スポンサード リンク
スポンサード リンク

2010年01月18日

FX取引術 FX取引でのGFT系システムの取引システムを解説します


FX取引術 FX取引でのGFT系システムの取引システムを解説します。

FX取引でのGFT系システムのFX会社のGFT系の取引システムを解説します。

FX取引でのGFT系システムのFX会社のGFT系の取引システムは、米GFT社の高機能トレードの取引システムです。

GFT系の取引システムのDealBookシリーズは、米国やヨーロッパや世界20カ国以上で使われています。

FX取引でのGFT系取引システムの特徴を解説します。

・85種類以上の豊富な技術機能を使える。

・FX取引での取引画面のカスタマイズの自由度が高い。

・低スプレッドでワンクリック注文も可能。

・売買のシグナル表示や自動売買システムも可能

GFT系の取引システムは、デイトレードやスキャルピングのような、瞬時のFX取引に適しています。

テクニカル分析に欠かせないツールとして人気です。

FX取引でのGFTのシステムは高機能な装備があり、稼いでいるFX投資家の利用者は多いです。

テクニカル分析にGFT系のFX会社に口座を開設するFX投資家も多いです。

GFT系取引システムは、トレーダー向きです。

このようにFX取引でのGFT系システムのFX会社のGFT系の取引システムを活用しましょう。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使い方を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法は、なんと言っても、MACDの12日移動平均線と26日移動平均線のシグナルを活用することです。

MACDの線とMACDの9日移動平均線が交差するポイントが、売買シグナルになります。

FX取引でのMACDの線をMACDの9日移動平均線が、上に突き抜けた時が、買いシグナルです。

MACDの線をMACDの9日移動平均線が、下に突き抜けた時が、売りシグナルです。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法の使い方を解説します。

FX取引でのMACDの移動平均収束発散法は、マックDと良く言われることが多いです。

MACDは、正式には、Moving Average Convergence Divergenceと言います。

FX取引で、MACDを利用しての取引があります。

FX取引で、MACDで、取引する場合には、売買シグナルを把握することが必要になります。

FX取引でのMACDは、単独で用いるのではなく、他の分析指標と併用することで、さらに信頼度がアップします。

MACDでの売買シグナルには、MACDとシグナルのゴールデンクロスとデッドクロスが採用されます。

ただし、FX投資家が注意することは、MACDは、売買シグナル発生が遅い弱点があります。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの使い方を解説します。


RSIは、折れ線のデータを利用しますが、MACDは、2本の折れ線を活用して、判断になる指標を作り出します。

2本の折れ線のうち、1本目は、MACDです。

そして、もう1本は、移動平均線です。

FX取引での移動平均線には、MACDの9日移動平均を使ったりします。

MACDは、12日と26日の2本の平滑移動平均で、その2つの差です。

FX取引での平滑移動平均は、一番最近のデータに重みをかけます。

新しいデータほど、重みが大きく、古いデータほど、重みが小さくなります。

FX取引でのMACDは、上部のローソクチャートと連動があります。

MACDは、チャートが下降時は、売りシグナルで、下降状況から、上昇状況に反転するとMACDは、買いシグナルに変わります。

チャートと一緒に表示されることの多い、出来高グラフは、通貨ペアが、どの価格帯での取引が多いかがわかります。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの使い方を解説します。

0ポイントとの交点も、FX取引での大切な売買シグナルです。

具体的には、MACDが、0ポイントラインを下から上に突破した時は、買いシグナルです。

逆にMACDが、0ポイントラインを上から下に突破した時は、売りシグナルです。

この2つを理解して、FX取引で活用することで、大きな利益を獲得することができます。

MACDが、シグナルを上に突破して、買いシグナルが生まれた後で、さらに2本の線が、ゼロのラインを上回れば、さらにの買いシグナルの確実性が高くなります。

逆に言えば、売りシグナルの時も、同じ考え方です。

FX取引で、大きな利益を獲得するには、MACDとシグナルのクロスを活用して、FX取引で、大きな利益を獲得して下さい。

このようにfx投資家は、MACDとシグナルのクロスの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDの使用方法を解説します。

