スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年03月17日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線の続編を解説します。

上昇トレンドのチャートは、上昇チャートが、レジスタンスライン(抵抗線)を為替レートが、上抜きます。

技術的には、為替レートが、上昇トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を上抜き、その後、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)を下回り、再度、為替レートが、上昇トレンドのチャートで、一度、レジスタンスライン(抵抗線)を上抜いたときが、買いのチャンスになります。

そして、再度、チャートが下落していき、為替レートが、レジスタンスライン(抵抗線)に接したときが、再度、為替レートが、上昇トレンドに入る買いのチャンスになります。

FX取引でのチャートの上昇トレンドは、このチャートの変化の繰り返しになります。

そして大切なことは、このチャートの傾向が、崩れたときが、チャートのトレンドが変わったと判断すべきです。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足と移動平均線を解説します。

FX取引では、ローソク足だけで、売買の判断するべきではありません。

FX取引では、ローソク足だけでなく、ローソク足と移動平均線との位置関係を含めて、FX取り引きの判断するようにして下さい。

FX取引では、移動平均線は、サポートラインの判定資料やジスタンスの判定資料の機能があります。

FX取引では、移動平均線近くでのローソク足の上昇サインで、上昇中の戻しの相場で買いに入れます。

FX取引では、移動平均線付近でのローソク足の下降サインで、下降中の戻り高値近くで売りに入れます。

ローソク足の上昇サインと下降サインに加えて、移動平均線のサポートラインとレジスタンスラインを活用して、売買の判断をして下さい。

ローソク足の情報の加えて、移動平均線のサポートラインとレジスタンスラインを判断基準に加えて上手に売り買いして下さい。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足の続編を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足の続編を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足は、4本値で表現されています。

4本値は、始値、終値、高値、安値で、表現しています。

FX取引でのチャートのローソク足では、始値より終値が高い時は、陽線になります。

FX取引でのチャートのローソク足では、始値より終値が低い時は、陰線になります。

チャートのローソク足では、陽線は白抜きのボックス、陰線は塗りつぶされたボックスで表示します。

陽線は白抜きのボックス、陰線は塗りつぶされたボックスで表示して、為替市場の動向を視ただけで判別しやすくしています。

FX取引でのチャートのローソク足では、下降トレンド時は、安値エリアでは、上昇傾向への転換時期を示すものになったり、また、下降傾向の終りの時期を示すものになります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートのローソク足を解説します。

FX取引でのチャートのローソク足を解説します。

チャートは、為替レートの動きを一定時間帯で、切って、その値をグラフ化したもの。

FX取引でのチャートのローソク足だと、為替レートの動きをしっかりと把握できます。

FX取り引きで用いるチャートのグラフは、横軸に時間帯を示し、縦軸に為替レートを示します。

FX取り引きで用いるチャートの横軸の時間帯には、1分、5分、15分、60分、1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年のものがあります。

このようにチャートのグラフに用いる時間帯により、チャートの名前が決まります。

FX取り引きで用いるチャートでは、1日ごとの為替レートのチャートは 自足と言います。

1週間ごとの為替レートのチャートは、週足と言います。

1ヶ月ごとの為替レートのチャートは、月足と言います。

FX取り引きで用いるチャートの為替レートでは、始値、終値、高値、安値の為替レートが示されます。

始値は、時間帯毎の取り引き開始時の為替レートの値です。

終値は、時間帯毎の取り引き終了時の為替レートの値です。

高値は、時間帯毎の取り引き開始時の最も高い為替レートの値です。

安値は、時間帯毎の取り引き開始時の最も安い為替レートの値です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その3


FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その3

FX取引術で、売りと買いのどちらで収益を確保するのか、決めることが、大切です。

下落チャートでも、レジスタンスを超えてチャートが、さらに上昇に転じると、上昇トレンドに変わる事があります。

そのためにレジスタンスのポイントを超えて上昇すると、そのポイントは、レジスタンスからサポートに変わることがあります。

このようなトレンドの変わり目にも注意が必要です。

上昇トレンドのサポートには、特徴があります。

それは、上昇トレンドのサポートの場合は、下落したあとのチャートの反騰が弱くなります。

また、下降トレンドでは、下落速度が速く、反騰を期待するよりも、手持ちのポジションの処分を優先させる傾向があります。

FX取引では、FX投資家の多くは、サポートラインとレジスタンスラインに注意して取引を行っています。

FX取引で、買いの取引をする場合は、上昇チャートの後の調整である下落チャートの底値であるサポート付近の為替レートで買い注文を出すことで、利益を獲得しやすくなります。

ただし、チャートの読みが外れて、サポートのポイントと判断したところが、さらに下落すれば、損切りすることが大切です。

FX取引では、デイトレのような短期取引で、利益を獲得されているFX投資家は、利食いするために取引ポイントおをサポートのポイントの少し前にします。

FX取引では、売買の多くが、サポートやレジスタンス近くで、増加するために、サポートやレジスタンスのポイントは、予測ができるようになります。

FX取引では、FX投資家は、買いのポイントと売りのポイントをレジスタンスラインのチャートの分析で決定します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その2


FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める その2

FX取引術で、売りと買いのどちらで収益を確保するのか、決めることが、大切です。

FX取引術では、大きなチャートの形とは、上昇トレンドと下落トレンドのことで、為替相場は、一定の期間で、上昇トレンドと下落トレンドを繰り返します。

この上昇トレンドと下落トレンドを分析して、チャートを判断するには、サポートラインとレジスタンスラインを利用します。

この中でも、下落トレンドのチャートの分析と投資手法を解説します。

レジスタンスラインは、抵抗線とも言われています。

FX取引術では、サポートラインとレジスタンスラインを分析して、上昇トレンドと下落トレンドを見極めるのです。

その際に、下落トレンドの為替相場で、上昇する際の抵抗線になるポイントがレジスタンスラインです。

FX取引術では、為替レートの下落相場の中で、通貨レートが、下落チャートから上昇チャートに変わりしていく中で、この下落トレンドのチャートの中で、一番近い最近の高値が第1のレジスタンスになります。

そして、さらに第1のレジスタンスよりも、高値を第2のレジスタンスといいます。

FX取引術で、売りで収益を確保するには、下落チャートでのあることが前提になります。

そして、レジスタンスラインのチャートの分析で、買いのポイントと売りのポイントを決定します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める


FX取引術 FX取引では、月足チャートで、売りか買いの判断を決める

FX取引術で、売りと買いのどちらで収益を確保するのか、決めることが、一番大切なことだと紹介しました。

FX取引術で、次にすることは、現在の為替相場の状況から、売りの取引きで収益を確保しやすいのか、それとも、買いの取引で収益を確保しやすいのかを月足チャートで、判断して、売りか買いのどちらでFX取引に集中するか決めます。

為替レートは、2年〜5年程度の期間で、大きなチャートの形を作っています。

FX取引術では、大きなチャートの形とは、上昇トレンドと下落トレンドのことです。

FX取引術では、大切な為替相場は、一定の期間で、上昇トレンドと下落トレンドを繰り返します。

この上昇トレンドと下落トレンドを分析して、チャートを判断するには、サポートラインとレジスタンスラインを利用します。

サポートラインは、支持線とも言います。

FX取引術では、サポートラインとレジスタンスラインを分析して、上昇トレンドと下落トレンドを見極めてください。

為替相場が下落する場合に抵抗線になるポイントが、サポートラインです。

FX取引術では、その中でも、為替レートの上昇相場の中で、通貨レートが、上昇チャートから下落チャートに変わりしていく中で、この上昇トレンドのチャートの中で、一番近い最近の安値が第1サポートラインになります。

そして、さらに第1サポートラインよりも、安値を第2のサポートラインといいます。

FX取引術で、買いで収益を確保するには、上昇チャートでのあることが前提になります。

そして、サポートラインのチャートの分析で、買いのポイントと売りのポイントを決定します。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

FX取引でのチャート分析


FX取引でのチャート分析

FX取引で、投資する通貨ペアを決定する場合にチャートポイントを調べることが大切です。

チャートは、FX取引の為替市場の値動きをあらわしています。

チャートポイントは、FX取引のテクニカル分析には、大切なものです。

FX取引では、このチャートを分析することは、今後の通貨ペアの動向を予測することになります。

チャートポイントを調べるのに為替相場 USD/JPY Freakというサイトが役に立ちます。
http://usdjpyfreak.seesaa.net/

為替相場 USD/JPY Freakというサイトでは、次の通貨ペアの10分足、1時間足、日足、週足、月足の為替レートのチャートデータを入手できます。
・USD/JPY(ドル/円)
・EUR/USD(ユーロ/ドル)
・GBP/USD(ポンド/ドル)
・USD/CHF(ドル/スイス)
・USD/CAD(ドル/カナダ)、
・AUD/USD(オージー/ドル)
・NZD/USD(ニュージー/ドル)
・GBP/JPY(ポンド/円)
・EUR/JPY(ユーロ/円)


FX取引では、チャート分析すると見えてくるのですが、
特定の為替レートを切ると、為替相場が、下落相場に進むチャートでのポイントがあります。
FX取引では、このポイントを見つけることが大切です。

このポイントは、多くの場合、この為替レートを一度、突破すると為替相場が、上昇相場に向かう特性があります。

この為替市場での上昇相場・下降相場為の分岐点になる為替レートは、チャートポイントといいます。

ただし、チャートは、経済や政治などの社会現象の結果をグラフに表したものなので、チャート分析は、必ず、その分析結果に基づく予測が当たるわけではありません。
posted by FX取引研究会 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します


FX取引でのゴールデンクロスとデッドクロスを解説します。

FX取引では、トレンド分析をする際に大切なものにゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

FX取引では、為替市場でも、売買するために大きな判断基準として、ゴールデンクロスとデッドクロスがあります。

特にFX投資家の方は、売り買いの判断基準として、FX取引でこのシグナルを判断材料として利用しましょう。

FX取引では、テクニカル分析を利用した売買では、検証されている報告データからは、ゴールデンクロスで売り、デッドクロスで購入する方が、収益が高いというデータもあります。

FX取引では、為替チャートで、比較的、データを利用しやすいのは、イギリスのポンドとユーロです。

posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。