スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年12月18日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足の利用する必要性を解説します。

FX取引での平均足の利用する必要性は、以前は、ローソク足チャートで相場動向の分析が多かったのですが。

最近では、ローソク足チャートでなく、平均足チャートを使っての為替市場でのFX取引が、FX取引のトレーダーに広がっています。

そのために平均足チャートをFX取引のツールとして提供しているFX会社も出てきました。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足の利用方法を解説します。

FX取引で利益を得るには、買いポジションか売りポジションをとり、各々のポジションで利益を獲得することが大切です。

具体的には、FX取引での為替市場の上昇トレンドのチャートの時に買いポジションを獲得すること。

また、反対に下降トレンドで、売りポジションを獲得することです。

そのためには、相場のトレンドを把握できる平均足を利用することが、FX取引では、大切です。

FX取引をするときは、平均足チャートを利用して、相場のトレンドを把握して投資して下さい。

FX投資家は、これからは、平均足だけでも、為替相場での取引を成功させることが大切です。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足を解説します。

為替市場では、ローソク足、相場トレンドが、もちあい相場だと、平均足の上下にヒゲ足が出現します。

ただし、FX取引での為替市場では、相場にトレンドが明確になるとローソクの胴が大きくなるように変わります。

平均足を把握することで、FX取引での為替市場でのトレンドを判断できます。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

FX取引術 FX取引での平均足を解説します


FX取引術 FX取引での平均足を解説します。

FX取引での平均足を解説します。

ローソク足は、陰線と陽線は、変動しながら出現するためにトレンドを把握しずらい。

このためにFX取引では、ローソク足から、不要なデータを削除して、必要なデータのみ集めて相場のトレンド把握のためのものが、平均足です。

平均足は、FX取引での相場トレンドを判断するのに利用できます。

平均足は、次のような見方をします。

陽線は買いで、陰線は、売りと見ます。

是非、平均足を活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引での平均足を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの計算方法を解説します。

FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドの計算方法を解説します。

FX取引でのボリンジャーバンドの計算方法は、次の通りです。

FX取引でのボリンジャーバンド上のバンドは、移動平均と標準偏差の和です。

また、FX取引でのボリンジャーバンド下のバンドは、移動平均から標準偏差を差し引いたものです。

この計算式で、使う標準偏差は、次の方法で、計算します。

標準偏差=((期間×期間内の終値の2乗の合計−期間内の終値の合計の2乗)÷(期間×(期間−1))の平方根になります。

是非、ボリンジャーバンドを活用して、FX取引を成功させてください。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのテクニカル指標のボリンジャーバンドを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編3を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編3を解説します。

FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編3を解説します。

まずは、FX取引で、多い、買いポジションをどの為替市場のトレンドを把握しながら、チャートを見て。買いポジションを持つか、判断することが大切です。

その場合のFX取引の買いポジションを保有するポイントを解説します。

FX取引の為替市場での2つ目のろうそく足が、1つ目のろうそく足でつけた高値を突破して、新高値をつけた後で下げたした後の下げたポイントが、買いポジションの候補になります。

これをFX取引の為替市場では、逆張りと言われています。

この時に注意しないといけないのは、チャートの山が小さいと、ろうそく足が、2波の下降ゾーンや3波の初期ゾーンに入ることもあります。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの違いを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編2を解説します。

FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編2を解説します。

FX取引でのチャートでの決断時期は、1つではなく、色々あります。

まずは、FX取引で、多い、買いポジションをどの為替市場のトレンドを把握しながら、チャートを見て。買いポジションを持つか、判断することが大切です。

そして、FX取引の為替市場のトレンドが、予想通りに動いているなら、どの状況になったら、保有ポジションを手放すかが大切です。

その中で、最初の買いポジションの決断するポイントを紹介します。

これは、FX取引の為替市場での通貨ペアのチャートで、チャートの波の3波が、1波での高値を更新したポイントが、買いポジションのポイントです。

これは、為替相場の買いとしては、順張りと呼ばれています。

このようにFX取引のfx投資家は、チャートでの決断時期の注意を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

FX取引術 FX取引でのチャート転換点での為替ペアのレートの動きの特徴を解説します


FX取引術 FX取引でのチャート転換点での為替ペアのレートの動きの特徴を解説します。

FFX取引でのチャート転換点での為替ペアのレートの動きの特徴を解説します。

FX取引の為替市場での通貨ペアのトレンの方向性の継続をFX投資家が、期待しています。

FX取引での為替市場でのチャートの動きには、特徴があります。

FX取引の為替市場で、相場トレンドの転換点で、相場が、上昇圧力と下降圧力のパワーのぶつかり合いがあります。

そして、転換点での、上昇圧力と下降圧力のパワーのぶつかり合いに結果が出て、FX取引の為替相場の方向性が決まります。

相場の方向性(上昇か下降)が決まると、その後の為替市場での通貨ペアの為替レートの値幅ゾーンの幅は、小さくなる特徴があります。

このようにFX取引のfx投資家は、為替ペアのレートの動きの特徴いを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編を解説します。