FX取引でのMACDの使い方を解説します。

FX取引で、良く知られているのは、MACDとMACDの移動平均線のシグナルとの交点を使うこと。

この場合には、MACDとシグナルのゴールデンクロスが、買いシグナルになります。

また、MACDとシグナルのデッドクロスが、売りシグナルになります。

実際のFX取引では、MACDとシグナルが、クロスしてからでは、少し遅れている感じがします。

そのために、FX取引の投資家は、MACDとシグナルが、クロスしそうになるタイミングを狙って投資することが大切です。

このようにfx投資家は、MACDの使用方法を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

FX取引術 FX取引でのMACDことマックDを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDことマックDを解説します。

FX取引でのFX取引でのMACDことマックDを解説します。

FX取引での価格帯別出来高は、投資のためのMACDことマックDです。

MACDは、テクニカル分析は売買シグナルを把握するための手法です。

FX取引では、明日の為替相場は、新しいデータほど、参考になります。

半年前のチャートの変化よりも、昨日のチャートの変化が、明日のFX取引をする上で、参考になります。

FX取引でのMACDは、この新しいチャートの変化が、FX取引で参考になるという考え方を取り入れたものです。

MACDは、新しいチャートの変化に移動平均の考え方を取り込んだものです。

FX取引でのMACDそのものに英語では、移動平均の特徴の意味があります。

MACDは、移動平均と収束拡散のトレーディング手法です。

FX取引でのMACDには、指数平滑移動平均が使われます。

MACDは、直近のチャートの値に重みをかけて、データが、新しいほど、重要度が、高くなるものです。

このようにfx投資家は、MACDことマックDを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

FX取引術 FX取引での取引ツールのカブドットコムカブマシーンを解説します


FX取引術 FX取引での取引ツールのカブドットコムカブマシーンを解説します。

FX取引でのFX取引での取引ツールのカブドットコムカブマシーンを解説します。

FX取引での価格帯別出来高は、投資のためのカブドットコムカブマシーンです。

有名な取引ソフトで、FX取引の初心者の方でも、使いこなせる。

FX取引のカブドットコムのチャートは、見やすくできています。

通貨ペアの為替レートの出来高の棒グラフの出来高が大きくなっている間は、買いシグナルで、通貨の上昇のシグナルです。

FX取引で反対に通貨ペアの為替レートの出来高の棒グラフの出来高が小さくなっている間は、売りシグナルで、通貨の下昇のシグナルです。

このようにfx投資家は、通貨ペアの為替レートの出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

FX取引の投資術 スワップポイントと通貨ペアの為替差益


FX取引の投資術 スワップポイントと通貨ペアの為替差益


FX取引の投資術のスワップポイントと通貨ペアの注意点を紹介します。

FX取引のスワップポイントを考えたときに通貨ペアで、注意することがあります。

それは、高い金利の外貨は、利息が大きい点が魅力です。

ですが、高い金利の通貨は、金利を高く設定しないと世界から資金を集めにくくなっているのです。

たとえば、ニュージーランドも、そうですが、経済力が弱かったり、国の経済状況が、悪い国の金利は高いです。

円高局面では、円の為替レートでの値動きを予想することが、大切です。

その為替レートの予想での通貨の売り買いでの収益が基本です。

ですが、為替レートでの差益が、FX取引の主な収益ですが、長期では、FX取引のスワップポイントも、大きな収益になります。

円の場合は、バブル崩壊の後で、ずっと低金利が続いています。

ですが、FX取引では、ニュージーランドのような外貨等、高金利の通貨が、世界には、沢山あります。

ニュージーランドのような高金利の通貨を買い、低金利が続いている円を売り、
2つの通貨のポジションを持つことで、FX取引では、大きな収益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

FXとトレール注文を解説します

FXとトレール注文を解説します

FX取引での注文方法であるストップロスオーダーは、相場が下落のときに、損失を限定するための注文方法です。

ストップロスオーダーを応用した注文方法に、トレール注文があります。

トレール注文は、FX取引を有利に進めていくための大切な注文方法ですから上手に利用してください。

例えば、1ドル100円の価格のときに、FX取引で一万ドルの買いポジションを入れます。
そしてその後になって、ドルの相場が、110円まで上がったとして、111円でストップロスオーダーを入れておきます。

