スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年10月09日

FX取引の投資術 英ポンド以外のFX取引通貨を解説します


FX取引の投資術 英ポンド以外のFX取引通貨を解説します

FX取引の投資術 英ポンド以外のFX取引通貨を解説します

英ポンド以外では、有名な通貨にスイスフランがあります。
スイスは、永世中立国で、工業力も高さに人気があります。
スイスフランは、スイスには、戦争の可能性が極めて低いために何かの事件が起こった場合に資金の受け皿になっています。
しかも、スイスフランの金利は、スイスの政策金利であり、日本の低金利と並び、低い金利でFX取引も可能です。

アメリカと経済的な結びつきが強く、日本人にも、海外旅行で人気のあるカナダドルがあります。
カナダは、原油市場の値動きを強く受ける傾向があります。

あと、北京オリンピックで、先進国の仲間入りを目指している中国の人民元も、これからFX取引をする上で、大切な通貨になります。
ただし、人民元は、アセアンやアジア諸国のFX取引の為替レートに影響を与えます。

また、高金利で、FX投資家にも、英ポンドと並んで、人気のあるオーストラリアドルがあります。
オーストラリアは、日本人の好きな国であり、海外旅行でも、人気のある国です。
ただし、FX取引のオーストラリアドルは、原油や貴金属の商品市場の影響を強く受けます。

FX取引のニュージーランドドルは、オーストラリアドルに連動するような為替レートの動きがあります。
また、FX取引の為替市場での取引量も少なく、値動きの大きな通貨の1つです。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 ポンド


FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 ポンド

イギリスのポンドは、FX取引では、よく利用される通貨の1つです。

イギリスの経済規模は、小さくても、為替市場では、日本円と肩を並べるほどの市場占有率を誇っています。

英ポンドは、アメリカドルに取って代わられる前は、世界の基軸通貨の地位を誇っていました。

ですが、世界経済の中心が、大英帝国から、アメリカ合衆国に変わると、
自然と、世界の貿易に使われるアメリカドルのシェアが、英ポンドを追い抜き、
世界の基軸通貨の地位も、アメリカドルに取って代わりました。

英ポンドは、世界の基軸通貨の地位をアメリカドルに譲ったといえども、
日本と肩を並べる世界での主要通貨の取引量があります。

FX取引では、この栄ポンドの取引量が大切になります。

FX取引では、英ポンドは、アメリカドルと違って、値動きの大きさに特徴があります。

英ポンドの値動きの大きさの要因は、為替取引でのシェアが少ないために投機的取引の影響を受けやすいためです。

また、日本のFX取引のFX投資家には、英ポンドの高金利に人気があります。

FX取引では、スワップ金利で収益を確保しやすいためでしょう。

英ポンドの高金利が、世界からFX取引の投資家の資金を集める機能を果しています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 円


FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 円

FX取引の円は、ドルやユーロと並んで、主要通貨の1つに数えられています。

日本企業が、国際化して、世界でも3位の通貨取引のシェアがあります。

今は、バブル崩壊後の日本の金融機関を助けるために市場金利は、低金利を維持しています。

このためにFX取引等の外国通貨と日本円通貨との金利差で、収益を確保するFX取引のスワップ狙いの投資が人気を集めています。

現在は、外国通貨の高金利に惹かれて、日本の投資家は、外貨預金や外国債券への投資も増加しています。

日本は、貿易立国です。

海外の安い原材料を輸入して、付加価値の高い製品を輸出して、貿易収支を黒字にしています。

このために稼いだ外貨であるドルを円に換えるためにドル売りになりやすくなります。

日本は、貿易面で強いために貿易では、常に企業の経済競争力を維持しています。

そのために常に企業の経済競争力のために円買い圧力は、常に続いています。

世界経済が、好景気になると日本の貿易黒字も増加するために世界の好景気が、日本買いに繋がります。

意外と、FX投資家に知られていないことですが、日本銀行は、他の先進国と比較しても、圧倒的に為替市場に介入する状況が、強いのです。

FX取引においても、大切なことですが、必要以上の介入期待は、しないようにしましょう。

このために世界に起こる色々な出来事で、日本円の為替レートに変化が生じたとしても、日本銀行の為替市場への介入で、ある程度介入圧力があります。
posted by FX取引研究会 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 ユーロ


FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 ユーロ

FX取引のユーロは、ドルが基軸通貨としての機能低下してきているためにユーロが、最近、ドルの基軸通貨の機能を一部を果たすようになっています。

FX取引で人気のあるユーロは、現在、西ヨーロッパだけでなく、経済発展の余地の大きい東ヨーロッパ諸国も加盟してきています。

ユーロ経済圏は、FX取引だけでなくドルの次に大きな為替市場での取引量があります。

ユーロは、最近。中東諸国の貿易決済に使われ始めています。

今後は、双子の赤字とサブプライムローン問題で不安定な動向のアメリカドルに代わって、FX取引でも、ユーロ決済が、世界で増えていきます。

ユーロの基軸通貨としての将来性は、非常に有望です。

ユーロ経済圏は、アメリカと比較すれば、経済情勢に対する対処が早いために為替市場では、信頼されています。

たとえば、インフレなどの可能性が、表面化すれば、迅速な対応が取られます。
そのために、FX取引を含めて、ユーロは、為替変動の少ない優れた通貨だと言われています。

ユーロの中でも、ドイツが、ユーロ圏内で、大きな発言力を持つようになっています。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 アメリカドル


FX取引の投資術 取引通貨の情報紹介 アメリカドル

FX取引の投資術の取引通貨の情報を紹介します。

FX取引をするには、FX取引で使える通貨の情報を入手することが大切です。

FX取引を進めるには、色々な通貨のクセというか、特徴を把握することが大切です。

アメリカドルの特徴を紹介します。

アメリカは、日本でもよく知られている通貨です。

多くの通貨ペアの媒体として、関与することから、FX取引では、
このアメリカドルの特徴を知っておくことは、すごく大切です。

アメリカドルは、世界の為替市場で、最も通貨取引高の多い通貨です。

世界全体の、為替市場で取引される通貨の90%程度が、アメリカドルです。

為替市場では、最近は、ユーロも伸びてきましたが、いまだにドルが主役です。
為替市場の銀行間での取引では、ドルが圧倒的シェアがあって、ドルとポンドなど、ドルがらみの通貨ペアが、FX取引では殆どです。

世界の貿易での決済に使われる通貨も、アメリカドルが殆どです。

FX取引で、大切な為替動向も、アメリカの経済指標やアメリカの経済発表が為替市場に大きな影響与えます。

数年ほど前から、アメリカは、双子の赤字で、世界からの基軸通貨としての信用を落としました。

そのドル売りの影響で、かなりドルの為替レートが動きました。

懸念から世界的なドル売りが起こりました。

そのドル安を防止するためにアメリカは、市場金利を利上げして、ドル高の為替市場になりました。

現在は、サブプライムローン問題で、ドル安基調になっています。

ただし、これも、アメリカの景気刺激策や金利の利上げで、変化が起こる可能性もあります。。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

FX取引の通貨ペアの選定方法 ユーロ-ドルの通貨ペアを解説します


FX取引の通貨ペアの選定方法 ユーロ-ドルの通貨ペアを解説します

FX取引の通貨ペアの選定方法として、ユーロ-ドルの通貨ペアを解説します。

ユーロ-ドルは、ドル-円と同じようにFX取引をするFX投資家にとっては、比較的、安心して取引できる通貨ペアです。

あの広大なヨーロッパの多くの国々が参加しているユーロは、その経済規模から、アメリカドルに匹敵する経済市場があります。

現在、世界の通貨取引では、ユーロ-ドルの取引が圧倒的に多いのです。

ただし、この状況も、中国やインドの巨大新興国が、近い将来、貿易量が巨大になり、ユーロとドルを人民元とルピーが、席巻する時代が来ます。

ただし、今はまだ、ユーロ-ドル取引が、世界の通貨取引の約3割になっています。

最近では、サブプライムローン問題の影響で、ヨーロッパもかなりの不良債権の処理に追われています。

ですが、中国とインドが台頭するまでは、ユーロが、ドルの基軸通貨の役割の一部を担う通貨としての範囲を広げていくでしょう。

このようにドルと並ぶ基軸通貨の機能を持ち始めているユーロは、ドルと同じように取引しやすい通貨です。

その中でも、ユーロ-ドルは、取引量が、世界で最大量があり、FXの取引の通貨ペアとしても適しています。

ユーロ-ドル相場の値動きは、為替相場 - リアルタイム チャート - ユーロ/ドルのサイトで、リアルタイムで確認できます。
為替相場の推移が、1分間隔、10分間隔、1時間間隔の動きを確認していただけます。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

