スポンサード リンク
スポンサード リンク

2010年01月15日

FX取引術 FX取引でドイツの経済指標のZEW景況感指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でドイツの経済指標のZEW景況感指数を利用を解説します。

FX取引でドイツの経済指標のZEW景況感指数の利用を解説します。

FX取引でのドイツの経済指標のZEW景況感指数を解説します。

ドイツの経済指標のZEW景況感指数は、民間調査会社の欧州経済センターが経済専門家に調査したFX取引で大切なデータ指標です。

ドイツの経済指標のZEW景況感指数は、ユーロ相場を見るのに役立つFX取引で大切な指標です。

ドイツの経済指標のZEW景況感指数は、半年先の景気見通し予想の経済専門家の楽観回答から悲観回答の比率を引いて算出する指標です。

ドイツの経済指標のZEW景況感指数の内容は、Ifo景況感指数の1週間前に発表されます。

ドイツの経済指標のZEW景況感指数は、Ifo景況感指数の先行指標として、大切な指標です。

これらのドイツの経済指標のZEW景況感指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のドイツの経済指標のZEW景況感指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

FX取引術 FX取引でドイツの経済指標のIfo景況感指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でドイツの経済指標のIfo景況感指数を利用を解説します。

FX取引でドイツの経済指標のIfo景況感指数の利用を解説します。

FX取引でのドイツの経済指標のIfo景況感指数を解説します。

ドイツの経済指標のIfo景況感指数は、ユーロの為替市場の動向を判断のためのFX取引での指標です。

ドイツの経済指標のIfo景況感指数は、日本の日銀短観のように調査集計したものです。

ドイツの経済指標のIfo景況感指数は、1991年を100とした指数で翌月下旬に発表される指標です。

ドイツの経済指標のIfo景況感指数の内容は、生産・在庫・受注・価格・雇用の5項目から作られています。

ドイツの経済指標のIfo景況感指数は、鉱工業生産との関連が高いFX取引でも大切な指標です。

ドイツの経済指標のIfo景況感指数は、発表時期が早いために最も注目されています。

これらのドイツの経済指標のIfo景況感指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のドイツの経済指標のIfo景況感指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数を解説します。

アメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数は、ミシガン大学のサーベイ・リサーチセンターが実施している消費者心理のFX取引での指標です。

アメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数は、消費者信頼感指数よりも先に発表されます。

アメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数は、消費者心理を把握するFX取引での指標です。

アメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数の中で、先行的な数値は、景気先行指数に消費者期待指数として採用されています。

アメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数は、月毎の振幅が大きく、発表後のドルの値動きに影響があります。

アメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数は、個人消費がGDPの6割を占めているのでミシガン大消費者信頼感指数は、雇用統計にも影響を与えます。

これらのアメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標のミシガン大消費者信頼感指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の小売売上高を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の小売売上高を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の小売売上高の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の小売売上高を解説します。

アメリカの経済指標の小売売上高は、小売売上高は景気判断のFX取引での指標です。

アメリカの経済指標の小売売上高は、百貨店等の小売業の売上を調査データを基に発表されています。

アメリカの経済指標の小売売上高は、中でも自動車販売の比重が高い。

アメリカの経済指標の小売売上高は、月々のデータよりも、3〜4ヶ月の動向を把握することが大切です。

アメリカの経済指標の小売売上高は、ドイツでは小売業・レストランを調査して、自動車関連は含まれない。

アメリカの経済指標の小売売上高は、個人消費がGDPの6割を占めているので小売売上高は、雇用統計にも影響を与えます。

これらのアメリカの経済指標の小売売上高を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の小売売上高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の住宅着工件数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の住宅着工件数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の住宅着工件数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の住宅着工件数を解説します。