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編を解説します。

FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編をを解説します。

FX取引するための通貨ペアの為替レートで、通貨ペアが、その高値を更新した後で、若干の値を下落してから、再度、下落する場合があります。

この場合は、FX取引は、難しい。

FX取引の通貨ペアの為替レートが、高値を更新後に若干の値を下落して、再度、高値を更新するほうが、FX取引の売り買いをしやすいです。

FX取引の場合は、為替市場での通貨ペアのトレンドが、上昇トレンドか、下降トレンドかを判断することが大切です。

FX取引の為替市場のトレンドが、継続されている時のFX取引が、利益を得やすいのです。

FX取引の為替市場は、生きているものです。

ですから、FX取引の為替市場がのトレンド転換点まで、事前に予測して、完全に当てることは、難しい要素があります。

同じトレンドの場合は、高値の後の安値を購入すれば、FX取引の利益を得ることが出来ます。

そのFX投資のスタイル中で、利益を確保することが、大切です。

このようにFX取引のfx投資家は、為替ペアのレートの動きの特徴を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意を解説します。

FX取引するためのチャートでの決断時期の注意を解説します。

FX取引するためのチャートでの決断時期の注意の判断を間違えるとすぐにリスク管理のためのストップロスに引っかかります。

決断時期の見誤りから、大切なトレンドの波から、脱落してしまいます。

FX取引するためのチャートでの決断時期を間違えないためのポイントを紹介します。

FX取引の為替市場では、通貨ペアの為替レートの変動幅に変動が起こります。

FX取引の為替市場の通貨ペアでのFX取引する際には、多くのFX投資家は、事前に予想した通貨ペアの高値レンジがあります。

FX取引するための通貨ペアの為替レートで、通貨ペアが、その高値を更新した後で、若干の値を下落してから、再度、その通貨ペアの高値を更新したり、下落する場合があります。

この場合に大切なことがあります。

それは、このようなFX取引の通貨ペアの為替レートの動きでは、その多くが、一時的に下落する最ことがあっても、両方とも、通貨ペアの高値を更新します。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのチャートでの決断時期の注意を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

FX取引術 FX取引での投資法のモメンタムトレードを解説します


FX取引術 FX取引での投資法のモメンタムトレードを解説します。

FX取引での投資法のモメンタムトレードを解説します。

FX取引での投資法のモメンタムトレードは、トレード手法の1つです。

モメンタムは、相場の強さや相場のトレンド転換の目安の水準の指標です。

モメンタムは、0.0以下の状況では、弱気な為替市場の環境になっています。

モメンタムは、0.0以上の状況では、強気な為替市場の環境になっています。

モメンタムの指標は、弱気な為替市場の環境の時に買いチャンスは、発生します。

ですから、FX投資家の方は、遅行線が通貨価格の実線と接触する場合は、買いシグナルとなります。

そのために短期トレードで、FX取引をされる場合は、0.0より、離れる状況になれば、逆張りをする投資術も良いでしょう。

このようにFX取引のfx投資家は、投資法のモメンタムトレードを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

FX取引術 FX取引での投資法のトレンドフォローを解説します


FX取引術 FX取引での投資法のトレンドフォローを解説します。

FX取引での投資法のトレンドフォローを解説します。

FX取引のトレンドフォローの投資法が有用性は、確率論になります。、

移動平均線の傾きが、上昇中の通貨は、これからも勢いのあるFX取引の通貨と判断できます。

逆に移動平均線の傾きが、下降中の通貨は、勢いがないFX取引の通貨と判断できます。

そのためにFX投資家は、その時期に勢いのあるFX取引の通貨に投資する傾向があります。

FX取引の通貨の売買判断は、貿易収支が、黒字が続いており、高い技術力のある国で、その国が作っている製品が、世界で売れ続けている。

そのような色々な要素を検討して、FX取引の購入と売却を決断します。

そのようなFX取引の通貨に対するファンダメンタルをチャートの移動平均線の傾きには、含まれているためにトレンドフォローの投資法は、有効なのです。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

FX取引術 FX取引での投資法のトレンドフォローを解説します


FX取引術 FX取引での投資法のトレンドフォローを解説します。

FX取引での投資法のトレンドフォローを解説します。


FX取引での投資法のトレンドフォローは、チャートの20日移動平均線を用いて投資判断をする手法です。

FX取引での20日移動平均線の傾きをチュックして、買いポジションか、売りポジションを決める投資法です。

比較的、シンプルなFX取引の投資手法なので、利用されやすいです。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引の通貨取引の出来高と通貨価格の関係を基に具体的に事例を紹介します。

具体的にFX取引の通貨価格が、上昇している時にOBV線が、下落チャートになっているときがあります。

これを実際のFX取引の為替市場とOBV指数との乖離と言います。

このような時は、FX取引の貴重な逆張りのチャンスです。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高を測ることが大切です。