FX取引の通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その3を解説します


FX取引の通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その3を解説します

アメリカドルをFX取引の通貨ペアの中の取引通過として採用するFX投資家が多いのは、ドルの取引量が為替市場では、圧倒的に多いからです。

ドル-円が、為替市場で、取引の多い通貨ペアです。
日本とアメリカは、貿易面での取引が膨大であり、ドルと円の取引は、大きな為替市場になっています。

あまり知られていないのですが、ユーロ-ドルの取引が、世界で1番多い取引です。
ドル-円の取引も、ユーロ-ドルの取引に次いで、多い取引なのです。

これだけドル-円の取引市場が大きいと、東南アジアの小国の為替レートのように
海外からの影響を受けて、為替レートが大きく変動するということも少ないです。

この為替レートの変動の少なさも、中長期のFX取引を考えているFX投資家の方には適しています。

どんなに大きな社会的影響があっても、ドルやユーロ、円などの主要通貨は、売りばかりや、買いばかりで、取引ができないことはありません。

ですから、FX取引のような、24時間いつでも取引ができることが大切な投資には、向いている通貨です。

FX取引では、このように大きな取引量のあるドル-円は、FX取引の通貨ペアとして適した通貨だと言えます。
posted by FX取引研究会 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その2を解説します


FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性 その2を解説します

FX取引での通貨ペアの選定の中の大切な項目にアメリカドルの経済状況を把握する必要性があります。

その要因の1つにアメリカと日本は、密接な関係があって、政治的にも、経済的にも、深い交流がある。
そのためにアメリカに関する情報は、大量に溢れています。

逆に言うと、アメリカドルであれば、かなり細かな動きや動向まで、容易に知ることができる環境にあります。
こういう環境は、FX取引にとって大切です。

アメリカとは、仕事での取引や資金の投資、海外旅行等でも、非常に接することの多い国です。

FX取引で大切な相場観でも、メリットがあります。
アメリスドルであれば、1ドルが、90円になれば、高いなぁと自然に感じれるし、
1ドルが、130円になれば、安くなったなぁと自然に感じることができます。

ドル-円相場であれば、そのときの為替レートの相場観が、何もしていなくても形成されているのです。
このことが、FX取引では、大切です。

また、日本の経済・政治・為替に関するニュースは、新聞やテレビで詳しく細かなところまで、容易に知ることができます。
このことから、ドル-円の取引は、日本人のFX投資家が、FX取引として、取り組みやすい通貨ペアです。。
posted by FX取引研究会 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性を解説します


FX取引での通貨ペアの選定方法 アメリカドルの経済状況を把握する必要性を解説します

FX取引に使う通貨は、日本円でなくて、ユーロ-ドルやポンド-フランなどでも良いのです。

FX取引のメリットは、円の為替レートの変化に拘束されなくても、円よりも、今後、為替レートで強くなっていく通貨を選ぶことで、多くの利益を得ることが出来ます。

FX取引では、ドル-円の動きを抑えることが、非常に大切です。

それには、大きな理由があります。

まずは、ユーロが強くなっても、世界では、いまだにFX取引をはじめ、決済通貨としては、アメリカドルが基軸通貨として採用されています。

まだまだ、世界での為替取引の大部分は、アメリカドル決済のものが多いのです。

アメリカドルは、貿易や金融取引の決済にも、ドルが多くの場合に採用されています。
実際には、アメリカドル以外の通貨同士の取引量が極めて少ないからです。

そのためにFX取引で、フラン円を購入する場合にも、フランと円をFX取引で、直接交換ではなく、フランドルでフラン買いとドル売りを実行します。
次にドル円で、ドルを買って円を売るというように分割して取引をします。