FX取引では、112円以上まで待ったほうが良さそうな感じがします。

ですが、早く決済するのは、トレール注文を入れてFXでの利益を確定するためです。

FX取引の注文を入れずに、値上がり待ちでは、急落の場合に大幅な損失を被ってしまいます。

FX取引では、トレール注文を入れてしまうと不利な注文と思われるかもしれませんが、
FX取引を長く続けるには有利なことが多い取引なのです。

FX取引を長期的にすることを考えておられる方には、必要不可欠です。

一般の方には、トレール注文は、よく知られていませんし、
扱っていないFX会社も、結構あります。

ですが、FX取引をする場合には、取り入れでください。
posted by FX取引研究会 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

FX取引とストップロスオーダーを解説します。

FX取引とストップロスオーダーを解説します。

FX取引での注文方法には、ストップロスオーダーと呼ばれるものがあります。

FX取引で使うストップロスオーダーの注文方法を紹介します。

FX取引で使うストップロスオーダーの注文方法は、事前に決めておいた損失を支払える限度の設定値段になったら、
自動的に決済するという注文方法で、逆指値注文とも呼ばれています。

例えば、1ドル100円であったときに、一万ドルを購入したFXのポジションが、
1ドル95円まで円高になった場合に支払える限度額のために決済するという注文のがストップロスオーダーです。

FX取引では、頻繁に相場の下落があります。

FX取引では、毎日、少しずつ、為替の変動を繰り返しています。

FX取引では、為替相場が少し下げが続の場合でも、
反動で、時間が経つと上がるためにポジションを保持し続けることが大切です。


ですが、FX取引では、相場が、予想以上に下落した場合に対処できません。

急にドルが、5円下落してしまった場合に、一万ドル買っていると損失は5万円なります。
ですが、あらかじめ、ストップロスオーダーをかけておくと、3万円の損失ですみます。

FX取引で損失を大きくしないためには、このような、リスク管理ができる注文方法を上手に使うことが大切です。

FX取引で、長期的に利益を確保する場合には、新規注文の時には、必ずストップロスオーダーを入れましょう。

ストップロスオーダーを出しておくと、決済のときにマイナス金額を抑えることができます。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

FXのスプレッドを紹介します

FXのスプレッドを紹介します

FX取引でスプレッドというものがあります。

FM取引でのスプレッドは、外貨を売買する際の、売値と買値の差額のことです。

取引システムで、通貨の為替レートを確認するといろいろな通貨の現在の値が表示されています。

取引システムの為替レートのBidとAskとでは、少しだけ値段が違います。

FM取引で、外貨を買いたい時はAskの値を見てください。

また、fx取引で、売りたい時ははBidの値を見て、FX取引をしてください。

FX取引では、スプレッドの額は、FX取り扱い会社に一任されています。

FX会社によって、このスプレッドの値は、違いますから事前によく調べてください。

FX取引の手数料も、FX会社によって差がありますが、この差も、スプレッドも統一されていません。

FX取引のスプレッドは、同じFX取り扱い会社でも、取引通貨によって違いがありますから注意してください。

FX取引で、一般的には円と米ドル、ユーロのスプレッドは安い傾向があります。

逆に、FX取引で、円と豪ドル、NZドル、スイスフランのスプレッドは高い傾向にあります。


FX会社では、スプレッドの額が、一任されていて、違うと言っても、
不正な値をつけるFX会社を防止するために、
FX会社では、ほとんど注文の際に2Wayプライスという、売値と買値の両方を提示されています。


この2Wayプライスの影響で、不正なスプレッドをつけることができないので、安心して売値と買値を
見比べながら、取引をすることができます。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

FX取引のストップロスで悩まないでください

FX取引のストップロスで悩まないでください

FX取引のストップロスを設定する時に、初心者の方は悩まれます。

ストップロスの設定は、短期が長期のFX取引によって判断が変わります。

FX取引で長期取引の場合は、取引される通貨の価格が、上げ相場が一時的に下がった後に価格が変動し、
その後、通貨の価格が、一時的に下がった価格の2円3円安い価格にストップロスを設定してください。

取引する通貨の価格が高くなってくると、基本的に40〜50倍で、40〜50銭程度です。

ストップロスが発生する時は、相場が大きく動いているときです。

無理して深追いするのではなく、FX取引をしない時期だと考えてください。

ストップロスを入れないとか、必要以上にレバレッジを高く設定するのも危険です。

FX取引では、一度の負けただけで、相場からで、撤退しないといけなくなること多いのです。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

