スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年05月04日

FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法を解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法を解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオの計算方法

ボリュームレシオの計算式は、1つではありません。

色々な計算方法が、公開されています。

その中の1つのボリュームレシオの計算式を紹介します。

ボリュームレシオ=(U+S/2)/(U+D+S)

U=期間内に通貨の為替レートが、前日比で上昇した日の売買高合計
D=期間内に通貨の為替レートが、前日比で下落した日の売買高合計
S=期間内に通貨の為替レートが、前日比で変わらなかった日の売買高合計

FX取引での売買高指標のボリュームレシオの値上日の売買高は、大きくなります。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオの値下日の売買高は、小さくなります。

通貨の為替レートの上昇する日の売買高は、通貨の為替レートの下落時の売買高よりも多くなる傾向があります。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオは、値上り日の売買高は、大きくなります。

また、FX取引での売買高指標のボリュームレシオは、値下がり日の売買高は、小さくなります。

そのために一般的に、450%以上で、天井ゾーンと言われ、50%未満で底値ゾーンと言われています。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオを解説します


FX取引術 FX取引での売買高指標のボリュームレシオを解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオを解説します。

FX取引での売買高指標のボリュームレシオも、他のテクニカル指標と同じように計算式で算出されています。

この計算式で、FX取引での売買高指標のボリュームレシオは、為替レートが上昇時には、上昇します。

この計算式で、FX取引での売買高指標のボリュームレシオは、為替レートの上昇日数が少ないと下降します。

ボリュームレシオの計算値は、FX取引での為替レートの上昇日の売買高が、下落日の売買高よりも、増加しているときは、買われすぎの過熱感が出ていると判断します。

反対にボリュームレシオの値が下がっているときには、FX取引での為替レートの下落日の売買高が、上昇日の売買高を上回ってくるので、売られ過ぎと判断します。

ボリュームレシオは、25日間の売買高を分析することで、FX取引での為替市場での通貨の売られ過ぎや買われ過ぎを判断する指標です。

ボリュームレシオの算出には、25日間で、上昇日の売買高の合計を下降日の売買高の合計数で割ります。

ボリュームレシオの算出には、引き分け日は、半分ずつをそれぞれに加えます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

FX取引術 FX取引での出来高指標のボリュームレシオを解説します


FX取引術 FX取引での出来高指標のボリュームレシオを解説します。

FX取引での出来高指標のボリュームレシオを解説します。

FX取引での出来高指標のボリュームレシオは、為替市場での通貨取引きの出来高を指標ににしたものです。

FX取引での出来高指標のボリュームレシオは、上昇時、下降時の出来高と、取引き通貨の売られ過ぎや買われ過ぎを判断する指標です。

ボリュームレシオは、FX取引での通貨が上昇時に出来高の増加を伴うことから作られた指標です。

FX取引での出来高と通貨の為替レートを考えると、出来高の増加に伴い為替レートの上昇することがあります。

また、FX取引での出来高と通貨の為替レートでは、出来高の減少で、通貨の為替レートも下落することがあります。

FX取引での出来高と通貨の為替レートでは、出来高は為替レートに先行することがあります。

ボリュームレシオは、FX取引での通貨の為替レートの上昇日の出来高は、上昇力として、通貨の為替レートの下落日は、下降力とみなし、上昇力と下降力の引張り合いのバランスを数値に変えて指標化したものです。

ボリュームレシオを調べることで、FXの取り引き通貨が、出来高からみて、買われすぎか、売られすぎかを判断します
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

FX取引術 FX取引でのカギ足を解説します


FX取引術 FX取引でのカギ足を解説します。

FX取引でのカギ足を解説します。

FX取引でのカギ足は、非時系列チャートと言われています。

FX取引でのカギ足の非時系列チャートは、チャートに対して、時間要素は、分析対象に入れずに為替レートの変動にポイントを置いて、分析するのが、非時系列チャートです。

次にカギ足の書き方を解説します。

FX取引でのカギ足は、上昇している時は、上方に縦線を引きます。

FX取引でのカギ足は、下降している時は、下方へ縦線を引きます。

FX取引でのカギ足は、書く際には、値幅と比率を予め、一定の範囲に決めておきます。

FX取引でのカギ足は、上昇下降のいずれの場合も、同じ方向への為替変動があれば、その為替レートまで、線を延ばします。

また、FX取引でのカギ足は、値幅と比率を予め、一定の範囲に決めた値幅や比率以上に、逆の動きが、為替レートに発生した場合に、横線を書き、横線から為替レートまで、縦線を書きます。

