スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年08月06日

FX取引術 FX取引でのパラボリックとボリンジャーバンドの併用での効果を解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックとボリンジャーバンドの併用での効果を解説します。

FX取引でのパラボリックとボリンジャーバンドの併用での効果を解説します。

パラボリックとボリンジャーバンドの併用の効果は、ボリンジャーバンドのトレンド転換サインとパラボリックの転換サインの特徴にあります。

この2つの転換サインの特徴は、パラボリックの転換サインは、ボリンジャーバンドより少し遅れることです。

ボリンジャーバンドを利用する場合の欠点は、比較的大きなトレンドだと、バンド幅が、広くなるためにFX取引での為替レートが、外側のバンドに触れてもトレンドが反転しない点です。

そのためにFX投資家は、FX取引をする場合にパラボリックのシグナルで、ポジション保有します。

そして、ボリンジャーバンドのシグナルで、FX取引の売り買いをします。

このように2つのテクニカル指標を上手に組み合わせて、活用してFX投資することが大切です。

このようにfx投資家は、ボリンジャーバンドとパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

FX取引術 FX取引でのパラボリックとボリンジャーバンドを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックとボリンジャーバンドを解説します。

FX取引でのパラボリックとボリンジャーバンドを解説します。

ボリンジャーバンドとパラボリックは、チャート関係でのトレンドの将来を予想するFX取引でのテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドとパラボリックの両方とも、FX取引での為替市場でのトレンドを分析するためのトレンド指標です。

ボリンジャーバンドは、ある一定の幅のゾーンの外側の線にレートが、接触した時が、FX取引での為替市場でのトレンドの転換シグナルです。

このようにfx投資家は、ボリンジャーバンドとパラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

FX取引術 FX取引でのパラボリックの応用方法の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックの応用方法の続編を解説します。

FX取引でのパラボリックの応用方法の続編を解説します。

FX取引でのパラボリックの応用方法を解説します。

具体的には、ADXが上昇に変わったら、2本の移動平均線の短期線と長期線を分析して、FX投資を検討します。

2本の移動平均線の中で、短期線が長期線を上回っているチャートでは、買いの状況だと判断します。

2本の移動平均線の中で、短期線が長期線を下回っているチャートでは、売りの状況だと判断します。

実際のFX取引では、2本の移動平均線の短期線と長期線のチャートの上下関係が、逆転すれば、売り買いのシグナルと判断します。

また、パラボリックのSARが、チヤートで転換すれば、FX取引での売り買いのシグナルと判断します。

このようにfx投資家は、パラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

FX取引術 FX取引でのパラボリックの応用方法を解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックの応用方法を解説します。

FX取引でのパラボリックの応用方法を解説します。

FX取引でのパラボリックの応用方法には、パラボリックだけを単独で使うのではなく、ADXと移動平均線のツールを併用あすることで、FX取引を収益を確保しやすくなります。

FX取引でのパラボリックの応用方法としては、2本の移動平均線で、投資を決めて、ADXで吟味して、パラボリックで、売り買いのタイミングを決定します。

FX取引でのパラボリックの応用方法としては、テクニカル手法をこのように複数併用することで、為替チャートのトレンドの波を上手に把握して、売り買いのタイミングを詳しく把握できます。

このようにfx投資家は、パラボリックを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

FX取引術 FX取引でのパラボリックのシグナルを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックのシグナルを解説します。

FX取引でのパラボリックの買いシグナルと売りシグナルを解説します。

FX取引でのパラボリックの買いシグナルと売りシグナルを詳しく紹介します。

テクニカル分析での売買の判断基準を解説します。

FX取引でのパラボリックシステム SARで、購入シグナルは、SARが為替レートより高い位置で為替レートとクロスした時点になります。

FX取引でのパラボリックシステム SARで、売りシグナルは、SARが為替レートより安い位置で為替レートとクロスした時点をいいます。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの欠点を解説します。

FX取引でのパラボリックの長所は、大きなトレンドでの効力の高さと使い良さで人気があります。

FX取引でのパラボリックの欠点は、トレンド系指標として、横ばいチャートでは、使い難い点があります。

FX取引でのパラボリックの欠点を補うためにDMIのADXを併用して、解決します。

FX取引では、横ばいチャートでは、DMIのADXを併用で、トレンドの無いチャートで売買を辞めたり、横ばいチャートでも、有効な指標を利用する方法もありまする

FX取引では、DMIの併用することは、別のトレンド系指標でも効果を発揮します。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの仕組みの続編を解説します。