FXのキャリートレードを解説します

FXのキャリートレードを解説します

FX取引を続けていると「キャリートレード」という言葉を耳にします。

FX取引をする上で、必要な言葉ですから、ぜひとも覚えてくださいね。

FX取引の分野で、キャリートレードという手法があります。

これは、とても効果のある手法なので、ぜひとも試してみてください。

FX取引で、キャリートレードは、金利の低い円やフランなどの通貨で資金調達をします。

金利の低い円やフランなどの通貨で、調達した資金は、
金利の高い豪ドルやNZドル、ポンドなどの通貨で運用して利益を得る投資方法です。

FX取引では、金利の安い通貨を使って、金利の高い通貨を購入すると
その金利差分のスワップポイントを受け取ることができます。

為替市場が、休みの土日でも、金利差分のスワップポイントを毎日受け取り続けることができます。

非常に効果的なFX取引の投資方法です。

FX取引で、キャリートレードは、FX取引のポジションを保持することで、
スワップを受け取り続けて、利益を得る取引方法です。

FX取引で、スワップポイント狙いの方は、自然とキャリートレードを実行することになります。

FX取引で、注意しないといけないことは、長期でポジションを保有し続けるとリスクも伴うということです。

FX取引で、途中で相場の急変があると、スワップポイントでの収益を、
為替差益が上回ってしまうことがあります。

ですから、FX取引で注意することは、投資した。効果が総合でプラスになるということが大切なのです。

FX取引では、キャリートレードには、スワップポイントだけでなく、
スワップポイントでの収益で、株式や債券などを購入し。さらに収益を伸ばして事が大切です。
posted by FX取引研究会 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

クリック365とGFTを解説します

クリック365とGFTを解説します

クリック365は、FX取引の中で、投資家の資金が信託保全されているために
安心できるシステムで、多くの方に利用されています。

クリック365のシステムを活用して、安心してFX取引をしましょう。

くりっく365を利用できるFX会社は沢山あります。
FX会社は、やはり、業界でのスケール規模の大きい会社や大企業の系列のFX会社などが、
資金の保全を考えると安全でしょう。

個別の会社では、スター為替も、人気があります。

GFT系のシステム、これは、米国屈指の為替清算機関である
Global Forex Trading(GFT)の為替オンライントレーディングシステム及びバックオフィスシステム(Deal Book FX)のことです。

GFT系のシステムを使っている会社は、チャートが、同じ動きをする特徴があります。

FX会社には、二種類のFX会社があります。

一つは、FX会社が、独自に開発したFX取引のシステムを採用しているところです。

もう一つは、クリック365のシステムの中で、FA会社のオリジナルソフトを使っている会社です。
テレビのコマーシャルをしているスターアセット証券やINV@STは、その会社のオリジナルシステムを採用しています。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

FX取引のレバレッジを理解しましょう

FX取引のレバレッジを理解しましょう

FX取引は、小学の投資で、大きな収益を得ることができることが魅力です。

FX取引が、大きな収益を上げることはできのは、FX取引のレバレッジの効果です。

これは、投資したお金の数倍の投資が、FX取引の場合できるからです。

FX取引の経験の浅い方は、どれだけのレバレッジで、FX取引をしているのか、知らない方おられます。

あまりにも高いレバレッジで、FX取引をすることは、経験の浅い方には、高いリスクを伴います。
posted by FX取引研究会 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

FXのくりっく365を開設します

FXのくりっく365を開設します

「くりっく365」は、FXを公設の取引所で行う為替の取引所取引をいっています。

昔は、FXは、取引所が存在せずにFX業者と個人投資家の間で、価格設定が不透明なことがありました。

そのために運が悪くFX業者が倒産した場合には、預けた資金は戻ってこない問題が発生しました。

これらのトラブルを解消するために公設市場「くりっく365」が、正式に開設されました。

くりっく365のメリットは、FX取引の相手が、FX会社ではなく、取引所となるためFX会社が、万が一倒産することがあっても、
投資家の方の証拠金が戻らない危険を回避することができます。