アメリカの経済指標の住宅着工件数は、住宅着工件数は月中に建設された新築住宅戸数です。

アメリカの経済指標の住宅着工件数は、季節調整済みの年率換算したデータを発表されています。

アメリカの経済指標の住宅着工件数は、民間保有分の住宅を集計したデータです。

アメリカの経済指標の住宅着工件数は、戸建てと集合住宅の区別やアメリカを4つの地域別のデータとして公表されます。

アメリカの経済指標の住宅着工件数は、天候での影響や月ごとの変動も多いデータです。

アメリカの経済指標の住宅着工件数は、3ヶ月の移動平均て゜動向を判断しましょう。

これらのアメリカの経済指標の住宅着工件数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の住宅着工件数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の住宅建設許可件数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の住宅建設許可件数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の住宅建設許可件数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の住宅建設許可件数を解説します。

アメリカの経済指標の住宅建設許可件数は、住宅の着工の許可発行数を調査したのが住宅建築許可件数です。

アメリカの経済指標の住宅建設許可件数は、住宅着工件数を先取りする指標です。

アメリカの経済指標の住宅建設許可件数は、着工許可を受けた中の98%は実際に着工されています。

アメリカの経済指標の住宅建設許可件数は、月末での未着工の件数も公表されています。

アメリカの経済指標の住宅建設許可件数は、景気先行指数にも採用されています。

アメリカの経済指標の住宅建設許可件数は、景気に連動している指標です。

これらのアメリカの経済指標の住宅建設許可件数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の住宅建設許可件数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の消費者信頼感指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の消費者信頼感指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の消費者信頼感指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の消費者信頼感指数を解説します。

アメリカの経済指標の消費者信頼感指数は、消費者へのアンケート調査から消費者の市場心理を指数化したものです。

アメリカの経済指標の消費者信頼感指数は、コンファランスボードが発表しています。

アメリカの経済指標の消費者信頼感指数は、経済・雇用の現状と経済・雇用・所得の項目の半年後の予想を季節調整し指数化したものです。

アメリカの経済指標の消費者信頼感指数は、フランスでは国立統計経済学研究所が2000世帯に電話調査を実施しています。

アメリカの経済指標の消費者信頼感指数は、家計の財政状態や生活水準、購買意欲、雇用、価格動向を調査して、季節調整したものです。

アメリカの経済指標の消費者信頼感指数は、個人消費やGDPとの関連性が強い。

これらのアメリカの経済指標の消費者信頼感指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の消費者信頼感指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の鉱工業生産指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の鉱工業生産指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の鉱工業生産指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の鉱工業生産指数を解説します。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、鉱工業部門の生産動向を指数化したものです。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、景気総合指数の一致指数に採用されています。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、景気全般との関係が深いFX取引でも大切な指標です。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、耐久財新規受注と合わせて分析することが大切です。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、GDPに比べて振幅が大きい特徴があります。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、毎月発表されます。

アメリカの経済指標の鉱工業生産指数は、景気実態を把握する速報性のあるFX取引でも大切な指標です。

これらのアメリカの経済指標の鉱工業生産指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の鉱工業生産指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の製造業新規受注を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の製造業新規受注を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の製造業新規受注の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の製造業新規受注を解説します。

アメリカの経済指標の製造業新規受注は、アメリカ製造業の出荷・在庫・新規受注・受注残高での指標です。

アメリカの経済指標の製造業新規受注は、設備投資の先行指標としての非国防資本財受注は。FX取引での為替市場での大切な指標です。

アメリカの経済指標の製造業新規受注の非国防資本財受注は、毎月の値が、特殊要因での変動幅が大きく注意が必要です。

アメリカの経済指標の製造業新規受注の非国防資本財受注は、耐久財新規受注と合わせて分析することが大切です。

これらのアメリカの経済指標の製造業新規受注を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の製造業新規受注を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標のISM製造業景況指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標のISM製造業景況指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標のISM製造業景況指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標のISM製造業景況指数を解説します。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、全米供給管理協会が、製造業約350社の仕入れ担当役員へのアンケート調査結果で作成される指標です。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、企業の市場心理を把握に有効なFX取引でも大切な指標です。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、発表は翌月の第1営業日です。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、ISM景気指数は、アメリカの主要指標で、最も早い発表のデータです。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、GDPの先行する景気転換指標として有効です。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、50%を超えれば景気拡大です。

アメリカの経済指標のISM製造業景況指数は、50%を下回ると景気後退です

これらのアメリカの経済指標のISM製造業景況指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標のISM製造業景況指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の耐久財受注を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の耐久財受注を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の耐久財受注の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の耐久財受注を解説します。