FX取引でのパラボリックの仕組みの中で、AF値が大きくなれば、SARのシグナルが、早い時点で、転換します。

パラボリックの仕組みの特徴を把握することで、応用を利かせることができます。

FX取引で、色々な投資方法を試すことが出来ます。

パラボリックのトレンドを活用して、短期売買で収益を確保するには、AFかMAX AFの値を大きくすれば良いのです。

大きなトレンドで、収益を確保するには、AFとMAX AFの値を小さめにした上で、パラボリックが買い持ち期間中だけ売買して下さい。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの仕組みを解説します。

FX取引でのパラボリックを利用する方法を紹介します。

パラボリックをチャートで、落とし込むためには、SARの始点を設定します。

パラボリックでは、SARの始点は、チャートでの大きな上昇サイクルでの高値か、チャートでの大きな下昇サイクルでの安値を始点とします。

FX取引でのパラボリックの始点を設定の取り決めは、ありません。

FX取引でのパラボリックの始点を考えるときに、どの時期に、売りか買いかのSARをチャートに落とし込むにしても、為替市場での通貨ペアのレートのトレンドは、上昇と下降のどちらかに向います。


SARの計算式は以下の通りです。

SARの始点を設定出来れば、その翌日以降のSARは、次の式で求まります。

翌日のSAR=当日のSAR(or始点)+当日のAF×(当日のEP−当日のSAR)

注意が必要なのは、AF≦MAxAFの計算式の中で、AFはMAxAFより高い数値をとらないという前提条件があります。

FX取引でのパラボリックは、為替市場で、売り持ちから買い持ちに市場の流れが変化したときには、売り持ち期間での最安値が、新らしいSARの始点に変わります。

FX取引でのパラボリックは、為替市場で、買い持ちから売り持ちに市場の流れが変化したときには、買い持ち期間中の最高値が新らしいSARの始点に変わります。

これらの計算を経て、パラボリックは出来あがります。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックを解説します。

FX取引でのパラボリックの構成要素を解説します。

FX取引でのパラボリックは、4つから、出来ています。

1)SAR

FX取引でのSARは、為替市場のチャートでの売買転換点を分析できます。

2)EP

FX取引でのEPは、買い持ち期間の最高値と売り持ち期間の最安値を意味しています。

3)AF

FX取引でのAFは、加速因数です。

FX取引でのAFは、パラボリックの感度のパラメーターを意味しています。

FX取引でのAFの値を変化させ、パラボリックの感度を調整できます。

4)MAX AF

FX取引でのMAX AFは、AFの最大値を示しています。

FX取引を考える場合には、この4つで、構成されているパラボリックは、途転を繰り返し、常にポジションを保有します。

この点が、ボラティリティシステムと似ています。

パラボリックは、AFのパラメータを設定で、途転する位置が実際価格に近づいて行きます。

パラボリックの長所は、シグナル の遅れに対応しやすい点です。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

FX取引術 FX取引でのパラボリックSARの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引でのパラボリックSARの計算方法を解説します。

