スポンサード リンク
スポンサード リンク

2008年12月02日

FX取引術 FX取引でのレバレッジは5倍程度が基本


FX取引術 FX取引でのレバレッジは5倍程度が基本

FX取引術の中で、FX取引でのレバレッジについては、5倍程度での運用が基本です。

FX投資家の中で、初心者の方は、あまり大きなレバシッジで運用すると大きな為替の変動で、継続取引が難しくなります。

そのためにFX取引の初心者の方は、レバレッジを5倍程度に抑えて、運用されることをお勧めします。

FX取引では、収益を確保することと並んで、リスク管理の意味でも、レバレッジを適度の範囲で運用することが大切です。

FX取引の初心者の方は、最大でも、レバレッジは、5倍程度で、抑えて下さい。

為替市場の変動が大きければ、一時的にFX取引のレバレッジを1倍程度に低く運用されることも必要になります。

逆に為替市場が安定しだせば、FX取引のレバレッジ5倍に戻し、FX取引を運用されれば良いのです。

FX取引の高いレバレッジで、FX取引をされている方は、FX取引での損失を短期間で、取り戻そうと無理をされている方が多いのです。

このようなFX取引で、被った損失を取り戻すためにFX取引のレバレッジを10倍ぐらいに一時的に増やして運名されている方もおられます。

ただし、原則は、FX取引のレバレッジ5倍程度でなく、レバレッジ10倍程度の運用を続けるとFX取引で、継続的には収益を獲得できなくなります。

長期的に堅くfx取引で、長く収益を確保したいのなら、FX取引のレバレッジは5倍程度に抑えて下さい。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

FX取引術 FX取引でのレバレッジ調整方法 保有するポジション量で調整する方法


FX取引術 FX取引でのレバレッジ調整方法 保有するポジション量で調整する方法

FX取引術として、FX取引でのレバレッジ調整方法の中で、保有するポジション量で調整する方法を解説します。

FX取引口座の資金で調整する方法を先ほど、紹介しましたが、次に保有するポジション量を調整する具体的な方法を紹介します。

FX取引では、保有する資金管理とレバレッジの管理とストップ・ロスの管理は、大切です。

FX取引で、1ドル120円のドル/円の為替レートで2万通貨分のポジションを注文して、保有する場合に
さらに後、2万通貨分のドルの買いポジションを追加注文すると合計金額で、480万円になります。

実際のFX取引の口座は、300万円の資金しか預け入れしていませんから、この場合のFX取引のレバレッジは、1.6倍です。

FX取引のドル/円の為替ポジションだけでなく、FX取引のユーロ/円やポンド/円のポジションでも、追加で注文するポジションは、同じです。

追加で、1ユーロ=120円の為替レートで、FX取引のユーロ/円の2万通貨分の買いポジション追加注文したときは、注文したポジションは、次のようになります。

最初に注文したドル/円の為替レートで2万通貨分の買いポジション
日本円では、240万円

そして、追加で注文したユーロ/円の2万通貨分の買いポジション
日本円では、240万円

合計の日本円では、480万円になります。

実際のFX取引の口座は、300万円の資金なので、レバレッジは、1.6倍になります。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

FX取引術 FX取引でのレバレッジ調整方法 FX取引口座の資金で調整する方法


FX取引術 FX取引でのレバレッジ調整方法 FX取引口座の資金で調整する方法

FX取引術として、FX取引でのレバレッジ調整方法 FX取引口座の資金で調整する方法を解説します。

FX取引のレバレッジの設定の為の調整は、次のことを行う必要性があると、以前に説明しました。

・FX取引のための開設した口座の入金額を調整する。
・FX取引での保有するポジション量を調整する。

FX取引では、FX取引口座の資金の額を調整することで、FX取引をする場合のレバレッジを調整することが出来ます。

FX取引のレバレッジの具体的な調整方法を紹介しますね。

具体的には、現在、FX取引のFX取引口座に資金を追加して入金すれば、良いのです。

例えば、FX取引のFX取引口座に100万円の投資資金があり、さらに同じ1金額の00万円を追加入金すれば、FX取引のレバレッジは、入金前が2倍であれば、追加入金後は、1倍になります。

逆にFX取引のレバレッジを2倍から4倍に増やしたい場合は、FX取引口座の資金から、預け入れ資金の半額を引き出せば、レバレッジは、4倍になります。

このようにFX取引のレバレッジは、FX取引口座に預け入れしている資金額の調整で、混交することが出来ます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

FX取引術 FX取引の具体的なレバレッジの設定方法を解説します


FX取引術 FX取引の具体的なレバレッジの設定方法を解説します。

FX取引術では、FX取引の具体的なレバレッジの設定方法を解説します。

FX投資家が、FX取引をする場合は、レバレッジは保有するポジションごとに設定が出来ないことになっています。

ですから、FX投資家は、レバレッジを利用する場合は、レバレッジ倍数を保有するFX口座ごとに決めることになっています。

FX取引でのレバレッジ倍数は、FX取引のために解説したFX口座の資金と注文したポジションから、計算されます。

具体的に解説すると、FX口座に証拠金200万円があり、ドル/円が、1ドル=110円の為替レートのときに2万通貨分の買いポジションを保有する場合、
この取引口座にこのポジションでの口座のレバレッジは、次の計算の通りになります。