複数の金融機関が、提示する価格のなかで、投資家からみて、最も有利な価格で取引が可能になります。

また、くりっく365の大きなメリットは、税制上の優遇が受けられることです。

これは、通常、FXでの利益は、雑所得として取れ扱われます。

そのために、FXでの利益の最大50%が課税されます。

ですが、くりっく365は、FXでの利益も分離課税で一律20%の課税ですみます。

税金が、40%程度まで減額されるのですから、くりっく365は、かなりのメリットがあります

ですが、この人気のあるくりっく365に対応しているFX会社は、まだ、少ししかありません。

くりっく365に対応しているFX会社でも、専用の口座を用意して、通常の口座とは分離して、管理しています。

くりっく365対応業者は、現在のところ、コスモ証券、ばんせい証券、エース交易、岡三オンライン証券、、
スターアセット証券、ハーベストフューチャーズ、ユニマット山丸証券などです。
posted by FX取引研究会 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

FX マージンコールとロスカット

FX マージンコールとロスカット

FXのマージンコールとロスカットを解説します。

FXをビジネスとして取り組んでいると、重要なシステムがマージンコールとロスカットです。

マージンコールは、FX取引で損失額が一定の額に到達したときに現在の取引を継続するには、
FX会社に預けている証拠金が不足していることで届く通知のことです。

FX取引で、ロスカットは損失額が、一定の額になったときに強制的に行われる決済のことです。
ロスカットは、FX取引をされているお客様の損失に歯止めをかける役割を果たしています。

実際にFX取引を来ていて重要なのは、相場の急変があった時、でも、マージンコールとロスカットなどのシステムの効果で、
損失額が、お客様の許容できる限度を超えて膨らむことがないのです。

FX会社によって違いますが、マージンコールが発生するのは、維持率が50%を割り込み、
FX会社からメールで連絡があります。

具体的に解説しますと、預け入れ資金が20万円で、ドルが100円のときに2万ドルの買いポジションを保有します。(証拠金20万円が必要)
そして、相場の様子を眺めながら、1ドルが94円90銭までドル安が進んだ場合には、102000円のマイナスが発生します。

預け入れ資金20万円から引くと98000円になります。
98000円を保証金20万円で割って、維持率は49%となります。

ロスカットは、ロスカットレベル50%〜20%の間くらいで、FX投資家が自分で設定することが多いです。

FX取引をするときは、為替相場の動きに常に注意しておいてください。

FX取引が継続しづらくならないように、ロスカットは、できるだけ避けるようにしましょう。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

FX取引の手数料が、取引回数が増えるほど、儲けにくいことの原因にリスクの高いポジションを設定される方が多いのです

FX取引の手数料が、取引回数が増えるほど、儲けにくいことの原因に
リスクの高いポジションを設定される方が多いのです。

手数料が、高い場合には、慎重に過去のデータから考えて、
この状態で取引すれば、必ずもうかるという場合のみ取引されるお客様が多いのです。

ですが、手数料が無料の場合には、儲かる可能性が低いチャンスであっても、
取引をされるお客様が増えます。

FX取引は、相場が安定しているときに取引する方が、うまく行くことは多いのですが、
手数料が安い場合には、つい相場が、不安定な時期にも取引を繰り返してしまうことが多いのです。

売り買いを繰り返していると、トータルで見てみると、儲かっていなことが多いです。
posted by FX取引研究会 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

FX マージンコールとロスカット

FX マージンコールとロスカット

FXで、大切なシステムにマージンコールとロスカットがあります。

耳慣れない言葉かもしれませんか、マージンコールは、
損失額が、一定の金額に到達したときに現在の取引を継続に証拠金不足を通知するもので、
ロスカットは、損失額が、一定の額になったときにおこなわれる強制決済です。

FXを継続的にするために重要なシステムです。
このシステムのおかげで、相場の急変にも、損失額を限度額をオーバーすることを防ぎます。

FX業者ごとに違いがありますが、多くの場合、マージンコールは、維持率が50%程度を割り込むと、
FX業者が、電子メールで連絡してくれるのです。

例えば、預け入れ資金が20万円で、ドルが100円のときに
1万ドルの買いポジションを保有します。

そして、FX取引を進めていき、1ドルが95円までドル安が進むと、
10万円の損失が発生します。

その結果、預け入れ資金は、20万円から10万円になります。

10万円を保証金20万円で割って、維持率は50%となります。

ロスカットは、ロスカットレベルを50%〜20%程度の範囲で、
FX投資者が設定するケースが多い。

FXを投資として実施するときは相場の動きを考えて、ロスカットはなるべく避けるようにしましょう。
posted by FX取引研究会 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | FXの取引システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。