スポンサード リンク
スポンサード リンク

2009年10月19日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編を解説します。


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編を解説します。

FX取引でのチャートでの決断時期の注意の続編をを解説します。

FX取引するための通貨ペアの為替レートで、通貨ペアが、その高値を更新した後で、若干の値を下落してから、再度、下落する場合があります。

この場合は、FX取引は、難しい。

FX取引の通貨ペアの為替レートが、高値を更新後に若干の値を下落して、再度、高値を更新するほうが、FX取引の売り買いをしやすいです。

FX取引の場合は、為替市場での通貨ペアのトレンドが、上昇トレンドか、下降トレンドかを判断することが大切です。

FX取引の為替市場のトレンドが、継続されている時のFX取引が、利益を得やすいのです。

FX取引の為替市場は、生きているものです。

ですから、FX取引の為替市場がのトレンド転換点まで、事前に予測して、完全に当てることは、難しい要素があります。

同じトレンドの場合は、高値の後の安値を購入すれば、FX取引の利益を得ることが出来ます。

そのFX投資のスタイル中で、利益を確保することが、大切です。

このようにFX取引のfx投資家は、為替ペアのレートの動きの特徴を理解して、FX取引を判断することが大切です。


posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意を解説します


FX取引術 FX取引でのチャートでの決断時期の注意を解説します。

FX取引するためのチャートでの決断時期の注意を解説します。

FX取引するためのチャートでの決断時期の注意の判断を間違えるとすぐにリスク管理のためのストップロスに引っかかります。

決断時期の見誤りから、大切なトレンドの波から、脱落してしまいます。

FX取引するためのチャートでの決断時期を間違えないためのポイントを紹介します。

FX取引の為替市場では、通貨ペアの為替レートの変動幅に変動が起こります。

FX取引の為替市場の通貨ペアでのFX取引する際には、多くのFX投資家は、事前に予想した通貨ペアの高値レンジがあります。

FX取引するための通貨ペアの為替レートで、通貨ペアが、その高値を更新した後で、若干の値を下落してから、再度、その通貨ペアの高値を更新したり、下落する場合があります。

この場合に大切なことがあります。

それは、このようなFX取引の通貨ペアの為替レートの動きでは、その多くが、一時的に下落する最ことがあっても、両方とも、通貨ペアの高値を更新します。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのチャートでの決断時期の注意を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引とチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化の続編2を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化の続編2を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化の続編2を解説します。

過剰流動性の投資資金の増加で、チャートに変化が起きることがあります。

その中には、FX取引の中では、色々な通貨ペアがありますが、その中でも、値動きの激しい通貨ペアというものがありまする

値動きの激しいFX取引の通貨ペアの中には、かなりメジャーな通貨ペアもあります。

そのような、もともと日々のFX取引の通貨ペアの取引量の多い通貨ペアの為替市場での通貨は、流動性が高いものが多いです。

このような値動きの激しいFX取引の通貨ペアの中で、取引量の多い通貨ペアには、モメンタムが、発生しやすくなる傾向があります。

このように値動きの激しいFX取引の通貨ペアの出来高とモメンタムは、かなり深い関係があります。

このようにFX取引のfx投資家は、FX取引でのチャートでの決断時期の注意を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化の続編を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化の続編を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化の続編を解説します。

過剰流動性の投資資金の増加で、チャートに変化が起きることがあります。

それ以外には、石油の高騰やテロが、起こると資源国の通貨か高くなったり、軍事力の高い国の通貨が、高くなったりします。

石油の高騰の時には、産油国であるロシア等の産油国の通貨が、短期的に上昇しました。

このために石油での貿易収支の大幅黒字と為替レート上昇で、ロシアは、色々な企業を買収しました。

また、中東諸国も、石油での貿易収支の大幅黒字と為替レート上昇で、ロシアは、色々な企業を買収しました。

最近のヨーロッパのサッカーチームの買収も有名な話ですよね。

中東諸国も、石油での貿易収支の大幅黒字で、世界の有望企業を買収して、国の経済力アップを計っています。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資とチャートの変化を解説します。

