スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年11月19日

FX取引術 FX取引での資金分割での投資管理を解説します


FX取引術 FX取引での資金分割での投資管理を解説します

FX取引術として、FX取引での資金分割での投資管理を解説します。

FX取引は、レバレッジというテコを使う取引ですから、資産管理は、レバレッジを使わない取引とは、比較にならないほど大切です。

FX取引で、通貨の取引をするのは、1回だけの取引ではありま゛ん。

FX取引では、数ヶ月の間に数回以上の売買をするFX投資家もいれば、1日の間に何度も、為替取引を繰り返すデイトレのFX投資家もいます。

FX取引では、何度も、売り買いを繰り返して、年間の利益を確定させるものです。

そのために1度の取引で、大勝を目指すのではなく、数回に分けて、利益を積んでいくことが大切です。

このように年間の利益を獲得するための相場の格言があります。

頭と尻尾はくれてやれという格言です。

これは、欲張って、大底でかって、天井で売ることを目指すのではなく、何度も、FX取引の為替市場で、売買を繰り返して、少しずつ利益を積み上げていくことを示しています。

そのためには、FX取引で、1年のうちに何度も取引が出来るようにFX投資資金を分割して、為替市場に投資することが大切です。

FX取引では、投資資金を少ない金額での外国為替取引は注文しずらいと考えられているFX投資家がおられます。

ですが、大きく投資資金を1度のFX取引で投入するよりも、投資資金を小額に分割してFX取引に投資するFX投資家の方が、成功している確率が高いのです。

FX取引の口座に、最初に多額の資金を預けたとしても、実際のFX取引では、小額に分割して、投資していくスタンスの方が、大きな損失を被らずにすみます。

実際にFX資金を管理されているFX投資家は、資金を20分割や10分割に分けて、FX投資のポジションを持つことをお勧めします。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

FX取引術 FX取引で、大きな損失を被らないためのストップロスオーダー


FX取引術 FX取引で、大きな損失を被らないためのストップロスオーダー

FX取引術 FX取引で、大きな損失を被らないためのストップロスオーダーについて解説します。

FX取引のストップロスオーダーは、逆指値注文、又は、損切り注文のことです。

FX取引のストップロスオーダーは、買い注文では、現在の市場価格より高い価格を設定します。

また、FX取引の売り注文では、現在の市場価格より低い価格を設定します。

ストップロスオーダーは、現在の為替レートから、為替レートが、あらかじめ決めておいた為替レートまで上昇すれば、その通貨を売るという取引方法です。

FX会社の売り買いシステムでは、あらかじめソフトで、為替レートが、設定値に達すれば、自動的に売ったり、買ったりするように作られています。

FX取引では、一般的な注文は、ドル/円のポジションであれば、あらかじめ決めていた購入希望の為替レートまでドルが下落すれば、ドルを購入する取引や、あらかじめ決めていた購入希望の為替レートまでドルが上昇すれば、ドルを売る取引が、ほとんどです。

そのために、FX取引のストップロスオーダーの注文とは、売り買いが、正反対です。

FX取引のドル/円の取引で、ストップロスオーダーを解説します。

ドルの為替レートの上昇を予想して、ドルを保有しているFX取引の投資家の予測が外れて、ドル/円の為替レートが、下落した場合にあらかじめ決めておいた為替レートで、ストップロスオーダーを出しておけば、その為替レートで、ドルを売ってしまうことができ、FX投資家のドル資産の保有を解消出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

FX取引で資金を投資するときの自己管理


FX取引で資金を投資するときの自己管理

FX取引で資金を自己管理するには、精神面の管理が大切です。

精神面が、しっかりしていないと、FX取引の色々な局面で、
瞬時の決済の判断を求められるときに冷静に判断が難しくなります。
ヘタをすると、決済での判断ミスをすることもあります。
ですから、精神的に安定しない時期がどなたにもありますから、事前にFX取引での取り決めを作ることが大切です。

FX取引では、株の信用取引と同じようにリスク管理が、とても大切です。
リスク管理のためには、技術的なこと以外にも、精神的な面も、安定させて、万全の状態で望むことが大切です。

FX取引をしているかなり実績のある友人でも、精神的に凹んでいたり、動揺していたりすると
FX取引で、大きな資金を投資するときに間違った判断をすることがあるのです。

ですから、これから、FX取引をされる方は、事前にFX取引するための取り決めを決めておくこと、
そして、自分でも、少し今は、精神的に不安定だなぁと感じたときは、
迷わず、その取り決めどおりに取引を進めることが大切です。

FX取引は、ご自身の大切な投資資金を運用するものです。
ですから、ほかの小額の投資と違って、平常時でも、プレッシャーがかかるものです。

色々な勉強をして、ファンダメンタル分析やテクニカル分析能力を身に付けても、
精神的に安定していないと、本来の実力能力を発揮できません。

それでも、FX取引で、順調に収益を確保できているときは、冷静な判断が出来るのですが、
損失が大きくなってくると、どうしても、自分の判断力に自信がなくなったり、
精神的に動揺した状態で、FX取引の判断で、間違った判断をすることがあります。