FX取引でのパラボリックSARの計算方法を解説します。

パラボリックSARの計算方法は、次の計算式より求めることが出来ます。

SAR=(EP−前日SAR)×前SAR+AF

EPは、極大値を意味しています。

パラボリックSARでは、上昇相場において、最高値を採用して、その後の為替市場の環境に変化があり、最高値が更新すれば、EPは、更新されます。

パラボリックSARでは、下げ相場では、最安値を採用して、その後の為替市場の環境に変化があり、更新があれば、EPも更新されます。

AFは、加速因数を意味しています。

AFの初期値は、0.02であり、EPの値が、更新されるたびに0.005ずつ加算されていきます。

このAFの最大値には、制限があり、0.2までです。

このようにfx投資家は、パラボリックSARを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します


FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します。

FX取引でのマーケットプロファイルを解説します。

FX取引では、マーケットプロファイルは、為替市場で、日々の変動の為替市場をチャートになります。

また、その日々の為替市場の値動きは、さらに大きな中期的なチャートになっていきます。

FX取引では、マーケットプロファイルは、出来高を為替市場に反映させる分析方法です。

FX取引では、為替市場の出来高は、相場環境を把握するために大切です。

現在では、チャート分析で、出来高を要素として、分析できる手法は、少ないです。

マーケットプロファイルは、出来高を毎日のデータを積み上げ、分析できるものです。

FX取引では、マーケットプロファイルは、為替市場での出来高データの集積です。

このようにfx投資家は、マーケットプロファイルを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します


FX取引術 FX取引でのマーケットプロファイルのその2を解説します。

FX取引でのマーケットプロファイルを解説します。

FX取引では、マーケットプロファイルは、ローソク足チャートで、判別しにくい市場環境も分析できます。

マーケットプロファイルは、FX取引での為替市場での価格形成が、色々な過程を経て、通貨の値動きをマーケットプロファイル分析で、分析できます。

FX取引では、マーケットプロファイルは、為替市場が開いている時の分析だけでなく、為替市場が、閉じてからの分析にも使えます。

マーケットプロファイルは、FX取引での為替市場が開いている時の取引価格帯や、相場が、横ばいのチャートから抜け出すときの動きを分析して把握することが出来ます。

このようにfx投資家は、マーケットプロファイルを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編2を解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編2を解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編2を解説します。

パラボリックタイムプライスは、テクニカル指標で、SARラインを為替市場での為替レートのチャートに利用して売買のシグナルを判定するねのです。

SARは、現在の為替市場での為替レートでの通貨ペアのポジションをとめて、通貨ペアの逆のポジションを保有する為替レートを示しています。

SARは、現在の為替市場での為替レートが、クロスしたときが通貨ペアの保有ポジションを変更するシグナルになりまする

SARは、現在の為替市場での為替レートで、チャートのローソク足が、SARの上で放物線を描いているときは、上昇トレンドを相場を示しています。

反対にSARの下で放物線を描いているときは、下降トレンドを示しています。

このようにFX取引では、売買シグナルは、為替市場でのチャートに表現されているローソク足と放物線のクロスポイントとなります。

FX取引では、売買シグナルは、為替市場でのチャートの中で、上昇中のSARが、下降トレンドのローソク足にクロスしたところが、一般的に売りのポイントと判断できます。

また、FX取引では、売買シグナルは、為替市場でのチャートの中で、下降中のSARが、上昇トレンドのローソク足とクロスしたところが、買いのポイントと判断できます。

FX取引では、売買シグナルは、為替市場が、ある程度の大きな上昇・下降トレンドをなしているときは、テクニカル指標のSAR有効です。

FX取引では、売買シグナルは、為替市場に大きな上昇・下降トレンドが、確認出来ないときは、他のテクニカル指標も使って、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編を解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編を解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの続編を解説します。

SARを算出するためには、EPとAFの2つを用います。

通貨ペアの為替レートの最高値と最安値で、SARが買いシグナルの時には、EPは、シグナルが出ている期間の最高値の為替レートです。

通貨ペアの為替レートの最高値と最安値で、SARが売りシグナルの時には、EPは、その期間の最安値の為替レートです。

SARの計算式を紹介します。

SAR=(EPー前日のSAR)×AF+前日のSAR

パラボリックタイムプライスの利用方法を紹介します。

パラボリックタイムプライスは、SARと実際のFX取引での為替レートが、クロスするごとにストップオーダーを設定します。

パラボリックでは、加速因数の値は、一般的には、0.02です。

このようにパラボリックタイムプライスは、実際のFX取引では、大切なものです。

売買高指標のパラボリックタイムプライスを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

相場トレンドが、明確なときは、パラボリックタイムプライスが、力を発揮します。

パラボリックタイムプライスの言葉の意味を紹介します。

パラボリック、日本語では、放物線を意味します。

これは、実際のFX取引での為替レートでの上下にSARの点線を描き、売りから買いに転換(その反対」のシグナルに利用するテクニカル指標です。

パラボリックタイムプライスは、先ほどの説明のようにSARのデータを利用します。

このSARは、ローソク足と一緒に描き、日足の上下にSARが存在する場合は、買い/売りのポジションを取ります。

これは、SARが実際のFX取引での為替レートを下から上に抜けてきたときに買いのシグナルとして判断します。

SARが実際のFX取引での為替レートを上から下に抜けてきたときに売りのシグナルとして判断します。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