FX取引でのトレードには、モメンタムに沿う取引の方法と為替市場でのチャートの押し目にfx取引をする方法があります。

FX取引でのトレンドとモメンタムの違いを解説します。

FX取引でのモメンタムは、通貨ペアの為替レートが、上昇や下降するパワーや早さをいいます。

これに対して、トレンドは、通貨ペアの為替レートが、上昇か下降、横ばいのどれかに寄るパワーや早さをしめしている状態をいいます。

このようにモメンタムは、モメンタムがある程度続くと、トレンドに変わっていきます。

ただし、為替市場では、通貨ペアの為替レートのチャートの中のトレンドの中で、モメンタムにより、変化が起きることがあります。

このようにモメンタムが発生するときの多くは、投資資金が、増加してくるときなどです。

過剰流動性の投資資金が、増加してチャートに変化が起きることがあります。

そのようなときには、ポジションにロスカットの設定を浅くするなどして、リスク回避をとることが必要です。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

FX取引術 FX取引でのモメンタムを取扱うFX会社を紹介します


FX取引術 FX取引でのモメンタムを取扱うFX会社を紹介します。

FX取引でのモメンタムを取扱うFX会社を紹介します。

モメンタムを取扱うFX会社は、次のFX会社です。

各々のFX会社共、スプレッドや手数料に差があります。

よく調べてかせ、口座開設をして下さいね。

モメンタムは、為替市場で、の通貨ペアの為替レートの変化率を確認できるオシレーター分析の手法です。

モメンタムは、為替市場の上昇・下降や転換時期の水準を確認できる指標です。

モメンタム 装備業者データは、以下の業者です

・マネーパートナーズ
・フォーランド オンライン
・エフエックス・オンライン・ジャパン
・FXプライム
・FX ZERO
・サイバーエージェント
・SVC證券
・CMS


このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資の違いを解説します。

FX取引での投資判断するには、短期取引でも、長期トレンドを把握しておくことは、大切です。

FX取引のモメンタムは、日足チャートで、そのために分析することが、必要です。

短期のFX取引での判断は、日足チャートを分析しておこないます。

短期のFX取引の中でも、1日の中で、何度も売り買いを繰り返すデイトレの場合は、判断基準に1時間足チャートを採用したりします。

FX取引のデイトレの場合は、日足チャートだけでなく、短期的モメンタムで、為替の動向が、どの方向に向いているかを把握することが大切です。

FX取引のデイトレの場合は、日足チャートの中に分析を容易に出来るようにトレンドラインを描いたり、通貨ペアの過去の高値と安値、通貨ペアが、もみ合いになることの多い価格帯を把握することが必要です。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資の違いを解説します。

FX取引でのモメンタムは、為替市場での日足チャートの動向を現している指標です。

FX取引でも、為替市場での通貨ペアの為替レートの流れが、はっきりとすれば、FX取引が、非常にやりやすくなります。

FX投資家であれば、FX取引の長期と短期トレンドのどちらも、上昇トレンドなら買いですし、どちらも、下げトレンドなら売りになります。

FX投資家であれば、FX取引の長期と短期トレンドのどちらかが、違っていれば、FX投資の為替市場の動向の判断が、難しくなります。

ただ、明らかに長期トレンドが下落トレンドで、その中で、一時的な経済要因などで、上昇している場合は、その動向に沿って判断することが大切です。

このようなFX取引の長期と短期トレンドのどちらかが、違っている場合は、ロスカットの設定をしかっりとすることが必要です。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

FX取引術 FX取引でのモメンタムの必要性 その2を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムの必要性 その2を解説します。

FX取引でのモメンタムの必要性 その2を解説します。

FX取引での為替市場での長期的な相場の動向がトレンドです。

そして、FX取引の短期的な為替市場相場の動向をモメンタムといいます。

FX取引のモメンタムは、短期取引の場合でも、為替市場の長期トレンドに従って、ポジションを保有します。

ですが、FX取引の為替市場は、生き物であるために数日程度の短期間の場合は、一時的に反対の相場の流れになることがあります。

FX取引の短期取引では、相場の短期的な動向に沿うためには、日足チャートのモメンタムを把握して、分析して投資することが必要です。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

FX取引術 FX取引でのモメンタムの必要性 その1を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムの必要性 その1を解説します。