アメリカの経済指標の耐久財受注は、アメリカの製造業新規受注のうちの1つの指標です。

アメリカの経済指標の耐久財受注は、耐久財受注は、毎月下旬に前月分の速報値が発表されます。

アメリカの経済指標の耐久財受注速報値は、製造業受注の全統計発表時に改訂されます。

アメリカの経済指標の耐久財受注は、製造業受注の先行速報データとしてFX取引での為替市場では大切てす。

これらのアメリカの経済指標の耐久財受注を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の耐久財受注を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標のGDPを利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標のGDPを利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標のGDPの利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標のGDPを解説します。

アメリカの経済指標のGDPは、アメリカでの一定期間の財とサービスの付加価値の総額を指数化したものです。

アメリカの経済指標のGDPは、一般では国内総生産とも言われるときがあります。

アメリカの経済指標のGDPは、GDPは経済全般の動きを把握する統計てす。

アメリカの経済指標のGDPは、カナダ以外は四半期ごとに集計されています。

アメリカの経済指標のGDPは、フランスでは前期比伸び率が重要です。

アメリカの経済指標のGDPは、イギリスでは前期比と前年比の伸び率が重要です。

アメリカの経済指標のGDPは、FX取引での為替市場では、前期比や前期比年率が分析対象として重要です。

これらのアメリカの経済指標のGDPを活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標のGDPを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の消費者物価指数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の消費者物価指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の消費者物価指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の消費者物価指数を解説します。

アメリカの経済指標の消費者物価指数は、アメリカ労働省が、発表しているFX取引でも大切な指標です。

アメリカの経済指標の消費者物価指数は、一般消費者世帯の購入商品とサービスの総合的な価格動向を指数化したものです。

アメリカの経済指標の消費者物価指数は、CPIとも言われるときがあります。

アメリカの経済指標の消費者物価指数は、アメリカでは都市の全消費者のデータが、日本では、東京都区部と全国に分けて、データが集計されています。

アメリカの経済指標の消費者物価指数は、物価やインフレ動向を把握するFX取引でも大切な指標では、有名です。

アメリカの経済指標の消費者物価指数は、アメリカの金融政策を把握データとして、大切です。

これらのアメリカの経済指標の消費者物価指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標の消費者物価指数を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の生産者物価指数を利用を解説します

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の生産者物価指数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の生産者物価指数の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の生産者物価指数を解説します。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、アメリカ労働省が、発表しているFX取引でも大切な指標です。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、アメリカ製造業者の販売価格動向を示すFX取引でも大切な物価指数です。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、卸売物価指数やPPIとも言われるときがあります。

アメリカの経済指標の生産者物価指数は、アメリカ国内製造業者の販売価格を1万品程度に調査したものです。

日本の卸売物価は、輸送費、流通費が含まれています。

アメリカの生産者物価は、出荷時点の価格であるために輸送費、流通費が含まれていません。

アメリカの経済指標の生産者物価指数の計数は、製造段階別に最終財、中間財、原材料に分類されています。

FX取引での為替市場では、アメリカ最終財の前月比上昇率は、大切な調査項目です。

これらのアメリカの経済指標の生産者物価指数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の対米証券投資を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の対米証券投資を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の対米証券投資の利用を解説します。

FX取引でのアメリカの経済指標の対米証券投資を解説します。

アメリカの経済指標の対米証券投資は、アメリカの財務省が発表するアメリカへの資金フローのFX取引でも大切な需要指標です。

アメリカの経済指標の対米証券投資は、アメリカ以外の国から、アメリカ証券への投資金額です。

この時に大切なことは、対米証券投資は、対米証券投資より投資金額が大きい時は、アメリカへの投資資金よりも、貿易での流出資金より大きいことになり、ドルが、他の通貨よりも、FX取引での為替レートで上昇します。

反対に、対米証券投資より投資金額が小さい時は、FX取引で為替レートでドル安になります。

アメリカの貿易赤字を補うための対米証券投資が、続くことが、アメリカ経済維持の大切な条件になっています。

これらのアメリカの経済指標の対米証券投資を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の貿易収支を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の貿易収支を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の貿易収支の利用を解説します。