売買高指標のパラボリックタイムプライスを利用して、レバレッジをかけてFX取引をすることで、大きな収益を確保できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスでの売買タイミングを判断できます。

為替レートの上昇・下降トレンドが、大きな通貨ペアでは、使うことが出来ます。

FX取引でのパラボリックは、ローソク足チャート上のSARを結ぶと放物線になります。

パラボリックは、FX取引きのストップ判定として利用することが多い。

このようにパラボリックの利用方法をしっかりと把握して、使ってください。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、時間がたてば、為替市場に合うようになっています。

パラボリックタイムプライスは、0.02から、スタートして、0.2まで増加します

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、AFの初期値と最大値を大きくすれば、為替市場の相場に近づくが、精度が落ちていきます。

パラボリックタイムプライスは、AFの初期値と最大値を小さくすれば、精度が上がりますが、売買のタイミングが遅れます

FX取引でのパラボリックタイムプライスでの売買タイミングは、次のとおりです。

売りシグナルは、上昇中のSARが下降中の日足とクロスした点になります。

買いシグナルは、下降中のSARが、上昇中の日足とクロスした点になります。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引でのパラボリックは、上昇から下降や下降から上昇を繰り返す途転システムです。

FX取引でのパラボリックは、SARというドット・ラインから、為替相場の反転時期を読み取る手法のため 非常に判り易いです

SARは、現在のポジションを清算して、反対のポジションを保有する価格の意味です。

SARの算出方法を解説します。

SAR=(EP-前日のSAR)×AF+前日のSAR

EP:極大値

SARが買いシグナルの期間:その期間の最高値
SARが売りシグナルの期間:その期間の最安値

AF:加速因子

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスを解説します。

パラボリックタイムプライスは、トレンド追随型の分析手法です。

FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスは、2つの放射線で示されるもので、相場の反転シグナルが判断できます。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、パラボリックとも言い、SARのラインを利用して、売買シグナルを判断します。


FX取引での売買高指標のパラボリックタイムプライスの判断指標としての利用方法を解説します。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、上昇しているSARが、下降している日足とクロスした点が、売りシグナルになる。

また、パラボリックタイムプライスは、下降しているSARが、上昇している日足とクロスした点が、買いシグナルになる。

FX取引でのパラボリックタイムプライスは、SARのドット・ラインを分析して、為替市場の反転時期を判断する指標です。

SARは、現在のポジションを清算して、反対のポジションを保有する価格の意味です。

売買高指標のパラボリックタイムプライスは、為替市場での反転シグナルして活用できます。

SARのドットラインから、相場反転の時期を読み取り、FX取引で、大きな収益を確保してください。

相場では、レバレッジを活用して、投資資金の数倍以上の利益獲得も可能です。

fx投資家は、パラボリックタイムプライス以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

FX取引術 FX取引での出来高系チャートを解説します


FX取引術 FX取引での出来高系チャートを解説します。

FX取引での出来高系チャートを解説します。

FX取引での為替市場での出来高をチャートに表現するものです。

FX取引での出来高系チャートを利用することで、相場トレンドを判断出来ます。

FX取引でのボリュームレシオやオンバランスボリュームが、出来高系チャートと関係します。

ボリュームレシオは、FX取引での為替市場では、一定期間の為替市場での通貨ペアの出来高を分析することで、通貨の売られすぎと買われすぎを判断します。

FX取引でのボリュームレシオには、調査期間として、14日間と25日間の期間で、分析することが、一般的です。

ですから、デイトレーダーのように1日に何度も、売買を繰り返すデイトレには、この指標は、使えません。

オンバランスボリューム終値から、FX取引での為替相場の今後のトレンドを予想するものです。

FXでは、相場の動きを予測する指標に出来高系チャートがあります。

チャート分析指標は、トレンド系指標の移動平均線、オシレーター系指標のRSIやMACD、出来高系指標ボリュームレシオがあります。

出来高系指標のボリュームレシオを活用して、FX取引で利益を獲得してください。

fx投資家は、出来高系チャート以外の指標も分析して、FX取引での為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。