FX取引でのモメンタムの必要性 その1を解説します。

FX取引での為替市場での長期的な相場の動向がトレンドです。

そして、短期的な為替市場相場の動向をモメンタムといいます。

FX取引のモメンタムは、為替市場では、日足チャートのデータを分析して投資判断します。

FX取引の為替市場では、相場の動向が、長期的な下降相場では、日足チャートは、下降した後で、急反発の可能性もあります。

FX取引の為替市場では、週足チャートで、上昇トレンドが続いていても、日足チャートは、下落方向に変わってしまうこともあります。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資の判断手法のその3をを解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資の判断手法のその3をを解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資の判断手法のその3を解説します。

FX取引でのモメンタムは、為替市場での先行指標なので、短期間で強く動くことがあります。

そのためにFX取引のモメンタムが、0ラインを上に突破すると間違った取引サインが出ることがあります。

このことの見極め方法は、FX取引のMACDが、明確に上に突破した後にモメンタムの取引サインが出れば、FX取引の判断はできるようになります。

モメンタムが、FX取引の中では、オシレーター系指標では、取引サインが出る時期が、遅いことがあります。

FX取引で、短期間で、MACDと併用する分析指標には、RSIかRCIが優れています。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引の投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

FX取引術 FX取引でのモメンタムの投資の判断手法を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムの投資の判断手法を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資の判断手法を解説します。

FX取引でのモメンタムは、他のオシレーター系指標よりも、強く反応します。

ですが、FX取引でのモメンタムは、シグナルが出るのに他のオシレーター系指標よりも、遅いことがあります。

FX取引のfx投資家は、MACDのクロスを確認してから、FX投資をさけると良いと思います。

ですが、もっと早い時期にFX投資の判断をしたい方は、MACDに他の投資指標を加えて判断することをお奨めします。

その場合には、スローストキャスティクスやボリンジャーバンドをセットで、使われることをお奨めします。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資方法を解説します。

FX取引での投資判断は、MACDが、ゴールデンクロスして、モメンタムが、0ラインを上に突破したら買いシグナルです。

逆にMACDが、デッドクロスして、モメンタムが、0ラインを下に突破したら売りシグナルです。
 
FX取引での投資決済の判断は

FX取引での買いポジションを保有しており、MACDが、デッドクロスすれば、決済して下さい。

また、FX取引での売りポジションを保有しており、MACDが、ゴールデンクロスすれば、決済して下さい。
 
この場合に、FX取引でのMACDのMACD線は、12〜26日を採用します。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資の違いを解説します。

MACDとモメンタムは、単体で、使用しても、FX取引に利用できます。

ですが、MACDとモメンタムの2つを兼用することで、より効果のある分析が出来ます。

MACDは、トレンド系指標です。

MACDは、為替市場での相場トレンドの変換ポイントでは、価値のある情報を与えてくれます。

MACDは、相場の変化が少ない場合には、はっきりとして情報が出ない場合があります。

その場合に、オシレーター系のモメンタムが役に立ちます。

fx投資家は、このようにMACDとモメンタムの2つを兼用して、FX投資のための投資判断に役立てて下さい。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引での各通貨毎のモメンタムを分析すると、色々なことが、解かってきます。

FX取引でのEURとNZDの2つの通貨ペアのある期間の動きを解説します。

FX取引での期間により、また異なる動きをしとますので、その判断は、難しい部分がありまする

例えば、1〜2ヶ月程度の期間、EURが上昇している間にNZDが、下降することがあります。

EURとNZDの2つのFX取引の通貨ペアの乖離が、大きくなった後で、ピークを打った後で、その乖離の差は縮まります。

また、この2つのFX取引の通貨ペアのトレンドが、やがて反転したら、EUR/NZD の大幅な下落の可能性が大きくなります。

EUR/NZDのFX取引の通貨ペアをを売る効果と同じ効果を得る方法があります。

EUR/USDの通貨ペア売りとNZD/USDの通貨ペア買いを組合せると同じ効果を得れます。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

FX取引術 FX取引でのモメンタムとROCでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムとROCでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムとROCを解説します。

FX取引でのモメンタムとROCについて解説します。

FX取引でのROCは、モメンタムを比率にして、分析指標としたものです。

ROCの計算方法を解説します。

ROC=現在の通貨ペアレート÷過去の通貨ペアレート

このために、FX取引でのROCでは、1が分岐ポイントになります。

ROCが、分岐点の1よりも大きい場合は、その時点での為替市場では、強気トレンドになります。

ROCが、分岐点の1よりも小さい場合は、その時点での為替市場では、弱気トレンドになります。

ROCとモメンタムのどちらも、FX取引での相場の分析指標なので、FX投資家は、ご自身の使いやすいほうで、ご利用ください。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係をを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