fx投資家は、カギ足だけでなく、為替市場のトレンドを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

FX取引術 FX取引での移動平均の期間と乖離率を解説します


FX取引術 FX取引での移動平均の期間と乖離率を解説します。

FX取引での移動平均の期間と乖離率を解説します。

FX取引で用いる移動平均の期間には、短期と中期、長期があります。

FX取引で用いる移動平均の期間で、日足ベースでは、標準は、短期では、5日間、中期では、25日間、長期では、75日間です。

ですが、FX取引で用いる移動平均の期間の長期には、200日を採用する場合もあります。

FX取引で用いる移動平均の期間で、週足ベースでは、中期は、13週間、長期では、26週間を採用することが多いです。

FX取引で用いる移動平均乖離率を解説します。

移動平均乖離率は、為替レートの終値が、移動平均線の離れを%表示のデータで示す指標です。

具体的には、FX取引で用いる移動平均乖離率は、次の計算式より算出します。

移動平均乖離率=(為替レートの終値−為替レートの移動平均)÷為替レートの移動平均×100(%)

FX取引で用いる移動平均乖離率が、−20以下だと買いシグナルになり、+20以上では、売りシグナルになります。

ですが、fx投資家は、この指標だけでなく、為替市場のトレンドを判断して、乖離率を参考にすることが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの計算手順を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの計算手順の計算期間を7日間(N=7)で解説します。

・7日分の単純移動平均を算出する。
 EMAの算出には当日の為替レートと前日のEMAを使用します。
 計算開始は、7日分の単純移動平均を算出します。この7日分のSMAのデータを仮EMAとする。

・EMA計算式にて6日目のEMAを算出する。
 為替レートは、6日目の為替レートを採用します。
 前日のEMAは、7日分の単純移動平均で算出した5日分のSMAとする。

・EMA計算式にて7日目のEMAを算出する。
 為替レートは、7日目の為替レートを採用します。
 前日のEMAは、EMA計算式にて6日目のEMAで算出した6日目のEMAを使用します。

・これ以降は、EMA計算式にて7日目のEMAを算出の計算と同じ方法で計算する。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、指数平滑移動平均ことEMA用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの特徴を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAは、通貨の為替レートの過去データを平均化して計算しているために単純移動平均や加重移動平均と違います。

この指数平滑移動平均は、用途としては、MACDに使われます。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAの利用方法を解説します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAは、多くは、為替レートの終値をデータとしとて利用します。

FX取引での指数平滑移動平均ことEMAは、為替レートの始値、高値、安値を利用するケースもあります。

FX取引での移動平均のデータ期間は、20日間を採用することが多いです。

FX取引での移動平均のデータ期間は、短い期間を採用すれば、ラインの変動率は大きくなり、長い期間を採用すれば、ラインの変動率は、小さくなります。

FX取引での移動平均線には、1本〜3本の移動平均線を、為替レートの下値支持線や上値抵抗線として利用します。

FX取引での移動平均線には、珍しいものもあります。
それは、変位移動平均線というもので、移動平均を数日間先行させた平均線です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取り引きでの為替市場では、為替レートトレンドを理解するには、当日の為替レートが、最も大切な価値があります。

ですが、昔の為替レートが、直近の為替レートと同じ重みでは、算出する移動平均に影響が大きくなります。

FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。
その欠点を補うために単純移動平均ことSMAの改善する方法を紹介します。

SMAの欠点である昔の為替レートが、直近の為替レートと同じ重みを改善する工夫です。

こり方法は、為替市場での、新しい日の為替レートの重みを高く評価して、古い日の為替レートの重みを低く評価します。

具体的には以下の計算式で算出します。

EMAの計算式は、次のものになります。

EMA=当日の為替レート×2÷(N+1)+前日のEMA×(N+1−2)÷(N+1)

Nは計算期間の日数

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、SMAとEMAを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します