そのためにFX取引で、フラン円の取引をする場合でも、フランスと日本での経済情勢だけでなく、アメリカの経済情勢も知っておく必要性があるのです。
posted by FX取引研究会 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

外貨とFX取引について解説します。

外貨とFX取引について解説します。

FX取引は、外国為替証拠金取引のことですが、一部の投資家の中には、外国為替保証金取引とも呼ばれています。

非常に長い名前であるためにFX取引の投資家の間では、外貨FXとかFXで呼ばれています。

外貨FX取引は、証券会社に預けている資金(保証金)で、為替市場を通じて、
外貨の売り買いをして、為替差益と金利(スワップ)での収益を確保するものです。

現在では、日本の金利は、過去最低のゼロ金利の水準に置かれています。

そのために、日本では銀行の期預金にしても利子で、資産を増やすことは期待できません。

ですが、外国の金利は、日本と比べるとかなり高い金利を設定されている国があります。

確かに、為替リスクをありますが、この高い金利は魅力的です。

そのために、fx投資家は、低金利の円を売却して金利の高い外貨で、金利や為替市場の変動による差益を得るのです。

外貨FX取引の利点は外貨預金とは違い手数料がかなり安いことです。

fx取引の場合は、外貨預金異なりいつでも売り買いできるのです。

fx取引で1番大切なことは、高い外国の金利が毎日付くということです。

この高い金利の利息が、fx取引の主な収入源になります。

また、fx投手の場合は、1万円からでも始められることが株式投資とは、違うというす。

最低の投資額は、株式投資の場合には、数十万円が必要になります。

外貨FX取引にも欠点があります、それは作業と紹介した為替変動でのリスクです。
posted by FX取引研究会 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

FX取引と南アフリカランドについて解説します。

FX取引と南アフリカランドについて解説します。


FX取引では、アメリカドルやイギリスのポンドなど多くの通貨での取引が盛んになっています。

そのなかでも、最近、FX取引に人気が出てきた通貨に南アフリカランドというものがあります。

南アフリカランドを取り扱うFX会社も、増えてきました。

この通貨であるランドは、南アフリカ共和国の通貨です。
ランドは、ZARと略されで紹介されています。
ランド円はザル円と言われています。

南アフリカランドは、最近高金利のために、FX取引で人気が増加してきました。

南アフリカ共和国は、世界の国のなかでも、裕福な国であるとされています。

南アフリカ共和国には、地下資源が豊富で、金や、ダイヤモンドや、プラチナは、世界でもトップクラスの埋蔵量があります。

意外と知られてませんが、高級自動車のBMWや、ベンツなどの生産地でもあります。
また日本との関係も深く、日本向けの右ハンドル車を生産されています。

2010年には、作家のFIFAワールドカップの主催国になることも決まっています。

南アフリカ共和国は、経済的にも安定しており、ランドは対米ドルで上昇傾向にあります。

このような人気が増えてきている南アフリカの通貨のランドは、FX取引で注目されています。
FX取引で注目されている原因は金利の高さに加えて、その圧倒的な価格の安さです。

10万通貨の場合も約160万円で購入することができます。
しかも、南アフリカ共和国の通貨のランドは、スワップは約350円もつきます。

ですから、南アフリカ共和国の通貨のランドは、英ポンドよりも高金利で、FXスワップ狙いの投資家にも人気が増えています。

南アフリカ共和国の通貨のランドは、為替の値動きが激しく、ハイリスク、ハイリターンです。
ですが、南アフリカ共和国の通貨のランドは、収益獲得のチャンスも多いため、
FX取引のデイトレ派やスワップ派の投資家からも、人気を集めている通貨です。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

