カナダドル)       1.50
トルコ TRY (新トルコリラ)     13.00
南アフリカ ZAR (南ア ランド)      11.50
香港 HKD (香港ドル) 0.50
ノルウェー NOK (ノルウェークローネ) 3.00
スウェーデン SEK (スウェーデンクローナ) 2.00
チェコ CZK (チェココルナ) 2.25
ハンガリー HUF (ハンガリーフォーリント)10.00
メキシコ MXN (メキシコペソ) 8.25

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX取引術 FX取引通貨のドル円の為替変動の具体例を解説します


FX取引術 FX取引通貨のドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引でのFX取引通貨のドル円の為替変動の具体例を解説します。

FX取引に関係のあるドル円の為替変動の具体例を紹介します。

経済指標で、FX取引に関係のある為替レートが変動するって知っていても、実際にどの程度の変動があるのか、事前に知っておかないと上手くいきません。

アメリカの景気の先行きが暗くなってくると、追加利下げせざるを得ない状況になっていきます。

アメリカの景気の悪くなってくると、FX取引に関係のある為替市場では、ドル安・円高の流れは、簡単に止まらなくなります。

ですから、こうなってきたときは、ドルの売りから入るのが正解です。

FX取引に関係のある為替市場の動向をチェックするのにアメリカの株価の動向も関係が有ります。

株安も進むことは、アメリカ経済が、不景気に入ったことに繋がります。

そのためアメリカの株価が下落していくと、平行して、アメリカドルのドル安相場に繋がって行きます。

最近では、FX取引に関係のある為替市場は、投機の対象になっていて、思惑だけでも、ドル円の為替レートは、4日間で、5円以上も上昇することがあります。
posted by FX取引研究会 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

FX取引術 FX取引で為替市場での為替レートの変動の続編を解説します


FX取引術 FX取引で為替市場での為替レートの変動の続編を解説します。

FX取引での為替市場での為替レートの変動の続編を解説します。

為替市場に参加している為替ディラーやFX投資家の大勢が考える経済指標やFFレート発表でのFX取引の為替レートへの変動幅の影響は、
経済指標の発表値そのものよりも、事前に為替ディラーやFX投資家の大勢が予想した経済指標やFFレートとの差が問題になります。

為替ディラーやFX投資家の大勢が考えるFFレートの利上げ予想の場合は、他の経済指標の発表やFOMCの予想情報等て、
FX取引の為替市場では、アメリカドルの利上げ予想の中で、アメリカドルの為替レートが形成されています。

ただし、あくまでも、為替ディラーやFX投資家の予想でのドル買いでのFX取引のアメリカドルの為替レートですから、
急激なドル買いでなく、比較的、ゆるやかなドル買いの相場になります。

FFレートの利上げ発表後のドル買いは、為替ディラーやFX投資家の予想との差が大きいほど、発表後に急激なドル買いがおこります。

このようにFX取引の為替市場参加者の予想と実際のFFレートの金利の上げ幅の差が大きいほど、FX取引の為替レートは急激に変動します。

そのために急激なFX取引の為替レートの変動に巻き込まれないようにFX取引には、注意が必要になります。

経済指標の発表やFFレートの金利の発表などのデータは、GCIキャピタルのKlugクルークの為替サイトで確認できます。

GCIキャピタルのKlugクルークの為替サイトは、経済指標の発表日時や発表値、専門家の予想値も紹介されています。

GCIキャピタルのKlugクルークの為替サイトでの経済指標予想値は、為替市場での関係者アンケート調査の回答をまとめて作られています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

FX取引術 FX取引で為替市場での為替レートの変動を解説します


FX取引術 FX取引で為替市場での為替レートの変動を解説します。

FX取引での為替市場での為替レートの変動を解説します。

FX取引での通貨の価値は、FX取引の為替市場に参加している為替ディラーやFX投資家の判断の影響を大きく受けます。

為替市場に参加している為替ディラーやFX投資家の大勢が、アメリカドルやユーロ多くが高すぎると判断すれば、FX取引の為替市場では、アメリカドルの為替レートは、下落します。

経済指標でも、FX取引の為替市場に参加している為替ディラーやFX投資家の大勢が、アメリカの政策金利FFレートの金利の上げ幅を0.25%と予測していたのが、
金利が挙げられなかったり、またろ、上げ幅が大きかった場合は、為替レートに変動が発生します。

為替市場に参加している為替ディラーやFX投資家の大勢の予想と、FFレートの利上げ予想との差が、大きいほど、
その発表後のFX取引の為替市場での為替レートの変動幅が大きくなります。

ただ、為替市場では、事前にFFレートの利上げ予想を見込んで、為替レートが既に変動して織り込み済みになっていることが多いのです。

為替市場では、事前にFFレートの利上げ予想以上に利上げ幅が多ければ、為替レートは、織り込み済みの為替レートに対して上昇します。

また、金融専門家などから、アメリカの政策金利のFFレートに変動がないと予想されていたにも関わらず、
アメリカの政策金利のFFレートが、切り上げられると予想との差から、fx投資家や為替ディラーが、調整するためにドル買いに走り、FX取引のドルの為替レートが上昇します。

このような思惑の中で、FX取引の為替レートは、決まっていきます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴の続編を解説します


FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴の続編を解説します

ドルは、FX取引の為替市場で取引される中で、そのチャートは、上昇時は、穏やかに上昇し、下落時は、急速に低下します。

ですが、このようなFX取引の為替市場での為替レートのチャートの特徴は、アメノカドルに限ったものでは、ありません。

例えば、イギリスのポンドやオーストラリアのドルも、同じ傾向があり、FX取引の為替レートが、上昇時は、ゆっくりと上昇して、FX取引の為替レートは、下落時は、急速に下落します。

この傾向は、FX取引の為替レートだけでなく、商品市場でも同じ傾向があります。

例えば、原油価格が、1バーレル=147ドルにまで上昇するには、かなりの期間をかけて、比較的、ゆっくりと上昇しましたが、下落相場に入ると、本当に数ヶ月で、1/5程度まで暴落しました。

このように相場では、売りが、売りを呼ぶ傾向があり、下落時には、早く価格が低下する傾向があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴を解説します


FX取引術 FX取引術のドル/円の為替レートの特徴を解説します

FX取引術でのドル/円の為替レートの特徴を解説します。

FX取引で、売りで勝つための方法の前にFX取引では、売りと買い相場では、売り相場が大切です。

ドル/円相場では、売りでの取引が大切です。

これは、ドル通貨の特徴から来るものです。

ドル/円のFX取引の為替レートでは、ドルは、為替相場が、上昇する時は、比較的、ゆっくり上昇する傾向があります。

また、ドル/円のFX取引の為替レートでは、ドルは、下落する時は、速くなる傾向があります。

ドルは、FX取引の為替市場で取引される中で、そのチャートは、上昇時は、ジグザグなチャートを繰り返しながら、穏やかに上昇していきます。

ですが、ドルのチャートは、下落時は、急速に低下します。

このドルの傾向は、過去に繰り返されています。

注意が、必要なのは、ドル/円だけでなく、それ以外の通貨間の為替レートにおいても、FX取引の外国為替相場は、為替レートが、上昇する時は、ゆっくり上昇し、FX取引の為替レートが、下落するときは、早く下落する傾向があります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

FX取引術 FX取引術の金利と為替レートの関係を解説します


FX取引術 FX取引術の金利と為替レートの関係を解説します

FX取引術の金利と為替レートの関係を解説します。

FX取引では、金利の方向性を把握することが大切です。

FX取引のために金利の方向性を確認するために調査するには、各国の銀行預金の金利を調べることが効果的です。

日本では、日本の銀行の普通預金や定期預金の金利の変化を調べることで、金利が上昇チャートか下降チャートか見抜くことが出来ます。

市中銀行の金利動向を調べることで、その国の金利状況を把握できます。

FX取引のための外国の国の金利は、その国の外貨預金の金利を調べることで、外国の国の金利動向を調べることが出来ます。

FX取引をする場合に大切な外国との金利差を知ることが出来ます。

実際の金利を調べるには、銀行の金利でなく、為替市場での主要金利を把握することが大切です。

FX取引の為替市場での主要金利とは、政策金利です。

政策金利は、日本の場合は、その国の中央銀行が決定する金利です。

その国の中央銀行が決定する金利が、銀行の預金金利や貸出金利、その国の国債の利息等が決められる基準となる金利です。

金融機関の金利や国債の基準となる金利なので、この政策金利の状況を把握することで、これからFX取引をする国の金利状況を知ることが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します


FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します

FX取引術の中の経済指標と為替レートの関係を解説します

FX取引の中で、為替レートに影響が大きいものとして、物価と景気、金利、貿易等の経済指標の4つがあります。

その中で、まず、金利を解説して、各情報と為替レートとの関係について紹介します。

金利

金利は、融資を受けた場合に貸し手に支払う利息をいいます。

また、資金を融資した場合に頂く利益を言います。

例えば、1000万円を金利5%で融資を受けた場合に元金以外に5万円支払うことになります。

この5万円が、金利になります。

FX取引で大切な金利と為替の関係は、FX取引の為替市場では、基準金利として、その国の政策金利が基本になります。

日本の場合では、FX投資家の良く知っている無担保コールレートが政策金利になります。

アメリカの場合は、FF金利が、政策金利になります。

この政策金利を上げることで、外国の投資家の資金を集めることが出来ます。

そのため、政策金利を上げれば、市場の銀行金利も上昇して、その国に預金することが、投資として有利になります。

そのため、政策金利を上げる→その国の通貨の買い注文が増えて、その国の為替レートが強含みします。

ですが、FX取引の為替レートには、その国の市場金利だけでなく、カントリーリスクや政府の財政状況によって、高い金利でしか、外国から資金を集めることが、出来ないこともあり。

市場金利の高さの表と裏の両面を調査することがFX取引には必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します


FX取引術 FX取引術の経済指標と為替レートの関係を解説します。

FX取引術の中で、経済指標と為替レートの関係を解説します。

FX取引をする場合に、為替市場に注目する必要があります。

FX取引の為替市場に影響があるものとして、物価と景気、金利、貿易等の経済指標があります。

FX取引での為替市場は、その国の経済指標の発表後に為替レートが、大きく動きます。

FX取引での為替市場では、銀行や投資ファンド等の投資家が参加しています。

そのため、FX取引をすすめるには、最新の経済指標が発表されると、その発表値での為替レートへの影響を分析・判断して、為替取引のための売り買いのスタンスを決定します。

FX投資家であれば、新しい経済指標データを分析して、現在保有しているポジションの変更などを検討して実行します。

まずは、為替市場に影響がある、物価と景気、金利、貿易等の経済指標による影響を理解することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と外国為替レート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。