このようなFX取引の通貨取引の出来高と通貨価格の関係を指標にしたものがOBVです。

具体的にFX取引の通貨価格が、横ばいでも、OBV線が、上昇している逆行の状況があります。

チャートでは、横ばいですが、陽陰線の陽線になっているときに出来高が大きくなっていることがあります。

そのことで、OBVが、上昇してきている訳で、買い圧力が、増加しており、次第に上昇トレンドに変わっていきます。

このことから、FX取引の通貨価格が、横ばいか下落でも、OBVが上昇しいる通貨を見つけることで、その後に上昇チャートにのっていく通貨を見つけることの出来るOBVを領しての投資手法になります。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高を測ることが大切です。

このような通貨取引の出来高と通貨価格の関係を指標にしたものがOBVです。

具体的にOBV線が、下落しても、通貨価格が上昇している逆行の状況が起こることがあります。

このような場合に、最初にチャートでの逆行の状況では、通貨価格が、伸び悩みした後で、急落することがあります。

ただし、2回目のチャートでの逆行の状況では、通貨価格は、上昇しても、チャートから、近いうちに下落すると予測できます。

このように通貨価格とOBV線の動きの色々なケースの特徴を把握することが大切です。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

具体的には、あるFX取引の通貨に対して少ないの買い圧力での小さな出来高でも、FX取引の通貨価格が、少しだけ上昇する場合があります。

このように少しだけFX取引の通貨価格が、上昇した場合には、その通貨を売って利益を確定したい投資家がいるのですが。

ただ、実際には、少しの通貨価格の上昇で利益確定させるのではなく、
もっと通貨が上昇したあとで、一気に売り、利益を確定させたいと考えている投資家は、多いのです。

このために最初は、少ない出来高で、少しの通貨価格の上昇がおこりますが、その後は、急に出来高が増加して、通貨価格の変動が大きくなることがあります。

そのたろに出来高の少ない、少しの通貨価格の上昇に注意する投資家が多いのです。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動を予想するためには、通貨価格に変動に対して、どれほどの出来高があったのか調べることが大切です。

具体的には、あるFX取引の通貨に対して大量の買い圧力と大量の売り圧力があり、お互いの取引が成立して、大きな出来高になっても、FX取引の通貨価格が、横ばいの場合があります。

FX取引の通貨に対する大量の買い圧力は、貿易やトレーダーが将来のその通貨価格の上昇を予想したものであるためにしばらくは、その通貨に対しての買い圧力は、続き、その通貨の上昇を待つでしょう。

このように将来のその通貨の上昇を予想すれば、通貨価格を押し上げることになります。

そのために将来の通貨価格の上昇が、予想された通貨は、やがて上昇するものと予測できます。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性の詳細な部分を解説します。

FX取引の通貨価格の変動があっても、その中身には差があります。

同じFX取引の通貨価格の上昇・下降でも、出来高の中身に違いがあります。

・FX取引の通貨価格が、少ない出来高で上昇

・FX取引の通貨価格が、多くの出来高で下落

・FX取引の通貨価格が、多くの出来高で、横ばい

FX取引の通貨価格と出来高に対する市場の状況に違いがあります。

・FX取引の通貨価格が、少ない出来高で上昇する場合は、既に横ばいでのもみ合い期間が長かった場合に 少ない上昇圧力で、通貨価格が、上昇します。

・FX取引の通貨価格が、多くの出来高で下落する場合は、横ばいでのもみ合い期間が、始まったばかりのために 市場での投資家の判断が定まっていない為に大きな下落圧力の出来高で、通貨価格は、下落した。

・FX取引の通貨価格が、多くの出来高でも、横ばいの場合は、横ばいでのもみ合い期間が短いために 多くの変動圧力があっても、通貨価格は、もみ合い状況を続けています。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します


FX取引術 FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引での通貨価格の変動と出来高の連動性を解説します。

FX取引の出来高指標OBVは、単純な考え方で構成されており、シンプルな計算式で出来ています。

FX取引の出来高指標OBVは、計算する期間の初日の出来高を基準にします。

その基準に対して、翌日以降の通貨価格が、上昇していれば、その日の出来高を正の値としてカウントします。

反対に翌日以降の通貨価格が、下落していれば、その日の出来高を負の値としてカウントします。

当然のことなのですが、取引する通貨が、継続して上昇していけば、その通貨のその期間の出来高を加算していきます。

反対に、FX取引の通貨が、継続して下落していれば、その通貨のその期間の出来高を減算していきます。

FX取引の通貨に変動が無い場合は、ゼロカウントで、加算しません。

そのためにFX取引では、通貨価格が上昇していけば、OBVも上昇しますし、通貨価格が下降していけば、OBVは下降していきます。

このようにFX取引のfx投資家は、通貨価格の変動と出来高を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。