FX取引と豪ドルを紹介します

FX取引と豪ドルを紹介します

FX取引や外貨預金で運用されている方には、オーストラリアドルは、とても人気のある通貨です。

オーストラリアドルが、人気があるのは、金利が高く、
しかも、FXでのポジション保有によりスワップポイントを受け取れるからです。

FX取引では、英ポンドの次にNZドルが人気ありますが、金利の高いオセアニア通貨として、
オーストラリアドルの人気も高いものがあります。

オーストラリアは、日本人の方にも人気のある国で、観光立国としているがない地位があります。

また、オーストラリアは、資源国でもあり、インフレや原油高の時期にも、強い貨幣価値を発揮します。

オーストラリアドルの相場は、隣国であるもニュージーランドドルと連動して動くことが多い。特徴があります。

FX取引の際には、オセアニア通貨が、価格に比較して金利が高いという理由で、
大きいポジションを持っと、オーストラリアドルとニュージーランドドルの両方が、連動して下落する可能性があります。

そのためにオーストラリアドルとニュージーランドドルに偏ったFX取引をすると大損失を被る可能性もあります。

大須賀英ニュージーランドは、テレビでインターネットでも情報が、比較的、
アメリカなどと比べると、情報が少ない国なので、FX取引をするときは、決して安易な考えで通貨を選ばないでください。

しかも、最近のオーストラリアドルの値動きは、比較的、激しい通貨です。

そのために、オーストラリアドルは、為替相場が下落するときは、短期間で急落する特徴があります。

FX取引の前に、オーストラリアの農産物、原油の価格情報にも目を通してください。
posted by FX取引研究会 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

FXと外貨建てMMFとの違いを解説します

FXと外貨建てMMFとの違いを解説します

FX取引や外貨預金と同じように外貨を使った資産運用の方法は沢山あります。

外貨を使った資産運用の方法に、外貨建てMMFがあります。

MMFは、Money Management Fundの略で、国債や地方債、格付けの高い会社の社債、
コマーシャルペーパーなどの格付けの高い高い債券などを取引して、
証券会社が運用している最近人気を集めている投資信託の一つです。

MMFは、元本は、かなり確実に戻ってきますし、一般の預金よりも高い金利が設定されています。

MMFは、非常に有利な資産運用の一つだと思います。

外貨建てMMFは、MMFの外貨版であり、外貨の国債や地方債などの格付けの高い商品での運用になっています。

ですから、比較的、安心して投資することができます。

FX取引と外貨建てMMF比較すると、為替スプレッドは外貨MMFが50銭程度です。
そして、FXが5銭程度で、FXのほうが安い。

FX取引に比べると、外貨MMFは証拠金取引でなく、ローリスク、ローリターンです。
それと比較すると、FX取引はレバレッジのかけ方で、ハイリスク、ハイリターンとなります。

外貨MMFは、為替相場を眺めていて外貨が高くなると予想できるタイミングでしか買えません。
FX取引は高くなりそうでも、安くなりそうでも、利益のチャンスは沢山あります。

FX取引は、日本の金利が上がれば、スワップポイントは低くなる可能性があります。

それと比較すると外貨建てMMFは外国の金利が下がらない限り、安定した金利が保証されています。
posted by FX取引研究会 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

FX取引と英ポンドを解説します。

FX取引と英ポンドを解説します。

FX取引には、いろいろな外貨での取引があります。

一般的には、アメリカドルでのFX取引が多いですが、
それや通貨も、かなり魅力がある通貨があります。

その魅力ある通貨の一つが、イギリスのポンドです。

FX取引を実際に取引されている投資家の方にとって、イギリスのポンドは、魅力的ですが、
ある意味、危険な通貨とも言えます。

イギリスのポンドが、危険な通貨と言われるには、値動きの激しさがあります。

スワップポイントが高いのですが、値動きがありすぎるとFX取引としては、
かなりのテクニックが必要になります。

イギリスのポンドは、スワップポイントが高く、値動きが激しいために、
イギリスのポンドをFX取引で購入して、ポンドの価値が上昇を続ける状況があれば、問題ないのですが、
下落相場に入ると、イギリスポンドほど危険な通貨は、少ないです。

イギリスポンドは、両国が激しいために短期間で、FX取引の収益が赤字になってしまいます。

イギリスは、EUの加盟国ですが、ヨーロッパの統一通貨のユーロには、参加されてない数少ない先進国です。

イギリスポンドは、通貨の地位は、低下しています。

ですが、FXでは取引量が多い通貨です。

イギリスのポンドは、値動きが大きいので、FX取引で、デイトレードに向いています。

昨年は、200円程度の為替相場が、一度は、240円までに高騰しました。
このポンド、現在、230円前後で、値動きしています。

ポンドの値動きの激しさは、FX投資家としては、魅力があります。

ただし、FXの初心者の方には、危険すぎるかもしれません。

FX取引で、ポンドで投資する方は、ポンドの上昇や下降の要因も調査する必要性があります。
posted by FX取引研究会 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