FX取引術 FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴を解説します。

FX取引での単純移動平均ことSMAの特徴には、色々なものがあります。

単純移動平均(SMA)の特徴は、次のものです。

SMAは、その期間の為替レートの平均値です。

単純移動平均線は、その値をチャートに記録して、そのデータの点を線で繋いでラインにしたものです。

移動平均線のラインが、上昇しているか、下降しているかで、その通貨の為替レートのトレンドを知ることが出来ます。

為替レートが、移動平均よりも、上か下かで、通貨の売り買いのタイミングを判断することが出来ます。

単純移動平均ことSMAの欠点を紹介します。

単純移動平均ことSMAは、対象期間の為替レートの合計をその期間日数で割って計算したものです。

単純移動平均ことSMAは、移動平均に対する各日の為替レートの重みは同じです。

各日の為替レートの重みは同じでは、直近の為替レートと古い日の為替レートが同じであると問題があります。

計算期間が、7日間の場合では、1日目のと7日目の為替レートとの重みが同じなのです。

FX取り引きでの為替市場では、為替レートトレンドを理解するには、当日の為替レートが、最も大切な価値があります。

ですが、昔の為替レートが、直近の為替レートと同じ重みでは、算出する移動平均に影響が大きくなります。

FX投資家は、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、SMAを用いて、判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

FX取引術 FX取引でのRSIを解説します


FX取引術 FX取引でのRSIを解説します。

FX取引でのRSIを解説します。

RSIは、日本語では、レラティブ・ストレングス・インデックスと言います。

また、RSIは、米語では、Relative Strength Indexと言われています。

FX取引でのRSIは、相対力指数をいいます。

RSIは、指数で、%で表示されます。

FX取引でのRSIは、FX投資家にとって大切な指標で、為替レートの通貨の売られすぎや買われすぎを指標で、判断できるものです。

FX取引でのRSIは、設定の仕方を慎重にすることが大切です。

FX取引でのRSIは、計算期間の設定等を良く検討しないと結果の差に大きな開きが出ます。

FX取引でのRSIは、特に短期間の場合には、はずれの数値が多くなることがあります。

FX取引で、チャート分析する場合にローソク足とRSIの関係で考えると、ローソクは、上昇トレンドになれば、RSIは下降していることが結構あります。

FX取引では、このローソク足とRSIの関係に逆行現象が確認されています。

FX取引では、多くの場合、RSIが下落する可能性が高くなります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

FX取引術 FX取引でのMACDを解説します


FX取引術 FX取引でのMACDを解説します。

FX取引でのMACDを解説します。

RSIとは、FX取引での為替市場での通貨の評価が、高すぎるか、安すぎるかを判断するチャートです。

FX取引でのMACDは、2本の指数平滑移動平均の差です。

MACDラインとシグナルラインの差を棒グラフ状に表したものが、MACDヒストグラムです。

ここでは、MACDヒストグラムの計算方法を紹介します。

FX取引で利用するMACDヒストグラムの計算式は、次のものです。

MACDヒストグラム=MACD−MACDシグナル

FX取引でのFX投資家にとって、MACDヒストグラムは、大切な指標なので、是非、使ってみて下さいね。

FX取引で利用するMACDヒストグラムの見方です。

MACDヒストグラムが 減少から増加へ転じたときは、買いのシグナルです。

MACDヒストグラムが 増加から減少へ転じたときは、売りのシグナルです。

MACDヒストグラムは、一度転換すれば、かなりの期間、そのトレンドは続きます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

FX取引術 FX取引での移動平均線を解説します


FX取引術 FX取引での移動平均線を解説します。

FX取引での移動平均線を解説します。

FX取引での移動平均線には、次のものがあります。

C=当日の為替レート、C1=前日の為替レート、C2=2日前の為替レート、C3=3日前の為替レート、C4=4日前の為替レート

・FX取引での単純移動平均線(SMA)

 FX取引での単純移動平均は、平均値のことです。
 FX取引きの世界でも、一般的な移動平均です。

 5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線等があります。
 5日間の単純移動平均=(C+C1+C2+C3+C4)/5

・FX取引での指数平滑平均線(EMA)

 FX取引での指数平滑移動平均は、累積加重平均のことです。

 EMAによるチャートを見たい方は、Yahoo Japanのサイトの株価チャートで確認できます。

 5日間の指数平滑移動平均(1日目の値)=(C+C1+C2+C3+C4)/5
 5日間の指数平滑移動平均(2日目以降の値)=前日の数値+α
 α(平滑化定数)=2/(5+1)

・FX取引での修正移動平均線(RMA)