FX取引術 FX取引でのモメンタムの具体的な計算事例を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムの具体的な計算事例を解説します。

FX取引でのモメンタムの具体的な計算事例を解説します。

FX取引でのモメンタムは、相場のトレンドを分析するのに使います。

モメンタムでは、相場の方向性は、現在の通貨ペアレートと過去の通貨ペアレートを比較することで、判断します。

FX取引での過去の通貨ペアレートより、現在の通貨ペアレートが高ければ、現在の通貨ペアレートは、過去の通貨ペアレートからみれば、上昇しています。

そのために、FX取引でのモメンタムの値は、現在の通貨ペアレート−過去の通貨ペアレートで算出します。

FX取引でのモメンタムの具体的な計算事例を解説します。

7日前 125円、3日前 170円、現在 145円の通貨ペアレートの場合で、計算します。


7日前のFX取引での通貨ペアレートと現在の通貨ペアレートを比較すると

3日前だとモメンタムの値は、170円−125円=+55円

現在のモメンタムの値は、 145円−170円=-25円

FX取引でのモメンタムの値の変化から、3日前だと相場のトレンドは、上昇パワーがあったのですが、
現在の為替相場でのこの通貨ペアレートでは、下降トレンドに入っていると判断できます。

また、7日前だとFX取引でのモメンタムの値は、145円−125円=+20円となり、下降トレンドに入っていると判断できます。

このことから、モメンタムの値は、3日前の方が、7日前よりも、上昇パワーが大きいと言えます。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

FX取引術 FX取引でのモメンタムのの計算方法を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムのの計算方法を解説します。

FX取引でのモメンタムの計算方法を解説します。

FX取引でのテクニカル指標 モメンタムを主題にお話します。

FX取引でのモメンタムは、オシレーター系指標です。

この場合のFX取引でのモメンタムの値は、次の計算方法で、求めることが出来ます。

・モメンタム=当日の通貨ペアレート-○日前の通貨ペアレート

 ○日前の通貨ペアレートの○は、例えば、3日前の通貨ペアレートという意味です。


FX取引でのモメンタムの取引シグナルは、モメンタム線が、0をかなり下廻る下落した後で、反転した場合は、買いシグナルとなります。

その後で、FX取引でのモメンタム線が、大きく上昇した後で、反転すれば、短期トレードを完了させます。

FX取引でのトレンドの分析は、モメンタム線が、0線より上に位置している時、トレンド相場の上昇と判断します。

FX取引でのトレンドの分析は、モメンタム線が、0線より下に位置している時、トレンド相場の下降と判断します。


このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの関係を理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します


FX取引術 FX取引でのモメンタムでの投資を解説します。

FX取引でのモメンタムでの投資の違いを解説します。

モメンタムは、その時点でのFX取引での為替市場での流れなので、下落している時でも、急にトレンドが転換して、上昇に変わるときがあります。

FX取引のトレンドとモメンタムは、過去の動向を示してくれるだけで、
今の状態が、どうなのかとは、違うものです。

そのことにFX取引では、注意することが必要です。

トレンドとモメンタムは、FX取引の為替市場での動きを判断する、有効なものです。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの違いを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

FX取引術 FX取引での投資法のトレンドとモメンタムの違い その2を解説します


FX取引術 FX取引での投資法のトレンドとモメンタムの違い その2を解説します。

FX取引での投資法のトレンドとモメンタムの違いを解説します。

トレンドが、ある程度の期間でのFX取引の為替市場の動向をを示していることに対して、モメンタムは、その時の為替市場の変動で、上昇・下落モメンタムの判定をします。

そのために、その時点の上昇を上昇モメンタムと呼びます。

上昇モメンタムは、その時点だけの動きなので、トレンドとは、違います。

そのために上昇モメンタムで、あせつて、FX取引での通貨ペアの買いポジションをもつと、失敗することがあります。

このようにFX取引のfx投資家は、トレンドとモメンタムの違いを理解して、FX取引を判断することが大切です。
posted by FX取引研究会 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX取引に必要な情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。