算出方法は、以下の通りです。

FX取引の注文したポジションの円換算値=110円/ドル×2万ドル=220万円

FX取引のレバレッジ=注文したポジションの円換算値、この場合220万円÷口座にある保証金額、この場合200万円=1.1倍

FX取引の注文したポジションの円換算値は、通貨ペアのレートと取引通貨を掛けることで計算できます。

ですから、FX取引のポジションを保有する前に事前に調整が必要になります。

FX取引のレバレッジの設定の為の調整は、次のことを行う必要性があります。

・FX取引のための開設した口座の入金額を調整する。
・FX取引での保有するポジション量を調整する。

FX取引のレバレッジを調整するには、これらの方法を組み合わせて行ないます。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

FX取引術 FX取引のレバレッジの原則を解説します。


FX取引術 レバレッジの原則を解説します。

FX取引術の中で、レバレッジの原則を解説します。

FX取引の中で、レバレッジを何倍までかけることが出来るサービスを売り物にしているFX会社があります。

ですが、FX取引で、このレバレッジは、何倍まで、使うことが良いのかを解説します。

FX投資家が、外国為替証拠金取引ことFX投資する場合は、FX会社では、殆どのFX会社は、20倍のレバレッジは、サービスとして提供されています。

FX会社の中には、FX取引のサービスとして、200倍のレバレッジを提供している会社があります。

レバレッジは、FX取引のために開設した口座の資金と保有しているポジションで決まります。

FX取引のレバレッジの倍率を大きく用意している会社のメリットは、レバレッジを大きく使うことで、FX取引の収益を伸ばすことが出来ます。

ですが、FX取引では、預け入れた証拠金の範囲内で、レバレッジを効かせたポジションでのFX取引になります。

そのためにリスク管理のために損切りの設定であるストップ・ロスを事前に設定するです。

FX取引のレバレッジの設定を慎重に検討して、FX取引で、継続して収益を獲得してください。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

FX取引術 FX取引のレバレッジの決め方のポイント


FX取引術 FX取引のレバレッジの決め方のポイント

株式投資の場合は、新興国の株式に長期投資すると数年間で、10倍以上の株価になることは良くあります。

FX取引では、数年間の長期投資でのFX取引のと言うのは、行われません。

FX取引の外国為替取引の場合は、株式取引と違い、投資金額の数倍の投資をすることが出来ます。

それが、FX取引のテコの効果というレバレッジです。

FX取引のレバレッジでは、テコの効果を使うのですから、利益を大きくとることもできすが、損失時のリスク管理も大切です。

FX取引のレバレッジを効かせることが出来れば、外国為替取引のFX取引では、投資資金を数倍に増やすことも可能です。

ですが、FX取引のFX投資家は、まず、投資資金を2倍程度を増やすことを目標にされることをお勧めします。

例えば、FX取引の投資資金を200万円とすれば、400万円に増やすことを目標にしましょう。

意外と、少ないFX取引の目標かも知れませんが、実際には、FX投資家が、最初に設定するレバレッジでは、妥当な数値です。

FX取引の初心者の方は、投資資金を2倍にするためには、レバレッジは、5倍程度が、良いでしょう。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

FX取引術としてのFX取引のレバレッジについて解説します


FX取引術としてのFX取引のレバレッジについて解説します。

FX取引では、実際の保有している資金にテコの効果であるレバレッジを使って、為替市場でFX取引することで、大きな収益を確保できるようになっています。

具体的には、1ドルが100円の場合に、購入するFX取引のポジションでの必要資金が、FX取引口座に保管されている投資資金を上回る場合は、レバレッジが発生します。

具体的には、1ドルが100円で、100万円の預け入れ資産と同額の100万円のFX取引のポジションを購入した場合にレバレッジは、1倍になります。

1ドルが100円で、200万円の預け入れ資産と同額の100万円のFX取引のポジションを購入した場合にレバレッジは、2倍になります。

このように保有資産以上の取引が可能になるのが、レバレッジの魅力です。

当然、FX取引のレバレッジが高い場合は、ハイリスク、ハイリターンになります。

FX取引のレバレッジが低くて、レバレッジ倍率が、1倍になれば、これは、外貨預金をすることと同じになります。

FX取引のレバレッジは、FX取引の初心者の方は、5倍程度が、望ましい状態です。

FX取引のレバレッジでの取り引きは、リスクが伴います。

このためにFX 取引で、FX取引のレバレッジを使う場合は、リスク管理が大切になります。

posted by FX取引研究会 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | FXのレバレッジの解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。