 FX取引での修正移動平均は、原価計算で利用します。

 5日間の修正移動平均(1日目の値)=(C+C1+C2+C3+C4)÷5
 5日間の修正移動平均(2日目以降の値)={(5-1)×前日の数値+C}/5

・FX取引での加重移動平均線(WMA)

 FX取引での単純移動平均の相場の動きに遅れる欠点を補うのが、加重移動平均です。

 FX取引での加重移動平均では、直近の為替レートに重点をおき、計算を行ないます。

 5日間の加重移動平均={(5×C)+(4×C1)+(3×C2)+(2×C3)+(1×C4)}/(5+4+3+2+1)


このFX取引での移動平均線は、為替市場の動向を調べるためのテクニカル指標です。

移動平均線だけでなく、サポートラインやレジスタンスラインとして利用すると、色々な判断資料としても利用できます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

FX取引術 FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します


FX取引術 FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します。

FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します。

FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスは、為替市場でのFX取り引きで、必要なものです。

FX取引でのチャートの移動平均線は、2本表示されていることが多いです。

この2本の移動平均線は、短期の線と長期の線です。

FX取引でのチャートの移動平均線2本のうちで、急な変化率のものが短期の線です。

FX取引でのチャートの移動平均線2本のうちで、緩やかな変化率のものが長期の線です。

FX取引きでは、デイトレードで用いる日中足チャートは、短期の線が5日移動平均線、長期の線が25日移動平均線を使います。

FX取引きでは、5日移動平均線と25日移動平均線の移動平均線が、クロス交差するところが売買のサインになります。

短期の移動平均線が、長期の移動平均線に交差すれば、そこからは、過去のトレンドからは、離れて、新しい為替トレンドに変わりまする

FX取引きでも、ゴールデンクロスは、買いで、デッドクロスは売りは、言われています。

気を付けないといけないのは、FX取引での為替レートの急上昇のケースは、ゴールデンクロスの後で、為替レートが、天井を打つ場合があります。

ゴールデンクロスも、値動きの激しい相場では、完全なシグナルではありません。

ですから、FX取引でのテクニカル分析などをした上で、慎重に判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

FX取引術 FX取引でのチャートの形状 トレンドをトレンドラインで判断の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートの形状 トレンドをトレンドラインで判断の続編を解説します。

FX取引でのチャートの形状 トレンドをトレンドラインを解説します。

FX取引での為替市場でのトレンドをトレンドラインで判断することが大切なことは、以前に紹介しました。

チャートの山谷が、一定の為替レートの変動幅の中で、収まっているときは、トレンドラインが、一緒の山谷の上限を示す形になり、今後の売買シグナルになります。

それだけでなく、FX取引での為替市場でのトレンドの転換は、大切な売買サインになります 。

FX取引での為替市場でのトレンドラインを為替レートが、突破することで、それまでの為替市場でのトレンドが終了して、新しい為替レートのトレンドが作られていきます。

FX取引での為替市場でのトレンドラインを明確に突破することが大切です。

というのは、FX取引での為替市場でのトレンドラインを為替レートが、少しだけ抜けた場合は、すぐに下落してしまうことが多いです。

そのためにで、FX取引での為替市場でのトレンドラインの突破をはっきりと確認してから、FX取引きをすることが大切です。

FX取引での為替市場では、上昇トレンドでは、買いではなく、為替レートのトレンドと、トレンドラインの突破の明確さを判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編6を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編6を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編6を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の傾向を把握することで、今後のの為替レートを予測することが出来ます。

例えば、FX取引でのチャートのローソク足では、ヒゲが全くない場合で、実体部が、白い陽線の時には、始値が、その時間帯の安値、終値がその時間帯の高値を意味します。

FX取引でのチャートのローソク足で、この場合は、為替レートは、始値から終値までの間に、為替レートの上昇を続けたことと判断できます。

FX取引でのチャートのローソク足で、実体部が黒く、陰線で、実体部分が短く、ヒゲが上下ともに長い時は、為替レートの振れが、上下に大きく変動して、最後に為替レートが、下降したと判断できます。

このようにFX取引でのチャートのローソク足のヒゲや実体部の陽線や陰線を調べることで、為替市場での取り引きの中での取り引きエネルギーが上昇・下降のどちらに向かっていたのか判断できます。

このようにFX取引をする場合には、チャートを読む力が大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編5を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編5を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編5を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、何種類かの傾向があり、その傾向を把握することで、これからの為替レートを予測することが出来ます。