FXとニュージーランドドルの解説

FXとニュージーランドドルの解説

FXでは、多くの方から人気のある通貨があります。

日本と1番親しい国と言えるアメリカの米ドルと同じほど、ニュージーランドドルや豪ドルも人気がある通貨です。

やはり日本のなかで情報が、たくさんあり、しかも、
多くの日本人の海外旅行先として人気があるニュージーランドやオーストラリアの通貨が選ばれる傾向があります

FXの分野で、オセアニア通貨であるニュージーランドドルや豪ドルが、人気があるのは、通貨の価格と比較して
スワップポイントが高く、FXのメリットと言われているスワップで収益を上げるには、投資家としては、とても価値のある通貨です。

ニュージーランドドルや豪ドルのなかでも、ニュージーランドドルは、通称キーウィと呼ばれており、人気を集めています。

キーウィは、ニュージーランドの国鳥で、フルーツにもありますよね。
だから最初は少し、戸惑われるかもしれませんね。

FXでももちろん人気があるのですが、ニュージーランドドルや豪ドルは外貨預金の分野でも人気を集めています。

オーストラリアとニュージーランドは、距離的にも近いので、通貨の価格が、同じような値動きをします。

ニュージーランドという国の貿易が、近隣の大国であるオーストラリアに経済的に依存していることが多いからです。

ですから、この二つの通貨は、価格が安いからだとか、スワップポイントが、高いから、FX初心者が手を出すのは、リスクを伴うな通貨醸しません。

オーストラリアとニュージーランドは、政治や経済などの情報が、日本に入りづらいですし、通貨の値動きも荒いです。

過去にも、ニュージーランドドルや豪ドルは、他の通貨と違う動きをしたことが何度もあります。

ニュージーランドドルや豪ドルは、動きが読めなくて、FXをする人がスワップで収益を上げる場合は良いでしょう。
ですが、ニュージーランドドルや豪ドルで、為替差益も同時に狙おうには、リスクがあるかもしれません。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

FX取引とアメリカドル

FX取引とアメリカドル

FX取引とアメリカドルについて解説します。

FX取引をする場合には、どの国の通貨を使ってFX取引をするのかを決めます。

多くの場合、親しみやすさと安心感から、最初アメリカドルで、FX取引ををされる方が多いのです。

FX取引で、使われる通貨は、各々の通貨によって特徴があります。

その各々通貨による特徴を理解した上で、さらにその国の経済状況等を知り、FX取引をしましょう。

FX取引を始める場合に、一番最初に安心して取引できるのは、やはり、新聞やテレビなどで、
数多くの情報が提供されているアメリカドルでしょう。

一番、インターネットやマスメディアからの情報が多く、ニュースの為替の値動きが、頻繁に伝えられています。

リアルタイムに為替の値動きを知ることが必要なFX取引には、取り組みやすい通貨と言えます。

FX取引をするアメリカの経済や為替情報も入りやすく、株価と為替が比較的連動していることも多い。
実際に旅行などでドルを使った経験のある方が多いという点からも、親しみがある通貨だと言えます。

FX取引でドル・円の買いポジションから入る場合、でも、スワップポイントは、アメリカドルの場合、比較的と高くつきます。
これらのいろいろな点からもアメリカドルは、メリットのある通貨です。

FX初心者の方は、最初は、いろいろな通貨で取引するのではなく、知識を積み重ねる上でも、1つの通貨に絞って取引をしましょう。
一つの通貨に絞る場合は、やはりアメリカドルが無難です。
その際の取引通貨もアメリカドルにすることが、安全でしょう。

アメリカドルを使った取引には、米ドル・ユーロというものがあります。
米ドル・ユーロは、米ドル・円と逆の値動きをします。
そのために、もう1つポジションを持つことはよいと思います。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引と取引通貨の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。