順調に収益が伸びているときは、自分の判断に自信が持てても、
損失が出始めると、テレビや新聞で発表されているニュースや為替相場の変化に必要以上に神経質になり、
たとえ、為替相場に影響の小さな材料でも、大きな材料と感じてしまうことがあります。

ですから、FX取引で、利益が出ないときでも、間違った判断をしないように事前に判断の取り決めをすることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

FX取引で資金を投資するときの資金管理の重要ポイント


FX取引で資金を投資するときの資金管理の重要ポイント

FX取引で資金管理をするために注意するポイントを紹介します。

FX取引では、当初、見込んでいない状況が、発生することが良くあります。

例えば、石油価格の急騰や、商品市場でのバブル発生などです。

FX取引をする場合には。事前の準備をしても、これらの予想外の影響や、
為替相場の読み間違い等で、大きく損失が膨らむ場合があります。
このような場合にも、冷静に対処することが大切です。

また、FX取引の中で、デイトレードなどは、1日のうちに何度も、
瞬時に売り買い決済の判断をしないといけません。
そのような場面では、平常心が必要になります。
ですから、平常心で無い場合は、FX取引の判断をすべきではありません。

FX取引をする場合に、最初にポジションやレバレッジの設定が必要です。
その際にどの条件で、金利収益を継続的に獲得し続けるかや、
どのような為替相場になった場合に決済をするか等の決め事を守る続けることが、
継続的なFX取引での収益獲得に繋がります。

FX投資には、最初に決めた決済条件や資産運用方針を忘れずに守り続けることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

FX取引で資金を投資するときの資金管理のポイント


FX取引で資金を投資するときの資金管理のポイント

FX取引では、大切なことがあります。

それは、為替を分析しても、やはり、確率的に若干の損失は、発生する可能性は、ゼロではありません。
FX取引の中で、色々な設定をすることで、限りなく損失を抑えることは出来ます。

また、色々なソフトで、FX投資で、利益を上げる確立を上げることも出来ます。
でも、世の中に完全というものは無いですから、FX取引で、損失を出すことも考えておくことが大切です。

FX取引では、評価損が発生しても、自己資金を超えなければ、取引を続けることは出来ます。

ですがねFX取引には、レバレッジを大きくすることで、
成功すると利益は、大きいですが、失敗すると大きな損失を被ります。

FX取引と比べると株式投資も、信用取引を使わなければ、投資資金の上限が、
取引金額の上限になり、もし、株の売り買いに失敗しても、自己資金が、無くなるだけですみます。

FX取引では、本来の自己資金以上の取引額での取引が出来る魅力があります。
だから、FX取引で、取引前に設定したポジションを読み間違えると損失が、自己資金を上廻ることがあります。

FX取引では、勝つことも、負けても、大きく自己資金が、落ち込まないような取引を継続することが、大切です。

FX取引を長く続けていき、凹まないで、大きな収益を確保し続けるには、大きな負けをしないことが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

FX投資と資金管理方法を解説します。


FX投資と資金管理方法を解説します。

FX取引の投資家は、資金管理をすることすが、大切な仕事です。

FX投資では、利益は、スワップ金利とデイトレです。

FX取引の中でも、特にスワップ目的の投資の場合は、FX取引の資金管理が大切になります。

FX投資家は、どうしても、日々の為替の変動に振り回されて、FX取引の資金管理までなかなか目が届きません。

FX投資家は、守りの仕事であるFX取引の資金管理でなく、デイトレやスワップ金利に目が行きます。

特にスワップ金利目的のFX投資は、為替取引のテクニックより、FX取引の資金管理の方が、大切になってきます。

FX資金管理を具体的に紹介します。

1.常に現金を保有しておく。
2.手持ち資金のうち使用用途の決まっている資金には、手をつけない。
3.FX投資は、あくまでも、余裕の資金で投資する。
4.1つのポジションでなく、資金は、複数のポジションにして分割して保有する。

これらは、とても大切なことです。

FX取引の投資家は、常に資金管理を徹底しておこない、為替レートにも注意することが大切です。

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

FX投資と資金管理を解説します。


FX投資と資金管理を解説します。

最近、主婦の方でも、FX投資に過熱されている方が増えています。

ですが、FX投資の資金管理までしっかりされている方は、少ないと思います。

実際にFX投資すると投資資金を何にどの程度投資しているか、そして、その投資しているものの評価変動で、
どの程度の利益や損失が発生して、残りの投資資金がどの程度残っているのか。

これら、FX投資に対してのリスクコントロールを継続的にしっかりと実施することが大切です。
FX投資では、どうしても為替相場の値動きがあり、金利稼ぎだけでは、運用面で難しい部分があります。

FX投資では、為替の知識だけでなく、色々なチャートの分析能力も必要です。

FX投資をする為替相場は、毎日、変動しています。

外部からの色々な変動要因が沢山あり、常に変化が起きるのが為替相場です。

そのためにできるだけ分析能力を高めて、FX投資での利益を確保するだけでなく、
損失も、できるだけ小さく抑えるFX投資スタンスで運用することが大切です。

FX取引では、大きな為替変動で、利益に大きな変化が発生します。

常にFX投資のリスク管理をしっかりとして、ポジションを必要以上に大きくせずに収益を確保してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX投資と資金管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。