FX取引でのチャートのローソク足では、高値で大きな陽線が出た後に陰線のカラカサが出る時は、為替相場では、天井を打ち下落トレンドに入る可能性が大きくなります。

FX取引でのチャートのローソク足で、為替市場で、始値と終値が、同じ為替レートに戻った場合に、始値と終値の為替市場の取り引き間で、その日の安値と高値にエネルギーが、偏った後で、最後に売りと買いのエネルギーがのバランスが取れて、始値の為替レートに戻ったと判断されます。

このようなチャートのローソク足が出る時は、売りと買いが激しく攻め合っていて、相場の転換を示唆しているケースが多いと考えられます。

このように為替市場でのローソク足を調べて判断することで、為替市場の取り引きのエネルギーがどちらに流れているか。

また、今後、為替レートが、どちらのほうにトレンドが向かうのかも、判断することも、ある程度可能です。

ローソク足は、ただ、デイトレに使うだけでなく、fx取り引きの長期投資の判断基準にも使うことが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編4を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編4を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編4を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、何種類かの傾向があり、その傾向を把握することで、これからの為替レートを予測することが出来ます。

FX取引でのチャートのローソク足で、上に長いヒゲがついている場合や下に長いヒゲがついている場合には、為替レートは、相場でのパワーを使いきり、為替レートが、元に戻ってきたことを示すといわれています。

FX取引でのチャートのローソク足で、一定期間以上、上昇と下降のチャートの後に長い下ヒゲや上ヒゲが出現することは、為替市場でのトレンドの変化が発生することがあります。

このようなチャートのローソク足をカラカサと呼ばれていま。

FX取引でのチャートのローソク足で、長い下落相場の後に底値で、陽線のカラカサが現れると、為替レートが、上昇トレンドに転換することが多いです。

実際にドル円の為替レートでは、アメリカの雇用統計発表後に下落した後で、反発して、長い下ヒゲを出してから、引けました。

FX取引でのチャートのローソク足で、カラカサのローソク足が出ると、為替相場の反転に換わることが多いのです。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編3を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編3を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足を解説します。

チャートのローソク足には、ヒゲがあります。

FX取引でのチャートのローソク足のヒゲは、各時間帯の高値と安値を表現しています。

チャートのローソク足のヒゲは、上の端が高値を下の端が安値を表現しています。

FX取引でのチャートのローソク足のヒゲは、為替レートが上昇傾向では、ローソク足は白抜きの陽線が多く出現します。

為替レートが上昇傾向では、白抜きの陽線のためにチャート全体が、白くみえます。

FX取引でのチャートのローソク足のヒゲは、為替レートが下降傾向では、ローソク足は黒塗りの陰線が多く出現します。

為替レートが下降傾向では、黒塗りの陰線のためにチャート全体が、黒くみえます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編2を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編2を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、4本値で表現されています。

4本値は、始値、終値、高値、安値で、表現しています。

チャートでは、始値、終値、高値、安値を瞬時に把握できるようにローソク足を使います。

ローソク足には、実体という太い部分と、ヒゲと言われている上下に突き出た線で、作られています。

ローソク足は、太い部分の実体では、為替レートの上昇、下降を示しています。

ローソク足は、為替レートが上昇している時、すなわち、為替レートの終値が、為替レートの始値より高いと、実体は白塗りになり、陽線になります。

ローソク足は、為替レートが下降している時、すなわち、為替レートの終値が、為替レートの始値より安いと、実体は黒塗りになり、陰線になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編2を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編2を解説します。

下降トレンドのチャートは、下降チャートが、レジスタンスライン(抵抗線)を為替レートが、下抜きます。

下降トレンドのチャートは、上昇チャートが、レジスタンスライン(抵抗線)を為替レートが、上抜きます。

技術的には、為替レートが、下降トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を下抜き、その後、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)を上回り、再度、為替レートが、下降トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を下抜いたときが、売りのチャンスになります。

そして、再度、チャートが、上昇していき、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)に接したときが、再度、為替レートが、下降トレンドに入る売りのチャンスになります。

FX取引でのチャートの下降トレンドは、このチャートの変化の繰り返しになります。

このチャートの傾向が、崩れたときが、チャートのトレンドが変わったと判断すべきです。

この考え方は、チャートで判断するときの基本です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。