アメリカの経済指標の貿易収支を解説します。

アメリカの貿易収支は、アメリカの貿易の輸出金額と輸入金額の差額を意味します。

輸出では、取引資金の受取りが発生します。

また、輸入では、取引資金の支払いが発生します。

輸出金額が輸入金額を上回った時は、貿易黒字になり、逆の場合は、貿易赤字になります。

また、一般的に国の収支は、経常収支と財政収支があります。

経常収支は、貿易収支とサービス収支、所得収支、経常移転収支から成り立っています。

この4つの要素の中では、貿易収支が圧倒的に大きな比重があります。

アメリカの経済指標の貿易収支は、FX取引の外国為替市場で、非常に大切なFX取引でも大切な経済指標です

FX取引での外国為替市場では、有名なアメリカのの双子の赤字が、重要視されています。

アメリカのの双子の赤字の動向が、注目されるFX取引でも大切な指標です。

ただ、アメリカの貿易赤字に対する国の取り組みが、効果を出して、赤字が小さくなり、FX取引での注目度は、低下しています。

これらのアメリカの経済指標の貿易収支を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の失業率を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の失業率を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の失業率の利用を解説します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標の失業率を解説します。

アメリカの失業率は、アメリカの労働力人口の中で失業者の占める割合のことです。

アメリカでは、労働力人口は、16歳以上の人の働く意志がある人数のことです。

アメリカの失業者は、働くことが可能なのに労働に従事していない人のことで、過去4週間以内に求職活動をした人のことを言います。

アメリカの失業者と日本の失業者との定義での違いは、アメリカの失業者の中には、一時帰休者と求職中学生まで含まれます。

アメリカの失業者と日本の失業者の違いがあるために単純に日米の失業率をを比較できません。

これらのアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標の利用を解説します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標を紹介します。

アメリカの経済指標の非農業部門雇用者数を解説します。

アメリカの非農業事業所雇用者数やアルリカの失業率と同程度に経済の動向を判断するときにアメリカの非農業部門雇用者数は、FX投資家から、重要視されています。

アメリカの企業は、業績が悪るくなるとレイオフやし人員削減をします。

そのために、不景気でも、なかなか人員削減しない日本経済と違い、景気と雇用者数の相関係があります。

これらのアメリカの経済指標の非農業事業所雇用者数を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標を利用を解説します


FX取引術 FX取引でアメリカの経済指標を利用を解説します。

FX取引でアメリカの経済指標を利用を解説します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標を紹介します。

FX取引でも関係のあるアメリカの経済指標には、色々なものがあります。

その中で、どのようなデータを分析対象にするかを紹介します。

アメリカの経済指標には、次のようなものがあります。

非農業部門雇用者数、失業率、貿易収支、対米証券投資、生産者物価指数や消費者物価指数、GDP(国内総生産、耐久財受注、ISM製造業景況指数、製造業受注、鉱工業生産指数、ミシガン大消費者信頼感指数、消費者信頼感指数、住宅着工・建設許可件数、小売売上高があります。

これらのアメリカの経済指標を活用して、FX取引を進めてください。

このようにFX取引のアメリカの経済指標を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

FX取引術 FX取引での日銀短観の影響を解説します


FX取引術 FX取引での日銀短観の影響を解説します。

FX取引での日銀短観の影響を解説します。

日銀短観は日本銀行が発表しています。

2008年7月の日銀短観の発表値は、全てのDIが、FX取引での為替市場関係者の予想を上回る値になった。

そのためにFX取引での為替相場では、円買い・ドル売りが進み、ドル円が、30銭ほど円高に変化しました。

日銀短観は、FX取引での為替市場での注目が高いのですが、既に為替市場に織り込み済みの場合があり、FX取引での為替相場での影響が限定的となることが、2年ほど続いています。

ですが、日銀短観の結果は、株式市場には、大きな変化を与えているので、注意が必要です。

このようにFX投資家が、日銀短観の取り扱いに注意が必要です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な景気判断知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。